【超簡単古文】助動詞る・れの識別(e段+らりるれ)


受験ネット
受験ネット

助動詞る・れの識別の区別を、動詞や動詞以外の活用語尾を含めて、わかりやすく説明します。

内容はもくじから。


「る」「れ」の識別 重要順ランキング

1位 e段+らりるれ の「ら」「り」「る」「れ」は 完了
2位 1位以外の助動詞が、自発・可能・受身・尊敬の「る」「れ」
(a段+「る」「れ」と覚えてもよい)

==ここまで押さえれば、得点力はかなりつく==

3位 完了の助動詞「り」は、存続(~ている)の用法もある。

4位 助動詞「る」「らる」の意味は、文脈判断でよい。ただし「可能」は、平安期は打消しを伴いやすい、「自発」は感情に関連する動詞につきやすい、この2点は押さえておくと便利。

5位 「る」「れ」は動詞やその他の品詞の一部であることもある

ただし、前提として、下の知識があると応用が効きます。

古文文法第9位 語尾が む り し(じ) の助動詞
語尾が「り」の助動詞はラ変(断定の「なり」を除く)

古文文法第8位 下二段型に活用する助動詞
る・らる・す・さす・しむ・つ は下二段。

「る」「れ」の識別 すごい例文

いと思ひのほかな人のいへば、人々あやしがに、みな都しのば

(口語訳)まったく思いがけない人が(船旅の終わりを喜ぶ上手な和歌を)言ったので、人々は不思議がるが、みな自然と都が思い出される。

ほかなる人 … 体言のあとのため、断定の助動詞「なり」の連体形が候補ですが、ここでは存在の意味となります。
いへれば … e段+らりるれ に当てはまるため、完了の助動詞「り」の已然形です。
人々あやしがるに … 動詞「あやしがる」の一部です
都しのばる … e段+らりるれ に当てはまらない助動詞のため、自発・可能・受身・尊敬の「る」ですが、ここでは自発です。

1位 e段+らりるれ の「ら」「り」「る」「れ」は 完了

古文文法第9位 語尾が む り し(じ) の助動詞
語尾が「り」の助動詞はラ変(断定の「なり」を除く)

古文文法第8位 下二段型に活用する助動詞
る・らる・す・さす・しむ・つ は下二段。

上の法則から、完了の助動詞「り」はラ変、自発・可能・受身・尊敬の助動詞「る」は下二段です。

未然連用終止連体已然命令
るるるれれよ

活用表を並べてみると、「る」「れ」が紛らわしくなります。そのため、「る」「れ」の識別という入試問題が出てきます。

接続未然連用終止連体已然命令
e段音
a段音るるるれれよ

分かりやすく言うと、「り」の接続はe段音、「る」の接続はa段音です。

受験ネット
受験ネット

このことで、e段+らりるれ の「ら」「り」「る」「れ」は 完了 の法則がすんなり飲み込めればそれでOKです。例題の前まで、読み飛ばしてください。

古文が好きな方や、国文学へ進まれる方は、もう少し掘り下げて理解しても構いません。

接続(詳細)接続未然連用終止連体已然命令
サ変未然形、四段已然形
※さみしいリカちゃんと覚える
(近年の研究で、四段命令形説もあり)
e段音
四段、ラ変、ナ変の未然形a段音るるるれれよ

サ変未然形、四段已然形は、「せ」または「え・け・せ・て・ね……」ですので、つまりe段音です。四段、ラ変、ナ変の未然形は、必ずa段音になります。

あまり複雑に考えなくても、①e段+らりるれ の「ら」「り」「る」「れ」は完了、②それ以外の助動詞が、自発・可能・受身・尊敬の「る」「れ」となると押さえておけば、大半の問題が解けます。
※暗記が苦手でなければ、②は、a段+「る」「れ」と覚えてもよいです。

例題 完了の助動詞「り」を抜き出せ。

うらうらに照れる春日はるび雲雀ひばり上がり心悲しも独りし思へば

正解 e段+らりるれ の「ら」「り」「る」「れ」は完了より、照れるの「る」が正解です。完了の助動詞「り」の連体形とまずは押さえますが、入試では「存続」の意味まで求めることがあります。

なお、「上がる」は1語の動詞、「独り」は1語の名詞です。

2位 e段+らりるれ 以外の助動詞が、自発・可能・受身・尊敬の「る」「れ」となる(a段+「る」「れ」と覚えてもよい)

接続未然連用終止連体已然命令
e段音
a段音るるるれれよ
受験ネット
受験ネット

上の表を見て、下の①か②が、すんなり飲み込めればそれでOKです。

① e段+らりるれ に当てはまらない助動詞が、自発・可能・受身・尊敬の「る」「れ」
② a段+「る」「れ」は、自発・可能・受身・尊敬の助動詞

かの大納言、いづれの船にか乗a段音べき。

(口語訳) あの大納言は、どの船にお乗りになるのだろうか。(尊敬)

「る」「れ」はa段音を好みますが、「弓矢して+れ+じ」(弓矢で射ることもできないだろう)のように、直前がa段にならないことがあり、その場合「らる」が登場します。「ら」が仲人なこうど役を果たすということです。

弓矢して射a段音

(口語訳)弓矢で射ることもできないだろう。(可能)

受験ネット
受験ネット

覚えられた。深掘りは不要!という方は、例題の前まで、読み飛ばしてください。

古文が好きな方や、国文学へ進まれる方は、もう少し掘り下げて理解しても構いません。

接続(詳細)接続未然連用終止連体已然命令
サ変未然形、四段已然形
※さみしいリカちゃんと覚える
(近年の研究で、四段命令形説もあり)
e段音
四段、ラ変、ナ変の未然形a段音るるるれれよ
らる上一段・上二段・下一段・下二段・カ変・サ変の未然形a段音以外られられらるらるるらるれられよ

例題 助動詞「る」「らる」を全て抜き出せ

いらへもせでゐたを、「などいらへもせぬ」といへば、「涙のこぼるるに目も見えず、ものもいはず」といふ。

正解 a段+「る」「れ」から、言はれずの「れ」(可能)が抜きだせます。「ゐたる」は、動詞「ゐ」+存続の助動詞「たり」、こぼるるは、動詞「こぼる」の連体形です。

間違えた方は、「ゐた」「こぼ」は動詞の活用形として不自然であることに、目をつけてください。a段+「る」「れ」とは、a段音で終わる動詞+「る」「れ」という意味です。

  • 「ゐた」「こぼ」… 動詞の活用形(変化した形)ではない
  • 「いは」…動詞の活用形(「いふ」の未然形)

3位 完了の助動詞「り」は、存続(~ている)の用法もある。

e段+らりるれ の「ら」「り」「る」「れ」は 完了、と覚えますが、この「完了」は広い意味であることに注意してください。

広い意味詳細な意味
つ・ぬ完了完了・強意(確述)
たり・り完了完了・存続

過去は「き・けり」、完了は「つ・ぬ・たり・り」、推量系は「む・むず・じ・まし/らむ・べし・まじ・らし・なり・めり」のように、おおまかに把握すると学習に便利なためです。

例文 うらうらに照れる春日(はるび)に雲雀(ひばり)上がり心悲しも独りし思へば

照った(完了)の訳では不自然で、照っている(存続)の訳がしっくりくるはずです。

以下編集中です。

4位 助動詞「る」「らる」の意味は、文脈判断でよい。ただし「可能」は、平安期は打消しを伴いやすい、「自発」は感情に関連する動詞につきやすい、この2点は押さえておくと便利。

5位 「る」「れ」は動詞やその他の品詞の一部であることもある


コメント

タイトルとURLをコピーしました