保護中: 沼津商業高校 2021年夏期講習特設ページ


このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメント

  1. 整理記号せ より:

     私が人にオススメしたいスポーツはサッカーだ。
     サッカーのいい点は、チームスポーツで1人ではできずチーム全員の力を合わせなければならない。力を合わせるために一人ひとりが協調性や責任感をもってやる事が大切だ。これは色んなことに生かせることだと思う。また、サッカーは一点に重みがありとれた時全員で喜べることも魅力だと思う。他にも1人のミスを全員で取り返すことが出来る事も魅力の一つだ。全員で助け合い試合に勝つ事が出来た時はとても達成感がある。
     このような点から私のオススメしたいスポーツはサッカーだ。

    • 加藤 より:

      根拠の信頼性(説明内容の具体性)
      評価B 話し言葉が目立ちますが、段落構成に関して、授業内容を生かしています。
      ・「サッカーのいい点は、チームスポーツで1人ではできずチーム全員の力を合わせなければならない。」とありますが、主語述語などを考えて「サッカーの良い点は、チームスポーツで1人ではできずチーム全員の力を合わせなければならないことだ。」とします。
      ・「一人ひとり」とありますが、メディアの表現ですので、正規の文章では「一人一人」「ひとりひとり」がおすすめです。さらに、直前で「1」という数値表現があるため「1人1人」が適切です。
      ・「色んな」は話し言葉です。「いろいろな」
      ・「一点」→「1点」「一つ」→「1つ」
      ・「オススメ」とありますが、漢字・ひらがなで書き換えられるカタカナ語は避けます。「お薦め」「おすすめ」

      話し言葉
      な なので
      な いろんな
      な どんな
      た だから
      た たくさん
      た たり(の誤用)

  2. 整理記号す より:

    コロナ禍で看護師になるということは、色んなことで苦労することが増えるということである。また、病院で働くということは自分もコロナに感染してしまう確率が高くなってしまう。命の危険もあるかもしれない。しかし、私が目指してきた格好良くて優しい看護師になるためにも命の危険は承知の上で患者さんと向き合っていかなければならない。いつ終息するかわからない未知のウイルス、コロナに感染し息苦しさに耐えている方々を少しでも助けるために、感染症対策を徹底しながら患者さんを第一に考え、不安を与えず、より早く完治してもらえるような看護をするべきだと私は思っている。また、看護師としてできることは他にもたくさんあると思う。外出自粛の呼びかけなどを率先し、少しでも感染者を少なくしていけるような人になりたい。

    • 加藤 より:

      根拠の信頼性(説明内容の具体性)「命の危険は承知の上」とありますが、それを採点者に納得させるようなエピソード(体験、本などを通じて影響を受けた看護師の姿等)が必要です。
      評価B 話し言葉(例 なので、だから、たりの誤用)に注意が必要です。
      ・「色んな」とありますが、話し言葉です。「いろいろな」「さまざまな」
      ・「格好良くて」(「笑顔の」)等は、やや幼い印象を与えますので、どのように恰好が良いのかを考えて、言いかえがおすすめです。
      ・「たくさん」とありますが、話し言葉です。「数多く」

      な なので
      な いろんな
      な どんな
      た だから
      た たくさん
      た たり(の誤用)

  3. 整理記号し より:

    【第1回】フジロックを、グラストンベリーフェスティバルのように配信の形を取りわざわざコロナ禍でやる必要があったのか。もっと対策ができたのではないか。
    ・テーマを正しく読み取れたか〇
    ・結論を正しく把握できているか△
    ・根拠を具体例を使用せずに記述できたか△
    評価B フジロックは、「配信の形」を取られたわけではなく、課題文の事実関係が読み取れていません。

    【第2回】私は生配信という形に賛成だ。やらないという形が1番だとは思うが、アーティストなど曲を作っている方々にはせめてお披露目の行事が必要であると思う。またファンとアーティストの繋がれる場を作るということはとても大事だ。生配信であれモチベーションが高まるからである。
    また、コロナ禍でライブを行うことで、収益が出たり、応援しているファンの方々を元気づけるというメリットはある。しかし、コロナ禍で行う事でクラスターが出る。ショッピングモールなど以上の対策を多く考えなくはならない。批判も多く受ける。メリットとデメリットを比較するとデメリットの方が大きい。
    自粛を促されている上で生配信を推進する必要があると考える。
    ・テーマの明記△ テーマ(コロナ禍での音楽イベントについて)が記されていません
    ・結論の明確さ〇
    ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
    評価B+
    段落構成は基本的には次の形がおすすめです。
    1 テーマと結論
    2 根拠
    3 根拠
    4 結論の確認

    (改善例)
    1 コロナ禍での音楽イベントについてどう考えるべきであろうか。私は生配信という形に賛成だ。
    2 コロナ禍でライブを行うことで、収益が出たり、応援しているファンの方々を元気づけたりというメリットはある。しかし、コロナ禍で行う事でクラスターが出るし、批判も多く受ける。人命の観点から考えメリットとデメリットを比較すると、デメリットの方が大きい。
    3 しかし、アーティストなど曲を作っている方々にはせめてお披露目の行事が必要であると思う。またファンとアーティストの繋がれる場を作るということはとても大事だ。動画配信に比べ、生配信であれモチベーションが高まる。
    4 以上から、音楽イベントについては、生配信を推進する必要があると考える。

    【第3回】私がおすすめしたい本は『52ヘルツのクジラたち』だ。
    この本は、以前の本屋大賞を受賞したものだ。友達の大切さや家族の大切さだけでなく何も知らず関わったこともない人を助け協力する大切さを描いている本だ。それだけではなく、過去の記憶、トラウマを引きずるのではなく糧にし、同じようなことで悩んでいる人を助ける勇気が必要。この本は多くの大切さを教えてくれる本だ。
    根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
    A 本屋大賞という権威を伴う根拠を挙げています。

  4. 【クラス番号を返信でお知らせください】 より:

    【クラス番号を返信でお知らせください】

    【第1回】フジロックを、グラストンベリーフェスティバルのように配信の形を取りわざわざコロナ禍でやる必要があったのか。もっと対策ができたのではないか。
    【第2回】私は生配信という形に賛成だ。やらないという形が1番だとは思うが、アーティストなど曲を作っている方々にはせめてお披露目の行事が必要であると思う。またファンとアーティストの繋がれる場を作るということはとても大事だ。生配信であれモチベーションが高まるからである。

  5. 整理記号さ より:

     私が人おすすめするのは、「5分後に意外な結末」という本だ。
     この本は、短編小説がいくつか入っており、題名通り5分ほどで読み切ることができる長さで最後はあっと驚くような結末が待っている。「5分後に意外な結末」の他に「5分後に涙の結末」や「5分後に恋の結末」など様々なシリーズがある。私はこの本が好きなあまり、全シリーズ集めようとしている。
     私はこの本を読んでいるうちに、最後どうなるのか読んでいる途中に予想する。すると、自然に何事にもこの後どうなるのか予想できる力がつく。この力が日常生活に役に立っている。そして、私はこの本を読んで良かったと思う機会は多くある。だから、是非読んで欲しい。

    • 加藤 より:

      根拠の信頼性(説明内容の具体性)
      評価A 大きな問題はありません。
      ・「5分後に意外な結末」とありますが、書名の場合『5分後に意外な結末』の形が標準的です。
      ・「だから」とありますが、話し言葉のため、正式な文章では「そのため」などにします。
      ・「私はこの本を読んでいるうちに、最後どうなるのか読んでいる途中に予想する。すると、自然に何事にもこの後どうなるのか予想できる力がつく。この力が日常生活に役に立っている。そして、私はこの本を読んで良かったと思う機会は多くある。だから、是非読んで欲しい。」とありますが、やや字数を使い過ぎています。
      (改善例)
      「この本を読んでいるうちに、自然に何事にもこの後どうなるのか予想できる力がつく。この力が日常生活に役に立っている。例えば……。そのため、是非読んで欲しい。」
      このように字数を浮かせ、「例えば……。」の部分に、実際に予想が当たったエピソード(体験談)を入れると説得力が高まります。

  6. 整理記号こ より:

    現在、世界中がコロナ禍となっているため、中止になるイベントが多発している。祭りやライブ、大会、イベントなどみんなが楽しみにしているようなものがなくなってしまっている。
    そんな中、フジロックのような音楽イベントは開催すべきだったのか。私は開催すべきではなかったと考える。
    人数制限をして開催にしたとしても、楽しめる人数が少ないし、色々な地方な人が集まることに変わりない。また、ワクチン摂取済みの人にすると、まだ日本にはワクチンを摂取できない人もいるため全員に平等なチャンスになっていない。それなら動画などにして全員が平等にチャンスがあるようにすべきである。
    例えば、イギリスのように無観客で行うとすると、無観客だからこそ出来たことがある。
    プロジェクションマッピングや映像編集、人がいないからこそできるパフォーマンスなど、観客を入れなくても楽しませる方法はあったはずだ。他の方法があるにも関わらず、自分たちの楽しさを優先し、フジロックを開催してしまったのは残念だ。

    • 加藤 より:

      ・テーマの明記〇
      ・結論の明確さ〇
      ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
      評価A 平等性を重んじた、独自の理由付けとなっています。
      ・1~2段落目は、現状説明・テーマ・結論となっていますが、通常まとめて1つの段落にし「序論」と呼びます。
      ・摂取→接種

      • 整理記号こ より:

        新型コロナウイルス感染症の対策として、ロックダウンのようなものを行うべきだろうか。私は、経済を成り立たせるためにいくつかの例外を設定するなら賛成である。
        まずは、各県ごとで、解除となる基準を明確した上でやるべきだ。なぜなら、私たちが今までやってきた緊急事態宣言のように、基準が明確ではなく、制限も中途半端な状態で期限だけ決めてやると、あまり危機感が無くなり、なかなか減らすことが出来なかったからである。そのため、確実に減らすためには対策や制限を明確な数字や基準をきめてからやるべきである。
        例外の案として、ワクチンを摂取した人は外出許可が出るということである。ワクチンを打っていれば感染率が下がると専門家も言っているため、良いと思う。また、誰も外出出来なくなると、日本の経済が回らなくなり、閉まってしまう店が増えたり、食料や日用品がなくなり、生活に困ってしまう人が出る可能性がある。このことから、ワクチンを摂取していれば外出許可を出すという例外を提案する。
        この例外を含め、ロックダウンのようなものをすることに賛成である。

        • 加藤 より:

          根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
          評価A+ 県別に基準を明確化するという提案に独自性や説得力があります。
          ・摂取→接種
          ・「閉まってしまう店が増えたり、」とありますが、「たり」は必ず複数を組み合わせます。「閉まってしまう店が増え、」

  7. 整理記号け より:

     私が人にすすめたいアーティストはSHOW-GOだ。
     彼は日本のヒューマンビートボクサーだ。ヒューマンビートボクサーとは主に口のみを使いビートを奏でる人のことで、彼は日本だけでなく海外の世界規模のヒューマンビートボックスの大会で、数々の記録を打ち立てている。
     私が彼を進めたいと思う部分は、彼の持つ独特の世界観だ。彼の髪型やファッションは、奇抜で印象に残るものである。また彼の作る楽曲にもその独特の世界観が反映されており、唯一無二のものになっている。彼のファンは世界中に存在しており、私もこの世界観が好きだ。以上が私がSHOW-GOを人にすすめたい理由だ。

    • 加藤 より:

      根拠の信頼性(説明内容の具体性)△
      評価B+ 「楽曲にもその独特の世界観が反映」とありますが、楽曲の雰囲気の説明が必要だと思います。そのほかは、問題ありません。
      ・「進めたい」→「薦めたい」

  8. 整理記号く より:

     コロナが猛威を振るうなか、フジロックは観客を入れて開催された。もっと工夫して開催をできたのではないだろうか。私は強硬開催をした背景には、コロナの危険性を分かっていない人たちがまだ多くいるからだと考える。
     「飲食店でクラスター発生」「娯楽施設でクラスター発生」というニュースを私は何回も目にした。それは、若者だけではなく、大人の人たちも関係している。そういう人たちが、コンサートが開催されると実際に参加してしまい、感染の確率上がってしまう。コロナ感染の危険性は日常的に発信していかなければならない。例えば、ネットの広告にコロナ感染したさいの症状や後遺症をのせることで、毎日見るだろう。
     また、主催者側はリアリで開催するのではなく、のようにバーチャルで開催するべきだ。直接会うことはないので、感染のリスクはない。また、静かな空間ならではの楽しみもある。オンラインなので、途中にコロナ感染の危険性を発信することも可能だ。メリットの方が確実に多い。
     このように、フジロックの開催は、オンラインでするべきだ。また、コロナの危険性も同時に発信していくべきだ。

    ・テーマの明記〇
    ・結論の明確さ〇
    ・根拠の説得力(エビデンスレベル)△
    評価B 全体の構成に分かりにくさがあります。
    「私は強硬開催をした背景には、コロナの危険性を分かっていない人たちがまだ多くいるからだと考える。」とありますが、根拠は、序論ではなく2段落目以降の本論に回します。
    ただ、「私は強硬開催をした背景には、コロナの危険性を分かっていない人たちがまだ多くいるからだと考える。コロナ感染の危険性は日常的に発信していかなければならない。」と結論(もっと工夫して開催をできたのではないだろうか。)との関係性が分かりにくくなっています。
    なぜフジロックは観客を入れて開催されたのか?というテーマではないため、再検討が必要です。

    • 匿名 より:

       新型コロナウイルス感染症の対策として、ロックダウンを行うべきなのだろうか。私は経済を成り立たせるために、いくつかの例外を設定するなら賛成である。
       一つ目は、命に係わる事故が起きたり、病気になってしまった場合だ。ロックダウンのあいだは、家庭内の事故がさらに増えるだろう。家にいる時間が大半を占めるからだ。電化製品の取り扱いや、不注意によるけがなどが起こる。また、風邪や持病持ちの人など、コロナ以外の病気になる可能性もある。その時は、病院に行くために外出を許可すべきだ。
       二つ目は、飲食店の人たちの仕事を行うことを許可することだ。またそれは、テイクアウトだけの営業だ。ロックダウン中の一般家庭が食に困らないように、飲食店の人たちは仕事をするべきだ。そして、一般家庭の人たちが外に出ないように、テイクアウトの形式をすべての店がとることで、感染のリスクを減らしながら、営業ができる。経済も止まることはないだろう。これはロックダウン下の人々が生きるために、許可するべきだ。
       このように、例外を設定するのなら、私はロックダウンに賛成だ。

      • 加藤 より:

        根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
        評価A 根拠が具体的に説明されています。二つ目の方は、飲食店に限定されており、生活インフラ(水道、電気、通信、最低限の交通等)に触れていない点が不十分ですが、前作(音楽フェス)よりも、理屈が通るようになっています。
        ・「命に係わる事故が起きたり、病気になってしまった場合だ。」とありますが、「たり」は複数を組み合わせます。「命に係わる事故が起きたり、病気になってしまったりした場合だ。」

  9. 整理記号き より:

     私はコロナ禍で音楽イベントをすることには反対だ。
    なぜなら、イベントを行うことでその中でのクラスターが起きてしまう。そのような、ニュースが多々見つかるからだ。イベントに関しては、どう感染症対策をしてもリスクの方が高いからだ。
    例えば、音楽イベントをやったことで、クラスターが起きてたら世間は大騒ぎだろう。ほかの、店を出してる人や自粛を要請されてる人達からするとすごい不満だろう。世間の目などを考えてもするべきではないのではと考える。
    このような点から私は音楽イベントには反対だ。ワクチンなどが正式にできてからすべきであると考える。

    • 加藤 より:

      ・テーマの明記〇
      ・結論の明確さ〇
      ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
      A 「音楽イベントでのクラスターの発生(事実)」「飲食店や自粛をしている人の不満が増す(おそらく間違いのない事実)」を挙げ、手堅い内容となっています。
      ・「なぜなら、イベントを行うことでその中でのクラスターが起きてしまう。そのような、ニュースが多々見つかるからだ。イベントに関しては、どう感染症対策をしてもリスクの方が高いからだ。」とありますが、「なぜなら」「からだ」は通常同じ文で用います(なぜなら、イベントを行うことでその中でのクラスターが起きてしまうからだ)。大学受験レベルの小論文では、「~から」を使うケースはかなり減りますので、覚えておくと便利です。
      ・「すごい不満だろう」とありますが、やや話し言葉に近いです。「非常に不満だろう」などが適切です。

      • 匿名 より:

        私が人に勧めたいゲームはプロ野球スピリッツだ。
        そのゲームの良い点としては、ゲームの中だが、とてもリアルに出来ていると言うことだ。実際の選手を使い動きやフォームまで真似している。
        また、短い時間で友達と対戦できるということだ。暇な時間などの暇つぶしにもなり、友達とのコミュニケーションが取りやすくなるからだ。
        このような点から勧めたいゲームはプロ野球スピリッツだ。

        • 加藤 より:

          根拠・内容の説得力の高さ A(ゲームの詳細を、知らない人にも分かるように説明できています)
          ・固有名詞は、「プロ野球スピリッツ」のように、カッコに入れると親切です。

  10. 整理記号か より:

    コロナ禍でフジロックは開催するべきだったのか。グラストンベリー・フェスティバルが中止されフジロックも中止するべきだっただろう。イギリスのように工夫出来なかったのが残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか○
    ②結論を正しく把握できているか△(工夫の内容の説明が不足しています)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか○
    評価B+

    • 整理記号か より:

      コロナ禍での音楽活動は行うべきだろうか。私は反対である。
      理由は、感染症対策をしっかりしていてもたくさんの人が集まり密になるからだ。近くで実際に観たいが、それよりも命を守ることの方が大切だ。主催者も観客者もお互いが理解し合うべきだ。全員が確実に感染症対策をする保証はない。100パーセントならない、と言う状況でない限り我慢するべきだ。まずは、どの状況に置かれているのかをしっかり考える必要がある。
      また、マスクをずっとした状態で何時間もとても暑いところに居れば、熱中症や脱水症状などになってしまう可能性もあるからだ。私は、マスクをしたまま運動すると水分をこまめに取らない限り、貧血で倒れてしまう。自分の好きな人を、間近で見れるのなら熱中してしまい、水分補給を怠ってしまうかもしれない。コロナウイルスに感染しなくたって、他の症状で体調を崩してしまうなんて以ての外だ。
      このように、どれだけ感染症対策をしていても密になってしまう状況や、全員が確実に感染症対策をするかも分からない状況の中で、また熱中症や脱水症状などの他のことで体調を崩してしまうかもしれない状況の中で、かつコロナ禍である中で音楽活動をやることに、私は反対である。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)△感染がゼロではない、熱中症が挙げられています。熱中症については、水分補給等で防げる可能性もあり、根拠としてはやや弱いかもしれません。
        評価B やや断定的で極論になってしまう傾向があり、冷静に根拠を重ね、反論も想定しながら書くことが必要です。段落や論の構成は問題がなく、慣れの問題のため、入試小論文への対応自体は可能です。
        ・「たくさん」は話し言葉ですので「多数の」等を使います。
        ・「100パーセントならない、と言う状況でない限り我慢するべきだ。」とありますが、やや感情的な表現になっています。例えば電車による移動でも100%感染しないとは言えず、経済を進めてゆく観点からも、根拠がない極論ではないかという感想を採点者が持つ可能性があります。
        ・「なんて以ての外だ」とありますが、やや断定的な表現です。

  11. 整理記号お より:

    新型コロナウイルスが蔓延している中開催されたフジロックは本当に良かったのだろうか。イギリスのようにオンラインで開催することもできたはずだ。この考えに至らなかったことはとても残念である。

    ①テーマを正しく読み取れたか○
    ②結論を正しく把握できているか○
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか○
    評価A(無駄なく要約できています。なお、オンラインのメリットも筆者は訴えていますので、工夫して盛り込むと評価はさらに上がります)

    • 整理記号お より:

      私が人にすすめたい漫画は『僕のヒーローアカデミア』だ。
      週間少年ジャンプで連載されているヒロアカは“個性”を持つヒーローが敵から人々を守る世界が舞台。ヒーローを夢見る無個性の主人公、緑谷出久が多くの出会いを繰り返し苦難を乗り越えながら最高のヒーローになるまでを描く物語だ。現在はアニメも放送されたり映画も公開されている老若男女に大人気の作品である。
      ヒロアカには特徴的なキャラクターが多く、一人一人にストーリーがあるところが魅力の一つだ。皆が憧れのヒーローになるため限界を超えて敵や試練に立ち向かう姿は思わず応援したくなる。機会があれば是非読んでみて欲しい。

      • 加藤 より:

        根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
        評価B+ 詳しく説明できていますが、“個性”を持つヒーローが、複数いるのか、何人くらいいるのかが分かりにくいです。
        ・読点が少ない傾向です。改善例「週刊少年ジャンプで連載されているヒロアカは、“個性”を持つヒーローが敵から人々を守る世界が舞台。ヒーローを夢見る無個性の主人公、緑谷出久が多くの出会いを繰り返し苦難を乗り越えながら、最高のヒーローになるまでを描く物語だ。」
        ・なお、正式な文章の場合は、体言止め(敵から人々を守る世界が舞台。)は避けます。
        ・「映画も公開されている」とありますが、「たり」は複数を組み合わせます。「映画も公開されたりしている」。

  12. 【クラス番号を返信してください】整理記号え より:

    過去の動画や限られた形での生演奏を配信する“エクスペリエンス”(体験)
    フジロックもできるはずだった。おそらくはそうすべきだった。反感と批判を尻目に騒ぐよりも、お祭りイベントとして容易い快楽に傾いてしまったことが残念でならない

    ①テーマを正しく読み取れたか○
    ②結論を正しく把握できているか△(「反感と批判を尻目に騒ぐよりも」は、元の課題文と見比べない限り意味がわからないため減点対象となります。要約文は、それだけで独立して意味がわかるようにします)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか○
    評価B(「できるはずだった。おそらくはそうすべきだった。」は繰り返しが見られ、字数を消費してしまっています。字数を必要以上に消費した場合、何かの採点基準を落としてしまうことになりますので注意が必要です)

  13. 整理記号う より:

    コロナ禍でフジロックを通常通り行うべきだったのか。
    イギリスのように配信型にするなど、コロナ対策をして行うべきだった
    フジロックが工夫をして行えなかったことはとても残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか○
    ②結論を正しく把握できているか○
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか○
    評価A よくできています。

    • 整理記号う より:

      私は、コロナ禍での音楽イベントの開催に反対である。
      理由は、新種の変異ウイルスであるミュー株が広がる中、不必要な外出で人と接触することで感染リスクを高めてしまうからである。特に音楽イベントなどは、大勢の人と接触するので、大変危険だと考える。実際、今年の8月に愛知で行われた野外音楽フェスでは、緊急事態宣言下にも関わらずコロナ対策が十分に行われなかったことで、新型コロナウィルスの感染者が出てしまった。
      現在、日本の病院は、病床やスタッフ、人工呼吸器などが足りなくなっており、限界に近い状況といえる。このことから、私たちは、自分自身で、出来る限りのコロナ対策をしなければいけないと思う。だから人と接触が多くなってしまう音楽イベントは行うべきではない。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        評価A 動かせない事実(愛知のフェスでの感染)を根拠として挙げています。
        ・「コロナ対策をしなければいけないと思う。だから人と接触が」とありますが、小論文や志望理由書では「思う」よりも「考える」の使用が推奨されます。「だから」は話し言葉のため使用できません。また、主語と並び、接続詞(や似た役割の語句)の後には「、」を打ちます。改善例「コロナ対策をしなければいけないと考える。そのため、(したがって、)人と接触が」

        • 整理記号う より:

          新型コロナウィルス感染症の流行の対策として、ロックダウンを行うべきなのであろうか。私は国の経済を成り立たせるためにいくつかの条件を設定するなら賛成である。
          ロックダウン中は必ず家に居なければいけないが、必要最低限の食料、生活品を調達するための外出を許可するという条件でロックダウンを行うべきである。この条件には、一世帯から1人が外出可能という条件をつける。このようになるべく人同士の接触の機会を減らすことで、コロナ感染のリスクを下げる必要がある。
          二つ目の条件は、国からの給付金の配布である。ロックダウンにより収入が減少すると考えられる飲食店経営、サービス業の人も経済面で困ることがないようにするためである。
          今挙げた条件のもとロックダウンを行えば、人々のコロナによるストレス、ロックダウン中の生活に対する不安を無くすことが出来ると考える。このようにストレスをなるべく感じさせないロックダウンにする必要がある。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)△ 丁寧に書かれていますが、何かが抜けていたり、余分があったりの傾向があります。読み手の立場で内容をチェックし「足らないもの」「付け加えない方が良かったもの」を考えてみてください。
            ・字数不足です(入試の場合9割が目安)
            ・「一世帯から1人が外出可能」とありますが、数字の表記を統一します。「一世帯から一人が外出可能」「1世帯から1人が外出可能」。
            ・「必要最低限の食料、生活品を調達するための外出」とありますが、水道、電気、ゴミ収集、防災など、生活に欠かせない業種の従事者を含めるべきかもしれません。
            ・「人々のコロナによるストレス、ロックダウン中の生活に対する不安を無くすことが出来る」とありますが、生活に対する不安はないものの、ストレスを感じる人はいるかも知れません。

  14. 【クラス番号を返信してください】整理記号い より:

    コロナ禍でのフジロック開催は、本当に行うべきだったのか。フジロックはイギリスのように配信型のイベント切り替えるなど企画の工夫ができていなかった。簡単に快楽に傾いてしまったことが残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか○
    ②結論を正しく把握できているか○
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか○
    評価A よくできています。

  15. 整理記号あ より:

    コロナウイルスでグラストンベリーフェスティバルが中止された。代わりに他の方法で配信され、名前もエクスペリエンスに変わった。ボリュームを絞った方が、開放感を得られる場合だってあるはずだ。

    ①テーマを正しく読み取れたか△(はず、べき、残念でなりませんなど、感情や判断の表現の傾向から、フジロックをテーマと取るのが、一般的な読解です)
    ②結論を正しく把握できているか○(仮に、グラストンベリーをテーマだとすれば○)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか△(仮に、グラストンベリーをテーマだとしても、「他の方法」は、課題文を見ないと意味がわからないため、原点となります)
    評価B

    • 整理記号あ より:

       コロナウイルスが猛威を振るう中で音楽のイベントの開催は反対です。ニュースで他の県が音楽のイベントをやり、しかもマスクを外していた。だからその音楽のイベントでクラスターが起きた。皆んなが我慢している中やるのは駄目だと思う。しかもクラスターも起きた。
       飲食店や職場などでクラスターが起きている。もっとコロナの危険性や後遺症などの怖さをもっと知るべきだ。ニュースなどでも後遺症が残った人の話をしているが、もっと危機感を抱くべきだ。もっと後遺症の情報をテレビやインターネットに広げるべきだ。
       二つ目は、コロナウイルスになってしまったらどこも病院が受け入れることができなくて亡くなった人もいる。こうゆう事が最近多くなっている。前と違ってコロナになったら亡くなってしまう可能性も出てきた。前までは、入院できてたけど最近では自宅療養が多くなっている。自宅療養をしている人は家族にうつさないか不安でいっぱいだと思う。最近は、ネットスーパーの人が増えていてこれからももっと利用する人がふえるだろう。
       これらのことから音楽のイベントをするのはとても危険だと思うので反対です

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)△デルタ株や最近の状況を反映できていますが、ことばのミスが多く△としました。
        評価B 小論文での受験の場合、相当対策が必要ですので、もしそうであれば早めに講師(加藤)まで相談してください。
        評価
        ・「コロナウイルスが猛威を振るう中で音楽のイベントの開催は反対です。」とありますが、小論文はですます調ではなく、だ・である調になります。また、結論と根拠は段落を分けます。
        ・「だから」は話し言葉のため、「そのため」などとします。
        ・「みんな」は話し言葉のため、「皆」とします。
        ・「知るべきだ」「抱くべきだ」「広げるべきだ」とありますが、小論文では主観や思いを表現するのではなく、冷静に客観的に話を進めます。
        ・「こうゆう」とありますが、話し言葉ですので「このような」とします。
        ・「できてたけど」→「できていたが」
        ・「うつさないか」→「移さないか」
        ・「ふえるだろう」→「増えるだろう」
        ・「反対です」→「反対だ」

        • 整理記号あ より:

          私が人に勧めたいアニメは機動戦士ガンダムSEEDだ。
           理由は、戦争は絶対にしてはいけないと思うからだ。戦争は、関係ない人も巻き込んで亡くなってしまうからだ。大切な人を亡くしてしまう可能性も高い。大切な人を亡くしたらその人は大切な人をやった人を恨む。それが戦争の繰り返しだ。戦争は沢山の人が亡くなってしまう。戦争を止めるには力が必要だ。どんどん強くて新しいロボットが開発されてしまう。
           これらの理由で私は機動戦士ガンダムSEEDを勧める。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価B+ 『機動戦士ガンダムSEED』が、どのように戦争と結びつくかの説明が必要です(読み手はほとんど知らないことを前提に書きます)。
            ・「やった人」とありますが、やや不穏当(過激)ですので「大切な人の命を奪った人」などとします。
            ・「沢山」とありますが、話し言葉ですので「多数の」などとします。
            ・「戦争を止めるには力が必要だ。どんどん強くて新しいロボットが開発されてしまう。」とありますが、全体のなかでの意味内容が分かりません。書き始める前に、全体の流れをメモしてから書いてみてください。

  16. 【クラス番号を返信してください】整理記号Z より:

    新型コロナウイルスのデルタ株が猛威をふるう中グラストンベリー・フェスティバルが昨年も今年も中止を余儀なくされました。代わりに、過去の動画や生演奏を配信した。普段ならば聞こえない楽器の音や歌声が聞こえピンチだからこそ味わえる瞬間でした。

    ①テーマを正しく読み取れたか△(はず、べき、残念でなりませんなど、感情、判断の表現の傾向から、フジロックがテーマと考えるのが一般的な読解です。少なくともフジロックには触れないと減点対象です)
    ②結論を正しく把握できている○(仮にグラストンベリーの方をテーマと捉えるなら、結論は問題ありません)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか○
    評価B

  17. 整理記号Y より:

    コロナ禍の状況でフジロックは行うべきだったのか。行うにしてもイギリスのフェスのように過去の動画や生放送といった人が密集しないよう対策をして行うべきだったと考える。フジロックがそういったアイデアを出すことができずに行われてしまったことは残念である。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    Aよくできています。課題文では、人がいない生放送の良さも書かれていますので、取り込めるとなお良いです。

    • 匿名 より:

       コロナ禍の中、フジロックのような音楽イベントを開催することに関して、感染拡大を起こさないよう工夫を行っていれば開催しても問題ないと私は考えます。
       実際にイギリスで行われたグラストンベリー・フェスティバルという音楽イベントでは通常の音楽フェスのように会場に大量の客を集めるのではなく、過去の動画や生演奏の配信を行うといった工夫をした上で開催されました。その結果、感染拡大することなく音楽フェスを行うことに成功しました。
       このことからフジロックはイベント自体が悪いのではなく、開催方法が悪かったと考えます。イギリスの音楽フェスのような今までにない形でイベントを行えば感染拡大を起こすことなく音楽の魅力を人々へ伝えることができます。むしろ静かな空間で見ることによって大歓声のあるイベントではかき消されてしまい、気がつかなかった楽器の音、歌声といった本来の音楽の魅力に気づけ、よりフェスを楽しめるでしょう。
       このように音楽フェスを行うことは、オンラインで行うといった感染症拡大を予防する工夫をしていれば問題ないと私は考えます。

      ・テーマの明記〇
      ・結論の明確さ〇
      ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
      評価B+ 課題文を活用し、無理なく説得力を高めています。その反面、課題文に頼り過ぎている面があり、独自の提案も必要です。
      ・小論文は「だ、である」調を使います。
      ・やや読点が少ないです。改善例「実際にイギリスで行われたグラストンベリー・フェスティバルという音楽イベントでは、通常の音楽フェスのように会場に大量の客を集めるのではなく、過去の動画や生演奏の配信を行うといった工夫をした上で開催されました。」

      • 整理記号Y より:

        提出が遅れて申し訳ありません。

        私が人に勧めたい漫画は進撃の巨人だ。
         この漫画は人を殺戮する巨人と人間の戦いを描いたものです。物語序盤は巨人と人間の戦いが主となっています。しかし物語が進み、世界の真実や敵である巨人の謎が明かされてゆくにつれて序盤から中盤に張られていた物語の伏線が回収されていきます。そして、最終的には誰も想像していなかったような衝撃的な結末となります。
         ここまで物語を綿密に練られた漫画はあまり多くないとと思います。そのため、進撃の巨人という漫画を読んでもらいたいと思い勧めました。

        • 加藤 より:

          根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
          評価B+ 物語の分析に独自性があります。
          ・「だ、である調」「です、ます調」を統一します。今回は作文ですのでどちらでも構いませんが、授業内で「だ・である調」の指示が出ています。
          ・読点が少なすぎます。改善例「しかし、物語が進み、世界の真実や敵である巨人の謎が明かされてゆくにつれて、序盤から中盤に張られていた物語の伏線が回収されていきます。」接続詞の後、大きな意味の区切れ、主語の後は、なるべく読点を打ちます。

  18. 整理記号X より:

    本当にフジロックは行うべきだったのか。イギリスは、生演奏を配信するという体験型ヲタ行った。フジロックもそのような考えにならなかったことが残念である。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか△(「生演奏を配信」とありますが、課題文には「過去の動画や/限られた形での生演奏を配信」とありますので、減点されます)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか△(コロナ禍という点も、根拠の背景に含まれると考えられます)
    B(誤字も減点されます)

    • 匿名 より:

      コロナ禍での音楽イベントの開催には反対だ。現在のコロナ禍で例年通りの音楽イベントの開催は控えるべきである。
      今年の夏に他県で野外音楽イベントが開催されたが、そのイベントは、緊急事態宣言下で行ったにも関わらず、十分なコロナ対策が行われなかった。そしてこのイベントの参加者から、コロナ感染者も出ている。
      現在、日本の病院は空き病床が足りない状況であり、医療崩壊とも言える状況であると考える。このままではコロナ拡大は進む一方である。
      このような状況で、音楽イベントが通常通り行われるということは、コロナ拡大を自ら進めているということである。だから、通常通りのイベントの開催は中止するべきである。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記○
        ・結論の明確さ○
        ・根拠の説得力○
        A 感染者の出現、医療崩壊という生命に関わる根拠を2つ挙げており説得力が高くなっています。第3回の講義も踏まえると、「逆もありますよね?」(イベント中止で経済的に困窮し、生活が成り立たない人が出る可能性)という反論も想定されます。イベントの団体や、例年の主催地への支援なども提言しておくと、さらに説得力が上がります。

  19. 整理番号W より:

    コロナ禍の中フジロックは開催された。しかし、過去の動画や限られた形での生演奏など工夫をするべきだった。そういうアイディアを提案するのではなく、お祭りイベントとして容易い快楽に傾いたことが残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    評価A(容易い=たやすい、は分かりやすい言葉かどうか微妙なため、言いかえるとよいでしょう。また「過去の動画や限られた形での生演奏」の意外なメリットも、筆者の主張には含まれると思われます)

    • 匿名 より:

      新型コロナウイルスのデルタ株が猛威を振るう中、フジロックは開催されてよかったのか。私はもし開催するのなら、イギリスのグルスントベリー・フェスティバルのように工夫するべきだったと考える。
      グラスントベリー・フェスティバルでは、中止にした代わりに、過去の動画や限られた形での生演奏などを配信した。この方法ならば、コロナウイルスに感染する可能性も少ない。さらにいつもとは違う静寂の中で演奏したことにより、大歓声の中でかき消されてしまうだろう楽器の音や歌が聞こえ、いつもとは違う楽しみ方もできる。
      別の工夫もできるだろう。例えば車の中で演奏を聞いてもらうことだ。グラスントベリー・フェスティバルほどコロナウイルスに感染する可能性が少ない訳では無いが、そのまま開催するよりは少ないはずだ。車の中で聞くため音質が悪く、賛成する者も少ないかもしれないが、コロナウイルスは人の命にかかわるため、感染しないような工夫が必要だ。
      どうしても中止にしたくないならば、このようなコロナ禍の中で開催されても大丈夫な、アイディアを出し工夫をして開催するべきだった。

    • 整理記号W より:

      新型コロナウイルスのデルタ株が猛威を振るう中、フジロックは開催されてよかったのか。私はもし開催するのなら、イギリスのグルスントベリー・フェスティバルのように工夫するべきだったと考える。
      グラスントベリー・フェスティバルでは、中止にした代わりに、過去の動画や限られた形での生演奏などを配信した。この方法ならば、コロナウイルスに感染する可能性も少ない。さらにいつもとは違う静寂の中で演奏したことにより、大歓声の中でかき消されてしまうだろう楽器の音や歌が聞こえ、いつもとは違う楽しみ方もできる。
      別の工夫もできるだろう。例えば車の中で演奏を聞いてもらうことだ。グラスントベリー・フェスティバルほどコロナウイルスに感染する可能性が少ない訳では無いが、そのまま開催するよりは少ないはずだ。車の中で聞くため音質が悪く、賛成する者も少ないかもしれないが、コロナウイルスは人の命にかかわるため、感染しないような工夫が必要だ。
      どうしても中止にしたくないならば、このようなコロナ禍の中で開催されても大丈夫な、アイディアを出し工夫をして開催するべきだった。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        評価A 無理せずに課題文をしっかり活用したため、根拠としての強度が強くなっています(文章の引用にあたるだけでなく、出題者は前向きな評価をした課題文を掲載することが多いため)。また、車の中で聞くというアイデアは、社会や文化の知識を伺わせ、ほかの受験生との差(独創性評価)にもなります。

  20. 整理記号V より:

    コロナでグラストンベリー・フェスティバルが中止を余儀なくされ過去の動画を配信した。動きを止め、ボリュームをしぼった方が、開放感を得られる場合があるため、フジロックもそうすべきだ。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか△(「過去の動画を配信した」とありますが、課題文には「過去の動画や/限られた形での生演奏を配信」とありますので、1つ落としています)
    評価B+ その他の点では問題はありません。

    • 匿名 より:

      コロナ禍での音楽イベントは開催するべきか。私は、配信という形でなら賛成である。
      配信であれば、三密を避けることが出来、自宅で楽しめることが出来るからだ。コロナで外で遊べない今、音楽イベント自体を開催しなかったら、自宅で楽しめる事が減ってしまう。安心して音楽を楽しむには配信が最適だと考える。
      実際にイギリスで行われたグラストンベリー・フェスティバルでは、過去の動画を流したり、生演奏を配信していた。普段なら大歓声でかき消されてしまう楽器の音や歌声を味わうことができるなど、配信ならではの魅力がある。
      このように、安心して音楽を楽しめることができるため、音楽イベントは配信で行うべきだと考える。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        評価A 課題文をうまく生かせています。ただし、この問題では(1)に要約がありますので、書き写しに近い場合減点はされます。「三密を避ける」という根拠も手堅く、問題はありません。
        ・「過去の動画を流したり、生演奏を配信していた」とありますが、「たり」は複数をセットで使いますので、「過去の動画を流したり、生演奏を配信したりしていた」となります。

        • 整理記号V より:

          コロナ禍で看護師になることについて、私の考えを述べる。
          私が看護師を志望したのは、5歳の時に自分が病院でお世話になったことがきっかけだ。しかし、もう一つきっかけとなった出来事がある。それがコロナだ。コロナが流行り、テレビでは休む間もなく働く看護師の姿が映っていた。私は、治療を求めてる人だけを助けるのではなく、医療を支えている人達も自分の力で助けたいと思った。
          看護師は、コロナのような未知のウイルスに、完璧な防御対策が無い中、戦わなければいけない。患者さんとの距離が近い看護師になるということは、患者さんの感染症が自分にうつってしまい、自分が感染してしまうかもしれないことを考えないといけない。しかし、私が看護師になることで救える命が少しでもあるのではないかと考える。そう考えた時、誰かの役に立つなら、私は看護師として働きたいと思う。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価B+ 内容は悪くないですが、構成や表現等の課題があります。
            ・「5歳」「もう一つ」とありますが、数字の表現は揃えます。
            ・「それがコロナだ。」とありますが、小論文では医療の知識(下の3)も見ていますので、「新型コロナウイルス感染症」「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」などと書き、2回目以降は「コロナ」と省略します。
            ・「医療を支えている人達も自分の力で助けたいと思った。」とありますが、医療職の立場から見ると、まずはその前に一人前の動きを覚えて欲しい(下の4、チーム医療)と思われる可能性もあります。改善例「私は、治療を求めてる人だけを助けるのではなく、看護師として一人前になった後、先々は、医療を支えている人達も自分の力で助けたいと思った。」
            ・「医療を支えている人達も自分の力で助けたいと思った」とありますが、「どのように?」と面接で問われる可能性があります。答えを準備しておいてください。
            ・「医療を支えている人達も自分の力で助けたいと思った」とありますが、なぜそう思ったのかは、文章に書いておく必要があるでしょう。ここを上手に書けば、チーム医療への適性を評価される可能性があります。
            ・全体の構成として、第3段落と第2段落を逆にするのがおすすめです。患者の前に同僚という順番の場合、やや話が飛び過ぎているようにも見えます。

            1志望理由(特にきっかけ、将来像)
            2困難に耐える情熱
            3科学、社会、医療の基礎知識
            4客観性、国語力、コミュニケーション力
            5思いやり、コミュニケーションを土台としたケア
            6倫理的、人間的判断

            (改善例)
            コロナ禍で看護師になることについて、私の考えを述べる。
            私が看護師を志望したのは、5歳の時に自分が病院でお世話になったことがきっかけだ。今の看護師は、新型コロナウイルスのような未知のウイルスに、完璧な防御対策が無い中、戦わなければいけない。患者さんとの距離が近い看護師になるということは、患者さんの感染症が自分にうつってしまい、自分が感染してしまうかもしれないことを考えないといけない。しかし、私が看護師になることで救える命が少しでもあるのではないかと考える。そう考えた時、誰かの役に立つなら、私は看護師として働きたいと思う。
            新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行り始めて以来、テレビでは休む間もなく働く看護師の姿が映っていた。幼い頃の思い出も重なり、看護師の縦横無尽の働きぶりにも関心を持たずにはいられない。私は、治療を求めてる人だけを助けるのではなく、看護師として一人前になった後、先々は、医療を支えている人達も自分の力で助けたいと思った。

  21. 整理記号U より:

    要約文

    新型コロナウイルスの影響でロックダウンを余儀なくされたイギリスは、大規模な祭りも無くなってしまった。しかし、だからこそ今まで大きなものに隠れてしまっていた価値や新たな視点にやっと気づくことができた。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇(「祭り」とありますが、意味が広すぎ説明不足となります)
    ②結論を正しく把握できているか△(「大きなもの」とありますが、意味内容が曖昧です)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    B+ 授業では「フジロック」をテーマに推奨していますが、純粋に文字数の観点からイギリスの音楽フェスティバルをテーマに取ることは、考えられなくはありませので、減点を行っていません。ただ、文末表現から、フジロックの方を主題にしている可能性の方がやや高いと思われます。

    • 整理記号U より:

       私はコロナ禍だからこそ、音楽イベントはやるべきだと考えている。
       コロナ禍では、感染を予防するために、行動はもちろんの事、仕事や言動さえも制限されるため、満足に動くことができない。ストレスは、体調不良や寝不足などのマイナスな影響しかない。また、警察庁の速報値によると、2021年2月の自殺者数は全国で1626人、昨年度同時期に比べて11.1%の増加という結果も出ているため、音楽イベントなどのストレスを発散出来る場は必要不可欠であると考えている。しかし、大勢の人が行き交う場所は、感染する可能性としては、高まってしまう。その可能性をなくすことができれば、イベントは可能であると考えている。
       そのためには、音楽イベントのインターネット配信をもっと活性化することが大切だと考えている。もしイベントに参加予定だったが、コロナの影響で行けなくなってしまった人にもパスワードを入力することによってインターネットを通じて見れるようになどの配慮をすることが必要である。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)△
        B データに基づいた根拠となっています。ただ、自殺者が多いのがストレスのせいなのか、またストレス発散で自殺者が減るのかの説明がなく、ややずれも見られます。ストレズの増加は、「行動はもちろんの事、仕事や言動(→「会話」がベター)さえも制限される」という全員が知っている事実で立証できますので、それでもよいでしょう。ストレスがあるとして、音楽イベントの動画配信は有効ですが、経営的にうまくゆくのかということが課題となっています。その辺りを書いておくと良いでしょう。なお、段落構成は、結論と根拠は必ず分けますので、「私はコロナ禍だからこそ、音楽イベントはやるべきだと考えている。」のあとは、改行が必要です。そのあとは、上のように分けるか、「しかし、」の前で分けるかが考えられます。

        • 整理記号U より:

          コロナ禍で医療職に就くというのは、社会に貢献出来ることであり、やりがいも感じられてとても良い事だと思う。
          たくさんの人が、新型コロナウィルス感染症にかかってしまい大変な日々を送っている。当たり前だった生活を送れない人がたくさんいる。その中で医療職に就くというのは社会にとても貢献出来ると私は思う。なぜなら、当たり前の生活今まで通りの生活を求めている人がたくさんいる中助けられる仕事だからだ。コロナに感染してしまうリスクも、とても厳しい仕事もたくさんある。しかし、その仕事をやる事で大きなやりがいを感じられるのではないか。私はそう思う。コロナ禍で自粛になり学校に行けなくなった。その時毎日ニュースを見れば医療従事者が懸命に働いている姿を目にする。それを見てこれほどに大変な仕事はなくやりがいを感じられる仕事は無いと思った。
          このように、コロナ禍で医療職に就くということはとても社会に貢献できることでありやりがいを感じられ、とても素晴らしいことだ。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価B+ 悪くはないですが、多少踏み込み不足を感じます。
            ・「社会にとても貢献出来ると私は思う」→なぜ社会に貢献したいと考えたのか?
            ・「やりがい」とは?
            ・同じように考えている先駆者(先輩看護師)はいたか?→本を読む必要

            ・「たくさん」→「多数」「数多く」

  22. 整理記号T より:

    海外では、新型コロナウイルスの感染拡大によって、フェスやイベントというお祭りは配信など画面越しの体験へと変わっている。人数を制限するからこその味わいを日本にも取り入れるべきである。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    A+ テーマをフジロックでなく、1段上げて日本のフェス等と捉えている点に独自性があります。

    • 整理記号T より:

       コロナ禍での音楽イベントを新しい形にしていくことについて、私は、賛成である。
       新型コロナウイルスが流行した当初は音楽イベントやライブなどのパフォーマンスは一挙として中止となった。これによって、多くのミュージシャンやアイドルのファンは相当な悲しみを受けた。こういった活動はその場でリアルに本人たちに出会えるメリットがある。しかし、画面だからこそ伝わる魅力もあるのではないかと考える。例えば記事のような魅力のほかに、3Dの映像と組み合わせたリアルタイムの迫力のあるライブや、たくさんの距離と角度からパフォーマーを見ることができるという良い点がある。
       さらに、体験型にしていくことは、家で画面を通して映像を見るということになる。それは、トイレに行くタイミングや、飲み物や食べ物を自由にセッティングできるのだ。少しくらいならこの状況下で叫んでも問題がない空間は数少なく、貴重だ。屋内なので天候に左右されることもない。これは、イベントの形を変えることで、その場に行かなくなったことへのメリットと考える。
       このように、その場でしか味わえない空気とはまた違った環境を新たに取り入れることは、私たちの音楽イベントへのイメージをより良い方向に、活性化させる形で変化していくと考えている。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ△「コロナ禍での音楽イベント」がテーマですので、「コロナ禍での音楽イベントは、新しい形にしてゆくべきだ」が結論となります。
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇

        ・「空間は数少なく」→「空間は数多く」?

      • 整理記号T より:

        新型コロナウィルス感染症の流行の対策として、ロックダウンを行うべきなのであろうか。私は経済を成り立たせるために以下の例外を設定するなら賛成である。

        ロックダウンを行うことで、国民は外に出ることができず、収入が一切なくなってしまう。ロックダウンを行うならば、その期間を具体的に、なおかつ確実に決める必要がある。そして、その期間分の最低限の食事と生活費を保証すべきである。さらに、県をまたぐ移動を禁止し、都道府県ごとにロックダウンの期間を変えていけば、経済も少しながら循環させることができると考える。そうすることで、問題点である経済が成り立たないという点と、生活の維持という課題を解決することができる。

        もう1つの条件として、医療従事者と、公務員はロックダウンの対象から外すということである。ロックダウン中でも、災害の危険性は存在する。そういった場合に対応するためにも、公務員等はロックダウンの対象から外し、緊急時に活躍出来る状況が必要となる。

        このような条件を作ることで様々な課題が挙げられるロックダウンに賛成したいと思う。

        • 加藤 より:

          根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
          評価A+ 特によく出来ています。食費・生活費の提供、都道府県ごとの調整、医療・公務員の例外など、提案に漏れがなく現実的です。
          ・読点が少なすぎます。改善例「私は、経済を成り立たせるために、以下の例外を設定するなら賛成である。」 主語の後、意味の大きな切れ目の後、接続詞の後は、原則として読点が必要です。

  23. 整理記号S より:

    要約文
    コロナ禍でフジロックは開催するべきだったのだろうか。グラストンベリー・フェスティバルでは、動画配信で贅沢な瞬間を観客に提供した。このような工夫がフジロックに見られなかったことが残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか△(採点ミス変更→)〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    評価B+→A よくできています。

    • 整理記号S より:

      コロナ禍で音楽イベントは開催すべきだろうか。私は、コロナ禍での開催に反対である。
      理由は、たくさんの観客が集まってしまい、感染対策をしていても感染を防ぎきれない可能性があるからだ。特に、変異株は感染力が強く、三密が揃っていない環境でも感染することが明らかになっている。また、音楽イベントとなると、三密にならないよう意識し距離を取ったり声を出さないようにしたりすることは難しいのではないかと思う。
      また、実際コロナ禍で感染対策が不十分なまま行われたフジロックが問題となった。自粛している人も多い中、イベントを行ったことで反感や批判があるのは当然だと思う。この時期に行うべきなのかを考え、命を優先する行動を取るべきだったと思う。
      このように、感染力が強い変異株の流行や人が密集する環境によって、感染症対策をしていても感染するリスクがある状況の中で、音楽イベントをやるのは非常に危険だと思う。これらの理由から、コロナ禍である今音楽イベントを開催することに、私は反対である。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        評価A デルタ株の感染が防げない、反感や批判を免れないという、確実な根拠(事実と思われる根拠)が示されています。
        ・最終段落は、最初に挙げた根拠をくり返しており、減点されます。そもそも4段落構成の指示ですので、大学によっては「指示守らず」で0点が付く可能性があります。

        • 匿名 より:

          私が人に勧めたいスポーツはテニスだ。
          テニスの良い点は、年齢や性別関係なくみんなで楽しめるところだ。ダブルスで、ペアと力を合わせて点を取り一緒に喜べるのも魅力だと思う。また、相手とラリーが続いたり、試合で点を決めたりした時にとても達成感を感じられる。
          このような点から勧めたいスポーツはテニスだ。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価A テニス独自の要素(ラリー)を具体的に説明でき、説得力を高めています。

  24. 整理記号R より:

    コロナ禍でフジロックは本当に行うべきだったのか。イギリスのように配信に変えるなどの工夫が必要だったと考える。その考えにならなかったことが残念に思う。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    評価A 必要な要素はおおむね満たしていますが、配信ならではの良さという点も課題文の主張に入っていそうです。

    • 整理記号R より:

       私はコロナ禍で感染症対策や無観客などにして開催すべきだと考える
       理由は、イギリスのグルスントベリー・フェスティバルのように工夫して開催したら成功したという例があるからである。グラスントベリー・フェスティバルでは、中止にした代わりに、過去の動画や限られた形での生演奏などを配信した。これにより楽器演奏などでは普段は聞こえない細かな部分まで聴くことができ、いつもとは違う楽しみ方ができるからである。
       また、コロナ禍でずっと自粛という期間が続いているためストレスが溜まっている人がたくさんといると考える。イベントを開催することで家の中でもストレス発散をすることができる。
       無観客での開催、このような形で開催することでいつもとは違う楽しみ方ができ、感染症対策もできると考える。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記△(音楽イベントという主語が抜けています)
        ・結論の明確さ△根拠を読むと「感染症対策」という内容はいらないようです。
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        評価B 構成に問題はなく、課題文をしっかりと活用できています。独創性が弱い傾向ですので、入試で小論文がある場合は、AERA、現代用語の基礎知識、はてなブックマークの学習が必要です(学部に沿った出題の場合、対策本も)。

        • 整理記号R より:

           新型コロナウイルス感染症の流行の対策として、ロックダウンは行うべきなのであろうか。私は経済を成り立たせるために、いくつかの例外を設定するなら賛成である。
           1つ目は、日用品などの生活に必ず必要なものだけを1人で買いに行くことである。買い物をして外の空気を少しでも吸うだけで気分転換をすることができると考えるからである。
           2つ目は、ワクチンを2回接種した人ならば外に出てもいいと考える。外出できないことにより、好きなことやりたいことができないことがあり、ストレスが溜まり鬱になってしまう人がいると考えるからである。経済協力開発機構(OECD)のメンタルヘルス(心の健康)に関する国際調査によるとコロナ禍以前に比べて鬱病の割合が2倍になっているといわれている。そのため、ワクチンを2回打った人からは、外出してもいいと考える。
           このように経済を成り立たせるために、条件を設定して外出をするならば、ロックダウンをすることに賛成である。

          提出が遅れてしまいすみません。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価A 経済協力開発機構(OECD)の調査を引用し、説得力(エビデンスレベル)を高めています。
            ・「日用品などの生活に必ず必要なもの」とありますが、「生活必需品」の表現の方が効率的です。
            ・読点が少ない文があります。例「買い物をして外の空気を少しでも吸うだけで気分転換をすることができると考えるからである。」
            ・「コロナ禍以前に比べて鬱病の割合が2倍」とありますが、外出しないことによるストレスが要因とは限らず、多少論拠に弱みがあります。
            ・「そのため、ワクチンを2回打った人からは、外出してもいいと考える。」は、3段落目の最初の文の繰り返しですので、カットします。
            ・全体に、内容に比して文字数を使い過ぎる傾向がありますので、より凝縮感の強い文章を心がけます。

  25. 整理記号P より:

    要約文

    コロナ禍でフジロックは開催すべきだったのか。大人数で騒ぐより静けさに開放感を得られる場合もあったはずだ。なんの工夫もなされず開催されたことが残念でならない。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    評価A よくできています。

    • 整理記号P より:

      コロナ禍でフジロックは開催すべきだったのだろうか。私は行うべきでなかったと考える。
      理由は、感染拡大に繋がるからである。現在の情勢を考えれば、実際に大勢の人を集めて音楽イベントを行うと感染者が増えてしまうことは簡単に想像出来ただろう。表面上は感染者ゼロ人と発表されているが、それ以降に公式から情報が出ておらず、なかなか信じ難い結果である。
      加えて、大勢が集まるにも関わらず入場時に陰性の証明をする必要が無く、事前の検査も任意だったことが分かっている。イベントの最中に万全な感染対策が取られていたとしても、参加者は不安な気持ちを抱えながら参加せざるを得ない。せっかく開催しても例年のように存分に楽しむことは出来ないだろう。
      日本では合計で164万9658人の感染確認がされており、それによって命を落とした人は1万6898人にまで昇っている。19都道府県で緊急事態宣言の延長もされており、今はまだイベントなどを開催せず、我慢を必要とする期間だろう。一瞬の楽しい感情を求めて危険を犯すよりも、もう少しこの状況に耐えることで、以前のような当たり前で楽しい日常を取り戻せるはずだ。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        評価A データを利用し、説得力が高くなっています。

        • 整理記号P より:

          提出を忘れており遅くなってしまい申し訳ありません。
          選択A

          新型コロナウイルス感染症の流行の対策として、ロックダウンを行うべきだろうか。私は経済を成り立たせるために、いくつかの例外を設定するなら賛成である。
          ロックダウンとは屋外活動を基本的に禁止とし、法的処分を伴う司令である。例外を設けず、ただロックダウンを行ってしまうと様々な問題が発生するだろう。実際に、海外でロックダウンを行った際には、外出していた違反者に対して過剰暴力を加える問題が起き批判が相次いでいた。現在発令されている「緊急事態宣言」もあまり効果が見られないのが現実だ。ロックダウンをしても外出をしてしまう人はいるだろう。
          そこで、ロックダウン中の外出に条件を作るのが良いと考える。例えば、外出する際の人数制限を定める、というものだ。コロナウイルスは飛沫感染が主であるため、会話を伴う食事等が家庭内感染の次に感染経路として多いとされている。会話が発生しないようにすれば外出しても問題は少ないと考える。また、人数制限を少なく設定することで、目的以外の場所に寄り道をするということが減り、感染拡大を防げるだろう。
          このように、いくつか例外を設定するならばロックダウンには賛成である。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)△ 人数制限が提案されていますが、全体の字数からすると、提案内容がやや少なすぎます。
            評価B 全体の流れと関係が薄い内容が入る傾向です。書く前に段落構成のメモを作り、慎重にチェックをしてください。
            ・「現在発令されている『緊急事態宣言』もあまり効果が見られないのが現実だ。ロックダウンをしても外出をしてしまう人はいるだろう。」とありますが、文章の趣旨(全体の狙い)と関係がなく、脱線となっています。人数的な例外ありでのロックダウンに賛成という結論の根拠になっていません。
            ・「実際に、海外でロックダウンを行った際には、外出していた違反者に対して過剰暴力を加える問題が起き批判が相次いでいた。」とありますが、過剰な暴力があったことは、人数的な例外ありでのロックダウンに賛成という結論の根拠になっていません。
            ・司令→指令

            (改善例)
            新型コロナウイルス感染症の流行の対策として、ロックダウンを行うべきだろうか。私は経済を成り立たせるために、いくつかの例外を設定するなら賛成である。
            ロックダウンとは屋外活動を基本的に禁止とし、法的処分を伴う司令である。例外を設けず、ただロックダウンを行ってしまうと様々な問題が発生するだろう。そこで、ロックダウン中の外出に条件を作るのが良いと考える。例えば、外出する際の人数制限を定める、というものだ。コロナウイルスは飛沫感染が主であるため、会話を伴う食事等が、家庭内感染の次に感染経路として多いとされている。会話が発生しないようにすれば外出しても問題は少ないと考える。また、人数制限を少なく設定することで、目的以外の場所に寄り道をするということが減り、感染拡大を防げるだろう。
            このほか、生活必需品の買い物や、電気事業者、生活必需品の運送・販売者、公務員など適切な例外の設定も、納得感のあるロックダウンには必要だ。
            このように、いくつか例外を設定するならばロックダウンには賛成である。

  26. 【クラス番号を返信してください】整理記号O より:

    コロナが広がり続けている中、フジロックは行うべきだったのか。人を集めてやる方法ではなく、動画での生配信やネット投稿で観客がいないことでいつもなら出来ない演出ができ、今までとは違う楽しませ方をするべきだった。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか△(「過去の動画や/限られた形での生演奏を配信」とありますので、「ネット投稿」の意味合いが不明です)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    B+

  27. 【クラス番号を返信してください】整理番号N より:

    コロナ禍中開催した音楽祭グラストンベリー・エクスペリエンスとフジロック。後者はその場の快楽を優先したが、配信でも楽しめると前者が証明。従って、フジロックの開催はオンラインにすべきだった。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    A よくできています

  28. 整理記号M より:

    コロナ禍でフジロックは本当に行うべきだったのか。人の動きを止め、ボリュームをしぼって開催すべきだ(→だった)。イギリスのように生演奏を配信して行うアイデアの提案も必要だったのではないか。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか◎(ほかの解答案に比べ詳細に把握できていますが「過去の動画や/限られた形での生演奏を配信」とありますので、動画は落ちています)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    評価A+ いわゆる「ざっくり」ではなく、丁寧に読解ができています。

    • 匿名 より:

      コロナ禍で、フジロックのような音楽イベントは開催してよかったのか。私は、イギリスのように、過去の動画の配信や生放送での配信する形なら良いと考える。
      なぜなら、課題文にもあったように、ボリュームを抑えての開催でも、楽しめるように工夫されているからだ。実際に行くことが出来なくても、自宅で楽しめるアイデアはとても良いと考える。
      私も実際に生配信での音楽イベントに参加したことがある。その際も実際にその場に行っている感覚で臨場感や、盛り上がりを体験することが出来たからだ。
      よって、コロナ禍の中でも工夫を凝らして楽しめる提案やアイデアを出せば、安心して楽しめるので、配信という形は良いとかんがえる。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記○
        ・結論の明確さ○
        ・根拠の説得力○
        評価A 先週までの授業範囲なら、これで問題はありません。第3回の授業を踏まえると「逆もありますよね?」(現地で開催しないと、経済効果が薄い)も考えられます。動画配信や生放送でも、参加費を集められることを書くとより良いです。

      • 整理記号M より:

         新型コロナウイルス感染症の流行の対策として、ロックダウン行なうべきなのであろうか。私は経済を成り立たせるために、いくつかの例外を設定するなら賛成である。
         ロックダウンは、人流の抑制は可能だが、経済の停滞が高まる。人と人との接触を最小限に防ぐために、一人での外出許可を出すことだ。複数人での外出は、どれだけ対策を行っていても感染リスクは高まると考える。
         また、ワクチンを二回接種済みの人だけ外出を限定することだ。実際にワクチンの有効率が95パーセントという報告もあるからだ。このような対策を出していれば、積極的に接種する人も増えると考える。
         このように、限定した外出許可を出せば、人との接触を最小限にし、経済の停滞を防ぐことができると考えるので、賛成である。

        • 加藤 より:

          根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇 具体的な提案内容があります。
          評価B+ 内容はまずまずですが、字数が不足しています。
          ・「一人での外出許可を出すことだ」とありますが、就学前の子ども、高齢者、障がい者などの例外も記すとよいです。
          ・「有効率が95パーセント」とありますが、ほかと数字の表記を揃えます。「有効率が九五パーセント」
          ・全体の構成はよくできています。

  29. 【クラス番号を返信してください】整理記号L より:

    コロナウイルスでグラストンベリー・フェスティバルが中止された。代わりに他の方法で配信され、名前もエクスペリエンスに変わった。ボリュームを絞った方が、開放感を得られる場合だってあるはずです。

    連絡事項 志望理由書講座の整理番号ではなく、クラス番号を返信でお知らせください(公表はされません)

    ①テーマを正しく読み取れたか×(フジロックがテーマ=主題になっていますので、明記します)
    ②結論を正しく把握できているか×(「(フジロックは、)グラストンベリー・フェスティバルのような工夫をせず、容易い快楽に傾いてしまったことが残念」のような内容です)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか△
    評価B

  30. 整理番号K より:

    コロナ禍でのフジロックの開催するべきだったのか。イギリスのように過去の動画や限られた形での生演奏を配信などの対策が必要だったと考える。そういった対策を提案せず実施したことは残念である。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    評価A よくできています。

    • 整理番号K より:

      コロナ禍での音楽イベントは開催すべきなのか。私は配信という形であれば良いと考える。
      課題文にもあった通り、イギリスのグラストンベリー・フェスティバルは昨年も今年も中止にした代わりに、過去の動画や限られた形での生演奏を配信した。この音楽イベントは、観客を入れないからこそ楽しめる楽器の音と歌声を贅沢に味えるよう工夫がされた。実際には行けないが自宅で楽しめるためよいと考える。
      私も実際に、配信形式で行われたライブイベントに自宅から参加したことがある。今まで配信型のイベントに参加したことはなかった。だか、倍率が高くてなかなかチケットがとれないアーティストでも人数制限がないため、初めて参加することが出来た。
      コロナ禍のなかでも工夫して行うことによって、安心して楽しむことができるため、配信という形は良いと考える。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        評価A 問題はありません。

        • 整理番号K より:

          コロナ禍で看護師になることは過酷な環境のなかでコロナ禍の影響を受けながら医療現場で働くことになると考える。
          日々のニュースの中に医療従事者とその家族に対する偏見や差別を目にすることがある。今コロナウイルスにかかってしまった方々を受け入れている医療機関の医師や看護師は、感染の危険を感じながら、私たちを守ってくれているのだ。だが、看護師は人材不足である。コロナウイルス感染症の影響で辞めてしまう人が増加しているのだ。
          コロナウイルス感染症で苦しんでいるのは高齢者や呼吸器が弱い人である。私の母は呼吸器の病気を持っており、そのような人に私は看護師となり支えていきたいのである。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)△
            評価B 出題の意図からずれが見られます。

            1志望理由(特にきっかけ、将来像)
            2困難に耐える情熱
            3科学、社会、医療の基礎知識
            4客観性、国語力、コミュニケーション力
            5思いやり、コミュニケーションを土台としたケア
            6倫理的、人間的判断

            今回は「コロナ禍で医療職になることというテーマ」と指示されています。看護医療系の学校では、書類、作文、面接等を通じ、上の項目を確認してゆくことがあります。
            今回の小論文は、3ではなく、2や1であると考えられます。

            もし3だとしたら、次のような出題が考えられます。
            「コロナ禍による医療職の困難について論じなさい」

            「コロナ禍で医療職になることというテーマ」の場合、コロナ禍で(あなたが)医療職になることというテーマと考えられます。
            そのため、3段落目の内容を深めた内容が、最適です。

  31. 整理番号J より:

    要約文
    コロナ禍でフジロックを行うべきだったのか。イギリスのように、過去の動画を流し演奏を配信する形で開催する方が望ましいと考えられる。動きを止めボリュームを絞った方が開放感を得られる場合があるからだ。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇(「生演奏を配信」とありますので、演奏と書き換えると、動画と紛らわしくなります)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか◎
    評価A+ 情報量を多く取り入れています。

    • J より:

      お知らせ クラス番号をご返信ください。→確認済み 

      この状況下でフジロックを開催すべきだったのだろうか。私は開催すべきでなかったと思う。なぜならフジロックを行うことでコロナウイルス感染者が増えてしまう可能性があると考えるからだ。
      イベント翌日に公式サイトで「今のところ陽性者なし。」と発表されていたが、実際に帰宅後陽性が確認された参加者もいたことがニュースに挙げられている。会場には3万5千人以上の人が足を運んでいたがYouTubeでの配信もしていた。
      イベントに参加した男性は実際に参加するからこそ分かる心の通い合いやテンション、音楽から発信されるメッセージの受け取り方はオンラインとでは全然違うと言う。
      海外で活躍するロックバンド、ザ・フレーミング・リップスはライブ演奏をしながら距離を保つユニークな方法を提案している。それはバンドメンバーと観客一人ずつが巨大な風船の中に入り演奏を聴くという新しいライブ体制だ。
      このような体制で開催するなら人との接触も少なく、安心して開催することが出来るのではないかと考える。有、無観客かどうか考えるだけでなく、他にどうすれば感染が抑えられ、ライブを楽しむことが出来るかを考えていくべきだと思う。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ△(最初と最後で結論が異なっています)
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)△
        評価C
        ・「イベントに参加した男性は実際に参加するからこそ分かる心の通い合いやテンション、音楽から発信されるメッセージの受け取り方はオンラインとでは全然違うと言う。」とありますが、冒頭の結論の根拠となっておらず位置づけが不明です。
        ・小論文や志望理由書では「思う」の使用をなるべく避け、「考える」が適切です。

        (改善例)
        この状況下でフジロックを開催すべきだったのだろうか。私は形式に工夫をして開催すべきだったと思う。

        イベント翌日に公式サイトで「今のところ陽性者なし。」と発表されていたが、実際に帰宅後陽性が確認された参加者もいたことがニュースに挙げられている。しかし、イベントに参加した男性は実際に参加するからこそ分かる心の通い合いやテンション、音楽から発信されるメッセージの受け取り方はオンラインとでは全然違うと言う。

        海外で活躍するロックバンド、ザ・フレーミング・リップスはライブ演奏をしながら距離を保つユニークな方法を提案している。それはバンドメンバーと観客一人ずつが巨大な風船の中に入り演奏を聴くという新しいライブ体制だ。このような体制で開催するなら人との接触も少なく、安心して開催することが出来るのではないかと考える。

        以上から、単純に有、無観客かどうか考えるだけでなく、他にどうすれば感染が抑えられ、ライブを楽しむことが出来るかを考えていくべきだと思う。

        • 整理記号J より:

          私がすすめるのは、アニメ「ソードアート・オンラインⅡのマザーズロザリオ編」だ。
          仮想現実の世界「ALO」で旅をするアスナはある日、「絶剣」に決闘を挑む。その後、絶剣はアスナを彼女のギルドに誘われる。これは絶剣、ユウキという現実世界で難病AIDSと闘う少女とアスナの短い旅の物語だ。
          AIDSという病や沢山の薬に耐え、学校にさえ行くことが出来ない残酷な運命を背負わされた少女が、ゲームの中では、仲間たちと自分の思うまま剣を振るう。その姿を見て、仲間の大切さと命の尊さを知った。ただ敵を倒すだけではない。とても感動する話だと断言出来る。ぜひ見てほしい。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)△ 具体的な説明がありますが、人物関係の説明が分かりにくいです。
            評価B
            ・「その後、絶剣はアスナを彼女のギルドに誘われる。」とありますが、「その後、絶剣はアスナから彼女のギルドに誘われる。」「その後、絶剣はアスナを彼女のギルドに誘う。」のいずれかでしょうか? 主語述語をしっかりと意識して書きます。
            ・「ユウキ」とありますが、説明がありません。読み手は何も知らない前提で文章を書きます。
            ・「沢山」とありますが、話し言葉のため「大量の」などとします。

  32. 整理記号I より:

    要約文
    フジロックの対応は正しかったのだろうか。イギリスの同じようなイベントを見れば、正しくなかったのだと感じる。その時の状況に合わせ、臨機応変なアイデアで観客を楽しませるべきだったのだ。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか△
    評価B+ 問題は少ないですが、コロナ禍ということも根拠には含まれます。

    • 匿名 より:

      音楽イベントについて

       コロナ禍で人数制限や、酒類の提供の制限がある中、音楽イベントはどう対応していくべきなのか。私は、厳密なルールの下、可能な限り行なっていくべきだと考える。
       イギリスの音楽イベント、グラストンベリー・フェスティバルでは、例年、大勢の観客を入れてイベントを行っていたが、コロナウイルスが蔓延している関係で中止を余儀なくされ、生配信でのイベントとなってしまった。中止という判断を下し、オンラインでの音楽イベントを観客に提供するというのも有効な手段だと考える。
       しかし、やはり自分の目で、生で観るイベントというのはオンラインとは比べ物にならないほどの迫力があると考える。日本では、観客を入れてイベントを行い、酒類の提供も行っていたということで、問題になってしまったが、厳密なルールを設けていけば良いのではないだろうか。観客数の制限、一人一人の間隔、声を出すことの制限、酒類の提供の制限。様々な制限がかかってしまうが、やはり生で観るイベントには変えられないだろう。
       このように、多大にストレスがかかる行動制限がかかってしまうが、イベントを開催し、観客に楽しんでもらうことに価値があると考えると、ルールの下に開催すべきだと考える。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)△
        評価B
        ・「生配信でのイベントとなってしまった。」とありますが、課題文では過去の動画と生配信とあります。2つ挙げられた内容を、受験生の判断で1つに絞ることは、避けます。
        ・「生配信でのイベントとなってしまった。」とありますが、課題文では、ライブにない良さがあったとあります。これは、この小論文の結論にも合いますので、正確に読んで取り入れます。

        • 整理記号I より:

          ロックダウンについて

           新型コロナウイルス感染症の流行の対策として、ロックダウンを行うべきなのであろうか。私は、経済を成り立たせるために、いくつかの例外を設定するなら、賛成である。
           まず、回数制の例外だ。自治体から外出許可証を一家庭に何枚かを配り、一枚を使うことで外出を可能にするという例外だ。しかし、スーパー等の店も閉店していることが予想されるため、自治体が運営する必要がある。数も複数設置することによって、さらに人の密度を減らすのが狙いだ。
           そして、人に対する例外だ。たとえば、ワクチンを二回打った人に限り、接種証明書を見せることによって、外出できるという例外や、外出する際の人数を、一名のみにするという例外だ。外出する単体の人数を極力減らして、人と人との接触を避けるのが狙いだ。
           このように、例外をつくり、満たした人だけが外出できるようにすることで、ロックダウンで感染拡大を抑えつつ、人々の要望にも応えられるだろう。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価A+ 特によくできています。回数制、人的な例外など、よく考慮された内容です。なお、スーパーは独自の流通、仕入れ、陳列、調理、下ごしらえ等の技術が必要ですので公営化は現実的ではないかもしれません。水道、電気、最低限の交通などと同様、例外として設定してよいでしょう。

  33. 整理記号H より:

    コロナ禍の中、フジロックは本当に行うべきだったのか。イギリスのように配信型にするなどの工夫が必要だったと思う。そのような提案がされなかったことが残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか〇
    ②結論を正しく把握できているか〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか〇
    Aよくできています。

    • 整理記号H より:

       コロナ禍での音楽イベントは開催すべきなのだろうか。私は、反対である。
       理由は、世間からの批判である。最近もフジロックや波物語など、音楽イベントを開催して問題となった。最近は配信型に切り替えるアーティストも増えてきた。イギリスも配信型のイベントを開催し大成功している。私も配信型のライブを視聴したことがある。配信ならではの良さももちろんあるが、正直私は来場型の方が楽しいと思う。しかし、イベントを開催したことによって応援しているアーティストが批判されているのを見たくない。さらに感染リスクが高くなると知りながら、後ろめたい気持ちを持ってイベントに参加しても、私は本気で楽しめないと思う。
       また、新型コロナウイルスによって沢山の一が命を落としている。現在まで、合計163万3771人が感染しており、1万6764人が亡くなっている。どんなものでも、命より大切なものはない。現在、ワクチンが若者にも出回ってきている。私たちは信じてコロナの収束を待つしかない。自分と、大切な人の命を守るためにも、全員がいつ感染してもおかしくないという意識をもって、生活して欲しい。
       以上のことから、私は、コロナ禍での音楽イベントの開催に反対である。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇実体験とデータのバランスが取れている。最高価値(人命、人権、平和)を踏まえている。
        Aよくできています。「全員がいつ感染してもおかしくないという意識をもって、生活して欲しい。」とありますが、やや主観的ですので「全員がいつ感染してもおかしくないという意識をもって、生活すべきときだ。」くらいが望ましいです。

  34. 整理記号G より:

    大勢の観客を入れたフジロックの開催は行うべきだったのか。グラストンベリー・フェスティバルのように、配信形式で開催するなど工夫が必要だっただろう。その考えに至らなかったことが残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか 〇
    ②結論を正しく把握できているか 〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか △
    評価B+ よくできています。

    • 整理記号G より:

      コロナ禍での音楽イベントは開催するべきなのか。私は、条件を設けての開催に賛成だ。
      オフラインでの音楽イベント開催は、クラスターの発生など新型コロナウイルスへの感染リスクが高まる。フジロックの開催に批判があったように、コロナ禍での開催に否定的な人が多くいる。参加者はワクチン接種済みの人だけにする、席から立つことを禁止するなどの感染症対策が大切になる。
      アメリカ出身のロックバンド「ザ・フレイミング・リップス」は、アーティストとファンが透明な巨大球体に入るという奇抜な発想でコンサートを開催した。人と人との接触がないため、ソーシャルディスタンスを保った状態でコンサートに参加することが出来る。想像力に満ちたこの感染症対策は、世界の音楽業界から高い関心が寄せられた。日本でも、主催者側の試行錯誤の末に生まれた様々なイベント形式が増え続けている。例えば、車の中から音楽イベントを楽しむドライブインフェスの開催は話題となった。
      このように、今までにない多様な音楽イベントの楽しみ方が増え続ける今、主催者と参加者が制限を設けた音楽イベントの開催に賛成だ。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        評価A よくできています。全体の構造把握が得意なようですので、練習すればさらにレベルが上がりそうです。

        • 整理記号G より:

          新型コロナウイルス感染症の対策として、ロックダウンを行うべきなのだろうか。私は反対だ。
          外出制限を設け、違反者に罰金を科すロックダウンは、今の日本では実現が困難である。日本国憲法には国家緊急権が規定されておらず、こうした対応は個人の私権を制限することに繋がり、法律上不可能だからだ。日本国憲法は硬性憲法であり、憲法改正には時間を要する。憲法改正に力を注ぐより、全年代へのワクチン接種をなど現在の政策を迅速に進めるべきだ。
          また、ロックダウンの施行が実現した場合、経済活動が急速に縮小する。アメリカでは、ロックダウンから2ヶ月後までに失業保険申請者数が4000万人を超えた。また、失業率も3.5%から14.7%まで上昇し、歴史的高水準となった。こうした新規失業保険申請者数や失業者の急激な増加やは世界金融危機時を上回り、経済的打撃が広範囲で突発的だったことが分かる。事業者や個人に対する補償など財源確保が必要不可欠である。日本では緊急事態宣言下で休業している事業者への一時支援金の給付が滞っており、更なる補償に対して財源確保は難しいと考える。
          以上のことから、私はロックダウンを行うことに反対だ。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価A+ 法制度や実際の経済統計をもとに説得力のある論展開ができています。
            ・日本国憲法には国家緊急権が規定されておらず/硬性憲法 … ファクト(事実)であるので、反論のしようがない。
            ・失業保険申請者数、失業率のデータ … データの引用はエビデンスレベルが高い
            ・海外のデータや事象を日本に当てはめることができる旨、主張されている。

  35. 整理記号F より:

    要約文
    グラストンベリー・フェスティバルが中止を余儀なくされ、過去の動画を配信した。フジロックだって、おそらくはそうするべきだった。動きを止め、ボリュームをしぼった方が、開放感を得られる場合だってあるからだ。

    ①テーマを正しく読み取れたか 〇
    ②結論を正しく把握できているか 〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか 〇
    評価A(ノーヒントで投稿)よくできています。

    • 匿名 より:

      私は、コロナ禍での音楽イベント開催について反対である。
       課題文でもあった通り、現在は新型コロナウイルスのデルタ株が猛威をふるっており、イギリスでは昨年大規模なロックダウンが行われた。デルタ株は、新型コロナウイルスの変異株の中でも感染力の高いウイルスなため、マスクの有無に関係なく大勢の人が密集するイベントは避けるべきだと考えているからだ。
       また、イギリスのグラストンベリー・フェスティバルでは、イベントを中止するかわりに、過去の動画や限られた形での生演奏を配信した。その配信の中でも、広大な牧草地帯でアコースティックギターの弾き語りを披露したローラ・マーリングは特に印象的だったという。同じように日本のフジロックのような大規模な音楽イベントでも、グラストンベリー・フェスティバルのように配信を行うことで、普段ならば味わうことのできない楽器の音や歌声を楽しむことができるのではないだろうか。
       以上のことから私は、コロナ禍での音楽イベントの開催は控え、配信などを行うべきだと考える。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力△
        評価B 
        ・第2段落で、イギリスのロックダウンの事例が挙げられていますが、日本での小論文のため国内イベントが暗黙のテーマとなっており、やや違和感があります。もし世界的なレベルで論じたい場合、「私は、国によらずコロナ禍での音楽イベント開催について反対である。国際的な視野で考えてみたい」のような設定が必要です。
        ・「デルタ株は、新型コロナウイルスの変異株の中でも感染力の高いウイルスなため、マスクの有無に関係なく」という部分は、根拠として正確です。

        • 整理番号F より:

          特設ページで小論文第3回の宿題が提出できなかった為、こちらに送信させていただきます。
          選択A
           新型コロナウイルス感染症の流行の対策として、ロックダウンを行うべきなのであるろうか。私は経済を成り立たせるために、いくつかの例外を設定するなら賛成である。
           例えば、ワクチン接種などどうしても外に出なければいけない理由で外出する場合、それを証明する書類などがある場合は例外としても良いと考えている。書類を持っているようにすることで、万が一不要不急の外出だと疑われた場合にも、誤解を解くことができるからである。
           また、コロナウイルスのワクチン接種が2回とも終了している人の外出も例外として認めて良いと考えている。ワクチン接種を終えている人は、接種していない人に比べ感染のリスクが抑えられているからである。しかし、接種を終えている人も、不要不急の外出は最低限にするべきだと思う。
           このように、例外を設けながらロックダウンを行うことで、新型コロナウイルスの感染者数の増加を防ぎつつ、外出を制限されている市民の不満を抑えることができると考える。

          • 加藤 より:

            ※特設ページにログインした状態でないと投稿できませんので、次回試してみてください。
            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価B+ 丁寧に書かれていますが、1つの内容に字数を取り過ぎる傾向があり、全体の要素が不足しがちです。
            ・「ワクチン接種など」とありますが、事例が少なすぎます。通院、インフラ(水道、電気、通信など)、医療関係の職場への出勤等、事例を挙げます。
            ・「それを証明する書類などがある場合は例外としても良いと考えている。書類を持っているようにすることで、」とありますが、字数を取り過ぎています。改善例「それを証明する書類がある場合は例外として良い。そうすることで、」。
            ・「しかし、接種を終えている人も、不要不急の外出は……」とありますが、読み手は直前の「ワクチン接種を終えている人は、」を短期記憶してますので、「しかし、不要不急の外出は……」で十分です。

  36. 整理記号E より:

    グラストンベリー・フェスティバルは、昨年も今年も中止。動きを止め、ボリュームをしぼって行ったことは評価すべきだ。フィジカルディスタンスを守りながら静かだからこそできる贅沢な演奏をやってのけた。

    ①テーマを正しく読み取れたか ×
    ②結論を正しく把握できているか ×
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか 〇
    評価C
    「同じようなことをフジロックだってできたはずだし、おそらくはそうすべきだったのだと思います。……残念でなりません。」のような、強い心情や判断があらわれた表現が結論になります。よって、この書き手の主題(テーマ)は、フジロックです。

    • 整理番号E より:

       私は、コロナ禍での音楽イベントは自宅で最大限楽しめるようにするべきだと考える。
       課題文でもあった通り、イギリスのグラストンベリー・フェスティバルは昨年も今年も中止にした代わりに、過去の動画や限られた形での生演奏を配信した。この音楽イベントは、観客を入れないからこそ楽しめる楽器の音と歌声を贅沢に味えるよう工夫がされた。自宅でこのような体験ができれば、自粛も楽しくなるだろう。
       一方、フジロックでは屋外に大勢の観客を入れて行われた。開催3週間前から追加措置があわただしく打ちだされた。 内容は会場内の飲酒禁止と公式アプリへの健康状況アンケート入力、来場者への抗原検査無料送付と購入済みチケットの払い戻し実施を発表等。通常よりも観客は減少、観戦対策を徹底して行われた。だが、対策が行われたとしても不安の声はなくならない。実際、開催に反対する人々もいた。フジロックでの感染者はゼロだと言われているが、定かではない。通常でさえ感染経路不明の感染者がいるのだから、フジロックで感染していないとは言い切れない。
       無観客ライブ等、自粛している環境で安全に行える様な音楽イベントを新たに定着させて行くべきだ。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇課題文を引用し配信型のメリットに踏み込んで言及している。感染経路不明の感染者の存在という「事実」をもとに、フジロックでの感染の可能性に言及できている。
        Aよくできています。「だが、対策が行われたとしても不安の声はなくならない。実際、開催に反対する人々もいた。」とありますが、不安の声や反対者の存在は、必ずしもフジロック否定の根拠とはなりません。反対者がなぜ反対しているのかを考え、その理由を明記したうえで、多くの人が同様の理由で不安を訴え反対を表明しているのだ、のように書くと補強材料になります。

        • 整理記号E より:

          選択A ロックダウンの是非について自由に論じなさい。
          ロックダウンは必要だろうか。私はロックダウンは必要ではないと考える。
          ロックダウンとはコロナ感染拡大を縮小させるために外出を制限することである。法的処罰を伴うものであり、違反をすると罰金が課される。その為、国民は強制的に自粛させられる。危機感を与え、命を守ることは確かだが、警察官等に監視され罰金が与えられることは国民の自由を侵害している。ウォーキングすら許されない。外へ出ていた市民が見回りの警官に殴られた事実もある。米国では各地でロックダウンに対する抗議デモが行われた。
          日本国内でもロックダウンを行うべきだと言う声が強まっている。だが、尾身会長は感染リスクの高い状況は今までと変わらず、そこを徹底的に抑えればある程度の感染のコントロールが可能だとしている。必ずしもロックダウンによって感染者数が減らせるとは限らない。ロックダウンを実施した諸外国は、ロワクチン接種によって減少させたという意見もある。自宅療養者は入院者数よりも遥かに多い。ロックダウンよりも先に、家庭内感染対策やワクチンの奨励、病床確保をした方が有効ではないだろうか。
          上記から、私はロックダウンは必要でないと考える。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            ・人権侵害、抗議デモが起きた事実、尾身会長の見解の引用があり、根拠(エビデンス)の重大性、客観性(事実性)、権威性が高くなっています。講義内容を生かせています。
            ・「ロックダウンとはコロナ感染拡大を縮小させるために外出を制限することである。法的処罰を伴うものであり、違反をすると罰金が課される。」は、テーマ、結論、根拠のいずれにもあたらない「現状説明等」にあたるため、序論への組み込みが適切です。
            (改善例)
             ロックダウンとはコロナ感染拡大を縮小させるために外出を制限することである。法的処罰を伴うものであり、違反をすると罰金が課される。ロックダウンは必要だろうか。私はロックダウンは必要ではないと考える。
             ロックダウンのもと、国民は強制的に自粛させられる。危機感を与え、命を守ることは確かだが、警察官等に監視され罰金が与えられることは国民の自由を侵害している。ウォーキングすら許されない。外へ出ていた市民が見回りの警官に殴られた事実もある。米国では各地でロックダウンに対する抗議デモが行われた。
            ・「自宅療養者は入院者数よりも遥かに多い。」とありますが、この文の位置づけが分かりにくいため、ない方がすっきりします。

  37. 整理記号D より:

    昨年の配信で特に印象的だったのが、草を食む牛のそばで、アコースティックギター一本の弾き語りでした。その姿、静寂の力強さをたたえていました。同じようなフジロックができていたはずでした。おそらくはそうすべきだったと思います。

    ①テーマを正しく読み取れたか 〇
    ②結論を正しく把握できているか ×(同じようなとは?)
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか ×
    評価C
    「草を食む牛のそばで、アコースティックギター一本」は具体例ですので使用を避けます。自然の静寂さ、など抽象的に言いかえます。

    • 整理記号D より:

       私は、コロナ禍での音楽フェスティバルは反対です。
       
       なぜなら、去年からコロナが流行っていて、フェスティバルに行きたい人はいると思うけど感染する人が増えるので良くないと思います。私は、このイベント開催をなぜするのか疑問でしかないです。ですから、私達若者は今、遊べない中で苦しんでいます。だから、みんなの気持ちも考えた上で計画するべきだと思います。私は、今のコロナにとてもショックを受けています。部活動や学校での行事が縮小して、やりたいことができないからです。早く収まって欲しいと思っています。
       
       私は、コロナの対策がまだしっかりされてないと思います。ですから、その方法としてご飯を食べるときは黙食やオンライン授業などの取り組みをした方が良いと思います。これからこのような方法を取り組まないといけないと思います。私は、まだコロナは収まらないと思っています。これから寒い季節に入って乾燥するので保湿を確実にみんなに取り組むべきだと思います。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)△
        B 結論と根拠(なぜなら、~)は段落を分けます。「感染増」「自粛組への配慮を欠く」という根拠が示されていますが、「私は、今のコロナにとてもショックを受けています。部活動や学校での行事が縮小して、やりたいことができないからです。早く収まって欲しいと思っています。」は、最近のコロナ禍への感想ですので、小論文の根拠としてはふさわしくありません。「黙食」「オンライン授業」「保湿」については、テーマ「音楽フェスティバル」とずれています。

      • 匿名 より:

         私が人におすすめするのは、漫画の東京リベンジャーズです。
         まず、あらすじを説明します。中学時代に付き合った、人生唯一の彼女橘日向が警察も手に負えない悪党連合東京卍會に殺された。そして、壁の薄いアパートに住み、年下の店長にこき使われていた。中学が全盛期な元不良のタケミチが元カノの死をきっかけに12年前の中学時代にタイムリープ。日向を救う為、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが関東最凶東京卍會へのリベンジを誓う!話です。
         私は、この漫画を読んで、何事にも諦めない気持ちと大切な人を助けたいという志を学びました。
         この漫画は誰が読んでもハマると思います。ぜひ読んでください。

        • 加藤 より:

          根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
          評価A 漫画の内容を具体的に紹介できています。
          ・東京リベンジャーズ→『東京リベンジャーズ』
          ・「人生唯一の彼女橘日向」→「人生唯一の彼女、橘日向」
          ・「年下の店長にこき使われていた。」→「年下の店長にこき使われていた、」
          ・「全盛期な」→「全盛期の」
          ・「タイムリープ」
          ・「関東最凶東京卍會」→「関東最凶・東京卍會」
          ・「ハマる」は、話し言葉のため、作文・小論文では使用できません。

  38. 整理記号C  より:

    コロナ禍で、フジロックは本当に行うべきだったのか。イギリスのようにいつもとは違う場所、演奏という形で配信することが最善だったと考える。そういったアイディアを提案せず、実施してしまったことが残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか 〇
    ②結論を正しく把握できているか 〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか 〇
    評価A(ノーヒントで投稿)よくできています。

    • 整理番号C より:

       コロナ禍での音楽イベントは開催すべきなのだろうか。私は、配信という形で開催すべきだと考える。
       新型コロナウイルスが流行する中で、人と密集、密接することは避けるべきである。しかし、好きなアーティストやグループの音楽イベントを、楽しみたいと考える人は多くいるはずだ。そのため、インターネットで配信するという形が、最善だと考える。会場やステージに出向くことなく参加できるからだ。
       私も実際に、配信形式で行われたライブイベントに自宅から参加したことがある。私の好きな音楽グループだったのだが、私は今までそういったイベントに参加する機会が無かった。そのため、人数制限のかからないインターネットでの配信のおかげで、初めて参加することができた。また、課題文にもあるように、イギリスのグラストンベリー・フェスティバルでは、過去の動画や限られた形での生演奏を配信した。それにより、普段ならば見ることができないようなパフォーマンスなど、配信ならではの魅力を味わうことができ、成功に終わっている。
       このように、誰もが安全に、新鮮な気持ちで楽しむことが出来るため、コロナ禍での音楽イベントは、配信形式で開催すべきだと考える。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・具体的内容の説得力〇 
        評価A+ 実際より劣る代替手段として捉えられがちな配信ですが、課題文をしっかり読み「配信ならではの魅力」に言及しただけでなく、「人気アーティストのチケットが取れる」というメリットを、実体験も取り入れて具体的に提示できています。

        • 整理番号C より:

          遅れてしまいすみません。

          私がおすすめするのは、漫画の「NARUTO-ナルト-」だ。
          生まれてすぐに両親が亡くなり、落ちこぼれたバカにされていた忍者の少年、ナルトは、孤独に耐えながら生きていた。しかし、自分を認めてくれる先生や仲間と出会い、支えられながら成長していく。生きていく上での痛みを知っているナルトは、その心の強さで、様々な敵や問題と対峙していくという物語だ。
          私はこの漫画を読んで、夢を信じて自分の思いを曲げず、そこに向かって努力する大切さを学んだ。他にも、出てくるキャラクターの一人一人に、それぞれの想いや物語があるため、そこも見どころだ。ぜひ、読んでみてほしい。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)〇
            評価A+ 物語の全体像の要約が、非常にうまくいっています。
            ・「バカにされていた」とありますが、漢字やひらがな表記できるカタカナは避けます。「馬鹿にされていた」。

  39. 【クラス番号を返信してください】整理記号B より:

    コロナ禍で、大勢の観客を入れてのフジロックの開催は、正しかったのか。おそらく他の方法で開催した方が良かっただろう。イギリスでは生演奏を配信する体験型にして行った。そういうアイデアを提案するべきだ。

    ①テーマを正しく読み取れたか 〇
    ②結論を正しく把握できているか 〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか 〇
    評価A(ノーヒントで投稿)よくできています。

  40. 整理記号A より:

    要約文
    コロナウイルスのせいで、イギリスは大規模なフェスティバルを中止したが、生配信で自然と共に演奏し力強さをたたえた。日本はフジロックを普通に開催したのでその贅沢な瞬間を味わうことができず、残念だ。

    ①テーマを正しく読み取れたか ×
    ②結論を正しく把握できているか 〇
    ③根拠を具体例を使用せずに記述できたか 〇
    評価B(ノーヒントで投稿)「生配信で自然と共に演奏し力強さをたたえた」は一読して意味が分かりづらいです。

    • 整理記号A より:

      コロナ禍での音楽イベントは開催するべきなのだろうか。私は、反対である。
      なぜなら、コロナの感染リスクが高まり、クラスターが発生してしまう可能性があるからだ。感染防止のためにマスクの着用や消毒など徹底的にやったとしても、イベントは密になりがちだ。さらに屋外でやるから大丈夫だという人も中にはいるだろう。しかし、密になってしまうことに変わりはないので、その考えは良くないことだと思う。幸いにも課題文にあるフジロックの開催にあたって感染者がいなかったと言ってはいるものの、もしイベントでクラスターが発生したら大問題になると考える。
      また、SNS等での批判も多くなってしまうからだ。一時期、ツイッターで「フジロック2021を中止しろ」がトレンド入りになっていた。フジロックの開催において反対する人が多くいたのに関わらず、普通に開催したのは、残念なことだ。イギリスのグラストンベリー・フェスティバルは中止をして生配信で行い、工夫をしていた。フジロックも工夫をして行えば、このような批判もなかっただろう。批判が多くなることによって楽しいイベントも本気で楽しめなくなると思う。
      以上のことから私はコロナ禍での音楽イベントの開催に反対だ。

      • 加藤 より:

        ・テーマの明記〇
        ・結論の明確さ〇
        ・根拠の説得力(エビデンスレベル)〇
        A 構成や根拠の説明(いずれも事実が挙げられています)は、まずは問題ないのですが、文章力に難があります。例えば「また、SNS等での批判も多くなってしまうからだ。」とありますが、この文の「からだ」が、冒頭の「私は、反対である。」にかかる(つながる)という考え方には無理があります。なお「良くないことだと思う。」は主観の表現ですので、「危険は残る。」のような客観的な書き方(なるべく事実をベースに書いてゆく)が適切です。入試で小論文がある場合、文章力を高めるのが急務ですので、30本程度は入試までに書き、担当の先生の添削を受けたり、講義の後に講師(加藤)に見せに来たりしてください。

        • 整理記号A より:

          選択A
          ロックダウンとはコロナ感染拡大防止のために外出を制限することである。これは法的処罰を伴うことであり、違反すると罰金が課せられる。本当にロックダウンは必要なのだろうか。私は必要ではないと考える。
          ロックダウンが行われると国民が自由に外出できず、強制的に自粛をしなくてはならない。気分転換のために外で運動したり散歩したりすることも許されない。この状態になればストレスを感じる人が増え、体調を崩す可能性が高くなる。実際コロナ禍によってストレスを感じている人が58.0%、その中で特に外出が自由にできないことがストレスと感じている人が64.1%だと調査結果が出ている。
          現在、日本ではロックダウンを行うべきだという意見が増加している。しかし、イギリスやあアメリカなどの国で実行してはいるものの、警察官等に監視され、罰金が与えられた。国民の自由を侵害させるまでロックダウンにこだわっても感染者数が減少するとは限らない。ロックダウンよりもワクチン接種を優先させたり、病床確保や家庭内感染対策をした方が有効ではないだろうか。
          以上のことから、私はロックダウンが必要ではないと考える。

          • 加藤 より:

            根拠の信頼性(説明内容の具体性)△ 「ロックダウンにこだわっても感染者数が減少するとは限らない」とありますが、その根拠が示されていません。
            評価B+ ストレスのエビデンスや、対案(ワクチン等)が明記され、よくできていますが、上記の点で減点はされそうです。
            ・「調査結果が出ている」とありますが、記憶にある場合は出典を書きます。例「……調査結果(ITビジネスオンラインによる)が出ている」。
            ・「罰金が与えられた」→「罰金が科された」。
            ・「ワクチン接種を優先させたり、病床確保や家庭内感染対策をした方が」とありますが、「たり」は複数を組み合わせます。「ワクチン接種を優先させたり、病床確保や家庭内感染対策をしたりした方が」

  41. 匿名 より:

    回答ありがとうございます。
    送信したときに何回か白紙のページが出力されたりして不安になったので確認させてもらいました。問題ないということで安心しました。
    宿題の確認よろしくお願いします。

  42. 匿名 より:

    整理番号32です。
    以下の宿題を入力して送信しましたが、HPに表示されませんでした。同じ内容を入力したところ、すでに同じ内容を登録済みの旨のメッセージが出力されます。
    何か対処が必要でしょうか。

    • 加藤 より:

      WebサイトではコメントがHPに表示されるには、管理者の承認が必要となりますので、時間がかかります(とくに23時~朝7時は承認を行っていません)。そのため、確実に送信ボタンを押してあれば問題はありません。

      なお、即時掲載も可能ですが、今回はプライバシーが書き込んである場合があり、承認制となっています。

  43. 匿名 より:

    《返信場所が誤っているため、整理番号が分かりません。正しい場所に返信として再投稿してください。》

    【学びたいこと】看護/専門学校

    私が貴校を選んだのは、オープンキャンパスでの貴校の雰囲気や模擬授業に惹かれたからです。
    私は今までいろんな学校のオープンキャンパスに参加してきました。そうすると、本当に学校によって雰囲気が全く違うと感じ、貴校の唯一無二のアットホームな校内の雰囲気、生徒と教師の距離の近さにとても心が動かされました。
    ほかにも、模擬授業では小児看護学を学び、「プリパレーション」という言葉を知りました。プリパレーションとは、小児看護にするにあたって、注射などの痛みや恐怖を伴う治療をする子どもに心の準備をしてもらうことです。
    私も幼少期は注射は怖くてよく泣きそうになりましたが、看護師さんが「大丈夫だよ」側で言ってくれたお陰で痛くても頑張って受けることができていたと思います。
    だから私は、貴校で看護師になるための、解剖生理学や小児看護学などの看護の専門知識を学び、そして、貴校の教育理念でもある「おもいやり」の心を育てていきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました