マツコの知らない受験参考書の世界|紹介された参考書をまとめ


受験ネット
受験ネット

「マツコの知らない受験参考書の世界」で紹介された参考書をまとめました。


受験ネットをご覧いただきありがとうございます!


・。

「マツコの知らない受験参考書の世界」有江晴彦さんとは?

受験ネット
受験ネット

「マツコの知らない受験参考書の世界」に登場した有江晴彦さんは、受験参考書コレクターとして知られている人です。

  • 出身 非公表
  • 住まい 非公表(東京都か)
  • 生年月日 1970年
  • 職業 不明
  • 学歴 巣鴨中学校・高等学校

受験参考書コレクターの有江晴彦さんは、上のように謎が多い方ですが、参考書を30年間集め続け、その数1万3千冊。使った費用は何と1000万円! 


参考書は古本屋が買い取らず、町の図書館にも置かれず、国会図書館にも納本がありません。参考書を集めているのは「自分が集めなければこの世に残らない」からだとのことです。

参考書マニアは、①マジメ系(教師、塾講師)、②知識系(クイズ愛好家)、③コンプリート系(マニア)に分類されると言いますが、有江晴彦さんは、コンプリート系です。有江晴彦さんは、予備校の500人規模の教室が満席となった、浪人時代が人生のピークで、受験参考書を見ると思い出に浸れると言います。

現在は「浪人大学付属参考書博物館」というWebサイトを運営しています。(Webサイト、落ちた場合用の写真1写真2)


「マツコの知らない受験参考書の世界」で紹介された受験参考書

受験ネット
受験ネット

「マツコの知らない受験参考書の世界」で紹介された受験参考書を、登場順に9冊ご説明します。

西尾の笑って覚える英単語|覚えさせる工夫系

Amazon

abruptly=突然にの英単語を、アブラ(油)プトリ(太り)のような語呂合わせと、漫画で覚える英単語集です。語呂合わせだけでは覚えづらいため、状況をショートストーリーで再現する漫画がついていました。

aucfree.com

可愛い猫写真で覚える ネコタン365|覚えさせる工夫系

語呂合わせと、ネコの写真やイラストを併用した、古文単語集です。下は、あからさま=ついちょっと、の覚え方です。

ものの始まりが一なら、国の始まりは大和の国…
「ネコタン」語の始まりは、あからさまでござい

ご存知、フーテンの寅さんの名セリフをちょっと拝借して「ネコタン語」の始まり始まり!

フーテンの寅さんの名セリフは、0:10にあります。


エロ語呂 世界史年号|覚えさせる工夫系

題名の通り、世界史の年号を上の画像のように覚える、特別な参考書です。

例の方法 有坂誠人|ノウハウ暴露系

入試問題の選択肢だけを見て正解を探るという、特別なテクニックを掲載したのが『例の方法』です。有坂誠人は、代々木ゼミナール講師。

例えば、右側の問題では、波動粒子という語句が複数の選択肢にあることに注目します。その両者が重なり合うD(波動と粒子の矛盾)が怪しいとなります。


それに沿って問題作成者の心理を考えると、まず正解のD(波動粒子の矛盾)があります。そして、波動だけを理解した受験生向けにA(光と波動)、粒子だけを理解した受験生向けにB(物質と粒子)をひっかけとして作成したと読めます。ほかの選択肢は、文章中に合った語句などを使った、添え物の選択肢です。

注意 選択肢だけで解く方法は、もともと正答率に限界があるうえに、現在は対策された選択肢が普通です。実際の入試で用いると、思わぬ失点となりますので、ご注意ください。

番組では、例の方法2つのうち、現代文の本文に〇をつけて読み解く方法を紹介しました。方法は、ご希望があれば、このページに明日にでも書いておきますので、下のツイートにいいねを残しておいてください。

土屋博映 土屋の「古文」|ノウハウ暴露系

代ゼミの古文の講師で、参考書を多数出版しています。全国の校舎に中継されたサテラインの授業では、1つの授業で2曲、カラオケや映像効果つきで歌を歌う、名物講師でした。

土屋の「古文」では、授業中のギャグやダジャレも公開しており、授業を受けなくてもいいという予備校生がいたほどです。

上の画像は、マツコの知らない世界出演の有江晴彦さんのWebサイトのものです(収蔵品番号179 土屋の[古文]ナンセンス編

高橋いずみ いづみ・古文ライブ講座|ノウハウ暴露系

元駿台予備学校古文科専任講師で、アイドル的なポジンションだった講師です。

上の画像は、マツコの知らない世界出演の有江晴彦さんのWebサイトのものです(収蔵品番号387 いづみ古文ライブ講座

古文が宇宙語でなくなる日|復刊希望系

古文が苦手な人向けに、書かれた参考書です。

潮田の英解講義|復刊希望系

定価900円が、相場は5万円。

伊藤和夫 新英文解釈体系|復刊希望系

1964年に刊行。定価500円が、相場は表紙なしでも50万円!







コメント

タイトルとURLをコピーしました