【超裏技】小論文 書き出しとコツを一挙公開!


小論文の書き出しが出てこない、スムーズに書き上げるコツを知りたいという方のための記事です。初心者向けに、小論文の書き出しとコツを解説します。

小論文の例文は、下のリンク先に移動し、さらに充実しました!

→→小論文の例文 400字・600字・800字の例文を一挙紹介

  • 筆者:予備校講師を経て、全国の高校で年80回程度文章指導等を行っています。

小論文の書き出しは、1パターンしかない

小論文の書き出し(書き始め)は、1パターンしかありません。

  • 問題提起と結論を書くだけです。 

いいかえると、問いと答えを書くだけです。

例題
AKBのCDは、なぜ売れ続けているのか。あなたの考えを自由に論じなさい。

問題文にテーマ(AKBのCDは、なぜ売れ続けているのか)が含まれている場合、それを書き写して問題提起文とし、次に結論を書きます。

【書き出し】AKBのCDは、なぜ売れ続けているのだろうか。私は、ファンにとって育てる、初期投資するという要素が、面白いからだと考える。

次に、問題文に具体的なテーマが含まれていない場合です。

例題
日本の音楽業界の現状について、あなたの考えを自由に論じなさい。

問題文に具体的なテーマが含まれていない場合、自分で論じたいテーマを考え、それを書いて問題提起文とし、次に結論を書きます。

【書き出し】なぜ米津玄師は、最近の日本の音楽のなかで、もっとも注目を浴びる存在になったのだろうか。私は、彼の音楽が、楽曲、構成、歌詞とも、ほかに類を見ない独自性を持つからだと考える。

小論文の書き出しは、1パターンしかありません。どのようなパターンだったでしょうか?  問題提起と結論を書くだけです。 いいかえると、問いと答えを書くだけです。

なお、問題提起は、書きたいテーマが分かる内容であれば、疑問形(……だろうか)でなくても、構いません。

小論文の全体像は、小学校の作文と同じ。

小論文の書きだし(書き始め)のパターンが理解できたら、次に全体像を確認して見ましょう。小論文の本質から外れ、さまざまな段落構成が提案されていますが、本質は、小学校の作文と同じです。

作文は、はじめーなかーむすびの、3段落構成で教えているケースが多いようです。簡単に言えば、ざっくりーくわしくーざっくりの流れです。この流れは、作文・小論文から、大学の論文、インターネットの文章まで、全ての文章を貫く基本です。

【作文の例】

  • 1段落:私たちは、修学旅行で京都に行きました。思い出に残ったのは、教科書でしか知らなかったお寺を、この目で見たことです。
  • 2段落:まず、金閣寺に行きました。金閣寺では、……。次に、清水寺に行きました。清水寺では、……。
  • 3段落:このように、修学旅行では、教科書で見たお寺の実際の風景を見ることができ、とても感動しました。

作文でも、書き出しは、書きたいテーマが分かる内容と結論からなっています。書きたいテーマが分かる内容であれば、問題提起の形式(……だろうか)でなくても、構いません。

受験の小論文は、4段落にするだけ

受験の小論文は、小・中学校のような400字ではなく、600字前後が平均です。3段落では、真ん中の段落(なか)がとても長くなり、内容が薄くなりますので、4段落の構成がおすすめです。

  • はじめーなかーなかーむすび

いいかえれば、ざっくりーくわしくーくわしくーくわしく、の構成です。少し難しく言うと、概要ー具体的説明ー概要ー具体的説明の流れとなります。

詳細は、【予備校直伝】これが小論文の書き方!~落ちない7つのコツ~で説明してあります。時間のあるときにご覧ください。

小論文を、短時間でスムーズに書くコツ

小論文をスムーズに書くコツは、実はすぐに書き始めないことにあります。

  • すぐに書きはじめる:字数が余り、無理に書き足し、流れあいまいになり大減点。または、字数不足で大減点。
  • 段落の計画を立ててから書きはじめる:書き始めが遅くても、迷いがないので、早く書き上げられる。流れが明快になり、高得点が狙える。

例題
AKBのCDは、なぜ売れ続けているのか。あなたの考えを自由に論じなさい。

問題文にテーマが含まれているので、第1段落には、それを書き写して問題提起文とし、次に結論を書きます。

段落計画は、各段落、1文または2文で書きます。練習の場合は、しっかりと文にしますが、授業、模試、試験など、時間制限がある場合は、キーワード(単語)だけでも構いません。

段落計画

第1段落【概要】AKBのCDは、なぜ売れ続けているのだろうか。私は、ファンが育てると言う側面と、会いに行けるという点が大きいと考える。

第2段落【具体的説明】AKBは、メンバーが入れ替わるため、まだ人気のない頃に注目した新人を育てて行くことができる。

第3段落【具体的説明】また、AKBは、昔のアイドルのような遠い存在ではなく、会いたければ本当に会いに行ける恋人のような存在である。

第4段落【結論】このように、AKBは、育てることができいつでも会いに行ける、妹でもあり、恋人でもある新しいアイドル像を持つ。そのため、AKBのCDは、ずっと売れ続けていると言える。

段落計画は、最大でも制限時間の3分の1程度で終わらせます。実際の入試では、課題文読解+要約+段落計画を、この時間内に終わらせることとなります。

原稿用紙に、1、4段落は少な目に、2、3段落は多めに字数を見積もります。あとは、段落計画に書いた文を原稿用紙に写し、よりくわしく説明し段落を埋めて行くだけです。

段落計画で、4本の木の幹は準備できています。畑に、4本の木の幹を植え、枝葉をつけて行くイメージとなります。上空から畑を見ると、両はしに概要と結論の木。これは基本的には同じ木です。そして、その木に関係する木が、中に2本植えられているイメージです。

小論文の難しい出題を簡単に攻略するコツ

 

例題
小学生にスマートフォンを与えることについて、あなたの意見を自由に論じなさい。

 

上のような出題があったとします。もし、賛成・反対等の結論が、すぐに出てくれば問題がありませんが、思いつかない場合、第2段落にあたる、具体的な体験や事例を先に準備するのがコツです

  • 第1段落【概要】
  • 第2段落【具体的説明】高校生の私でさえ、スマートフォンのゲームやLINEを始めると、時間が経つのに気づかず、宿題を忘れてしまうこともある。
  • 第3段落【具体的説明】
  • 第4段落【結論】

この人の場合、スマートフォンに、勉強時間が減るというデメリットを感じていることがわかります。すると、結論は、小学生にスマートフォンを与えることに反対とすると、書きやすいです。

  • 第1段落【概要】小学生にスマートフォンを与えるべきであろうか。私は、次に挙げる理由から反対である。
  • 第2段落【具体的説明】高校生の私でさえ、スマートフォンのゲームやLINEを始めると、時間が経つのに気づかず、宿題を忘れてしまうこともある。
  • 第3段落【具体的説明】
  • 第4段落【結論】

もう1つ、反対する理由を説明できるなら、考えてみましょう。

  • 第1段落【概要】小学生にスマートフォンを与えるべきであろうか。私は、次に挙げる理由から反対である。
  • 第2段落【具体的説明】高校生の私でさえ、スマートフォンのゲームやLINEを始めると、時間が経つのに気づかず、宿題を忘れてしまうこともある。
  • 第3段落【具体的説明】また、小学生は視力が落ちやすく、スマートフォンが視力低下につながる恐れもある。
  • 第4段落【結論】

本来は、上のように、別の角度から具体的な説明をする流れが、結論の証明としては強固です。1本足より、2本足の方が安定するからです。

もし、もう1つの説明を思いつかない場合、第2段落で書いた具体的な体験や例を、第3段落で話を広げて行くことも可能です。

  • 第1段落【概要】小学生にスマートフォンを与えるべきであろうか。私は、次に挙げる理由から反対である。
  • 第2段落【具体的説明】高校生の私でさえ、スマートフォンのゲームやLINEを始めると、時間が経つのに気づかず、宿題を忘れてしまうこともある。
  • 第3段落【具体的説明】小学生は、刺激に敏感で、自主的なコントロールが難しい。もし、スマホを手にしたら、ゲームや動画に時間を費やし、勉強時間が減り学力は低下してしまうだろう。
  • 第4段落【結論】

【裏技】入試会場・模試会場で困ったときに切り抜けるコツ

小論文は、第1段落で結論を書くのがおすすめです(全体構成がブレにくく、初心者でも高得点が期待できるから)。

しかし、入試会場や模試会場で、難しいテーマが出題され、結論がはっきりしない場合、第1段落目を問題提起(……だろうか)だけにとどめ、第2段落に具体的な説明を書きながら頭の中で結論を固め、最終的に、第4段落だけに結論を書いても大丈夫です。

小論文を書いている途中で詰まってしまったときのコツ

小論文は、全体の基本的なパターンが分かっていれば、文章が苦手でも書くことは可能です。コツは、書く前に段落計画を作成することです。そして、1番つまづきやすい書き出しも、問題提起+結論の書き方を知っていれば良いのでした。

しかし、原稿用紙に、実際に小論文を書いている途中のタイミングで手が止まってしまう人が、多くいます。途中の文の書き出しにも、いくつかのコツがあります。

途中の文の書き出しのコツ
  • とき … 最近、高校2年生の頃、現代は
  • 場所 … 私の高校では、日本では
  • 人物やものごと … 私は、日本は、環境を守るために大切なことは

覚え方は「いつ・どこで・誰が」です。

 

※慣れてきたら指示語と接続詞も意識します。

  • 指示語 … これは、このように見てくると
  • 接続詞 … なぜなら、しかし、したがって

(例題)近年の小学生に関わる様々な問題を、自由に論じなさい。

最近、小学生の学習意欲が低下していると聞くことがある。小学生の学習意欲を高めるために、どのような授業が望ましいのだろうか。私は、レポート提出を重視した、自分で考えさせる授業が望ましいと思う。

小学生の頃、私はレポート学習が好きだった。なぜなら、自分の興味があることをじっくり調べることができるからだ。……


[やってみよう]超難問の小論文  段落計画を考えてみよう

難問
ある1人を助けるために、他の誰かを犠牲にすることは許されると思うか。あなたの意見を書きなさい。

上の問題は、難問として知られる小論文問題です。段落計画を立てることができますか?

テーマがはっきりしているので、結論さえ決まれば、第1段落の計画を立てることができます。

  • 第1段落:ある1人を助けるために、他の誰かを犠牲にすることは許されるのだろうか。……

結論(yes, no)はすぐに思いつかないので、2段落目に書けそうな具体的な体験を先に考えます。

  • 第2段落:定期試験前に、自分の勉強時間を犠牲にして、友達の相談に乗ったことがある。結果的に定期試験では失敗してしまったが、私は友人を優先したことで納得ができた。

この体験を深めて行くと、犠牲になる誰かが、自分の意思で犠牲になる場合、それは許されると言えます。

  • 第1段落【概要】:ある1人を助けるために、他の誰かを犠牲にすることは許されるのだろうか。私は、その誰かの意思が確認できるかできないかで、結論は異なると考える。
  • 第2段落【具体的説明】定期試験前に、自分の勉強時間を犠牲にして、友達の相談に乗ったことがある。結果的に定期試験では失敗してしまったが、私は友人を優先したことで納得ができた。このように、その人の意思が確認できる場合、誰かが犠牲になることは許される。
  • 第3段落【具体的説明】一方、急な交通事故で脳死となってしまった人を、生前の意思の確認なしに臓器移植に回すことは、当然許されない。
  • 第4段落【結論】このように見てくると、ある1人を助けるために他の人を犠牲にするには、その人の意思確認が必要であると言える。

今回は、第1段落には、結論を書きませんでした。結論を最後に回した方が、分かりやすいと考えたからです。このように、第1段落は、問題提起+結論を基本としますが、問題提起だけでも構いません。


なぜ文章が上手い人は、すらすら書けるのか。コツは?

野球

最後に、なぜ文章が上手い人は、すらすら書き続けることができるのでしょうかでしょうか? これは、これまでに読んできた文章の量の問題です。

例えば、野球の経験が少ない人が、コンスタントにヒットを撃ったり、難しい打球を捉えたりすることは、とても困難です。文章も、ある程度の量を読んだ経験がないと、すらすらと書くのは難しい面があります。読書と言っても、必ずしも新書(小さいサイズの評論)や新聞でなくても構いません。

写真つきニュース週刊誌の『AERA』を毎週読むことが、1つのコツです。朝日新聞社が刊行する『AERA』はコンビニでも販売されています。朝日新聞社では、どの記者も、正しい統一感がある日本語を書く力を持っています。『AERA』に書かれている日本語が、正しい標準的な日本語だと考えても差し支えありません。毎週読むことで、正しい日本語が身につき、小論文のテーマにも詳しくなることができます。

スマホを活用する場合は、ヤフーニュース、グノシー、スマートニュースでは力はつきません。

スマホやPCでは、裏ワザとして、はてなブックマークが紹介する記事を読むことがコツです。はてなブックマークは、比較的高学歴の人が使用しているサービスで、例えば、231いいねは、231usersと表示されます。

  • 世の中、政治と経済のジャンルを読むことで、新聞の主要4面の記事の約5割をカバーします。
  • 学び、テクノロジーのジャンルを読むことで、高得点を狙うことができ、難関大の小論文にも対応できます。

はてなブックマークは、さまざまな記事を紹介するため、紹介された記事が正しい日本語で書かれているとは限りません。そのため、小論文のテーマに関連する知識や、独自の意見を知るツールとして使います。

はてなブックマークは、メールアドレスだけで簡単に登録できます。まずは、この記事を練習用に登録してみてください。何ヶ月か後に、そういえばあの記事どうやって検索したんだっけ、というときに、数秒でアクセスできる便利なサービスです。

サイト:はてなブックマーク


小論文の例文

小論文の例文は、下のリンク先に移動し、さらに充実しました!

→→小論文の例文 400字・600字・800字の例文を一挙紹介

この記事では、初心者の方のために、小論文のコツを説明しました。小論文の基本は、次の記事をご覧ください。


関連コンテンツとスポンサーリンク


受験ネットから進呈

コメント

  1. yo より:

    初めまして。(※)と申します。
    ※プライバシーの関係から管理人が編集いたしました。

    私は年中の娘を持つ者ですが、来年9月の小学校受験(洛南小学校)で、親の作文が課されるために毎日練習しており、悪戦苦闘しています。
    まずは文章を作ることに慣れる必要があると考え、毎日天声人語の要約をしてみたり、小論文の本を使って勉強したりしていますが、なかなかはかどりません。また、自分の文章を添削していただける方がおられないので、どうしたものかと悩んでおりました。

    今日、先生のサイトを見つけ、内容が非常にわかりやすく、思わず全てノートに書き写しました。

    洛南小学校の2年分の作文の過去問があるのですが、2013年は、
    1. 家庭教育での母親の役割について(父親向け)・家庭教育での父親の役割について(母親向け)述べよ。
    2. ヘリコプターペアレントについて述べよ。
    3. 自尊感情=褒める教育の是非について述べよ。
    4. 母親から受けた躾で子どもに伝えたいものとその理由について述べよ。
    5. 「一家は習慣の学校なり。父母は習慣の教師なり。」(福澤諭吉の言葉)について述べよ。
    6. 「父親は中学生からが出番」の是非について述べよ。
    上記から2題、各60分の600字以内、2014年は
    1. 子どもの自己肯定感を高めるためには何が必要か、述べよ。
    2. 「鈴と小鳥と それからわたし みんな違って みんないい」について述べよ。(金子みすゞの詩)
    3. 「揺りかごを揺らす手は世界を治める」について述べよ。(英語ことわざ・スコットランド愛国者ウィリアム・ウォレスの詩の一節)
    4. 「銀も 金も 玉も 何せむに勝れる宝 子にしかめやも」について述べよ。(山上憶良の短歌)
    5. 親が子どもを教育することは義務であるが、子どもに教育されることもまた親の義務であるについて述べよ。
    6. 教育は「投資」の是非について述べよ。
    これも同様に2題選び、制限時間や字数は2013年度と同じです。

    一応作文と謳われているので、自分の子供に関する具体例を挙げながら書いていくことが求められているようです。
    選ぶテーマによって、難易度の差が大きいので無難なものを選ぶように、という指導もありますが、洛南小学校の先生は、「難易度の高いものを選んだだけでやはり評価は高くなる」、と話されていました。
    私にとってはどれも難しいのですが、上記の全ての題材を作文したものを先生にまた添削していただけますか?

    どうぞよろしくお願いいたします。

  2. 受験.net より:

    yo様コメントありがとうございました。

    将来的には「段落構成メモ」の添削のみコメント欄で行っていく方向ですが、現在サイト作成中で訪問者も少ないため600字程度なら添削は可能でございます。

    以下の点ご確認いただければと思います。
    ・添削(ご返信)は一字一句というのは難しいかもしれませんが、全体の構成や着眼点、(万一あれば)大きなミスなどを指摘する形なら可能です。
    ・添削(ご返信)にはお時間をいただくことがあります。
    ・多くの本数がまとまると滞ってしまいますので、こまめに書いていただけると幸いです。
    ・頂いた文章を匿名にて記事に使わせていただく場合があります。

    以上いろいろとお願いがあり申し訳ありませんが、条件に適うようであれば文章をお預かりいたしますのでぜひお寄せください。

    受験.net

  3. 受験.net より:

    yo様(追伸)

    参考になるかは分かりませんが、洛南小学校の過去問のテーマに関して簡単に解説いたしました。

    教育学部(教員採用試験)の小論文のネタ・例・書き方

    このサイトのテーマである大学受験に擦り合わせてありますが、よろしければご確認ください。

  4. yo より:

    非常に詳しく解説して下さり、今まで課題のポイントを押さえられていなかったことがよく分かりました。
    添削の件ですが、書いた作文や先生の添削はこのコメント上で公開されるのでしょうか。

  5. 受験.net より:

    yo様 
    コメントありがとうございます。
    コメント欄への投稿ですと不都合もあるかと思いますので、
    「お問い合わせ」をトップページに新設いたしました。
    そちらからお寄せください。

    なお、ほかの読者に参考になりそうな場合、例文として記事に使わせていただく可能性もありますが、その場合ご家庭内のプライベートな状況などが分かる例文は使用いたしません。ごく一般的な教育論に限り再利用させていただく可能性がございます。

    ※以前の投稿にお名前(本名)をお書き頂きましたが、プライバシーやお子様の安全を考えて、こちらの判断で伏せさせていただきました。ご確認ください。

    改めて以下の点をご確認ください。
    ・将来的には「段落構成メモ」の無料添削を予定していますが、現在ページ作成中のため全文を無料添削いたします。
    ・添削(ご返信)は一字一句というのは難しいかもしれませんが、全体の構成や着眼点、(万一あれば)大きなミスなどを指摘する形なら可能です。
    ・添削(ご返信)にはお時間をいただくことがあります。
    ・多くの本数がまとまると滞ってしまいますので、こまめに書いていただけると幸いです。
    ・頂いた文章のなかで、プライベートな事情が記されていないものに限り、匿名にて記事に使わせていただく場合があります。

    以上でよろしければ、さっそくお送りいただければと存じます。

    • yo より:

      お返事ありがとうございます。また、名前の件も助かりました。作文に悪戦苦闘していますが、先生の説明文を読み返しながら、出来上がり次第すぐに送らせて頂きます。

  6. 無名の民間人 より:

    はてなブックマークから袖の下でももらったんですか?
    >スマホを活用する場合は、ヤフーニュース、グノシー、スマートニュースでは力はつきません
    これはあまりに暴論だと思いますよ。この一文でサイト全体が胡散臭くなっています。
    特にヤフーニュースやスマートニュースの大部分は、朝日新聞デジタルや読売、毎日など「本物の新聞社」の記事やNNN・FNNといったテレビ局系のニュース、すなわちマスメディアを生業としている機関の記事を掲載しており、これを否定しては「新聞を読んでも力が付きません」と言っているのと同義です。
    一方のはてなブックマークは、「毎日新聞」などの記事も一部ありますが、大部分はITメディアや比較情報.comといった、二流三流メディアの、どこの馬の骨ともしれない無名の記者が執筆した記事が溢れかえっています。
    全国紙やテレビ局のように日々数多くの人に「評価・批判」されることがないため、激しく偏った考え方の記者や狭い価値観の中でしか執筆できない記者の記事も平気でまかり通っています。
    新聞社の記者の使う日本語と、無名の記者が使う日本語、どちらが筋道立って正しい日本語の記事になっている確率が高いか、そんなことは考えるまでもないでしょう。

    • 受験ネット より:

      無名の民間人様 コメントありがとうございます。
      小論文対策として、様々な意見や独自の見方を知るためには、ヤフーニュース等が紹介するニュースは文章は短すぎ限界があります。
      ・ヤフーニュース … ニュースそのものを知るのに役立つが、様々な意見や独自の見方は書かれていない。
      ・はてなブックマーク … 低品質の記事もあるが、様々な意見や独自の見方は書かれている。

      また、はてなブックマークの世の中、政治経済のカテゴリーは、新聞の主要4面に掲載された記事の約5割をカバーしているため、新聞の代わりにもなります。また、はてなブックマークの記事に対する批判は、深さや辛辣さを十分に備えているものと考えます。そのため、新聞購読率の低下が顕著な現状を踏まえ、当サイトでは、週刊のAERA+はてなブックマークの組み合わせを推奨しています。
      ・AERA … ニュースそのものを知る。正しい文章表現や表記を知る。
      ・はてなブックマーク … これは、記事本体とブックマークコメントを併読することで、様々な意見や考え方を知る。

      この辺りの背景がよく分かるように、記事内容も改訂いたします。また、文章表現や表記としては、はてなブックマーク紹介の記事でなく、AERA(または新聞)を参考するように近日改訂いたします。今回は貴重なご意見ありがとうございます。

      • 無名の民間人 より:

        なるほど、そういう理論での一文だったのですね。
        確かにYahoo!ニュースは新聞に準拠しているが故に、マスメディアの利点でもあり欠点でもある点「事実を事実のまま伝える、そこに筆者の意図は差し挟まない」という内容になっています(まあ、実はこっそりと各新聞社の恣意的印象操作が含まれていたりしますがそれはそれ、基本的には主張は入っていないはず)。
        そういう意味では、「理論を展開し、主張する」小論文の対策としては弱い、納得です。
        一方、はてなブックマークなら、新聞購読率低下もカバーでき、多様な記者の意見展開の手法も見ることができる。
        私よりもずっと深くまで見通した意図、完敗です。

タイトルとURLをコピーしました