【専門学校と大学卒】給料・年収の違い

新入試、面接

受験ネット
受験ネット

専門学校と大学で、進路を迷っている、給料や年収が気になるという方のためのページです。キャリアコンサルタント(国家資格)が、大学と専門学校の給料の違いをわかりやすく説明いたします。


受験ネットをご覧いただきありがとうございます!


・。

プロフィール

専門卒と大卒の給料の差は、月給で7万円程度

受験ネット
受験ネット

専門卒の月の給料は、大卒より月7万円程度低いと試算されます。

専門学校のなかで、介護福祉、美容分野などは、資格取得者が多い、小さい企業が多いなどの理由で、給与はやや低めの傾向です。


介護福祉士の登録者は162万人にのぼりますし、美容師は数は少なめですが、小規模の店舗が大半となっています。

また、声優、アニメーション、ミュージシャンなど、才能を問われる分野も、成功者もいる反面、平均すれば、給与は安くなります。

だからと言って、大学に行けば良いのかというと、とくに文系は就職状況に個人差が大きく、結果的に、看護・医療系や情報系・工学系の専門学校にすればよかった、と後悔するケースもあります。


このあと、わかりやすく説明してゆきますが、平均値としては、専門卒の月の給料は、大卒より月万円程度は安いと試算されます。

受験ネット
受験ネット

ただし、仕事の満足度と給料の額は、必ずしも直結しません。例えば、長年続けている美容師さんは「給料少なめ、休みも少なめだけど、この仕事がいちばん合っているよ」と言う人が多くいますよ。

専門卒と大卒 定年までに稼ぐお金の差は4〜5千万円

専門学校卒と大卒が、定年までに稼ぐお金のヒントになるのが、ユースフル労働統計です。グラフを見ると、大卒(院卒を含む)と短大卒(高専卒を含む)の賃金の差は、男性で5370万円、女性で4080万円です。

専門学校卒のデータはありませんが、幼児教育、看護医療、栄養など共通の分野も多く、短大卒と大差はないと考えられます。


男女とも、大卒・大学院の方が賃金が高くなっています。40年間働くとすると、男性で年134万円、女性で年102万円の差となります。ボーナス(4ヶ月分で試算)を除き、月給を計算すると、男性で8万4千円、女性で6万4千円の差が予測されます。

つまり、大卒は、専門卒より7万円前後、月の給料が高いと考えておけば、大きくずれることはないでしょう。

では、大卒の方が得と言えるの?

受験ネット
受験ネット

専門学校卒だと、月給が7万前後安いのは、見逃せない! 迷ったら、大学に行った方が得だと考えていいですか?

はい。確かに、7万円前後は大きな差ですが、あくまで平均となります。例えば、女性より男性の方が平均身長は高いですが、背の高い女性も多くいます。


例えば、30歳大卒の会社員の月給を30万円とします。そのとき、専門学校卒の同級生の月給は、23万円前後と予測されます。しかし、とくに大学文系卒は、個人差も大きく、さまざまなパターンが考えられます

  • 月給44万円の人
  • 月給37万円の人
  • 月給30万円の人 … 大卒の平均
  • 月給23万円の人
  • 月給16万円の人 … 就活に失敗した場合

例えば、「大卒の方が収入が高いだろう」とだけ考え、学部調べを不十分に行わず大学に行けば、授業が合わなかったり、学生生活が充実しなかったりで、就職活動は失敗に終わる可能性も高いです。

その場合、大卒であっても、アルバイトや簡単な作業を行うような派遣社員になってしまい、月給が16万円ということも十分に考えられます。その場合、多少給料が安くても、自分の好きな道を究めようと行動してきた専門卒よりも、やりがい、給料とも恵まれない生活となります。

受験ネット
受験ネット

なるほど! 大学に行けば給料が高くなるわけじゃなくて、あくまで自分に合った学部に行き、最大限の努力をしてようやく平均の給料となるわけですね。

はい、その通りです。専門学校を出て働く人たちは、小さなお店や企業で社会を支えている人が多く、その生き方が否定されるものではありません。しかし、いまの時代は、生きてゆくのに、多くのお金がかかります。したがって、給与を参考に進路を選ぶことも、決して間違ってはいないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました