【新入試】学校推薦型選抜の対策を分かりやすく!|調査書、推薦書、学科試験の内容と対策


学校推薦型選抜の仕組みがわかりにくい、志望校が入試を発表していない。いろいろな悩みがあり、対策がしづらい学校推薦型選抜ですが、わかりやすく対策を説明します。調査書、推薦書、学科試験の内容と対策を説明します。

  • 筆者:管理者(加藤)は元予備校講師。現在は東日本の高校で、年に80回の講演活動を行っています。キャリアコンサルタント(国家資格)養成講座修了。
2020年秋からの新入試・ぜんぶ分かります!
全体を知る(学校推薦・総合型・一般選抜)
【学校推薦】学校推薦型選抜の対策(調査書、推薦書、学科試験)総合型選抜の対策(調査書、資料、学科試験)指定校推薦はなくなるの?
【資料(書類)等】小論文の書き方志望理由書の書き方
【専門学校】専門学校の新入試

学校推薦型:まず調査書、推薦書、学力検査を理解しよう!

学校推薦型選抜の内容は、以下の通りです。

公募・指定校推薦入試 学校推薦型選抜 (2020年秋の実施から)
学力検査原則なし(ただし、公募推薦では、小論文は課されていた)①大学入学共通テスト、②各大学独自の評価方法(小論文、プレゼンテーション、口頭試問、実技、各教科・科目に係るテスト、資格・検定試験の成績等)のいずれかは必ず採用
調査書必要(1枚)高校生活を詳しく記録するため、枚数は制限なし。評定平均も記載。
推薦書提出を求める場合もある先生が、推薦する生徒の学力(とくに幅広い学力)の評価を書く。必ず活用
※資料(書類)が求められる場合もある。

上の表の根拠(文部科学省):学校推薦型選抜における評価方法

学校推薦型選抜では、難しい用語がたくさん出てきますが、まず、調査書、推薦書、学力検査の3本柱だと考えるとスムーズに理解できます。

  • 調査書 → 推薦書は、調査書の一部内容を詳しく書くもの。
  • 学力検査

新しい用語や、未確定の内容に混乱しそうな場合は、まずは調査書、推薦書、学力検査の3つの対策だ、と割り切ると理解が早まります。

調査書に書かれる内容とは?

調査書に書かれる内容は、おもに以下の通りです。学校推薦型選抜では、以下の内容が埋まるほど有利になります。

前身の公募制推薦・指定校推薦を受けつぎ、従来通り評定平均値は重視されると予想されます。また、従来通り、高校生活や資格も重要ですが、 思考力や表現力を生かし主体的に協働して学ぶ経験を求めるのが、新入試の特徴です。

調査書の内容説明答えられますか?
学習成績の概況(旧評定平均値)・4.0、3.5のような、3年間の評定平均値です。①高校の勉強は定期試験前だけで、間に合いますか?
総合的な学習の時間の内容・評価・キャリアを学んだうえで、明確な志望理由を持つ。
・探求的な学習内容も含む。
②自己や職業の理解を踏まえ、進学後に学ぶ内容の理解を進めてきていますか?
特別活動の記録係、委員会、生徒会などでの成果。③親戚に自慢できる高校生活を送っていますか?
指導上参考となる諸事項・思考力、表現力を生かし、主体的に協働して学ぶ。
・部活動、ボランティア、留学、資格など。
④授業、宿題以外に自分でテーマを見つけて調査、研究しレポートに書いたことがありますか?
⑤資格や、特別な経験はありますか?
備考その他の事項
出欠出欠日数

①高校の勉強は定期試験前だけで、間に合いますか?

中学校と異なり、評定平均は、定期試験前の学習だけでは上がりません。毎日、苦手科目の勉強に時間を割くことがポイントです。

②自己や職業の理解を踏まえ、進学後に学ぶ内容の理解を進めてきていますか?

多くの高校では、総合学習の時間に、進路やキャリアに関する行事が組まれます。その内容やオープンキャンパスを生かすことで、学校選抜型入試で提出を求められる可能性が高い、志望理由書、自己PR文、学修計画書などの書類(資料)書くことができるようになります。

志望理由書、自己PR文、学修計画書は、提出を求められる可能性が高いため、高2のうちに、それぞれ600字程度で完成させておくことが必須です。志望校が未定の場合は、仮の希望校で志望理由書を作っておきます。

④授業、宿題以外に自分でテーマを見つけて調査、研究しレポートに書いたことがありますか?

新入試は、幅広い学力(思考力や表現力を生かし主体的に協働して学ぶ)が問われます。高校から指示された内容だけではなく、教科に関連して、自分でテーマを見つけ(主体的)、先生や地域の人、友人などの協力を得て(協働して)学び、深く考え分析して(思考力)、レポートなどに書く(表現)する取り組みが必要になります。

なお、授業以外と書きましたが、総合的な学習(探求)の時間などで、グループまたは個々で考えながら取り組んだ内容も、これに含まれます。

総合的な学習(探求)の時間など以外でも、高校2年生のうちに、レポートを最低1つは仕上げてみましょう。下はレポートの例です。

教科レポート例
国語百人一首の和歌をいくつか選び、詠まれた場所を実際に見ることで、当時の人の心の様子を考えてみる。国語、図書館の先生に協力してもらう。
英語英語圏から地域に観光に来る人のために、ガイドブックを作る。外国人に、地域で困ったことや興味があることのアンケートを書いてもらう。
地歴京都へ行き、豊臣秀吉が京都に残した痕跡を探してくる。高校の歴史の先生や、博物館の係の人に協力をお願いする。
公民ある社会問題について、各政党でどのように考え方が異なるのかを、実際に地元の議員さんに聞いて調べてみる。
理科興味のある単元の化学実験を、化学の先生の協力を得て、実際に行ってみる。また、関連して自分で工場見学を申し込み、インタビューもする。

推薦書に書かれる内容とは?|記載例

推薦書に書かれる内容は、調査書の指導上参考となる諸事項に書かれる、幅広い学力(思考力や表現力を生かし主体的に協働して学ぶ)を詳しく書くものです。高3時の担任が書くことになります。

授業、宿題以外に(ただし総合的な学習の時間は含む)自分でテーマを見つけて調査、研究しレポートに書いたことがありますか?という質問に答えられるように、高2段階で成果を残しておくことが必要です。

推薦書の記載例

(大学側の指示例)

本人の学習歴や活動歴を踏まえ、学力の3要素(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」)」に関する評価を記載してください。


(記載例)

〇〇〇〇(氏名)は、高校3年時の総合的な学習の時間において、地域研究をテーマに選び、3か月に渡り、8人のグループ学習を進めた。ここで先導的な役割を果たし、令和1年〇月〇日、県の〇〇研究発表大会で優勝を収め、地区大会に出場した(優秀賞)。 〇〇〇〇(氏名)は、 発表資料(パワーポイント)の作成を主に担当し、地区大会でも、冒頭の概要説明(約3分)を担当した。

〇〇〇〇(氏名)は、高校受験時の学習や入学後の地歴公民、国語などの学習のなかで、自主的なまとめノートに、積極的に取り組んでいた。このなかで、得た知識を、自分自身の言葉で思考し、表現する能力を身につけた。このことが、地域研究における発表資料(パワーポイント)の作成につながった。やや大人しい性格で、コミュニケーション能力(協働性)が課題ではあったが、グループのメンバーがロールモデルとなり、年齢や立場などが多様な、地域の観光業の方々へのインタビューを1時間ずつ5名分こなし、苦手の克服に向かうことができた。同時に、友人の長所(コミュニケーション能力)を知り、友人から学ぶ姿勢を身につけたものと考える。

〇〇〇〇(氏名)は、貴学経営学部へ進学を許可頂ければ、講義内容を律義に消化し、レポートや論文への取り組みにおいて、学友のロールモデルとなることが期待される。また、課題であったコミュニケーション能力も育ってきており、学友や教諭、准教授、講師の方々と、円滑なコミュニケーションを取り、ゼミナールなどにしっかりと溶け込み、役割を果たすものと期待される。以上から、〇〇〇〇(氏名)を貴学へ推薦させて頂きたい。


学力検査で問われる内容とは?|都内私大の対応も掲載

学校推薦型選抜は、調査書、推薦書、学力検査の3本柱だ、と割り切ると理解が早まりますと初めに言いました。調査書、推薦書について理解できたら、あとは、学力検査を知るだけです。

文部科学省は、学力検査について、次のような例を挙げています( 学校推薦型選抜における評価方法 )。

小論文、プレゼンテーション、口頭試問、実技、各教科・科目に係るテスト、資格・検定試験の成績等

東京都の主な私立大の対応

東京都の人気私立大の学校推薦型選抜の予告内容を見てみます(2019年12月現在)。大東亜帝国、桜美林(関東上流江戸桜)以上を中心に、知名度が高い大学も加えました。未発表や情報の薄い大学は割愛しています。

  • 入試は学部・学科によって異なるため、各学部・学科で〇印の全てを行うという訳ではありません。
  • 〇印がない場合、まだ発表されてないという意味で、採用がないことを必ずしも意味しません。
  • 誤りが含まれる場合があります。 リンク先等でご確認ください。
小論文プレゼン口頭試問教科テスト検定
青山学院大
桜美林大
学習院大
学習院女子大
杏林大
國學院大
国士舘大
駒澤大
芝浦工業大
順天堂大
成蹊大
聖心女子大 (講義理解力)
聖路加国際大
専修大
大東文化大 〇(総合問題)
拓殖大 〇(作文)
玉川大
東海大
東京電機大
東京都市大
東京理科大
武蔵大
明治学院大
件数1212
小論文プレゼン口頭試問教科テスト検定

学科試験はどんな内容が多い?

上の表は、東京都の一部大学をまとめたものに過ぎず、日東駒専クラス以上は未発表も目立ちますが、現段階では、小論文、口頭試問の採用が多く、難関大では教科テストを好む傾向が見られます。検定は、英語関係が多いですが、学部によるなど、全員必須とはならない傾向です。プレゼンは大学の難度を問わず、一部で採用されそうです。

難関大を受験する場合は、教科テストや口頭試問に備え、大学共通テスト対策をしっかりやってゆきます。小論文にも注意が必要です。

中堅大学を受験する場合は、小論文、口頭試問対策を行ってゆきます。小論文は、高2のうちに10~20本、1学期に10~20本、夏休みに10~20本書き上げて、添削を受けるのがおすすめです。口頭試問は、学校の勉強を定期試験前だけにせず、毎日復習し、理解を深くしておくことが必要です。

関連ページ:【小論文】書き方・構成を分かりやすく教えてください

学校推薦型選抜を受ける方が、知っておきたい用語

資料(書類)は、生徒が志望理由、自己PR(活動報告)、進学後の学修計画を書くもの

資料(書類)は、高校の先生ではなく、受験生自身が書きます。内容は、大学側に任されていますが、次のようなものが予想されます。

志望理由書学部や大学を選んだ理由を書くもの。もっとも多く採用されると予想される。(志望理由書の書き方
活動報告書活動実績(部活動、係、委員会、生徒会、地域、ボランティア、趣味、学習)に絞って書くもの。一定数の採用が予想される。
学修計画大学進学後に、どんな内容をテーマに、どんな講義を取り、どんなゼミ(研究室)を候補として考え、大学外でどんな取り組みをしてみたいかを具体的に書くもの。一定数の採用が予想される。

東京都の人気私立大の学校推薦型選抜の予告内容を見てみます(2019年12月現在)。全学部・全学科で提出が求められるとは限らず、今後変更になる場合もあります。

書類
青山学院大 志望理由、学修計画
桜美林大 志望理由書、読書リポート
学習院女子大 身上書
國學院大 (形式未定)
国士舘大 学修計画書
駒澤大 志望理由書
芝浦工業大 Web出願時に高校時代の活動等の記入
成蹊大 (形式未定)
聖路加国際大 (形式未定)
専修大 (形式未定)
玉川大 志願理由書
東海大 志望理由書
東京電機大 活動報告(インターネット出願時に記入、任意)
東京都市大 志望理由書、活動報告書
明治学院大 志望理由書

ポートフォリオは、高校の先生、受験生自身、大学側の3者が活用するもの

高校の学習を記録する、紙またはウェブ上の仕組みがポートフォリオです。思考・表現を伴う主体的・協働的学習、 資格、部活動、特別活動などを残すことが期待されています。

ポートフォリオは、高校の先生が推薦書を書くときに使ったり、生徒自身が資料(活動報告書など)を書くときに使ったりします。また、大学側は、入試(現段階では、提出を求める大学はまだ限られ、合否に使わないケースも多い)に使うほか、学生の追跡に利用し、教育内容の改善に利用することが期待されています。

高校の指導に従って手抜きせず書いてゆきましょう。

(詳細:【新大学入試に採用】ポートフォリオとその対策をわかりやすく

2020年秋からの新入試・ぜんぶ分かります!
全体を知る(学校推薦・総合型・一般選抜)
【学校推薦】学校推薦型選抜の対策(調査書、推薦書、学科試験)総合型選抜の対策(調査書、資料、学科試験)指定校推薦はなくなるの?
【資料(書類)等】小論文の書き方志望理由書の書き方
【専門学校】専門学校の新入試

関連コンテンツとスポンサーリンク


受験ネットから進呈

コメント

タイトルとURLをコピーしました