小論文の書き方・段落構成 たった1つの簡単な方法

      2016/11/12

参考書によって、書き方や段落構成が違うのが、小論文の難しいところです。この記事では、小論文、作文、志望理由書など、全ての文章に通用する、「たった1つの方法」を元予備校講師が提示します。


広告


【結論】「たった1つの簡単な方法」

383617

あらゆる文章の根本的な構成は、以下に示す1通りです。

小論文のたった1つの書き方・段落構成(作文、志望理由書、自己PR等も全く同じ)

① ざっくり伝える
② リアルに、詳しく伝える
③ リアルに、詳しく伝える
④ ざっくりまとめる

従来の文章指導では、感想文、作文、小論文、志望理由書、レポートと全く異なる書き方が示されてきました。参考書によっても異なります。「書き方」をマスターしてもまた別の書き方が出てくる。その結果、いつまでたっても上手に書けるようにならないという方が多く存在します。

筆者は予備校で国語・小論文指導を約10年経験し、東大・大阪大・早稲田大・慶応義塾大から推薦AO入試、専門学校に至るまで多数の合格者を輩出しています。推薦から一般入試まで、そして就職活動までも視野に入れ、すべてに通用する方法をこの記事でお伝えします。


広告

文章が苦手な人が知らないたった1つのこと 具体と抽象

農業

文章を書くのが多少でも苦手な方に共通するのが、「具体」と「抽象」の理解不足です。小論文の書き方や、段落構成を理解するためには、具体と抽象のマスターが不可欠です。避けては通れない道にも関わらず、具体と抽象から入る参考書はまだ少数派です。

例えば「みかん」は具体。なぜなら、形があって、この場に持って来られるからです。具体は、実体を具(そな)えるという意味です。一方「果物」は抽象。一見、果物をこの場に持ってくることは可能ですが、よく考えると「果物」そのものは存在せず、いまこの場に持ってくることは不可能なのです。

※後輩に「飲み物」を頼んだ場合、実際に買ってくるのは「コーラ」「オレンジジュース」など具体的なドリンクです。飲み物そのものを買ってきた友人は、いまだ存在しないはずです!

抽象とは、目に見えない広く一般的なこと。具体とは、目に見える個別のモノやコトです。もっと分かりやすく言うと以下のようになります。

抽象 … ざっくり

具体 … リアル(詳しい)

練習問題

20秒で終わる練習問題

例 抽象:具体 = ユーチューバー:ヒカキン

例題① 抽象:具体 = (   ):パン

例題② 抽象:具体 = ファストフード店:(    )

例題③ 抽象:具体 = (    ):ファストフード店

例題①のヒント:「パン」やその仲間である「うどん」「お米のご飯」などをまとめて、ざっくりと表現します。

具体と抽象の区別は、小論文・作文力、読解力、文系科目の学習力の全ての基礎となります。具体と抽象に疑問点があると、分数ができない人が数学が苦手になりやすいように、文章や文系科目が苦手になります。

練習問題の正解

正解① 主食(別解:食べ物、炭水化物) 【解き方】「パン」「うどん」「お米のご飯」などをまとめます。

正解② マクドナルド、モスバーガー、ロッテリア等

正解③ 飲食店(店) 【解き方】「ファストフード店」の仲間として「ラーメン屋」「焼肉屋」などをイメージ。

具体と抽象はツイッターの文章にも

上のツイートは4つの文から成り立っています。

具体的な例や理由が示されている文をすべて指摘できますか?

(ア)セカオワはそんなに悪くないと思う。
(イ)反戦歌の「ドラゴンナイト」や死を扱った「スノーマジックファンタジー」のように独自の歌詞がたくさん。
(ウ)メンバーはいじめやフリーターの苦労も経験済み。
(エ)食わず嫌いの人はセカオワを聞いてみて!

正解

具体的な曲目に言及しているイと、メンバーの具体的な体験に言及しているウが正解です。

(ア)セカオワはそんなに悪くないと思う。
(イ)反戦歌の「ドラゴンナイト」や死を扱った……。← 具体的な例や理由
(ウ)メンバーはいじめやフリーターの苦労も経験済み。← 具体的な例や理由
(エ)食わず嫌いの人はセカオワを聞いてみて!

多くの文章は原則として以下の流れをとります。

①(抽象的に)ざっくり伝える
②(例や理由などを)リアルに、詳しく伝える
③(例や理由などを)リアルに、詳しく伝える
④(抽象的に)ざっくりまとめる


広告

文章を書くには「たった1つの簡単な方法」がある

387439

このサイトではあらゆる文章に通用する「たった1つの簡単な方法」を紹介しています。あらゆる文章に通用する「たった1つの簡単な方法」は、少し詳しく言えば以下のようになります。

小論文(作文等も全く同じ)のたった1つの書き方・段落構成

① 結論(抽象)
② 具体的な例・体験・理由・内容
③ 具体的な例・体験・理由・内容
④ 結論(抽象)

※①ざっくり伝える→②③リアルに、詳しく伝える→④ざっくりまとめるが基本です。

※400字以上、自由用紙半分以上なら、上の構成がおすすめです。それ未満の場合は、②③段落のみで構成します。

音楽には、Aメロ、Bメロ、サビという3つの部分があります。

サビ「空は青く澄み渡り… 怖いものなんてない 僕らはもう1人じゃない」

A・Bメロ「ペルセウス座流星群 君も見てただろうか 僕は元気でやってるよ」

サビ「空は青く澄み渡り… 怖いものなんてない 僕らはもう1人じゃない」

この曲RPGのように、特に「サビ先」の場合、歌の構成は文章と全く同じです。

1 結論 … 僕らはもう1人じゃない
2 具体的な理由 … 離れていても(夏の)ペルセウス座流星群はどちらからも見られる
3 結論 … 僕らはもう1人じゃないペルセウス座

文章も歌も、まず伝えたいことをざっくりと言い切る。次にそれを支える具体的な理由などを挙げる。最後に伝えたいことを繰り返す。

この「ざっくり伝える」→「リアルに、詳しく伝える」→「ざっくりまとめる」は、あらゆる表現に通ずる普遍的な書き方なのです。

※少し難しく言えば、抽象 → 具体 → 抽象。

「たった1つの書き方」で小論文はすぐに書けるようになる

381676

小論文(作文等も全く同じ)のたった1つの書き方・段落構成

① 結論(抽象)
② 具体的な例・体験・理由・内容
③ 具体的な例・体験・理由・内容
④ 結論(抽象)

例えば「小学生にスマートフォンを与えるべきかどうか、あなたの意見を論じなさい」という設問が入試で出題されたとします。

まず、設問に関わる、自分の体験、例、知識などをピックアップ

設問(小学生にスマートフォンを与えるべきかどうか)を見たら、それに関係する、あなたの具体的な体験、知っている例や知識をピックアップします。

主な流れ

① 体験をピックアップ
・高校生の自分ですら、「パズドラ」をやり始めると止まらなくなってしまう。
・文字変換機能に頼りすぎ、基本的な漢字を覚えられていない。
・スマホを買ってから、休み時間に友人と話す時間が、かなり減っている。

② 身近な例をピックアップ
・小学生の弟がいるが、パソコンを覚えてからは外で遊ばなくなってしまった。

③ 知っている知識、データ、専門家の意見をピックアップ
・雑誌で、スマホを利用している中学生は成績が悪いと読んだことがある。

④ what(=なに)を考える

・小学生 (なに)→ 勉強や人との交流が大切

⑤ why(=なぜ)を考える

・私は何となくスマホはいらないと思う (なぜ)→勉強時間と会話が減ってしまう (なぜ)→ ゲームや動画などにのめりこんでしまう (なぜ)→受け身のまま刺激が得られるから楽

結論の決定

具体的な体験、例などをピックアップしたメモを眺めながら、「小学生にスマートフォンを与えるべきか」という設問に対する結論を考えます。結論は「与えるべきでない」または「与えるべき」しかありません。

小論文は「論文」に比べ短いため、「時と場合による」のようなあいまいな結論は避けます。自分自身が中間的立場であっても、思い切ってどちらかの立場に立ちます。このルールを守らない答案は、0点に近くなることもあります。

段落構成メモを作成する

結論が決まったら、段落構成をメモします。例えば「小学生にスマートフォンを与えるべきか」という設問ならば次のような段落構成メモが考えられます。

段落構成メモ

①【結論】私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。

②【具体的な理由】ゲームや動画は、受け身の形で簡単に刺激を得られる。それらを簡単に楽しめるスマートフォンは、小学生の勉強時間や人と会話する時間を大きく減らしてしまう。

③【具体的な体験】私自身の体験として、スマートフォンを買ってもらってからは友人と直接話す機会が減ってしまい、コミュニケーション力が落ちたと思われる。

④【結論】このように見てくると、小学生にスマートフォンを与えるのはまだ早すぎると考えられる。

※各段落のメモは1文か2文で作りましょう。

これで「段落構成のメモ(=段落メモ)」は完成です。

制限時間の3分の1程度を段落メモに使うことがおすすめです。短距離走なら早くスタートしたほうが有利ですが、文章を書くのは絵を描くことに似ています。いきなり描きはじめるよりは、じっくり構想を練ってから描きはじめたほうがトータルでは早くなります。

段落構成メモをもとに原稿用紙に展開する 

「段落構成メモ」を見ながら、指定された長さに広げてゆけば完成です。

小論文の応用は2つしかない 1つ目は「問題提起」

上に挙げた設問は、「小学生にスマートフォンを与えるべきか」という形で、書くべきテーマが明確に示されています。つまり、設問に問い(=Q)が入っているので、答え(=A)と、具体的な理由、体験等(=A-)を書けばよかったのです。

設問:Q

小論文:

①A
②A-
③A-
④A

しかし、小論文の問題では、「広く漠然としたテーマ」のみを示し、各自で書くべきテーマの設定させる場合もあります。その場合、最初に問題提起文を書きます。

設問:漠然としている

小論文:

①QA
②A-
③A-
④A

「漠然としたテーマ」の例

熊本地震について、あなたの考えるところを自由に述べなさい(体育学部)。

①【問題提起+結論】熊本地震の被災者のために、スポーツに取り組む者はどのような貢献ができるだろうか。私は、自粛ムードに流されずスポーツに取り組むことが重要だと思う。

②【具体的な例】東日本大震災の際、羽生結弦選手は迷った末スケートを続けることにした。

③【具体的な体験】私自身、怪我で部活動の練習に参加できないとき、同級生の頑張りが励みになった。

④【結論】以上から、スポーツに普段通りに取り組むことが熊本のためになると思う。

問題提起の意外な活用法

問い(=Q)、答え(=A)、具体的な理由、体験等(=A-)とします。

小論文はじめ、あらゆる文章では、以下の構成が基本です(①②③④段落の順)。

①A
②A-
③A-
④A

①QA
②A-
③A-
④A

一方、小論文と随想に限っては、1段落目を問題提起にとどめることも可能です。設問に、問いがしっかり書かれている小論文であっても、1段落目は、その問いを反復し、関連した知識を多少つけ加えておくだけでも構いません。


A-
A-

この書き方を教える高校もありますので、知っておくと便利です。また、書き始める段階で、どうしても結論が思いつかない場合に、とりあえず問題提起(Q)だけを書いておき、体験談(A-)を書きながら、結論を決めてゆくという裏技もあります。難しめの小論文が出題される学校では、必要なテクニックです。

時間のあるときに、必ず次の記事もご覧ください。非常に重要です!

小論文対策応用編 問題提起、譲歩構文の使い方とまだ知られていないコツ

小論文の応用は2つしかない 2つ目は課題文(グラフ図表)型

受験校の過去問を見て、課題文やグラフ図表が付されている場合、その要約方法について知っておく必要があります。

該当する場合、必ず次の記事もご覧ください。

文章要約の方法とコツを公開〜課題文型小論文で高い配点〜

【補足】学力、やる気が高い方や指導者向け

Q 小論文の書き方は序論、本論、結論が正しいと習ったのですがどちらが正しいのですか?

A どちらでも結構です。

序論、本論、結論の形式は、相手にいきなり結論をぶつけることをマナー違反だと考える、日本人の文章に多くみられます。それにも関わらずこのページで「結論、本論(具体的内容)、結論」のいわゆる双括型を推しているのには3つ理由があります。

(1)初心者でも書きやすい。

(2)志望理由書、自己PR文、作文、日常的な文章、面接での話し方、進学後の就職活動との親和性が高く、長期的な視野で文章力を高めることができる。

(3)入試で時間切れとなった場合でも、結論は冒頭に書いてあるので大減点を防ぐことができる。

小学生のころから新聞や小説など多くの文章に親しんでいればスムーズに序論が書けます。しかし、そうでない場合「問題提起にとどめなさい」と言われると戸惑うケースもあります。「結論、本論、結論」の書き方に慣れた段階で、冒頭では、結論は皆まで言わず問題提起にとどめても良いと教えると、比較的スムーズに序論が書けるケースが多くなります。

一方、序論について「結論の方向性を示す」「結論の概略を示す」と定義している方もいます。これは実質的な双括型です。

結論が思いつかないときの、緊急避難としての「序本結」構成

※試験場で結論を思いつかないが、書き始めなければ間に合わないというケースに遭遇した場合、序本結構成が奏功することもあります。この場合、段落数(構成)とおおよその長さだけを決めて書き出します。

熊本地震について、あなたの考えるところを自由に述べなさい(体育学部)。

①【問題提起】熊本地震の被災者のためにプロのスポーツマンはどのような貢献ができるだろうか。

②【具体的な例】東日本大震災の際、羽生結弦選手は迷った末スケートを続けることにした。(具体的な内容を1つ書くことで、意識下に埋もれていたアイデアが想起されてくることがあります)

③【具体的な体験】私自身、怪我で部活動の練習に参加できないとき、同級生の頑張りが励みになった。

④【結論】以上から、スポーツに普段通りに取り組むことが熊本のためになると思う。

入試においては論旨の明確さは問われますが、展開の種類については採点基準外となります(理系の小論文など指示がある場合を除く)。「結論、本論、結論」でも「序論、本論、結論」でも書きやすいほうを選ばせてかまいません。

Q 小論文は次の段落構成がスタンダードだと聞いていますが。

1 問題提起(イエスかノーに持ち込む)
2 反対意見への譲歩
3 反論
4 理由
5 結論

A ご指摘の段落構成は、大学受験の小論文指導において、一定のシェアを持っています。しかしながらこの構成は、賛否が分かれないテーマ設定に対して機能しません。例えば「地域振興について、あなたの住む地域を事例に論じなさい」のような問題の場合です。「いま本当に地域振興は必要なのだろうか。確かに地方振興に反対の立場の人もいる。しかし、都会への一極集中は……」このような内容を書かせたい課題でないことは明白です。

小論文の設問は「意見が分かれるテーマ(二項対立型の話題)」と「すべきであることには異論の余地がなく、具体的解決策を求めるもの(課題発見力や因果関係の思考をテストするもの)」の2つに大別されます。さらに「漠然とした課題」「作文に近い課題」など多くの類型があります。冒頭の型を学んだ生徒は「意見が分かれるテーマ」以外の出題があった場合、試験会場で大変な思いをすることになります。また、志望理由書、作文、面接でのトークへの応用が利かず、指導が複雑になります。

下に示す型は、あらゆる文章に適応できるので生徒に確かな力をつけさせることができます。

① 結論(または問題提起)
② 具体的な例・体験・理由・内容(または譲歩構文)
③ 具体的な例・体験・理由・内容
④ 結論

※②段落における具体的な立証は、譲歩構文に差し替えることができます。譲歩構文は「確かに、相手の意見。しかし、反論」と教えるとシンプルです。反論が含まれますので、持論に対する理由説明の一種です。しかし、譲歩構文は一定以上の学力がないと失敗しやすい傾向があります。具体的には、対立意見を採用したのに反論が不十分で、論旨のなかに残ってしまう傾向が、目立ちます。

小論文対策応用編 問題提起、譲歩構文の使い方とまだ知られていないコツ

※②、③段落には「データ・引用」を挙げることもできます。調査、研究の時間がある大学での論文は、具体例や体験談は補助的なものになり、客観的なデータ・引用が主流になってきます。

Q 小論文は作文ではないので個人的な体験を書くのでなく、一般的な理由を書くべきではないのでしょうか?

A(1)まず小論文に「体験」を書いて良いのかということについてお答えします。

小論文の「具体的な例、体験、理由」の部分は、結論を立証するための客観的証拠となります。客観的というのは、個人差なく誰にでもあてはまるという意味です。したがって、もし大学等で時間をかけて書く論文なら「データ・引用」を挙げることがもっとも客観的であり望ましいと思います。

【結論】 私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。

【具体的なデータ・引用】 仙台市の調査(平成26年)によると、中学生のデータではあるが携帯電話やスマートフォンの長時間の使用は、数学のテストの点数低下と比例関係にある。

しかしながら、大学(短大、専門学校)入試の小論文では、統計データを調べたり、書籍を持ち込んだりすることは、不可能です。もし過去問から出題傾向が分かっている場合はある程度のデータや本の要旨を頭に入れておくことは有利ですが、通常の場合は難しいでしょう。

したがって大学(短大、専門学校)入試の小論文では、ある程度体験を記述することを許容してもよいでしょう。体験を書いてはいけないと決めつけると、字数不足、時間切れにつながりかねません。ただし、多くの人にあてはまらない個性的な体験を書くのは避けます。「こうした体験は、私だけのものではないはずだ」と書き添えられるくらい、普遍的な体験を書かせるように心がけます。

A(2)次に小論文の立証には、抽象一般的な理由を書かなければいけないのかということにお答えします。

文章指導においては、「理由」は抽象でなく、具体の範疇に含まれると考えたほうが実践的です。例えば「彼は人望がない。なぜなら視野が狭いからだ」というような抽象的な理由では説得力のある文章とはなりません。「彼は人望がない。視野が狭く、自分と異なる意見には耳を傾けないし、絶対に持論を曲げないからだ」のように具体的な理由のほうが説得力を持ちます。

「理由」というのは、具体例や体験とは別の範疇のものだと考えている方も多く、一理あります。しかし、作文・小論文の指導では具体性の範疇で処理する方が現実的です。四谷大塚社の中学受験国語テキストはこの点を看破しています。

「憲法九条は改正すべきでない。戦後日本の存在意義そのものに関わるからである」

こういった抽象度が高い「理由」を付記する書き方はどのように読まれているのでしょうか?指導者や学力がかなり高い生徒ならば、この理由に納得がいくのはなぜでしょうか?それは「戦後日本の存在意義」に関してとくに説明を受けなくても、潜在意識下で具体的な事例(侵略戦争の反省、唯一の被爆国、非核3原則など)の記憶にアクセスしているからです。これから小論文や社会・文化的な課題に挑戦していこうとする高校生には、確かな具体的証拠を求め、知識を確認しつつの指導が重要です。

指導者は、文章読解に潜在意識が関与していることを理解してゆくべきでしょう。予備校業界では、過去にセンター試験評論(近代以降の文章)の出題内容を全統模試で的中した、河合塾の牧野剛先生(故人)がこの点を指摘しています。氏の授業は、高校生が評論文を読むときにアクセスしやすい「社会・文化の具体的な知識」への関心を授業内で喚起していくことで読解力を伸ばすという、本質をついたものでした。現在、大手予備校の現代文講師にも前提知識は不要、問題文だけで解くといった流派がありますが、致命的な誤りだと考えます。

小論文の教え方 予備校教員向け研修のポイントを公開

 - 小論文