恐ろしい結末? 浪人生は恋愛をすべきか


浪人生の恋愛の「恐ろしい結末」の話を、聞いたことがあると思います。しかし100%失敗に終わるわけではありません! 予備校講師が見てきた事例を紹介します。

浪人生カップルの恋愛 これが両立のコツ

浪人生は恋愛をすべきなのでしょうか? 7年間予備校講師を続けてきた経験から言うと、「原則的にはダメ。ただし3つの条件を満たせばOK」となります。

筆者プロフィール、お問い合わせ

  • 条件1 交際が高校時代から継続しており、安定期に入っていること。
  • 条件2 高い目標を持つ浪人生同士であること。
  • 条件3 片方が大学生の場合、国立など真面目な人が多い大学。

この記事は受験と恋愛の両立と成功の条件を、多くの予備校講師や経験者と相談してまとめたものです。一度読んで頂ければ、失敗を防ぐことができるはずです。

一概に、悪いとは言えない浪人生の恋愛

浪人生の恋愛には、否定的な意見が大半です。しかし、厳密にはいくつかのパターンがあり、一概に良い、悪いとは言えないものです。

(1)高校時代から交際しているカップル
(2)浪人時代に交際を始めた浪人生同士のカップル
(3)浪人生と大学生のカップル

(1)高校時代から交際しているカップル

高校時代からの交際している場合、浪人したら急に連絡を取らなくなるという訳にもいきません。これについては、日本史の宇都宮先生(元予備校講師)からアドバイスを頂きました。

どうも、日本史の宇都宮です!

「浪人生にとって恋愛はタブーである」と言われますね。しかし、浪人前から付き合っていた恋人がいることもあるでしょう。「浪人中の恋愛の大事なポイント」は、2つあります!

1つは適切な距離を保つこと

1つは適切な距離を保つこと。浪人生は、志望校合格が最優先です。恋人との関係に、一喜一憂し過ぎるのは望ましいこととは言えません。一方で、浪人中は孤独を感じやすいものですから、恋人の存在が「一人ではない」という感覚を与えてくれるものなら、それは良いことです。

大事なのは、距離を近すぎず、遠すぎずの位置に置くことだと思います。近すぎるとべったりの関係となり時間だけが過ぎ、遠すぎると不安で勉強が手につかなくなります。お互いとって勉強をするために心の支えになるベストな距離感を保つべきです。

具体的には、一緒に勉強する時間やデートに行く時間を、2人で決めておくこと。失敗するのは、ずっと一緒に勉強し、勉強後はご飯を食べに行くような、「ズルズル」の関係です。

(例)一緒に自習をするのは、朝の自習時間だけ。授業後は、別々に勉強し、帰宅だけ時間を合わせる。デートは、土曜日の夕方3時間だけ(食事は自宅で食べる)。

悪いことを恋人のせいにしない

あと、浪人中は、思うように模試の点数がとれない時期もあると思います。しかし、「一緒に勉強していて気が散ってしまったから?」「デートの時間を取られてから?」「予備校の行きかえりのすきま時間に勉強できなかったから?」などと、恋人のせいにしてしまうのはダメです。

双方にとって何のメリットもないばかりか、なぜ点数が悪かったのか、本当の原因から目をそらしてしまうこともあります。良かったことは恋人のおかげ、悪かったことは自分のせいくらいに思った方がよいです。

恋人がいない人と比べて、朝の自習の約束があるから、早起きできる。土曜の夕方のデートの約束があるから、その時間まで猛勉強できる。このような関係に持って行ってください。するとお互いに、相手のことを大切にできる思いやりがある大人だというように思うようになり、関係も長続きするでしょう!

以上、宇都宮からでした。

(2)浪人時代に交際を始める浪人生同士のカップル

浪人時代に交際を始める、浪人生同士のカップルはどうでしょう? 予備校内で新たに知り合った、あるいは知り合いだったが、同じ予備校へ通うことで、つき合うことになったなどです。

結論からいうと、つき合うのは今はやめておく方がお互いに良いかも知れません。なぜなら、高校時代につき合った時間がない分、次にようなことが起きがちです。

  • お互いの性格(特に短所)が分からず、トラブルになってしまった。
  • 恋愛感情が釣り合わずに、片方(たいてい男子)がのめり込み過ぎ、デートの時間や回数などの意見が合わず、逆にぎくしゃくしてしまった。

このほか、予備校内でいつも一緒にいることで、回りから「勉強の雰囲気を壊してしまう」と思われるリスクもとても高いです。基本は、つき合うのはあとまわしにした方が良いですが、後に引けなくなってしまった場合は、以下のことを守りましょう。

一緒に自習をするのは、朝の自習時間だけ。授業後は、別々に勉強し、帰宅だけ時間を合わせる。デートは、土曜日の夕方3時間だけ(食事は自宅で食べる)。 予備校内では、異性の友人同士のようにふるまう(あいさつ位はするが、隣の席で授業を受けるなどはしない)。

(1)高校時代から交際しているカップルも参考にしてください。

(3)浪人生と大学生のカップルは?

高校時代からつき合っていて、片方が大学に受かったときに誕生するのが、浪人生と大学生のカップルです。大学生側の環境が、大きく変わってゆくことがネックになります。これは、大学生時代に塾講師のアルバイトをしていた、剛田先生(英語科)から、アドバイスを頂きました。

こんにちは! ラーメン屋めぐりが趣味の剛田です!

片方だけ大学に受かっちゃった。あるあるですね(笑) もし受かった方が、東京の文系私大のように、華やかなキャンパスに通うようになると、短期間で想像以上に変化していきます。浪人生と、最もぎくしゃくしやすいパターンだと思います。2週間に1度くらいは会っても良いと思いますが、心配だからと週に何回も会うのは、2浪への道になってしまうと思います。

大学生のほうが、国立大、理系、地方など、落ち着いた環境にいる場合には、うまくゆくこともあるかもしれません。要するに真面目な人同士のカップルは、ずれやトラブルが少ないと言えます。

お互いにかなり目的意識が高く、「理知的で真面目」なコンビなら、恋愛を受験の成功に結びつけられる可能性がない訳ではありません。浪人生の方は高い志望校を設定し、大学生の方は資格の勉強を始めるとかです。会う時間やLINEの時間を話し合って決めて、お互いに励まし合うような関係が、できるかも知れません。はっきり言って成功組は、志望校や目標がかなり高い印象があります。

以上、剛田がお伝えしました!

浪人生の恋愛は、男子がハマってしまう可能性大!

恋愛にはすごく時間がかかります。

一緒に食事をとれば、最低1時間はかかります。そして、もっと話していたくなりますので、もう1か所、もう1時間となり、想像以上に時間を取ってしまいます。また、LINEのやりとりもすごく時間がかかります。外で会って2時間、LINEで1時間。3時間程度はすぐに消えてしまいます。

恋愛経験が豊富にあり、相当慣れているという人同士なら、外で会っても30分で食事を済ませ、さっと自習室に戻れるでしょう。また、気が散らないように別々の自習室に座るでしょう。LINEもすぐに終わります。しかし、浪人生の場合は、初めてか2回目ぐらいの交際だという方も、多いはずです。想像以上に恋愛にはまり、いつも相手のことを考えるようになってしまう可能性が高いです。

浪人生の年代は、女子よりも男子の方が、恋愛には熱心です。浪人生が恋愛をした場合、男子の方がより深くはまり込んでしまい、受験に失敗するというケースが大半です。ある予備校講師(英語科)に聞いてみたところ、「男子の方が勉強に身が入らないというのが普通です」との答えが返ってきました。とくに、男子の方が、恋愛が原因で、志望校に落ちてしまう可能性は高まります。

恋愛なら合格後の再現は可能!

「大人買い」という言葉があります。子どもの頃になかなか集められなかったフィギュアなどを、箱単位で買い集めることです。しかし、子どもの頃に比べれば喜びは案外小さいものです。「欲しいものは欲しいときに欲しい」のであって、時がたてば必ず色あせます。

しかし、恋愛はそうではありません! 浪人生時代の恋愛をたった1年間遅らせるだけで、急に色あせることはありません(大学生活の方が、時間もお金も自由だから)。むしろ、お互いのために1年間待てるかどうかの試金石を経て、より信頼し合える関係となるはずです。

さいごに、英会話学校の先生(元塾講師)からのメッセージです。

自分の心に聞きましょう!

大切なのは、互いの大事なことを相互に尊重できるか、つまり「本当の恋愛」なのかどうかです。

自分が大切にする大学受験を、応援してくれる人なのかどうか。そして、その応援に感謝し、最高ではなくても、最善のお付き合いができるかどうか。もしそうであれば、受験にもプラスになるはずです。

浪人生の恋愛が良いか悪いかではなく、「良い恋愛」を一緒につくってゆける確信が、あるかないかが大切! 

  • 互いの価値観(=優先順位)を分かり合える
  • 過不足ないコミュニケーションが取れる
  • いつも感謝の気持ちを忘れない

受験勉強と並行し、人間関係を保つために努力を惜しまない気概があるなら、あなたの受験も恋愛も応援します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました