【学校推薦型選抜】推薦書の書き方・例文|高校教員向け | 受験ネット

【学校推薦型選抜】推薦書の書き方・例文|高校教員向け


受験ネット
受験ネット

この記事では、学校推薦型選抜で必須となる「推薦書」の書き方と例文を、高校教員向けに説明します。なお、出願予定の高3生が読んでも、準備に役立ちます。

当記事は、下のボタンから保存でき、いつでもアクセスできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 筆者:管理者(加藤)は予備校講師を経て、現在は東日本の高校で、年に80回の講演活動を行っています。キャリアコンサルタント(国家資格)。

内容は、目次からご覧ください。

筆者プロフィール、お問い合わせ

推薦書に書くべき内容

推薦書に書くべき内容は、正確には、各大学の募集要項をご覧ください。ただし、文科省は次のように指示を出しています。

本人の学習歴や活動歴を踏まえた「学力の3要素」に関する評価を記載すること(文部科学省

学力の3要素(知識・技能+幅広い学力)とは?

文科省が決めた略称文科省が定めた内容
知識・技能基礎的・基本的な知識・技能
思考力・判断力・表現力等知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて探究し、成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力
主体性・多様性・協働性主体性を持ち、多様な人々と協働しつつ学習する態度

文科省の資料(こちら|2ページ目)によると、学力の3要素は、上の通りです。筆者は、高校生に説明するさいには、以下のように板書しています。

(知識や資格だけでなく)思考力・表現力、主体的に協働して学ぶ力

かみ砕く必要がある場合、以下のように板書しています。

  • 自ら 協力し 頭を使って 伝えよう
受験ネット
受験ネット

筆者は、講演のさい忘れないように、「マスカット」と暗記しています。

  • (M)自ら (K)協力し (A)頭を使って (T)伝えよう

従来の推薦書との違い

受験ネット
受験ネット

大学の指示にもよりますが、従来の公募推薦の推薦書と、学校推薦型選抜の推薦書の違いは、以下のようになります。

従来の推薦書(構成例)学校推薦型選抜の推薦書(構成例)
・生徒の活動や実績を紹介
・生徒の持ち味を紹介
・大学のアドミッションポリシーや学ぶ内容との相性を説明
・推薦する生徒が大学にどう貢献できそうかを説明しつつ、推薦の結語
・幅広い学力を説明(具体的な証拠をまず挙げ、次に一般化)
・大学のアドミッションポリシーや学ぶ内容との相性を説明

(残ったスペースを使って)
・生徒の活動や実績を紹介(学習以外)
・生徒の持ち味をまとめ、推薦の結語

従来の推薦書の例

推薦する生徒は、高校2年次に「全商簿記実務検定1級」を取得し、3年次の2月には「日商簿記検定の2級」取得を目指している。写真部の部活動の負担が比較的軽いこともあり、毎日高校や自宅で、コツコツと勉強を重ねる姿が印象に残っている。

3年次の「課題研究」の授業では、地域の菓子店である鈴木製菓(株)の協力を仰いだ新たな名物の開発で、渉外面の中心的な役割を果たした。本人は、地域の過疎化の研究にも、強い意欲を持っている。これは、貴学のアドミッションポリシーにある「地域に根差した実学」や、地域経済学科の趣旨と非常に合致すると考える。

コツコツと努力ができる真面目さと、年齢が上の大人にも物怖じしないコミュニケーション力を兼ね備えている。貴学のゼミナールや日常の学習環境のなかで、活躍が期待されると確信して、推薦する。(356字)

ポイント 従来の推薦書は、活動報告、生徒の持ち味、進路先とのマッチングを、先生の目線で書くことが普通でした。

学校型推薦の推薦書の例

受験ネット
受験ネット

新しい推薦書では、学力3要素として、①知識や資格、②思考力・表現力、③主体的に協働して学ぶ力を明記します。
(※ただし、各大学の指示に従う)

学校推薦型選抜の推薦書
  • 1
    幅広い学力を説明
    自ら 協力し 頭を使って 伝えた実績/まず証拠、次に一般化。
  • 2
    進学先との相性を説明
    アドミッションポリシーや学ぶ内容との相性
  • 3
    学習以外の活動実績
    部活動、委員会、地域、ボランティア、留学等
  • 4
    まとめ
    生徒の持ち味をまとめ、推薦の結語

推薦したい生徒は、全商簿記実務検定1級を取得しているが、技能面に留まらず、過年度の「マーケティング」授業担当の教員からは、レポートに深い考察の形跡や独自の経営学的な視点が見られ、学年第1位に評価したと聞いている。3年次の「課題研究」の授業では、地域の鈴木製菓(株)の協力を仰いだ新たな名物の開発で、渉外面の中心的な役割を果たした。思考力・独自性だけでなく、世代を超えた協調性という面でも、学級自慢の生徒である。

このような特性に加え、本人は、地域の過疎化の研究にも強い意欲を持っている。これは、貴学のアドミッションポリシーにある「地域に根差した実学」や、地域経済学科の趣旨と非常に合致すると考える。

なお、資格取得や授業活動を中心とした生活を送っていたが、写真部の部活動で趣味に打ち込む幅の広さも見せ、文化祭で披露した富士山の写真は好評だった。

以上から、推薦したい生徒は、貴学において、思考力、独自性、世代を超えた協調性を発揮できると考える。3世代同居ということもあり、地域の過疎化を何とかしたいという意欲も強く、貴学・地域経済学科のフィールドワークやゼミナールでの活躍を、担任としても特に期待している。
(506字)

質の高い推薦書を、スムーズに書くには?

受験ネット
受験ネット

質の高い推薦書を、教員の負担も軽減しつつスムーズに書くには、どうしたら良いのでしょうか?

それには、ある程度、推薦書の型を決めておくことがポイントです。1人1人構成を考えることで、時間と労力を費やすことなく、あくまで文面で推薦の思いを伝えましょう。

学校推薦型選抜の推薦書
  • 1
    幅広い学力を説明
    自ら 協力し 頭を使って 伝えた実績/まず証拠、次に一般化。
  • 2
    進学先との相性を説明
    アドミッションポリシーや学ぶ内容との相性
  • 3
    学習以外の活動実績
    部活動、委員会、地域、ボランティア、留学等
  • 4
    まとめ
    生徒の持ち味をまとめ、推薦の結語

なお、この構成は、小論文の序・本・結の構成ではなく、箇条書きに近いものです。あるいは、起承転結だと考えると、覚えやすいでしょう。

  •  幅広い学力
  •  幅広い学力と大学のマッチング
  •  学力以外の要素
  •  まとめ

(注)生徒の小論文志望理由書は、序・本・結の構成で指導します。

実際の推薦書の書式例

杏林大学 総合政策学部 推薦書(2021年度)

質の高い推薦書を、スムーズに書くための準備

質の高い推薦書を、スムーズに書くための下準備として、生徒に自己評価シートを記入させておくと便利です。

大分類小分類生徒記入欄根拠・証拠があれば記入教員使用欄
幅広い学力取得資格は?(取得時期、受検予定も記入)
自ら(主体性)学んだことは?
協力し(協働性)学んだことは?
頭を使って(思考力)学んだことは?
それを伝えたことは?(表現力)
マッチング上の内容(幅広い学力)は、大学で学びたいこととどう結びつく?
上の内容(幅広い学力)は、志望校のアドミッションポリシー(=大学のパンフかウェブサイトを見る)どう結びつく?
学力以外勉強以外で自慢できる活動実績はある?
(例)係、委員会、生徒会、部活動、地域、アルバイト、ボランティア、留学、資格。
その他その他、大学・短大にPRしてほしい点は?

お知らせ 自己評価シートや当記事の内容は、ご自由にご転載ください(エクセル、ワードは下にございます)。その際に、高校のサイトのすみの方にでも、リンク(例えば「進路学習用リンク」の分類等)を貼って頂くようにお願いしています。

自己評価シート記入例

大分類小分類生徒記入欄根拠・証拠があれば記入教員使用欄
学力3要素取得資格は?(取得時期、受検予定も記入)・2年次に全商簿記実務検定1級
・3年次の2月には日商簿記検定の2級受検
全商簿記実務検定1級の合格証あり
自ら(主体性)学んだことは?写真部で自らテーマを決めて、富士山の撮影に行った。2年次文化祭で努力賞
協力し(協働性)学んだことは?「課題研究」でグループ学習を行い、皆で取材に行った。
頭を使って(思考力)学んだことは????
それを伝えたことは?(表現力)「課題研究」の発表用にパワポ作成パワポデータあり
マッチング上の内容(幅広い学力)は、大学で学びたいこととどう結びつく?「課題研究」で地域を研究したことは、地域経済学科の勉強につながる。
上の内容(幅広い学力)は、志望校のアドミッションポリシー(=大学のパンフかウェブサイトを見る)どう結びつく?「地域に根差した実学」と結びつくかも。
学力以外勉強以外で自慢できる活動実績はある?
(例)係、委員会、生徒会、部活動、地域、アルバイト、ボランティア、留学、資格。
高2夏にボランティアを3日間。
その他その他、大学・短大にPRしてほしい点は?地域の過疎化の研究に興味を持っている。

お知らせ 自己評価シートや当記事の内容は、ご自由にご転載ください(エクセル、ワードは下にございます)。その際に、高校のサイトのすみの方にでも、リンク(例えば「進路学習用リンク」の分類等)を貼って頂くようにお願いしています。

推薦書で、他校の生徒に差をつけるテクニック

受験ネット
受験ネット

推薦書で、他校の生徒に差をつけるテクニックをご紹介します。

客観的な証拠から入る

大学の採点官側には、先生や生徒の顔は見えていないため、冷静な気持ちで読んでいます。また、他校の生徒と正確に比較する点にも、まず客観的な証拠を記すことが必要です。

(例)推薦したい生徒は、全商簿記実務検定1級を取得しているが、

具体的な言葉を使う(固有名詞)

抽象的な言葉よりは、具体的な固有名詞を使用した方が、印象に残ります。

  • 〇 「課題研究」の授業では、地域の鈴木製菓(株)の協力を仰いだ新たな名物の開発で、
  • × 「課題研究」の授業では、地元企業の協力を仰いだ新たな名物の開発で、

具体、抽象が交互に来ると、印象や説得力が高まる。

文章では、具体的内容、抽象的内容が交互に来ると、印象や説得力、読みやすさが高まります。

具体 全商簿記実務検定1級
具体 「マーケティング」授業担当の教員
抽象 深い考察の形跡や独自の経営学的な視点
具体 学年第1位に評価
具体 地域の鈴木製菓(株)の協力
抽象 渉外面の中心的な役割

受験ネット
受験ネット

作詞家しか知りませんが、実は歌の歌詞も、そのように作られています。

具体 島唄よ風に乗り鳥とともに海を渡れ
抽象 島唄よ風に乗り届けておくれ私の涙
具体 でいごの花も散りさざ波がゆれるだけ
抽象 ささやかな幸せはうたかたの波の花(比喩のため具体への分類も可)

ときには感情や主観を、開示する。

証拠をもとに、客観的に説明することが重要ですが、ときには感情や主観を開示することで、先生の人柄が、入試担当者に伝わります。ただし、多用は避けます。

  • 〇 学級自慢の生徒である。
  • 〇 フィールドワークやゼミナールでの活躍を、担任としても特に期待している。

調査を怠らずに

アドミッションポリシーやカリキュラムに触れる場合、面倒でも該当か所を明らかにします。この部分は、生徒自身に調査させることで、効率を良くします。

  • 〇 貴学のアドミッションポリシーにある「地域に根差した実学」と非常に合致すると考える。
  • × 貴学のアドミッションポリシーと非常に合致すると考える。

重要なことはくり返す

とくに強調したい内容や、推薦書全体の趣旨と言える内容は、くり返し述べます。

  • (第1段落)思考力・独自性だけでなく、世代を超えた協調性という面でも、学級自慢の生徒である。
  • (第4段落)以上から、推薦したい生徒は、貴学において、思考力、独自性、世代を超えた協調性を発揮できると考える。

当記事は、下のボタンから保存でき、いつでもアクセスできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました