神奈川の48連勤労災認定の塾名は「ステップ」

   

神奈川県の学習塾で連続48連勤を課された塾講師が、小田原労働基準監督署に、労災認定を受けました。塾名を伏せたメディアもありますが、佐賀新聞、朝日新聞などが報じました。塾名は「ステップ(STEP)」(藤沢市)です。この記事では、元予備校講師が、塾の実情を客観的にお伝えします。

広告

【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ

神奈川の48連勤の塾名は「ステップ」

塾講師(41歳)が、48連勤を含む過重労働で精神疾患となり、小田原労働基準監督署が労災認定しました。塾名は、佐賀新聞、朝日新聞によると藤沢市のステップ(STEP)です。また教室名は、鴨宮北校(小田原市)です。

弁護士らによると、男性は神奈川県内に学習塾約140教室を展開する「ステップ」(同県藤沢市)に勤め、小中学生への指導や生徒の募集などを担当。

出典:朝日新聞デジタル

広告


受験ネットから進呈

学習塾の激務の実情

学習塾は、一般には13時頃に開き、遅くとも23時頃に閉じることが多くなります。計算上は10時間労働であり、一般的なサラリーマンと変わりません。

しかし、48連勤で精神疾患となった先生は、教室長です。教室長の場合、塾によって異なりますが、早ければ午前9時頃に出勤します。この場合、労働時間は最大で14時間となり、通常の民間企業に比べても、かなりの長時間労働となります。

塾講師は、授業内容など任される部分(裁量権)が強く、子どもの反応や成長という成果を感じやすいため、通常の民間企業の内勤よりは、働きやすい部分があります。しかし、逆に長時間労働は自覚されにくく、問題が表面化しにくいという特徴があります。

教室長の勤務はとくに激務

教室長は、上述のように、若手の先生よりは勤務時間が長い傾向にあります。また、問題なのは、ほとんどの場合、教室長は若手講師と同等の授業コマ数を担当する傾向です。優良企業では、管理職は、仕事量を減らしマネージメントに専念することができますが、塾業界は競争が激しく、そのような勤務形態は望みにくいのが実情です。

教室長は、自分の持つ授業コマ数は、任されていることが多いです。しかし、自分が授業から抜ければ、即座に非常勤講師の人件費分、教室の収益が減るため、どうしても多くの授業コマを持つ傾向があります。

やりがい搾取が当たり前の環境

意識が高い社員が多い企業では、とくに命じることがなくても、残業や休日出勤が当たり前になります。これは、社員が自ら、仕事の完成度を求めるため、率先して残業や休日出勤を行ってしまうということが背景にあります。

この状況をやりがい搾取と呼びますが、塾業界は①そもそもやりがいが大きい仕事である、②生真面目な人材が集まっている、という2点から、かなりの長時間労働や自宅作業が、当たり前になっています。

労災認定を受けたステップ(STEP)の先生も、「生徒のための塾としては、神奈川で1番だと今でも思っている」と述べ、長時間労働が自らの意思や責任感から行われた可能性も感じます。このような素晴らしい塾が長く続くためにも、最低でも完全週休2日制の確保は必要です。

いまのところ、確実な改善策はなく、塾業界全体の意識改革や、規制の強化が望まれます。

人気記事

経営難の私大112法人 大学名を読売新聞は公表?


広告


プレゼント

 - 教育問題