恐ろしい結末?浪人生は恋愛をすべきか

      2016/02/24

浪人生の恋愛の「恐ろしい結末」を聞いたことがあると思います。しかし100%失敗に終わるわけではありません。予備校講師が見てきた事例を紹介します。


広告


恐ろしい結末?浪人生は恋愛をすべきか

 

浪人生の恋愛 これが両立のコツ

カップル ゲーム

✔ 浪人生は恋愛をすべきなのでしょうか?約10年間にわたり予備校講師を続けてきた経験から言うと、「原則的にはダメ。ただし2つの条件を満たせばOK」となります。

条件1 できれば交際が高校時代から継続しており、安定期に入っていること。
条件2 高い目標を持つ浪人生同士であること(片方が大学生の場合、比較的真面目な人が多い大学であること)。

✔ この記事は受験と恋愛の両立と成功の条件を、多くの予備校講師に経験者と相談してまとめたものです。一度読んで頂ければ、手痛い失敗を防ぐことができます。

一概には言えない浪人生の恋愛

カップル カフェ

✔ 浪人生の恋愛に対しては否定的な意見が大半です。しかし厳密にはいくつかのパターンがあり、一概に「良い」「悪い」とは言えないものです。

(1)高校時代から交際しているカップル
(2)浪人時代に交際を始めた浪人生同士のカップル
(3)浪人生と大学生のカップル

(1)高校時代から交際しているカップル

✔ 高校時代からの交際している場合、浪人後急に連絡を取らなくなるという訳にもいきません。これについてアラサーの予備校講師(英語・日本史)からアドバイスを頂きました。

「浪人生にとって恋愛はタブーである」と言われます。しかし、浪人前から付き合っていた恋人がいることもあるでしょう。「浪人中の恋愛の大事なポイント」は2つです。

①適切な距離を保つこと

浪人生は志望校合格が最優先です。恋人との関係に一喜一憂し過ぎるのは望ましいこととは言えません。しかし、浪人中は孤独を感じやすいものですから、恋人の存在が「一人ではない」という感覚を与えてくれるものならそれは良いことです。大事なのは、距離を近すぎず、遠すぎずの位置に置くことだと思います。近すぎるとべったりの関係となり時間だけが過ぎ、遠すぎると不安で勉強が手につかなくなります。お互いとって勉強をするために心の支えになるベストな距離感を保つべきです。

②悪いことを恋人のせいにしない

浪人中、思うように点数がとれない時期もあると思います。しかしそのことを恋人のせいにしてしまうのはダメです。双方にとって何のメリットもないばかりか、何故点数が悪かったのか本当の原因から目をそらしてしまうこともあります。良かったことは恋人のおかげ、悪かったことは自分のせいくらいに思った方がいいです。

(2)浪人時代に交際を始めた浪人生同士のカップル

✔ 予備校内で新たに知り合い、あるいは同じ高校から予備校に進学し交際が始まる場合です。このパターンなら、できれば交際を合格後に遅らせることが一番のおすすめです。高校時代の交際実績がない分、お互いの性格も分からず、トラブルになってしまったり片方がのめり込み過ぎたりと予期できない要素が多すぎます。

(3)浪人生と大学生のカップル

若者

✔ 浪人生と大学生のカップルの場合、大学生の側は大きく環境が変わっていくことがネックになります。学生時代に塾講師(英語、古文)経験がある20代前半の方は次のようにアドバイスします。

とくに大都市圏の私立文系のような華やかなキャンパスに通う大学生は、短期間で想像以上に変化していきます。浪人生と最もぎくしゃくしやすいパターンだと言えます。両方が大学生になるまで待つのがベストです。大学生の方が、国立大、理系、地方など落ち着いた要素が多い環境にいる場合には、うまくゆくこともあるかもしれません。要するに真面目な人同士のカップルは、ずれやトラブルが少ないと言えます。

✔ お互いにかなり目的意識が高く、理知的で真面目なコンビなら恋愛を受験の成功に結び付けられる可能性がない訳ではありません。互いに高い志望校を設定し、会う時間やLINEの時間を話し合って決めて、自習は別室または離れた席で行う。友人に気を配り、公の場では友人同士の雰囲気で振る舞う。成功組は双方の志望校がかなり高い印象があります。

浪人生が考える浪人生の恋愛

浪人生 恋愛

✔ 浪人生自身は、恋愛について「受験勉強との両立はできる」と考えている人が目立ちます。しかし実際に交際を始めると、予想外の展開になることもあります。

恋愛ははまる 特に男子が……

カップル ゲーム

✔ 恋愛にはすごく時間がかかります。一緒に食事をとればまず1時間かかります。そして必ずもっと話していたくなりますので、もう1か所、もう1時間と想像以上に時間を取ってしまいます。またLINEのやりとりも想像以上に時間がかかります。友人と比べて、やり取りの頻度が増え内容的にも長文が増えてくるからです。外で会って2時間、LINEで1時間。3時間程度はすぐに消えてしまいます。

✔ もしこれまでに恋愛経験が豊富に(5回以上)あり相当慣れている。彼女・彼氏を切らしたことがないという人同士なら、外で会っても30分で食事を済ませスパっと自習室に戻れるでしょう。また、気が散らないように別々の自習室に座るでしょう。恋愛に慣れていればLINEもすぐに終わります。しかし浪人生の場合は、初めてあるいは2回目程度の恋愛だという方も多いはずです。想像以上に恋愛にはまり時間を取られ、いつも相手のことを考えるようになってしまうと見て間違いありません。

✔ 浪人生の年代は、女子よりも男子の方が恋愛には熱心です。浪人生が恋愛をした場合、男子の方がより深くはまり込んでしまい、受験に失敗するというケースが大半です。あるベテラン予備校講師(英語)に聞いてみたところ「男子の方が勉強に身が入らないというのが通説です」との答えが返ってきました。男性が恋愛にはまりやすいのは10〜20代ですが、女性は30代~40代であるという研究結果もあります。

恋愛は「制限」ができない?

STOP 標識

✔ 恋愛は制限ができるのでしょうか?まじめさが売りのタレントのベッキーさんですら恋愛の魅力に囚われ、すべての番組とすべてのCM契約を失ってしまいました。この損失は年間で少なくとも3億円以上と言われています。恋愛のもつれから起きた事件も頻繁に報道されています。

✔ 経験値の高い大人同士でも制限が効かなかったり、トラブルが起きたりするのが恋愛の本当の姿です。浪人生の年代なら、男女問わず時間や感情をコントロールすることが難しく、受験の失敗につながる可能性も否定はできません。

✔ これまでに恋愛経験が豊富(5回以上)あり相当慣れている、あるいは(あまり例はないと思いますが)「試しに付き合ってみる」という状況なら制御可能かもしれません。しかし「試しに付き合ってみる」は気づかないうちに、片方がはまり込んでしまうことがよくあります。片方だけがはまり込むと、バランスが崩れ相手に不満や不信が生まれ、感情のコントロールが難しい状況になります。いずれにしても浪人生の恋愛にはリスクがあります。

※さらに予備校など閉鎖的な場では、三角関係など友人を巻き込んだトラブルになることもあります。それが原因で予備校を退学するケースもあります。

恋愛なら合格後の再現は可能!

受験勉強

✔ 「大人買い」という言葉があります。子どもの頃になかなか集められなかったフィギュアなどを箱単位で買い集めることです。しかし子どもの頃に比べればその喜びは案外小さいものです。欲しいものは欲しいときに欲しいのであって、時がたてば必ず色あせます。

✔ しかし恋愛はそうではありません!浪人生時代の恋愛をたった1年間遅らせるだけで急に色あせることはありません。むしろお互いのために1年間待てるかどうかの試金石を経ることは、逆にメリットにもなります。もしたった1年の浪人生活や、合格先の違い程度で終わってしまうなら、ニセモノをつかまされなくてラッキーだと思って良いくらいです。

✔ 高校時代から交際が続いている場合でも「充電モード」として、会う機会や連絡を少し減らしてみるのも一つの方法です・

【まとめ】浪人生は恋愛をすべきか

✔ 原則的にはダメ。ただし、交際が高校時代から継続し安定期に入っていおり、高い目標を持つ浪人生同士であれば成功例も。その場合でもベストな距離感を意識する。

✔ 双方の恋愛経験豊富でない場合や交際期間が短い場合、けんかや予期せぬトラブルが起きがち。恋愛は1年間先延ばしにしても価値は変わらないので、待つことも重要。

✔ 難関大学合格者は、基本的には1日12時間程度の勉強を1日も休まず1年間続けている。しかも勉強法などでミスを犯す可能性も総じて少な目。よほどの天才でなければ、恋愛をこなしかつライバルを上回るのは不可能である。

【参考】最後に塾講師の経験があり現在英会話学校講師を勤めている20代の方からのメッセージを紹介します。

「自分の心に聞きましょう」

大切なのは互いの大事なことを相互に尊重できるか。つまり、「本当の恋愛」かどうかです。自分が大切にする大学受験を応援してくれる人なのかどうか。自分はその応援に感謝し、最高ではなくても最善のお付き合いができるかどうか。もしそうであれば受験にもプラスになるはずです。浪人生の恋愛が良いか悪いかではなく「良い恋愛」を一緒につくっていける確信があるかないかが大切!互いの価値観(=優先順位)を分かり合える、過不足ないコミュニケーションが取れる、いつも感謝の気持ちを忘れない。受験勉強と並行し、人間関係を保つために努力を惜しまない気概があるなら、あなたの受験も恋愛も応援します。


広告

 - 入試・学部選び