都留文科大学の小論文 傾向と対策

      2018/04/16

都留文科大学では、推薦入試、一般入試とも小論文が課されます。この記事では都留文科大学の小論文の、傾向と対策を分かりやすくご説明します。

筆者:元予備校講師(国語科)。独立に成功し、現在は年80回高校で文章指導等の講義。

広告

【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ

都留文科大学で小論文を課す入試

都留文科大学で小論文を課す入試は以下のようになります。

  • AO入試 … 出題なし
  • 推薦入試 … 文学部、教養学部で、センター利用型を除き小論文を課す。
  • 一般入試 … 文学部、教養学部とも、中期日程で小論文を課す。

※データは、過去の入試のもので、記載漏れの可能性もありますので、受験時には必ずご確認ください。

各学部で、推薦入試の評定基準が3.6~3.8に設定されていますので、多くの方は、推薦入試→一般入試と両方を受験してゆくはずです。センター試験対策などもありますので、時間をかけ過ぎず小論文対策をしてゆく必要があります。

小論文の書き方:【予備校直伝】これが小論文の書き方!~落ちない7つのコツ~

 

 

広告


受験ネットから進呈

都留文科大学の小論文出題傾向(過去問)と対策

推薦入試 … 文学部、教養学部

教養学部学校教育学科 平成30年度の出題

  • 設問趣旨:書籍『健康病ー健康社会はわれわれを不幸にするー』の一部を読み、現代医療の矛盾について筆者の考えを200字以内で説明させ、「人が生きること」をどう考えるかを述べる(600字以内)。
  • 課題文要旨:現在のわが国では、手遅れになる前に病気を発見することに医療は注力し、健康という幸せの増進にいそしんできた。そのことが、手遅れで病気が発見されることに不幸というラベルを貼ることとなり、手遅れの状態は放置されてきた。手遅れな状態を幸せにするために、死が訪れるまでの時間を充実させることが必要である。

小論文出題の分析:平成29年まで初等教育科として実施されていた頃は、教育に関するテーマが目立ち、受験生に取って書きやすかった。学校教育学科として実施された平成30年は、死がテーマとなり、とくに読解問題(現代医療の矛盾について筆者の考えを200字以内で説明)の難度が上がった。問い方は、要旨というより傍線部内容説明問題に近いが、傍線を引くことでヒントを与えない、いわゆる傍線部のない傍線部問題であり、戸惑った受験生も多かったと考えられる。一方、読解問題に困惑せず、全体の趣旨をつかむことができれば、論述問題は比較的取り組みやすかったように思われる。

対策:平成30年度に関しては、読解問題の難度が高かったため、念のために現代文評論の傍線部内容説明問題(記述式)の練習が必要です。論述については、教育問題に限定されない、社会・文化の幅広い知識が必要となりそうです。ニュース週刊誌のAERAを毎週読むことが大きな対策となります。

教養学部比較文化学科 平成30年度の出題

  • 設問要旨:雑誌記事について、部分読解(具体例がヒントとして提示され、それに関する論を抜き出しつつまとめる)200字以内と、意見論述が600字以内。
  • 課題文要旨:東日本大震災の直後、外国人による犯罪といううわさが広がった。うわさには、周囲の人に関するうわさ話や都市伝説レベルだけでなく、このような流言もある。流言は、不安と情報不足を背景に広がりを見せる。ドイツでは、流言の真偽を扱うメディアがある。流言を国が規制することは専制政治につながるため、メディアの位置づけが重要である。

小論文出題の分析:課題文の読解問題、論述問題とも比較的平易で、差がつきにくかったと思われます。

対策:現代文の評論で好んで扱われるような課題文が目立ちます。人文系のジャンルを中心に、現代文の問題集を解き、意見を書く訓練が有効でしょう。高校生は、高1から高3までの現代文の教科書の評論について、要約と意見を書き、現代文の先生に見てもらうのがおすすめです。高校の先生は、市販の問題集への対応には時間を割けませんが、教科書の評論は頭に入っており、対応しやすい傾向です。

  • その他の学科について:国文学科、社会学科は、学部に関連した文章が出題される傾向。現代文の評論問題集や小論文ネタ集が有効。英文学科、国際教育学科は、英語の長文が出題され、一部日本語で答える問題が混ざる。英語長文対策が重要。

 

(注)一般入試(中期日程)に関しては、平成30年度を境に、学科を改組している場合があるので傾向の変化に注意する。英文学科、国際教育学科は、英語の長文を含む問題が出題される。


広告


プレゼント

 - 小論文