勉強法

偏差値45からの英語勉強法|MARCH国立を狙う

更新日:


英語の偏差値45(40〜50)の人が、MARCHや国立を狙うために必要なのは、①動詞の攻略、②単語の暗記法の改善、③文法の基礎強化です! この記事は、元予備校英語科講師、現大手英会話学校講師の監修を受け、偏差値45のための英語の勉強法を分かりやすくお伝えします。

  • 管理者(加藤)は、早大法学部卒。予備校講師を経て、現在、高校主催の生徒・保護者向け講演会講師。年80回出講。
偏差値45からの英語勉強法3段階
  • 動詞の意味、型、用法を徹底学習!
  • 単語は1500語を新しい暗記法で
  • 文法は、主要5単元に絞って良い!
知らないと損する情報だよ!

偏差値45からスタートして、偏差値45で終わる訳

偏差値は、最初は停滞し後半に一気に伸びるため、最初の辛抱が肝心とよく言われますが、それが当てはまるのは、国語、社会、数学、理科だけ!

英語に関しては、高3の春に偏差値45からスタートした場合、微妙にアップダウンをくりかえしながら、最終的にほとんど伸びずに終わることが、非常に多いのです。

重要なことなのでもう1度言いますが、英語は偏差値45付近からスタートした場合、何百時間勉強しても偏差値は伸びません! これは、なぜなのでしょうか?

英語は完全な積み重ね科目!

英語が伸びない理由。これは、ほかの教科に対し、完全な積み重ね科目だからです。中3〜高1の範囲を中心とした基礎が揺らいでいれば、何百時間勉強しても、絶対に伸びない科目だと言えます。

筆者の初期の教え子でも、MARCHへ向けて1年間懸命に努力した受験生が、英語の伸び悩みが原因で、中堅未満の大学に入学することになった例があります。


【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ



受験ネットから進呈

1つ目のカギは動詞の意味・型・用法!

英語を伸ばすカギは、まず動詞にあります。名詞や形容詞もそれなりに重要ですが、動詞は意味の要になりやすいためです。動詞に出会ったら、意味、型、用法がすぐに思い浮かぶことが重要です。

Some students insist ......

例えば、上の文の動詞はinsistです。まず、insistの意味(=強く主張する)を覚えていることが重要ですが、それだけではありません。英語が得意な人は、次のように考えます。

insistが来たのなら、次はthatかonあたりかな?

英語が得意な生徒は、動詞の型(insist on〜 : 〜を主張する、insist that…:…を主張する)を覚えているため、自然に先を読むクセがあります。苦手な生徒は、先が読めないため、頭のなかの情報の処理がどんどん遅れ、意味がわからなくなってしまうのです。

Some students insist that their hair is natural(自分の髪は天然の色だと主張する生徒もいる)

動詞に出会ったら意味、型、用法を押さえる!

このことから、英語の偏差値が45付近なら、動詞に出会ったら、必ず意味と型を覚えてゆくという勉強が必要です。そして、意味と型をすんなり頭に入れるためには、実際の例文で用法を覚えてゆくことも重要です。

近年の入試では、動詞の実際の用法が問われることが増えているため、これは一石二鳥です。例文は、完全暗記までいかなくとも、30回程度は音読し、少しでも脳に浸透させて行きます。なお、動詞の用法の学習の前提として、5文型の復習も不可欠です。

2つ目のカギは、英単語の覚え方!

頻出動詞の意味、型、用法の理解が進んでも、その他の品詞や頻出度の低い動詞が、文章を理解するネックになります。

Some students insist that their hair is natural even though it is dyed(たとえ〇〇していても、自分の髪は天然の色だと主張する生徒もいる)

上の文の場合、頻出度の低い動詞であるdyeを知らないと、文の意味は分かりづらくなります。覚えるべき単語数は、どの程度なのでしょうか?

偏差値45付近の方が最大目標に置くことが多い、MARCHクラスの大学を受験するなら、中学校で習う英単語に加え、約1500語が必要です。これは、『英単語ターゲット1900』なら、Part2までとなります。まずは、Part1の800語を目標とします。

授業や単語学習で出会った動詞の意味、型、用法を学びつつ、800の英単語を押さえると、苦手意識はかなり消えます。つぎに、1500語まで押さえると、入試レベルの長文も読めるようになってきます。注意したいのは、中学校レベルの単語に抜けがないかどうかです。高校受験用の英単語集で、手早く確認することも重要です。

英単語の覚え方は?

まずは800、受験までには1500の英単語は、どのように覚えれば良いのでしょうか? 英単語の覚え方について、個別指導塾の大学生の先生は、ご自身の経験から、この方法が良いと力説することが多いようです。しかし、その人に合った覚え方は、それぞれ異なるのが実際です。

筆者は、数百人単位を対象に学習法を研究し、多くの英語科講師と情報を交換してきました。その結果わかったことは、英単語の覚え方に1つの正解はない、ということです。ただし、3つの方法(1:1対応型暗記、例文型暗記、長文型暗記)のなかに、あなたに合った正解があるはずです。

なお偏差値45付近の方の場合、1:1対応型記憶で行き詰まっているが、長文型はまだ早いので、例文型が合うという方が多い傾向はあります。英単語暗記の3つの方法は、次の記事をご覧ください。

こちら→ 英単語の覚え方 予備校が開発した記憶術を完全公開!

3つ目のカギは、英文法の5つの単元の攻略

偏差値45付近からスタートする場合、動詞の学習、英単語の学習に加え、英文法の学習に3つ目のカギがあります。英文法は、よく言われているとおり、まず1冊の問題集を完璧に仕上げるのがコツです。ただし、あまり知られていない、2つの注意点があります。

1つ目は、中学校の英文法の復習も行うことです。『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』がおすすめです。

学習方法に強弱をつける

2つ目は、同じ英文法でも、学習方法に強弱をつけることです。

5文型、時制、関係詞、不定詞、分詞については、英語長文の読解に非常に重要ですので、すぐに始める、深く学ぶの2要素が必要です。深く学ぶとは、本当に分かったと言えるまで時間をかけて理屈を学んだ上で、選択肢問題だけでなく、条件英作文、整序(並べ替え)、穴埋めの記述式の問題を重点的に対策することです。

5文型、時制、関係詞、不定詞、分詞以外の単元は、長文への影響が少ないため、あとから学ぶ、選択肢中心でも構わないと言える分野です。

英文法の学習手順や書籍のまとめ

優先して、深く学ぶ
(英作文、整序、穴埋めの記述式)
・5文型
・時制
・関係代名詞、関係副詞
・不定詞
・現在分詞、過去分詞、不定詞、分詞構文
後回しで良い、選択肢メインでも良いその他の単元(助動詞、仮定法、受動態、比較など)
中学校の英文法『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』(参考書・問題集が合体しています)
高校範囲の参考書『総合英語Forest』
高校範囲の問題集『Next Stage 英文法・語法問題』(1474問)、『アップグレード UPGRADE英文法・語法問題』(1261問)

(まとめ)偏差値45からの英語勉強法|MARCH国立を狙う

偏差値45(40〜50)からMARCHや国立を狙うには、①動詞の攻略(意味、型、用法)、②英単語の覚え方の改善(1500語が目標)、③英文法5単元の攻略(5文型、時制、関係詞、不定詞、分詞)が最優先事項です。

以下、参考として、今後の長文の勉強法と、スラッシュリーディング、勉強量について触れておきます。

長文の勉強法

英語の長文学習は、いつ開始するのが良いのでしょうか?

おすすめは、動詞の意味・型・用法の学習や、単語学習が軌道に乗り始め、核になる文法事項(5文型、時制、関係詞、不定詞、分詞)を学び終わったあとです。英語の文章を読むのに、絶対に必要なのが、動詞の知識、一定の単語数、核になる文法事項だからです。

長文学習の正しい順番は、短文、中文、長文の順に勉強することです。短文、中文の段階では、必ず全訳を取り入れます。

  • 短文〜中文 … 必ず全文の日本語訳(英文解釈)を行います。全訳の過程を飛ばすと、英語の偏差値は伸びません。
  • 長文 … 問題を解き、単語、熟語、文法、文の構造を完全にマスターし、30回以上の音読で仕上げます。自分のレベルに合った長文が基本ですが、英語が好きになってきている場合、あえて難度の高い長文を選ぶと、爆発的に伸びることがあります。

おすすめの問題集は、以下の通りです。イチから鍛える英語長文は、問題数が各15問で少ないため、高校指定の問題集やスタディサプリも併用します(最低でも100題程度は必要)。なお、中文の学習に慣れてきたら、同時進行で長文学習を開始しても構いません。

短文〜中文(英文解釈)全文和訳『入門英文解釈の技術70』(70問) →『基礎英文解釈の技術100』(100問)
長文解いて復習して、30回以上音読 『イチから鍛える英語長文Basic』(15問)→ 『イチから鍛える英語長文300』(15問)→『イチから鍛える英語長文500』(15問)→『イチから鍛える英語長文700』(15問)

(注)『英文解釈の技術100』(入門、基礎がつかないもの)は、早慶レベルです。

英文解釈の技術100シリーズは、長く評価を維持している定番の参考書です。

イチから鍛える英語長文300シリーズは、2015年に発売された、歴史の浅い問題集ですが、これまでの問題集を研究し尽くした感がある内容です。メリットは、以下の通りです。

  • 入試頻出テーマが強く意識された、具体性が高く印象に残る長文が多い。
  • 長文中に出現した英単語を、覚えるための別冊ページがある。
  • 最新の音読型の学習を前提とし、方法も明記。別冊として長文+全文和訳のページがあり、書込みなしの音読が可能。音声(CD)つきである。
  • 速読に不可欠なスラッシュリーディングのページがある。
  • 本文解説、問題解説とも詳しいが、持ち運びに適したサイズ感。

なお、『イチから鍛える英語長文300』のように、末尾につく300、500、700は長文のワード数であり、問題は各冊子とも15問です。取り組む長文の数を増やすには、映像解説で取り組みやすい、スタディサプリがおすすめです。

スラッシュリーディング

英語長文が得意な生徒は、ほぼ間違いなくスラッシュリーディングの方法を知っています。

通常の和訳は、日本語として正しい語順となるように、和訳します。

"Some students insist that their hair is natural even though it is dyed," one teacher told Asahi Simbun. "We ask their parents to confirm these claims as their responsibility."

(通常の和訳)ある1人の教師が「たとえ染めていても、自分の頭髪は自毛だと言い張る生徒もいる」と朝日新聞社に話した。「われわれ教師は、保護者に、責任を持って子の(自毛だとの)主張を確認するように依頼している」と言うのだ。

一方、スラッシュリーディングの場合、読む速さを優先し、なるべく英語の語順のまま、次のように訳します。

"Some students insist/ that their hair is natural /even though it is dyed," /one teacher told Asahi Simbun. //"We ask their parents/to confirm these claims as their responsibility."//

一部の生徒は言い張る/(どんなふうに?)自分の頭髪は自毛だと/たとえ染めていても/ある1人の教師が朝日新聞に話した。//われわれ教師は、保護者に依頼している/(何を?)彼らの主張が正しいか、親の責任で確認して欲しいと。//

スラッシュリーディングをマスターすれば、驚くほど早く読めるようになります。

ただし、スラッシュリーディングには、動詞の知識(意味、型、用法)、基本的な文法事項(5文型、時制、関係詞、不定詞、分詞)が必要です。これをマスターする前には、どこにスラッシュを入れて良いのか分かりませんが、マスター後は、直感的につかめるようになります。細かい決まりはなく、その人が区切りが良いと感じるところに入れれば良いものです(日本語の読点に近いです)。

大量の勉強が大逆転のカギ

例えば、現代文は、新聞等を含む読書経験や背景知識によって、短時間で伸びることがあります。古文は、効率の良い学習ルートが存在します(古文文法 重要ランキングベスト40)。

一方で英語は、単純に、勉強量が成果に直結しやすい科目です。入試では英語の得点比重が高めに設定されていますが、なぜでしょうか? これは、英語がセンスや経験値に左右されず、努力そのものを問うことができる科目だからだ、と考えることもできます。

努力の目安とは、土日に10時間以上の勉強をし、平日は5時間以上の勉強をすることです。文系生が、偏差値45(40~50)からスタートする場合、勉強時間のうち、半分を英語に割いても構いません。英語は、一定の勉強時間を超えると、正解率が跳ね上がり面白くなる、中毒性のある科目です。また、文系の私大入試、国立文系の2次試験では点差が最も開くキー科目となり、時間をかけるメリットは十分です。

よく読まれている記事

古文助動詞の覚え方~意味・接続を歌で即日暗記~

【助動詞・識別・動詞】古文文法 重要ランキングベスト40

日本史通史の覚え方・まとめ方と通史勉強法


関連コンテンツとスポンサーリンク


受験ネットから進呈

-勉強法

Copyright© 受験ネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.