教育問題

教育虐待を防ぎ、中学受験に成功させる1つの方法

投稿日:

2019年6月、NHKニューウオッチ9が、中学受験心を病む子どもたちと題して、「教育虐待」について特集しました。この記事では、小中高生全ての受験指導の経験者が、教育虐待を防ぎ、中学受験に成功させる方法を考えます。


【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ


NHKの教育虐待に関する報道内容は?

NHKニューウオッチ9が、中学受験心を病む子どもたちと題して、「教育虐待」について特集しました。

  • 心療内科を訪れる、中学受験に臨む小学生が増えている(世田谷区・川畑友二医師)。
  • 忙しい日々のなかで心身ともに疲れ、自律神経が狂い、精神的にも不安定になる症状が見られる。

受験ネットから進呈

教育虐待とは?

教育虐待の意味は十分に定まっていませんが、武蔵大学の武田信子教授は「子供の受忍限度を超えて勉強させるのは教育虐待になる」と述べています。子どもの意思を無視して、長時間大量の勉強を課し、子どもの心身に支障を来たしてしまうことと考えて良いでしょう。

中学受験塾の授業時間はどのくらい?

中学受験塾の授業時間はどのくらいなのでしょうか? 首都圏の大手中学受験塾、四谷大塚の小学校6年生の時間割は、以下のようになっています。

曜日授業時間夕食
平日①3時間20分の授業(17~21時)お弁当
平日②3時間20分の授業(17~21時)お弁当
平日③3時間20分の授業(17~21時)お弁当
土曜日1時間40分のテスト、2時間の解説授業自宅
日曜日家庭で4時間分の宿題(テストの復習)自宅

このように、小学校の授業をこなした上でさらに1日3時間以上、現役高校生の予備校に匹敵する授業時間が課されています。

また、塾によって異なりますが、かなりの分量の宿題が課される場合もあります。小学生の段階で、友人との交流、スポーツ、習い事、家庭での夕食を犠牲にして臨むこととなります。

教育虐待の原因は、親の期待と子の能力のギャップ

中学受験をめぐり教育虐待(子どもの意思を無視して、長時間大量の勉強を課し、子どもの心身に支障を来たしてしまうこと)が起きる原因の1つには、親の期待と子の能力のギャップがあります。

親としては、わが子かわいさに、子どもの能力を信じて疑いませんし、受験に成功して、安定した人生を送ってほしいと考えています。しかし、それぞれの子どもの勉強に対する適性は、小学校4年生の受験勉強のスタートの時点でかなりの差があります。

勉強に対する適性は、小4でもかなり差がある

勉強に対する適性は、小4の時点でもかなりの差があります。

勉強に対する適性
①落ち着き・従順さ、②理解力(頭の回転)、③好奇心、④競争心、⑤考え方の深さ、⑥創意工夫ができるか、⑦語い力、⑧計算力、⑨国社への関心、⑩理数への関心

例えば、上の10項目を3点ずつで採点すると、小学校4年生でも、子どもにより大きな差(10点~30点)があることが分かるでしょう。①・②があれば、授業で教えたことは理解できます。③・④があると、自習時間に差がつきます。⑤・⑥があると、徐々にほかの子を引き離してゆきます。

親の期待と子の能力のギャップ

例えば、落ち着きがなく自由気ままで、理解力も乏しい子どもに、親が大きな期待を寄せたとしても、勉強の過程や結果に大きなギャップが生じます。このギャップこそが、教育虐待につながってゆくのです。

このギャップを防ぐためには、わが子を客観的に厳しく採点することが必要です。上の表を、小学校や塾の先生に見せ、忌憚(きたん)なく採点してもらえば、評価のギャップがはっきりします。

合わない中学受験をさせていませんか?

同時に、子どもには、それぞれに合った受験時期があるということを認識しておくと、良いでしょう。

タイプ性格
中学受験が合う落ち着きがあり従順で、年齢の割に大人びた話ができる(早熟)。頭の回転が良く、勉強につまづいたことがないタイプ。
高校受験が合う 理解力は多少浅くても、記憶力に富み、素直でものごとに一生懸命取り組むタイプ。
大学受験が合うものごとへの理解が非常に深く、波があるものの主体的に取り組むと能力を発揮するタイプ。

大学受験が合うタイプなのに、中学受験で無理をさせることは、その子の勉強への意欲を壊してしまいます。

子どもを確実に伸ばすためには

勉強への適性は、幼い頃に身につけた、国語的な理解力、社会・文化への関心の高さ、計算力・空間把握力などで、かなりの部分が決まってきています。たしかに小学校高学年で子どもは大きく成長しますが、幼少期ほどは変化しません。

芽の頃は倍倍ゲームで伸びるが……

これは、草花が、芽の頃は2倍3倍と伸びるものの、ある程度成長すると、2倍3倍にはならないとイメージすると良いでしょう。子は親の鏡です。子の能力は、幼少期の親子の会話で大枠が決まっていますので、子がつまづいたとしたら、すべてが親の責任です。

親ができることは、水やりだけ

親ができることは、自分自身の子育てを思い起こしときには反省しながら、子どもが勉強しやすい環境を、心身ともに整えることです。

塾に持ってゆくお弁当には手をかけます。子どもがゲームを我慢できない場合、親も何か好きなものを断ち、一緒に頑張ります。子どもが苦手な科目は、親も苦手なことが多いですから、一緒にテキストを勉強して克服します。そして、親も何かの資格を目指すなどして、子に背中を見せながら頑張ります。

草花を無理に引っ張っても、伸びることはありません(切れることはあります)。親の仕事は、水やりだけです。

怒るな働け

怒るな働け。これは、ある私立中学のモットーです。親は、子に怒るひまがあったら、お弁当を作り、何かを我慢し、自分も勉強をするのです。このことが、無理をせずに子のやる気を引き出してゆくはずです。

関連する記事:【大学入試改革】保護者は子に何をアドバイスすべきか


関連コンテンツとスポンサーリンク


受験ネットから進呈

-教育問題

Copyright© 受験ネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.