志賀高原ホテル盗難 長かった!犯人逮捕までの道のり

      2016/04/07

2017年1月、志賀高原で早稲田アカデミーに続き、神奈川県の桐光学園高校の約170人が盗難被害にあったホテルサニー志賀。ついに犯人が逮捕されました。

志賀高原ホテル盗難 長かった!犯人逮捕までの道のり

 

広告

事件概要

✔ 2015年8月、「早稲田アカデミー」が志賀高原で実施した夏期合宿において、ホテルサニーサイド志賀に宿泊した中3生、316人の財布やスマホを紛失。

✔ 早稲アカの内部犯行説がありましたが、当サイトでは塾業界の状況から盗難と推理。1度目であったためホテル名を公表しない報道機関が目立ちました。

詳細 ➡早稲アカ 夏期合宿でスマホ・財布盗難 ホテル名と意外な犯人像

✔ 2016年1月8日、スキー合宿のため宿泊していた川崎市の桐光学園高校の生徒約170人分の財布などがまとめて盗まれました。ホテル名「ホテルサニー志賀」が公表されました。ホテル側が施錠した事務所で預かっていながら紛失した財布やスマホの被害額は389万円(うち現金は101万円)。

✔ 桐光学園高校の事件に関して、 4月7日長野県警はホテルサニー志賀の元アルバイト従業員、建設作業員高山憲一容疑者(47)を逮捕(別の窃盗容疑で逮捕済み)。容疑を認めています。

広告


受験ネットから進呈

1月の事件を振り返る

財布やスマホはホテル側が事務所で預かっていた(日本テレビ)、あるいは教員が袋にまとめて二重に施錠した保管庫に入れて管理していた(中日新聞)と情報が錯綜しました。その後の確定した報道は以下の通りでした。

✔ 財布やスマホはホテル側が事務所で預かっていた。ホテル社長が1月7日夜11時半ごろ確認した際は異状がなく、1月8日朝7時半ごろになくなっているのに気づいた(深夜の犯行)。二重に施錠した保管庫というのは誤報で、事務所内の段ボール箱に保管していた。

✔ ホテル側は2015年の盗難事件を踏まえて、高校側とも打ち合わせし鍵付きの事務所へ保管し、出入り口に防犯カメラも設置したが防ぐことはできなかった(2015年は誰でも立ち入ることがロビーの一角に置いてあり、早稲田アカデミーの責任が大きい)。

IP160109MAC000019000

出典:信毎WEB

✔ 夜間は出入り口2カ所が施錠され、フロントはシャッターが閉まる万全の態勢でした。桐光学園もこの警備態勢を下見の上利用を決断しています。ホテルや高校の責任を問うことは筋違いでしょう。

2015年夏の早稲田アカデミー(東京の塾)の盗難事件の概要

928b3b5dc1b56c7b0f3335da01e635d8_s

高校生が被害にあった志賀高原のこのホテルでは、2015年8月8日に盗難事件が起きたばかりでした。そのときの概要は以下の通りです。

✔ 関東の高校受験の第一人者で、大学受験も扱うのが「早稲田アカデミー」(通称早稲アカ)。長野県の志賀高原で大々的な夏期合宿を実施。約1万2千人が大型バスを連ねて参加。うち中3は4174人。

✔ 実施宿舎のひとつ「ホテルサニー志賀」で8月8日に中3生325人分のスマホ、財布を塾側が預かり段ボールに保管し「施錠を失念」した(初期の早稲アカ側見解。その後施錠できないロビー付近だったと明らかになった)。翌朝紛失に気づいた。

早稲田アカデミーの盗難との相違点

1941938c691ca7e658a2ad5b1bdb29b1_s

✔ 早稲田アカデミーの盗難の際には、当サイトは次のように犯人像を考えました。

・教育業界はアルバイト講師も含め真面目な人材が多い。特に合宿は熱心な講師が選抜される。内部の犯行の可能性は低い。
・志賀高原のホテルは冬季はともかく、夏季はアルバイトをそれほど多くは使わないはず。ただし使っていればアルバイトの犯行の可能性も多少はある。
同一日程で集団行動するため盲点ができやすい学生、生徒を狙った専門的な窃盗犯の可能性も考えられる。

追記 逮捕された犯人は、専門的な窃盗犯でなく「過去にアルバイトをしていた人物」でした。ただし現時点では逮捕された容疑者が、早稲田アカデミーの事件に関与しているかは捜査中です。

✔ 早稲田アカデミーの事件の際は、ロビー付近に施錠せず置いてあったとのことで塾側が非を認め賠償を行いました。しかし今回は厳重な対策が施されていました。

犯人は合い鍵を使わずに事務所のカギを開けた

✔ 前回の早稲田アカデミーの盗難事件では、貴重品をロビー付近のついたてで区切ったスペースで管理していたとのことで、明らかに塾側に責任がありました。この管理方法なら子供でも盗み出せたはずです。

✔ しかし今回の事件はホテル側が施錠された事務所内に保管していました。合い鍵を含めた3本の鍵はいずれも紛失していないことが確認されています。しかし「気付いた時には(事務所は)施錠されていた」(ホテル側弁護士)と事件直後に報道され、合い鍵が作られていた可能性があります。

✔ インターネット上ではホテルに対する批判が数多く起きています(上はその一例)。昨年の管理方法(ロビー付近に置いてあっただけ)に比べると、相当の改善が見られます。「教訓が全く活かされてない」は言い過ぎですが、ホテル側の鍵の管理方法が焦点となっています。


広告


プレゼント

 - 教育問題