【総合型選抜・学校推薦型】大学志望理由書のやさしい書き方(新入試対応)


受験ネット
受験ネット

大学受験の合否を左右するのが、志望理由書。新入試(学校推薦型選抜、総合型選抜)でも、志望理由書は必須! この記事では、年に80の高校で指導している筆者が、大学・短大受験の志望理由の書き方を、わかりやすく説明します。

[お知らせ]新型コロナ対応で、期間限定の無料アドバイスを実施します。この記事のコメント欄に志望理由書を書き込んで頂くと、良い点、改善点をお伝えします。必ず志望校をお書きください。コピペ防止のため、志望校はサイトからは伏せます。

筆者プロフィール、お問い合わせ

著者プロフィール

関連 【専門学校】志望理由書のやさしい書き方講座

志望理由書に書くべき内容は、2つしかない!

受験ネット
受験ネット

今度高校で、志望理由書の下書きをするんですが、何を書いていいやら、さっぱりです!

最初は難しく感じますよね! でも志望理由書は、思っているほど難しくはありませんよ! 志望理由書に書くべきことは、実は2つしかありません。

  • なぜこの学部で学びたいのか(=学部志望理由)
  • なぜこの学校を選んだのか(=学校志望理由)

上の2つを書くことが最大のポイントです! 志望理由書では、前半に学部(学科)志望理由、後半に学校志望理由(その大学を選んだ理由)を書くのが分かりやすいパターンになります。

受験ネット
受験ネット

僕の場合は、経営学部だから、なぜかというと……就職に有利な気がするから。ちょっと、あやふやですかね??

そうですね。ちょっと、あやふやです(笑) でも、学部志望理由に書くこと、大学志望理由に書くことには、パターンがあります!

項目内容
学部志望理由 ①きっかけ、②将来像
大学志望理由①学びたいこと(具体的に)、②ほかの大学にないもの、③幅広い学力と学びたいことの結びつき。

学部志望理由を書くなら、①・②のどちらか(または両方)を使うとうまくいきます。大学志望理由より、短めにまとめるのがコツです。

大学志望理由は、①・②の両方が必須です。③があると、点差がつきます。

新入試で問われる幅広い学力とは?

これまでの学力指示された内容をひとりで暗記型で覚えこむ
幅広い学力自ら協力し頭を使って伝えよう
(主体性)(協働性)(思考力)(表現力)

幅広い学力(自ら、協力し、頭を使って、伝えよう!)は、新入試のキーワードになりますので、必ず意識しておいてください!
(♪筆者は、高校での指導も行っていますが、コロナの影響もあり、十分に習っていない生徒が多く、間違いなく差がつきます)

学部志望理由とは?|志望理由書の書き方①

生徒に、学部志望理由の例を挙げてもらいます。

受験ネット
受験ネット

大学の経営学部志望です!
「経営学部を志望したきっかけは、セブンイレブンのバイトで、お店の経営に興味を持ったからです!
将来は、資格をたくさん取って、安定した企業に勤めたいです! 」

まずはOKですね! 言葉づかい(バイト→アルバイト)、具体性(資格、安定した企業→具体的に)に課題はありますが、まずは書くことをおおまかに考えつくことが大切です。

学部志望理由は、①きっかけ、②将来像のうち、片方か両方を書きます。字数は、大学志望理由の半分程度で構いません(大学志望理由が充実している場合は、省略も可)。

ただし、看護医療、教員養成、保育幼児教育、栄養、福祉など、大半の卒業生が同じ道へ向かう学部では、将来像は書いておきます。入試担当者は、その部分を見たがるからです。

大学志望理由とは?|志望理由書の書き方②

大学志望理由(なぜこの学校を選んだのか)の書き方に移ります。まず、書くべきことを確認しておきます。


学びたいこと(具体的に)
具体的にとは、固有名詞を使うことです(ゼミ・研究室の名前、教授名、授業名など)。これだけで、点数が大きく変わります。
ほかの大学にないものカリキュラム、施設・設備、取得資格、就職などを、他大学と比較し、あなたがかれた部分を記します。3つのポリシー(3ポリ)の比較もすると、高得点が期待できます!
幅広い学力と学びたいことの結びつき。高校での幅広い学力と、学びたいこと、カリキュラム、3つのポリシー(3ポリ)などと結びつけます。
受験ネット
受験ネット

3ポリって初耳ですけど、警察か何かですかw

3つのポリシー(3ポリ)は、少し複雑なのであとから説明します。また、尋ねてください!

【1】大学志望理由 学びたいことの書き方

志望する大学で学びたいことを、書くことができますか? 生徒に聞いてみましょう。

受験ネット
受験ネット

えー、東洋大学では、経営について幅広く学んでみたいです。

……! 実は幅広くは、不合格になりやすい志望理由書によくある、NGワードです!! 幅広く、というのは具体性がなく、実質的に何も書かれていないとみなされることもあります。

受験ネット
受験ネット

えーと、えーと(パンフレットを見て)マネジメントのプロフェッショナルとして活躍する有為な人財となるための学びを積み……

それもNGです(笑) パンフレットのコピペ(丸写し)は、落ちやすい志望理由書の特徴の1つ! 志望理由書は自分の言葉で書くのが、合格するコツです。自分の言葉とは、友達との会話で、自信を持って使っている言葉。普段、「有為な」という言葉はまず使わないはずで、試験官はそのような点もチェックしています。

学びたいことを書くときのコツは?

大学志望理由に学びたいことを書く場合、最大のコツは、なるべく具体的に書くことです。

受験ネット
受験ネット

分かりました。(30分後)僕は、コンビニでバイトをしているので、次のようなのはどうでしょうか?

  • マーケティング論(講義名)を学び、コンビニエンスストアの商品を自分なりに研究してみたい。
  • (学生の卒業論文からヒントを得て) コンビニエンスストアの企業間競争や競争戦略を研究してみたい。
  • (自分はお金のためだけには働いていない気がするので)藤田英樹准教授の講義を受け、人はなぜ働くのかという視点を研究してみたい。

! かなり良くなりましたね。合格にすごく近づいているはずです。大学志望理由の学びたいことの書き方を習った前と後で、全く違う志望理由書になっています!

・経営について幅広く学んでみたい
・マネジメントのプロフェッショナルとして活躍する有為な人財となるための学びを積みたい
マーケティング論を学び、コンビニエンスストアの商品を自分なりに研究してみたい。
・コンビニエンスストアの企業間競争や競争戦略を研究してみたい。
藤田英樹准教授の講義を受け、人はなぜ働くのかという視点を研究してみたい。
受験ネット
受験ネット

高校で、よく具体的に!と指導されていて、具体的って何?と思ってましたが、つまりは固有名詞がカギなんですね!

【2】大学志望理由 ほかの大学にないものの書き方

大学志望理由のもう1つの要素は、ほかの大学にはないものです。

落ちる志望理由書

落ちる志望理由書によくあるのが、次のような大学志望理由です。

  • 通いやすい立地のため、貴学(=受験する大学のこと)を選びました。
  • 明るく清潔なキャンパスの雰囲気に惹かれ、貴学を選びました。
  • 貴学の学生に、親しみやすさや熱心さを感じ、志望しました。

このような志望理由の場合、大学の入試担当者は、次のような感想を持ちます。

  • あなたの地区から通いやすい大学は、ほかにもありますよね……。
  • 明るく清潔なキャンパス……。今はどの大学もそこには力を入れてますよ!
  • 親しみやすく熱心な学生。とても光栄ですが、他大学にもそういう学生はいますよね。

これらの志望理由の問題点は、大学を選んだ理由として、ほかの大学にもあるものを選んでしまったことです。

ほかの大学にはないものの探し方

ほかの大学にないものを探す方法は、実は簡単です。2冊のパンフレットを並べ、同じテーマのページを開き、違いを探すだけです。

例えば、東洋大学(東京都文京区)経営学部を志望する人が、資格をテーマに、東洋大学の特徴を探すとします。東洋大と迷っている専修大学の資格のページを開きます。

2つのページを比べると、(専修大は税理士講座が特徴ですが)東洋大は、中小企業診断士の資格講座を開いていることが分かります。もし将来、中小企業を助けるコンサルタントなどに興味があるのなら、中小企業診断士の資格は有用で、東洋大学の大学志望理由の1つにすることができます。

ほかの大学にはないものは、このように探してゆくのがコツです。

どんなテーマで比べればいいの?

2大学のパンフレット(ウェブサイトでも構いません)を比べる場合、テーマは自分の興味関心で決めて良いですが、下のリストが参考になります。

分類項目3ポリ
入口学費、独自の奨学金、寮の設置アドミッションポリシー
中身講義(カリキュラム、ゼミ、研究室)の特色、施設設備、取得できる資格(資格講座)、教授の専門領域、学部以外の学習、学生生活、学生数(留学生の割合)、サークル活動カリキュラムポリシー
出口就職実績、就職指導(就職講座、キャリア講座)ディプロマポリシー
受験ネット
受験ネット

で、3ポリって、警察か何かですかw

3つのポリシー(3ポリ)
  • 1
    アドミッションポリシー
    入口の方針。どのような高校生を求めるのかということ。
  • 2
    カリキュラムポリシー
    中身の方針。授業や学生指導の方針。
  • 3
    ディプロマポリシー
    出口の方針。どのような人材を企業や社会へ送り出すのか。

高校では、ときどきアドミッションポリシーまでは先生から指導されていますが、3ポリまで教えている高校は少なく、差がつきます。大学どうしの比較や、幅広い学力と結びつけつつ、共感できる部分を書いてみてください。

大学志望理由は、①学びたいこと(具体的に)、②ほかの大学にないもの両方を書きます。できれば、③幅広い学力との結びつき(高校での幅広い学力と、学びたいこと、カリキュラム、3ポリなどと結びつけます)を書きておくと、新入試では差がつきます。

これで志望理由書の準備は終了です。あなたも、下の表を埋めてみましょう!

志望理由書の書き方
  • 準備
    志望理由書は、前半に学部志望理由、後半に学校を選んだ理由を書きます。
  • 学部志望理由
    学部志望理由は、①きっかけ、②将来像のうち、1つか2つを書きます。字数は短く!
  • 学校志望理由
    大学志望理由は、①学びたいこと(具体的に)、②ほかの大学にないものの両方を書き、可能なら③幅広い学力との結びつきも書きます。
  • 段落構成
    600~800字なら、4段落がおすすめ。
受験ネット
受験ネット

下の表を埋めるだけですね♪

大項目中項目記入欄評価のポイント
学部・学科志望理由きっかけ・長く書き過ぎない
将来像・資格取得の学部では必須(看護医療、幼児教育、教員養成など)
大学・短大志望理由
(選んだ理由)
学びたいこと
(具体的に)
・固有名詞を使用しているか
ほかの学校にないもの・中身(学びの仕組み)、出口(卒業後の進路)を比較する。
・3ポリの比較も可。
幅広い学力との結びつき・幅広い学力(自ら、協力し、頭を使って、伝えよう!)
・学びたいこと、カリキュラム、3ポリなどと結びつける。

下の表を画像でスクショ(こちらから)。下の表のエクセルは、ダウンロードから。高校や塾で配布可能です(高校や塾のウェブサイトの隅の方にでも、当サイトへリンク頂けると助かります)。

すでに志望理由書は完成している!

出典:北斗の拳

上の表が埋まれば、志望理由書は、すでにほぼ完成しています。下の段落構成を参考に書いてゆけば、志望理由書が完成します!

画像をスクショ

大学入試の志望理由書に多い、600~800字程度(B5用紙1枚程度)の字数制限の場合、上の4段落構成がおすすめです。上の4段落構成は、志望理由書、自己PR、小論文など、入試から進学後まで、すべてに通用します。

志望理由書の書き方を確認

志望理由書の書き方
  • 準備
    志望理由書は、前半に学部志望理由、後半に学校を選んだ理由を書きます。
  • 学部志望理由
    学部志望理由は、①きっかけ、②将来像のうち、1つか2つを書きます。字数は短く!
  • 学校志望理由
    大学志望理由は、①学びたいこと(具体的に)、②ほかの大学にないものの両方を書き、可能なら③幅広い学力との結びつきも書きます。
  • 段落構成
    600~800字なら、4段落がおすすめ。

(1)材料集めをする

受験ネット
受験ネット

材料集めが完成しました! 自分の志望校は、東洋大学(東京都文京区)経営学部です!

大項目中項目記入欄評価のポイント
学部・学科志望理由きっかけセブンイレブンのアルバイトで、お店の経営に興味を持った。・長く書き過ぎない
将来像店舗や中小企業のアドバイザーに興味がある。・資格取得の学部では必須(看護医療、幼児教育、教員養成など)
大学・短大志望理由
(選んだ理由)
学びたいこと
(具体的に)
・マーケティング論を学び、コンビニエンスの商品を自分なりに研究してみたい。
・藤田英樹准教授の講義を受け、人はなぜ働くのかという視点を研究してみたい。
・固有名詞を使用しているか
ほかの学校にないもの「中小企業診断士」の資格講座を開いている・中身(学びの仕組み)、出口(卒業後の進路)を比較する。
・3ポリの比較も可。
幅広い学力との結びつき総合学習で、店長にインタビューしコンビニを研究した。「将来、組織において、経営学の知見を活かして正しい判断」というアドミッションポリシーに合う。・幅広い学力(自ら、協力し、頭を使って、伝えよう!)
・学びたいこと、カリキュラム、3ポリなどと結びつける。

(2)本論を書く

まず、第2段落となる、本論①を書いてみましょう。学部・学科志望理由を書きます。

本論① 私が東洋大学経営学部を志望したきっかけは、セブンイレブンのアルバイトで、お店の経営に興味を持ったからです。セブンイレブンでは、季節に合った商品の仕入れや、商品の並べ方を学び、非常に興味を持ちました。将来は、店舗や中小企業のアドバイザーを希望しています。

つぎに、第3段落となる、本論②を書いてみましょう。大学志望理由を書きます。段落構成メモの順番通りでなく、読みやすいように工夫して入れ替えます。

本論② 私は、高校の総合学習の時間を使い、アルバイト先の店長にインタビューし、コンビニエンストアの商品企画や経営を研究し、2000字のレポートにまとめました。「将来、組織において、経営学の知見を活かして正しい判断」という貴学のアドミッションポリシーに合致すると考えます。貴学では、マーケティング論を学び、コンビニエンスストアの商品構成や経営を、自分なりに研究してみたいです。また、アルバイト経験のなかで、店長が店員のモチベーションアップに悩んでいる様子を見てきました。貴学の藤田英樹准教授の講義を受け、人はなぜ働くのかという視点も研究してみたいです。 貴学は、他大学には少ない中小企業診断士の資格講座を開いているのも大きな魅力です。入学後すぐに資格講座に参加するつもりです。

(3)序論と結論を書く

最後に、序論と結論を書いてみましょう。序論は、全体の予告編的な内容です。②段落か③段落、いずれかを要約すると、うまくゆきます。結論を、全体のまとめと決意表明です。

序論 私は経営学やマーケティングを学び、将来中小企業コンサルタントの仕事につくために、東洋大学経営学部を志望します。

結論 このような理由から、私は貴学経営学部を志望します。入学後はまず資格を取得し、将来の夢を実現するために、精一杯勉学に励みます。

(4)合体する

あとは、序論、本論、結論を合体させるだけです。

 私は経営学やマーケティングを学び、将来中小企業コンサルタントの仕事につくために、東洋大学経営学部を志望します。
 私が東洋大学経営学部を志望したきっかけは、セブンイレブンのアルバイトで、お店の経営に興味を持ったからです。セブンイレブンでは、季節に合った商品の仕入れや、商品の並べ方を学び、非常に興味を持ちました。将来は、店舗や中小企業のアドバイザーを希望しています。
 私は、高校の総合学習の時間を使い、アルバイト先の店長にインタビューし、コンビニエンストアの商品企画や経営を研究し、2000字のレポートにまとめました。「将来、組織において、経営学の知見を活かして正しい判断」という貴学のアドミッションポリシーに合致すると考えます。貴学では、マーケティング論を学び、コンビニエンスストアの商品構成や経営を、自分なりに研究してみたいです。また、アルバイト経験のなかで、店長が店員のモチベーションアップに悩んでいる様子を見てきました。貴学の藤田英樹准教授の講義を受け、人はなぜ働くのかという視点も研究してみたいです。 貴学は、他大学には少ない中小企業診断士の資格講座を開いているのも大きな魅力です。入学後すぐに資格講座に参加するつもりです。
 以上の理由から、私は貴学経営学部を志望します。入学後はまず資格を取得し、将来の夢を実現するために、精一杯勉学に励みます。

(580字。原稿用紙の場合、600字で収まる)

志望理由書事例 … ワード、PDFでのダウンロードができます。高校や塾で、教材として自由にご利用ください(ワードなら、お好みで修正も可能)。貴校ウェブサイトから当サイトへのリンクを頂けると幸いです(自動的に弊サイトに通知が来ます)。

[お知らせ]無料添削がスタート

受験ネット
受験ネット

新型コロナの影響で、準備が遅れている生徒が多くいます。対応策として、受験ネットでは、志望理由書の無料アドバイスを始めます。

志望理由書を書き、この記事最下部のコメント欄に投稿してください。無料サービスのため、細かな添削はいたしませんが、良い点、改善可能な点を1つずつアドバイスいたします。期間限定ですので、下のボタンから、実施中かどうかご確認ください。
(実際のアドバイスは、このページの1番下にあります)

[応用]絶対に落ちない志望理由書の考え方 具体性とUSP

受験ネット
受験ネット

志望理由書の書き方は、ここまでの内容で十分です。さいごに、絶対に落ちたくない方のために、点数の上げ方を4つお教えします。

大学志望理由を多く

大学の入試担当者は、学部志望理由よりも学校志望理由を知りたがる傾向があります。そのため、大学志望理由(その大学を選んだ理由)は、学部志望理由よりも分量を多くするのがコツです。

内容は、学びたいことを具体的に書き、他大学にない魅力を、丁寧に調べて書くことです。

志望理由全体を具体的に

説明してきたように、大学志望理由の「学びたいこと」には、固有名詞を登場させ具体性を高めると合格しやすくなります。例えば、マーケティング論(授業名)、藤田英樹准教授(人名)、中小企業診断士(資格名)などがこれにあたります。

学びたいきとに限らず、志望理由全体の具体性を高めます。

USPを知っておこう

学校志望理由の「他大学にないもの」は、USP(Unique Selling Proposition)の考え方も有用です。これは、独自の売りを提案するというマーケティング用語です。

例えば、マクドナルドには、どのようなUSP(独自の売り)があるでしょうか? おいしいでは、モスバーガーやサイゼリヤにも当てはまるので、NGです。

受験ネット
受験ネット

USPを知るためには、比較表を作ります!

マクドナルドモスバーガーサイゼリヤ
立地駅前の便利な場所が多いやや場所が悪いやや場所が悪い
肉質は普通だが、ジャンクな味が魅力。品質や新鮮さ重視値段の割においしい
雰囲気そこそこおしゃれお店ごとにこだわり機能重視
値段安い高い安い
イメージ接客を含め明るく親しみやすいおしゃれ気軽

比較表を作ると、マックのUSP(独自の売り)は、安いことではなく、場所の便利さ、ジャンクな味つけ、明るく親しみやすい雰囲気にあることだと分かります。

大学のUSP(独自の売り)を知る

受験ネット
受験ネット

大学にもUSP(独自の売り)があり、それに触れた志望理由書は、高い点数を獲得できます。

志望大学A大学B大学
講義マーケティングの講義が豊富簿記関係の講義に強みビジネス心理学の講義が特徴
資格中小企業診断士の講座がある税理士の講座がある税理士、公務員講座がある
学生数定員が多く活気がある少人数で面倒見がよい定員が多く活気がある
就職指導早期からセミナー開始ES添削が受けられる早期からセミナー開始

学校志望理由の「他大学にないもの」として、マーケティングの講義の豊富さ、中小企業診断士の講座のことを書けばよいと分かります。逆に、早期から就職セミナーが開始されることも書いても、大学側は「いまは、どの大学もそうしてますよね……」となってしまい、心に響きません。

一方、定員が多く活気があるのように、他大学にも当てはまることは、本来は書けないのですが、どうしても書いてみたいときは、どうすれば良いのでしょうか? その場合、オープンキャンパスでの体験談を加えて、独自性を出せばOKです。どのように活気があるのかを詳しく書くことで、USP(独自の売り)を満たします。

ヒント USP(独自の売り)の分析には、下の表が便利です。

分類項目3ポリ
入口学費、独自の奨学金、アドミッションポリシー、寮の設置アドミッションポリシー
中身講義(カリキュラム、ゼミ、研究室)の特色、施設設備、取得できる資格(資格講座)、教授の専門領域、学部以外の学習、学生生活、学生数(留学生の割合)、サークル活動カリキュラムポリシー
出口就職実績、就職指導(就職講座、キャリア講座)ディプロマポリシー

[応用]絶対に落ちない考え方 仮想インタビューで学びたいことを深める

受験ネット
受験ネット

新入試の混乱から、学力上位層が、学校推薦型や総合型選抜に押し寄せてくることが確実です。激戦を勝ち抜ける志望理由書を書くには、どうしたらよいのでしょうか?

大学が、志望理由書で重視するのは、学部志望理由よりも学校志望理由。学校志望理由のなかでは、学びたいことををもっとも重視します。学びたいことは、固有名詞(講義名など)を登場させ、具体性を高めるのが、第1のコツです。

また、新入試では幅広い学力を含むことも大きな点差につながります(推薦書、学修報告書にある場合は、さらっと触れる程度でもよい)。

さらに、仮想取材インタビューで学びたいことを深めるという裏ワザもあります。

仮想取材インタビューで学びたいことを深める裏ワザは、スタディサプリやZ会東大進学教室で講師を務める、小柴大輔先生が提唱しているものです。

ズバリ核心を書いてしまうと、志望学部の学びを理解するために、学者、職業人、政治家、大学生などのインタビューの案を作るという、独自の方法論です。

受験ネット
受験ネット

総合科学(学際情報)系の学部で学びたいことを考えるときに、例えば、テレビ番組でもよく見かける、落合陽一氏にインタビューをすることとします。インタビューをするためには、落合陽一氏について、本を読むかネットでの調査が必要です。こうした過程を通じて、学びたいことを明確にしてゆく方法です。

スタディサプリの志望理由講座は、2講座(23分間と17分間)で終わりますが、内容は濃く、第3講に「仮想取材インタビューで学びたいことを深める裏ワザ」が含まれています。この方法論は、市販の参考書には、一切書かれていません。

(注)スタディサプリの志望理由書の構成については、志望理由書にしか使えない方法ですので、面接や小論文にも使える、当サイトの段落構成がおすすめです。

スタディサプリは、無料体験も可能で、5教科18科目、4万本を超える授業動画がスマホから見られますので、勉強がかなりラクになります。新入試の影響で、入試が激戦化したときに、志望理由書の内容で差がつけば、合格通知が待っているはずです。

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服


コメント

  1. AT(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    志望理由書 AT

    私は獣医学を学び、将来は獣医師として希少動物の治療や保全に携わるために、〇〇大学獣医学部を志望します。
    私が獣医学部を志望したのは、沖縄県国頭村にある「ヤンバルクイナ生態展示学習施設」を訪問した際に聞いた話がきっかけです。絶滅危惧種であるヤンバルクイナを増やすため毎年30羽ほどの人工ふ化に成功していますが、観光開発によって作られた道路で車に轢かれたり、野生化した捨て猫に食べられたりするため、野生に返すのが難しいという現状を知り、沖縄の固有種が絶滅してしまうという危機感を感じました。
    そこで私は高校の総合学習の時間を使い、ヤンバルクイナの保全について調べてみると、沖縄で野生動物の保護活動をしている獣医師長嶺隆先生に関する記事に出会いました。これまでは捨て猫を捕獲して、殺処分することが一般的に行われてきましたが、長嶺先生は人間のエゴによって捨てられた猫に責任を取らせることを疑問に思い、無償で避妊手術やマイクロチップの植え込みを行ない、捨て猫を減らすことに成功しました。私は、天敵にも動物生命倫理をもって活動している長嶺先生に感銘を受け、私も獣医師になって希少種の保全に貢献したいと思いました。貴学のアドミッションポリシーである「人と動物の健全な共生社会の実現のために積極的に取り組む」という人材像にも合致すると考えます。
    私が貴学を選んだ理由は、山口大学との共同教育課程を通じて多くの専任教員から専門性の高い教育と少人数制の参加型実習が受けられるからです。また、EAEVE認証を受けた国際水準の教育システムと越境動物疾病制御センターや動物福祉に配慮したAAALACインターナショナル認定の動物実験施設があることにも魅力を感じました。さらに貴学が日本最南端の獣医学部として、南九州から南西諸島域における中核的拠点として共同研究や希少野生動物の保全に取り組んでいることは私の卒後進路においても望ましいと考えます。貴学に入学後は病態予防獣医学講座で動物微生物学分野を学び、野鳥の感染症や保護について研究してみたいと思います。そして、卒業後は小動物診療センターで小動物の臨床経験を積み、将来的にはNPO法人に参画して沖縄の希少動物保護活動や北部地域の環境保全に携わっていきたいです。
    以上が貴学を志望する理由です。入学後は目標を実現するために精一杯頑張りたいと決意しています。

    • 受験ネット 加藤 より:

      志望理由書の投稿有難うございます。

      ・良い点 学びたいこと、大学の特色が具体的に書かれているだけでなく、きっかけから人柄や価値観が分かり、さらに高校での幅広い学力に関する取り組みとの連携も取れた、非常に良い志望理由書です。

      ・改善点 直すべきところはほとんど見当たりませんが、強いて言えば、2段落目「危機感を感じ」は、「危機感を覚え」がより適切です(表現に重複があるため)。

      ・改善点 強いて言えば「これまでは捨て猫を捕獲して、殺処分することが一般的に行われてきましたが、長嶺先生は人間のエゴによって捨てられた猫に責任を取らせることを疑問に思い、」は、「長嶺先生は、人間のエゴによって捨てられた猫が殺処分を受けることを疑問に思い、」でも通じます。きっかけの部分は、字数を節約し、手早く学びたいことや大学の特色に移ると好印象です(あくまで主題は学びや特色であるため)。もし字数を節約し、学びや特色を深められるなら、ここを削ってみてください。

      以上、改善点も提案しましたが、ほとんど直す必要はありません。EAEVE認証、AAALACインターナショナル認定については、面接で理解を問われる可能性があります。なお、「動物実験施設があることにも魅力」とあるため、獣医学が動物に負担を強いる面があることは了解していると思いますが、希少動物保全を強調しているため、面接で問われるかもしれません。

      • AT より:

        ATです。早速ご丁寧な添削を頂き感謝しています。指摘された部分を練り直して推薦に臨みたいと思います。

  2. KW(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    昨日は間違った場所でコメントしてしまい、申し訳ありませんでした。
    改めて、淑徳大学人文学部表現学科への志望理由書をお送りしますので、
    添削をお願いいたします。 
    本当は600字制限ですが、40字程オーバーしています。

    私は様々な表現方法を学び、小説などに携わる仕事に就くために淑徳大学人文学部表現学科を志望します。
     私が貴学の表現学科を志望したのは、ウェブ小説投稿サイトのコンテストで、最終選考まで残ったことがきっかけです。登場人物の設定や感情表現の難しさと楽しさを知りました。将来はウェブ小説作家を希望しています。
     私は奇想天外な設定を展開することが好きで、普段からアイデアなどを書き留めておきいくつかのウェブ小説を書いてきました。これは「表現あるいはそれに関連する分野に強い興味と感心を持ち、それを実践の場で生かす意欲を有している」という貴学のアドミッションポリシーに合致すると考えます。また小説を書く上で、特に感情の表現方法に悩んできました。そのため、貴学の「創作表現技法」の授業を受け、様々な表現技法を学び、登場人物の感情を自分の思った通りに伝えられる技術を身に付けたいと考えています。さらに、私はすべての人との出会いや経験が、作品作りに繋がっていると考えています。貴学は三つのコースを横断的に学べ、自分と同じように表現することに興味のある人たちと関わることができます。このような様々な価値観に触れると同時に、表現の多様性を学ぶことができる貴学の環境も大きな魅力です。
     このような理由から、私は貴学人文学部表現学科を希望します。入学後は日本語検定など資格取得にも挑戦し、作品の世界に読者を引き込み、心が動かされる作品を書くという夢を実現するために、精一杯勉学に励みます。

    • 受験ネット 加藤 より:

      志望理由書のコメント投稿有難うございます。

      ・良い点 学びたいこと、ほかの大学にない特色が、しっかりと書けています。

      ・改善点 表記。(1)1段落目「など」とありますが、様々なと相まって、読み手に想像力を使わせてしまいます。なくてもよいでしょう。(2)読点が少ない。例えば2段落目の2文目は読点がなく、読みにくいです。また、3文目は「将来は、」の方がベターです(国語科では、主語や助詞「は」の後に読点と教える人が多く、勉強をしてきた履歴にもなります)。(3)3段落目「さらに、私はすべての人との出会いや経験が……興味のある人たちと関わることができます。」とありますが、もう少し字数を絞れそうです。表現系の学部ですので、過不足なくスピーディーに展開する力も、多少見られるかも知れません。(4)3~4段落目「様々な」「多様性」、「このような」「このような」のように、くり返しが目立ち、スムーズに読み進めにくくなっています。近接同語と呼ばれ、文章作法の基本となるため、手直しがおすすめです。

      ・改善点 3段落目「特に感情の表現方法に悩んできました」とありますが、具体的に悩んだ点を挙げると、より印象に残ります。

      • KW(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

        KWです。
        早速の添削、ありがとうございました。
        自分では気づかない癖もわかり、とても参考になりました。
        また、より印象的な理由書にする点も教えていただき
        面接等にも活かすことが出来そうです。ありがとうございました。

  3. HI(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    関西大学外国語学部の志望理由書です。協定校推薦の校内選考用の志望理由書なので字数制限はありません。

     私は、貴学の外国語学部外国語学科に入学し、将来は将来は誰もが快適に暮らせる多様性の高い社会を実現するために、地方公務員になりたいと考えています。
     私が貴学のー外国語学部を志望したきっかけは、インターネットの記事を読んで多文化共生に興味を持ったからです。在日外国人が行政から支援を受けられるにも関わらず、それを知らなかったり、言語が通じなかったりするせいで手続きができずにいる外国人がいることを知りました。私の住んでいる市にもたくさんの外国人が住んでいるので身近な問題だと感じました。そして、市職員として、年齢、性別、国籍問わず誰もが快適に暮らせる社会づくりに貢献したいと強く思いました。
     現在、日本には多くの外国人が暮らしており、そのなかでも中国人の人口は全体の約3割を占めています。そして、その数は年々増えることが予想されます。そこで、貴学では中国語を専攻しようと考えています。また、多文化共生論を学び、日本の多文化社会のあるべき形について自分なりに研究したいです。貴学は、双方向型の授業が多く複眼的思考を身につけることができるのも大きな魅力です。入学後は積極的に授業に参加し、一つの視点にとらわれない人になりたい思います。 
     私は高校生の間にニュージーランド留学やカンボジア研修でのアクセサリーショップ経営のボランティア、台湾の高校生と社会問題についてのプレゼンテーションに挑戦しました。それらの経験を通して、私は多様な文化を持つ人々と積極的に交流し、課題に対して主体的に取り組むことで問題解決力や物事に対する当事者意識を高めることができました。そのため、私は貴学のアドミッションポリシーの「考動力」の基盤と「生きる力」につながる資質や態度を持っていると考えます。私は貴学外国語学部で学び、多文化共生社会に貢献できる人材を目指します。

    • 受験ネット 加藤 より:

      志望理由書をお寄せ頂き、ありがとうございます。

      ・良い点 学びたいこと、大学の特色がきちんと記されています。外国人を支援できる公務員をめざすために、中国語を学ぶという姿勢に、明確な目的意識を感じ、好感を覚えます。

      ・改善点 表記 1段落目「将来は」が繰り返されています。また、「将来は」を「地方公務員に」の直前に移動すると読みやすいです。/2段落目「在日外国人が」を削除し、「在日外国人がいることを知りました」に書き換えます。/全体に読点が少ないです。

      ・改善点 2段落目「インターネットの記事を読んで」とありますが、書籍の方が高評価を得られますので、今からでも本を1冊読んで、書き換えるとベターです。4段落目、中国語を学ぶという文脈から、初めに台湾の高校生とのプレゼンテーションに触れると読みやすいです(留学を後回しにする)。

      • HI(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

        添削ありがとうございます。参考にさせていただくます。

  4. SN(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    新潟医療福祉大学の志望理由書です。
    校内の指定校推薦の決意表明書です。字数は800字から1200字です。
    添削よろしくお願い致します。

     私には将来多くの医療従事者を支え、患者さんの情報の管理、提供に携わる仕事をするという夢があり、そのために新潟医療福祉大学・医療経営管理学部・医療情報管理学科を志望します。
     中学2年時に初めて大きな病院に行きました。私はそれまで大きな病気や怪我をしたことがなかった為、怪我の不安に加え慣れないことへの不安な気持ちでいっぱいでした。しかし、受付へ行くと医療事務の方が笑顔で気の利いた丁寧な対応をして下さったおかげで少し不安な気持ちが軽減しました。これを機に医療事務は事務の面で医師等を支えコミュニケーションで患者さんの精神面を支える素晴らしい職業だと気付きました。この経験により医療事務に興味を持つようになりました。そして調べていくうちに受付、会計業務だけでなく患者さんと医療スタッフを繋ぐクラーク業務、医療の知識と正確な作業で経営を支えるレセプト業務があると知りました。私は以前から数学が好きで数学の要素を活かせる経営やIT、データに関する分野に興味があったので医療と経営、情報の融合した医療事務に就きたいと強く思うようになりました。
     志望する理由は3点あります。1点目は「ビジネス」スキルをベースに「医療」「IT」「事務」のスキルを修得出来ることです。まずは多くの資格取得を目指します。そして様々なスキルを身につけることで将来は書類作成等に関する業務量の増加による医師等の負担軽減と患者さんの書類作成に関するサービス貢献したいです。2点目は「バーチャルホスピタル」が実習施設として設置されていることです。その施設で実際の病院や社会福祉施設で行われている実務に即して仕事内容を学ぶだけでなく、コミュニケーション能力の向上を目指します。3点目は連携総合ゼミで「チーム医療・ケア」が学べることです。このゼミでは症例に対する支援策を私自身が目指す専門職の立場から考える力を身に付けたいと思います。また多方面の専門職からの視点を学ぶことが可能だと考えといます。様々な専門性の視点を交え連携を図りながら協力することで、患者さんの求めるQOLに沿った質の高い支援を提案する力を身に付け将来に活かしたいと思います。
     近年では、医療・福祉の現場において病気を治すことだけでなく、患者さんの求めるQOLを重視する動きが強まっています。そこ
    で厚生労働省が推進している「チーム医療」はQOL向上のために益々需要が高まっていくでしょう。大学の基本理念である「優れたQOLサポーターの育成」は私の「医療従事者だけでなく患者さんにも迅速で丁寧な対応が出来るようになりたい」という思いと合致しています。私は新潟医療福祉大学で学び、医療従事者をサポートし、患者さんのニーズに対応できる人材を目指します。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 きっかけに関連して、医療事務の職業をよく調査し、過不足なく説明できています。また、全体として、大学の特色や医療事務の社会的役割を、よく調べ丁寧にまとめてあり、大きな問題はありません。

      ・改善点 読点が少な過ぎます(例えば、「しかし、受付へ行くと……」の文、「これを機に医療事務は……」の文)。

      ・改善点 具体性を書く部分がある。3段落目「多くの資格取得」→何の?、「様々なスキル」→例えば?

      • SN(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

        添削ありがとうございます。
        参考にさせて頂きます。

  5. NS(イニシャル希望) より:

    A大学政治学科の志望理由書です。 字数制限は800字です。

    法律学科と政治学科と二つあるのですが、どちらかというと法律より?っぽくなってしまい困っています。よろしくお願いします。

     近年、過労死問題がよく取り上げられている。ニュースを見ながら、それらを防ぐための法律や政策があるにもかかわらず、なぜ死亡率は減らないのかという疑問を持った。また調べたところによると、日本人の労働ストレスは世界で3位という結果が出ており、私はこれから生きていく社会に強い不安を覚えた。どうにかこの状況を改善できないかと考えていたとき、労働基準監督官という職業を見つけた。職業を見つける際、私は人と話すのが好きなので何らかの形で人とコミュニケーションがとれる職、かつ労働環境が良く、仕事と家庭の両立がしやすい職につきたいと考えた。このような点を考慮し、労働基準監督官が今の将来の夢であり、私が貴学の政治学科を志望する理由の一つである。
     労働者の権利が守られてない場合、経営者に注意喚起をし改善を促すのがこの仕事である。そのためには、どのような労働状況かを見極め、適切な処分を下す判断力、相手を改善の方向にもっていけるような筋の通った説明をする力必要である。それらのスキルや必要な知識をより高いレベルで身につけたいと考えた。現在は、現代政治学、法律、社会学を学び、理解を深め、労働基準監督官の試験合格を目標としている。貴学のカリキュラムは選択の幅が広いため、自分に必要な科目を取捨選択することができ、その他、自分の興味のある分野を選ぶこともできる。また三年次には、公務員志望者のための講座もあるので、将来に向けた段取りが確実にできるというもの魅力だ。そして、志望する業界への就職に強いという点が他でもない〇〇大学を志望する1番の理由である。
     貴学で学ぶ際には、政治学、法学をよく理解し知識を固めたのち、社会の問題点を明確にし解決する力、そしてそれらを自分の言葉で発信する力を身につけたい。最終的には、私が問題視している労働問題の改善へと結びつけ、ストレスなく働くことができる社会をつくっていきたい。

    ※ご本人様の事情で、大学名は伏せています。

    • 受験ネット 加藤 より:

      志望理由書の投稿ありがとうございます。

      ・良い点 将来像が明確に示されています。

      ・改善点 文章に無駄があります。例「調べたところによると、」→削除可(なくても影響がない部分は極力削り、評価を受けられそうな内容に、字数を回します)。例「どうにかこの状況を改善できないかと考えていたとき、」→字数を取り過ぎています。/第2段落は、きっかけや将来像を「自己紹介代わりに」示す役割を持ちますので、全体に字数を減らし、効率よく話を進めます。

      ・改善点 「人と話すのが好きなので何らかの形で人とコミュニケーションがとれる職」→労働基準監督官の特徴としては、ふさわしくない可能性があります。/「筋の通った説明をする力」→政治学科で身につける力の中心とは考えにくいです(補佐的な要素ならあり得ます)。/第3段落全体に、労働基準監督官の仕事と、大学での研究のつながりが見えづらく、志望理由書としては、評価が難しいです。/「現代政治学、法律、社会学を学び」→何を学びたいのか具体的に。

      アドバイスは以上です。学校推薦型選抜の指定校推薦でない場合、現状では合格は厳しい状況です。高校や塾での指導を受けたり、有料の添削サービスの利用したりも検討の余地があります。

  6. SW(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    大和大学の志望理由書です。
    あとこの志望理由書は校内選考ようです。

    私は、モノづくりで社会に貢献したいので、大和大学理工学部理工学科機械工学専攻に進学したいです。
    子供のころからものづくりに興味があり、特にプラモデルなどの模型を自分だけのカスタマイズをして、遊ぶくらいに好きでした。大和大学に進学したいと決意を固めるきっかけとなったのは、小学生のころ祖母が4年間闘病生活をしていたのを見ていたことです。介護士不足や本人の意思もあり家で祖父が介護をしているのを手伝ったこともありました。そして、私は実際に介護を手伝って介護の大変さを知りました。なので、私は介護をしてくれるあるいは介護している人を助けてくれるモノを作りたいと思いました。
     
    現在、少子高齢化社会がすすみ2025年には、約800万人が75歳以上の後期高齢者となり、また国民の1/3の人が65歳以上の高齢者となって高齢化が30%に達すると予想されている問題を「2025年問題」と言われ注目されています。現段階で人手不足が目立つところでは、介護ロボットが置かれたりしていますが、実際、普及率は高くありません。その原因の一つとして、介護ロボットができるのは単一作業のみであり、要介護者1人の介護を全てまかなうためには、多種の介護ロボットを組み合わせて使う必要があります。また、介護ロボットが完全にスタッフの代替を担える段階には至っておらず、人間の手による操作が必要となるため、あまり実用的とはいえない点が理由として挙げられます。そこで私が開発したいと考えているのは人工知能を搭載した介護ロボットです。その理由として人工知能を搭載することによって、より複雑な、作業が行えると考えているからです。そうすることにより、介護ロボットの普及が増え、人手不足も軽減されます。また、最近流行しているような感染症対策にもなると確信しています。
     そのロボットをつくるためには、機械工学だけでなく、AI技術も必要ですが、二つを学ぶことは基本的にできません。しかし大和大学は専攻という形をとっているので、機械工学を中心に学びながら、また新たに必要だと感じた授業を受けることができます。そして大和大学は最先端の研究施設を持っています。そこで研究することによって、他大学で学ぶより学ぶスピードが上がると考えています。 また、これから企業が必要としている人材は理工学の知識を持って幅広い視野を持っている人だと考えています。特定分野の専門では新しいものをつくる柔軟性が養われないと感じたからです。
     大和大学で過ごす大学生活は自分の将来の目標である自分のつくったモノで世界に貢献していくために欠かせないことであると確信し、ものづくりの知識や技術を自分のものにします。以上が大和大学理工学部理工学科機械工学専攻を志望する理由です。

    • 受験ネット 加藤 より:

      志望理由書の投稿ありがとうございます。

      ・良い点 介護ロボットの問題点をよく調べ、対策についても具体的に示されています。

      ・改善点 第2段落……字数を取り過ぎている無駄な部分が多く、添削すべきか所が多くあります。今回は添削ではなくアドバイスですので、1つ1つ指摘はできませんが、例えば最後の文は、「なので」は話し言葉であり使用できず、読点が少なく、平仮名が多めで表現に無駄が多くなっています。改善例「そのため、介護作業を代行し、介護者の補助をしてくれるモノを作りたいと、私は考えました。」

      ・改善点 第3段落……助詞の誤り(問題を→問題は、)、たりの誤用(置かれたりて→置かれて)、数字の不統一(30→30)、必要があります→点があります。

      以上、可能な限り指摘させて頂きました。このほか、全体では、介護ロボットの問題点の指摘と改善策の字数が多過ぎ、学びたいこと(新たに必要だと感じた授業とは?)や大学の特色が十分に記されていません。
      校内選考なら、ここで指摘した部分を書き直したうえで、担任の先生などに、日本語的な部分を直せば通るかも知れません。ただ、入試では、学びたいこと、大学の特色が不十分なため、(指定校でない限り)やや苦しいかも知れません。
      状況に応じて、高校・塾での本格的な添削や、本格的な添削サービス(こちらの最後に掲載)も考えてみてください。

  7. YT(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    國學院大學人間開発部志望です。
    レポート課題の添削をお願いしたいです。

    問:人の育ちを支援するという観点から自らが目指す将来像について、考えをまとめて記述しなさい。

    〈体育を通して学ぶことができるもの〉
    私の目指す将来像は、礼儀やマナーなどの体育以外の物事に繋がることを学ぶことの出来る授業を行うことのできる体育教師になることです。体を動かすことが嫌いな生徒でも、授業終了後には笑顔になって変容した姿を、イメージした授業作りをしていきたいと考えています。また、それを実現するためには育てられる側の気持ち、いわゆる生徒の気持ちについて考える必要があると思いました。
    文部科学省は運動に関して「将来よりよい社会生活を営むために必要な、身体能力を若いころに身につけておくこと」と定義付けています。しかし中央教育審議会によると、現在の中学校・高等学校では身体能力向上のための技術指導が中心になってしまい、楽しく運動させる指導の工夫が不十分であるという問題が指摘されています。文部科学省が定義している通り、若いころに様々なスポーツに取り組むことは、体力の向上だけではなく、社会性を身に付け礼儀やルールなど多くのことを学ぶことができるのでとても大切であり、これを実現させることが私の将来の授業の在り方でもあります。しかしこれらのことは、体育、スポーツ嫌いな子供にとって大きな荷担となり、その子供達の体力低下などに繋がってしまいます。さらに、最近の子供たちは現在、私自身が小さかった頃に比べて運動をしている子としていない子の二極化が進んでしまっているというのが現状です。それは単に得意不得意が原因になっているのではなく、ネットワークやソーシャルメディアなどの普及により、体を動かさなくても良い便利な時代になりつつあることが原因です。これは、体力低下だけに限らず社会からの孤立してしまう原因にもなってしまいます。よって体を動かすことの楽しさを感じることのできる機会に出会うことがないまま、日常生活を過ごしている子が増えてきてしまっています。そこで政府はこの問題をたびたび取り上げ、新学習用指導要領では体育の授業数の増加などを改善策として提示しましたが、運動に対しての子供達の積極さは依然として二極化が存在したままになってしまっています。そもそも体育の授業は体を動かすことを好きになってもらうためのものではなく、授業を通して体を動かすことへの興味、苦手とすることへの挑戦する姿勢、さらに集団で行動するための協調性を育てるという定義に基づいて行われています。そこで授業数が増えたとしても、運動が元々嫌いな子供にとって一度体育の授業中に失敗してしまい自信を失ってしまえば、挑戦しようという気持ちが欠如してしまう可能性もあります。そして私は、この体育の授業におけるそもそもの定義を心に留め授業を行うことが一番大切であると考えました。そこで、体を動かすことに苦手意識をもっている生徒だけでなく体を動かすことが得意な生徒にも、やってみようと思ってもらえるような取り組みやすい授業を行い、自信や達成感を身をもって経験してもらうことが、体育以外の様々な学びにも繋がると考えました。
    そして、体育の授業ではスポーツから学べることが多々あることを理解し、他の物事に有効活用することができることを忘れていけないと思います。私は4歳から14年間空手道を習い続けていて、道場で厳しく学んだ礼儀やマナーの大切さは必ず、自らが目指す将来像を目指す上で役に立つと考えました。例えば、最近の子供達は授業中に私語が止まらなかったり、授業に遅れて参加するなどの礼儀作法が欠けていることが問題として挙げられます。そこで私は「始まりと終わりの挨拶はダラダラせず、けじめをつけて行う」、「授業で使う道具は全員で協力して、準備や後片付けを行う」などのすぐに出来ることを大事にし、生徒に授業の参加してほしいと考えています。これは、スポーツの得意不得意に関わらず生きていく上で必ず必要な礼儀やマナーを自然に身に付けられる授業になると考えます。また、体育の授業ではサッカー、バスケなどのメジャーなスポーツを行います。このようなスポーツに対しルールの認識をつけることで、スポーツを通し判断力を養うこともできます。ボールが回ってきたら次に自分はどのような動きをすべきか、自分のチームや敵チームの動きなど判断しなければいけないことが沢山あるからです。判断力や洞察力が必要なスポーツを授業で行うことで、体を動かすことが苦手な人でもそのような力を身に付けることができます。上記で述べたように、嫌いな体育の授業を無理に体育の授業を好きになるために受けるのではなく、体育の本来の授業の在り方を理解することで、授業中に行う様々な取り組みにも興味や関心が湧き、体育の授業への抵抗も少なくなると思います。いくら体育の授業が嫌いでも、体育を通して学びがあるということを頭の片隅に置いておくことで、体育への意識が変わることもあります。
    このようなことから、私は将来、礼儀やマナーなどの体育以外の物事に繋がることを学ぶことの出来る授業を行うことのできる教師になることが目標です。

    • 受験ネット 加藤 より:

      レポートの投稿ありがとうございます。

      良い点 ご自身の体験をうまく生かしています・

      改善点 1段落目、いわゆる=不自然。/2段落目、「文部科学省が定義している通り」とありますが、文科省の定義は身体能力であり、礼儀やルールとは無関係です。/2段落目、「これらのこと」とありあすが、指す内容が直前だとすると、後につながりません。/2段落目、「二極化」とありますが、レポートですので根拠を示してください。/3段落目、(前回指摘の通り)バスケは、略語のため使用できません。

      改善点 第2、第3段落とも長すぎる上、第2、第3段落で内容の重複があります。マナーを身につけるというテーマで、大量の字数を押し切る形となっており、そもそも材料不足があります。アドバイスの範囲を超えてしまいますので、高校や塾の先生と一緒に、どんなことを書くのかというアイデア出しからやり直すことが必要です。

      ご連絡 アドバイスを受けて直した文章を投稿されることは現状お断りしてはいませんが、なるべく多くの方が利用できるよう、直した文章全体の再投稿ではなく、極力アドバイスに対するご質問の形をお取りください。
      (また、前回のアドバイスは、直してから投稿いただかないと、同じことを再度お願いする形となってしまい、お互いに時間を要してしまいます)
      さらに、改善すべき点が多く、高校や塾の先生の指導が不可欠な状態です。なるべく多くのことを指摘しましたが、アドバイスではなく、正規の添削を受けていただくことを強くおすすめします。

  8. YT(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    國學院大學人間開発学部志望です。
    エントリーシートのチェックをお願いしたいです。
    よろしくお願いいたします。

    (以下略)

    • 受験ネット より:

      YTさま

      以前にもお知らせしました通り、アドバイスは1回につき1作品となります。今回3作品が同時投稿されていますので、お急ぎのもの1つに絞って再投稿をお願いいたします。

  9. KN より:

    よろしくお願い致します。

    (問)中学校における良い体育の授業について、いくつかの視点から捉えあなたの考えを述べなさい。

    現在、「体育が嫌い」という生徒が最も多い年代が高校生で35パーセント、2番目が中学生で30パーセント、3番目が小学生である。これはなぜだろうか。体育が嫌いな生徒が、年齢が上がる度に増加しないためにも、良い体育の授業について考える必要がある。
    中学生の時の私は、良い体育の授業とは楽しむことが一番大切だと思っていた。しかし、私の中学の体育の先生は、様々な面においてとても厳しかった。そのため、体育が楽しいという感情は生まれず、クラスメイトの約7割が体育の授業が憂鬱だと感じていた。その結果、心底から体育を楽しむことができている生徒がほとんど居なかった。中学校の体育で授業が楽しいと感じることができなかった生徒は、高校生になってから体育が嫌いになってしまったのではないか。と私は考える。一方、体育教師の視点から捉える良い体育の授業とは何か。インターネットで調べたことによると、一番重視している点は「楽しさ」であり、2番目が「安全面」や「授業中の雰囲気」だった。良い体育の授業とは、授業中の雰囲気が良い、安全面の配慮がしっかりとできている。この2点がそろっている上で、楽しさが生まれてくると思う。授業中の雰囲気作りは生徒主体として動き、教師は1人1人とコミュニケーションを取り、生徒と共に盛り上げることが大切だ。中学生の頃の私は体育が楽しめず、良い授業だとは思っていなかったが、今考えると私たちのクラスは体育を楽しむための基礎基本ができていなかったと思う。
    上記のことから、良い体育の授業とは生徒1人1人が心底から体育が楽しいと思えること。それに伴い教師の生徒とのコミュニケーション能力の向上や安全面の配慮が必要だと思う。教師1人の力では楽しい授業をつくることはできない。そのためにも、模範となる生徒が体育に対して熱意を表し、クラスの雰囲気作りが大切だと思う。

    774/800

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 体験談を軸に、調査した内容を踏まえています。

      ・改善点 「クラスメイトの約7割が体育の授業が憂鬱」とありますが、数値の根拠があいまいです。「大半が……感じていたようだ」などとすると、客観的です。/「様々な面においてとても厳しかった」とありますが、理不尽なののか、安全やマナー教育上のことなのか、はっきりしません。「厳しかった」内容を具体的に振り返り、その理由も含めて検討してください。また、この先生個人の性格上のことなのであれば、あくまで1つの事例ということになります。日本全体の「中学校における良い体育の授業」を論じるためには、多くの人が当てはまっている状況を前提にした、事例を示す必要があります。(文章後半で、主体的な態度を育てていなかったとありますが、そこを生かしてください)/

      ・改善点 「授業中の雰囲気が良い、安全面の配慮がしっかりとできている。この2点がそろっている上で、楽しさが生まれてくる」とありますが、雰囲気が良いと楽しさは、似た概念です。安全面が土台で、授業の雰囲気や楽しさがその後に来るという考え方が適切です(論理的な思考力の点で、減点される可能性が高いです)。/「心底から体育が楽しいと思えること」とありますが、それをどのように実現するのか(なぜ楽しくないと思え、どうすればその要因を排除できるのか)が示されていません。/「模範となる生徒が体育に対して熱意を表し」とありますが、本論に言及がなく唐突で、どのように模範となる生徒を育てるのかが示されていません。

      全体として、話の流れや理屈に弱い面があり、無料アドバイスでは限界があります。もし合格が確実な指定校等の入試でないのなら、高校や塾の先生の対面指導や、完全な添削(こちらにも掲載)を考慮してください。

  10. MT(氏名は受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    沖縄大学人文学部福祉健康学科健康スポーツ福祉専攻志望です。
    志望理由書の添削をお願いします。  ※文字制限は600時です。

    私はスポーツや福祉を学び、将来市役所のスポーツ課の仕事に就くために、沖縄大学人文学部福祉健康学科健康スポーツ福祉専攻を志望します。私は、高校で水泳部に所属し、練習のメニューを考え、部員に指導したことがきっかけでスポーツを教えることの楽しさを感じました。また、私は高校の体育の授業を通して、水泳以外にも多くのスポーツに興味を持ち、スポーツ全般に関する仕事に就きたいと思うようになりました。将来は、市役所のスポーツ課の仕事で地域のスポーツイベントでスポーツを指導したり、スポーツや福祉の課題を解決し、老若男女問わず健康的にスポーツを楽しめるような地域を目指して、社会に貢献することが目標です。私が貴学で特に楽しみにしていることは宮本晋一教授のスポーツレクリエーションのゼミを学ぶことです。このゼミはスポーツの社会に対しての役割などを校外で実習して活動をしていて、自分の将来の夢に大いに役立つと思いました。このゼミを通してスポーツと地域社会について研究したいです。また、貴学では一年のときからキャリアガイタンスがあり就職についての知識や対策が早い段階から学ぶことができ、一年のうちから就職サポートが整っていること、そして他の福祉系やスポーツ系の大学では珍しいプログラミングや数的処理などの授業があることも魅力的です。進学後は自分の目標を実現できるように精一杯頑張ります。どうぞ、よろしくお願いします。

    • 受験ネット より:

      志望理由書の投稿ありがとうございます。

      ・良い点 きっかけ、将来像を比較的コンパクトにまとめ、学びたいことが具体的で、大学の特色もよくつかんでいます。よくできており、内容的に直すところは、ありません。
      ・改善点 「地域のスポーツイベントでスポーツを指導したり、」とありますが、「たり」は、「~したり、~したり」のように必ず2つ以上組み合わせます。また、該当の文は、1文が長すぎますので、2つに分けてください。
      ・改善点 600字の場合、1段落では読みづらいため、「私が貴学で特に楽しみにしていることは」の前で段落を分けても良いでしょう。

  11. 関西学院大学 総合政策学部の校内選考用の志望理由書です。字数は800~1000字です。添削よろしくお願いします。

    私は将来、県庁や市役所の観光課や市民課に勤め、日本人だけでなく、近年増加している外国人観光客に向けて地域の魅力をPRしたり、外国人移住者の物件を探す仕事をしたいと思っています。そのために、関西学院大学の総合政策学部で、地域政策や、世界各国で異なる文化とコミュニケーションについて学びたいと思いました。さらに、社会学や言語文化など複数の学問に関する科目を学際的に幅広く学べるカリキュラムにも強く興味を持ちました。
    私は以前、青年海外協力隊だった方から国際ボランティアや異文化について講演を聞いたことがあり、それがきっかけで日本とは異なる外国の文化というものに興味を持ちました。また、昨年は瀬戸内国際芸術祭で活気づいたのを感じ、地域活性化のための地域政策にも興味を持ちました。近年では、私が住む町にも、外国人のお遍路さんや、特にアジア圏からの外国人移住者が増え、外国人移住者専用のアパートもあるほどグローバル化が進む中で地域の良さを世界中にPRすることによって、地域活性化に貢献したいと考えています。
    私は、外国人のためのボランティアはもちろん、地域の魅力を世界にPRする時にも、世界各国の異なる文化や考え方をしっかり理解した上で外国人と接することが必要だと考えています。関西学院大学総合政策学部では「多言語文化論」や「異文化コミュニケーション」等の、互いを理解する科目があり、さらには、教員の三割が外国籍の方なので、学びの場自体が多文化共生を前提としており、自然のうちに「人間と人間の共生」のあり方を学ぶことができるため、ここで学びたいと思っています。また、地域開発について研究しているLai,On-Kwok先生や、英語コミュニケーション科目を担当しているONO,LeslieN先生の授業を受け、将来の目標を目指したいと考えています。
    この大学で私は、少人数で社会貢献活動について学ぶことができる、総合政策学部独自のグローバルキャリアプログラムに取り組みたいです。さらに、留学や海外フィールドワーク・国際ボランティアなど、目的やレベルに適した海外派遣プログラムにも積極的に取り組み、異文化理解を現地で実際に感じて学びたいと思っています。
    以上の理由により、私は関西学院大学総合政策学部を志望します。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 第2段落のきっかけが、具体的で印象に残ります。/第3段落以降は、パンフをよく読んだ印象です。
      ・改善点 「地域の魅力をPRしたり」とありますが、「たり」は、「~したり、~したり」のように、必ず2個以上を組み合わせます。/「さらに、社会学や言語文化など……。」とありますが、第1段落は全体の要約ですので、1文まるごとカットしてよいです。また、第1段落は、要約としては少し細かすぎますので、削って、本論を充実させます。/「関西学院大学総合政策学部では『多言語文化論』や……」の文は、1文が長過ぎます。2つに分けるなど、工夫してください。
      ・改善点 第3段落は、受けたい講義や、求める環境はしっかり書かれていますが、何を研究したいのかが書かれていません。パンフレットをよく読んだことは分かりますが、まだ抜き出しに感じられ、大学の4年間を、詳細にイメージできていないように感じられます。Lai,On-Kwok先生、ONO,LeslieN先生についても、少しでも良いので、両先生から何を学びたいのかを記しましょう。

  12. AH(受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    締切り間際に申し訳ありません。

     私は将来子どもに関わる仕事に就くことを目指している。そのために貴学の人間社会学部初等教育学科で保育について学び、子どもたち一人ひとりに寄り添うことが出来る保育者になりたいと考えている。
     私が幼児教育を学びたいと思ったきっかけは、高校2年生の時に行った幼稚園での実習だ。室内遊びや水遊びを園児たちと一緒にやらせていただく中で幼稚園教諭という仕事に対する考えが一変した。それまでは子どもたちと遊ぶ楽しそうなイメージが強かった。だが実際は子どもの話し方や表情から気持ちを読み取る頭の回転の良さや思いやり、その場の状況に柔軟に対応する能力などが求められるとわかった。しかしその大変さ以上に子どもたちの成長を近くで感じられるという喜びを知り、私も保育の現場に携わりたいと思った。
     このことから私は貴学に進学して資格取得を目指しながら、保育者として求められる教養や人間性の向上に努めたいと考える。その理由は二点ある。一点目は貴学では幼稚園教諭免許状と保育士資格が取得出来ることだ。家庭や地域を取り巻く環境の変化に伴い子どもを預ける場所への需要は多様化してきている。両方の免許を取っておくことでこのことに柔軟に対応でき、さらに働く場の選択肢を増やすことにもつながる。二点目は充実した英語教育だ。子どもの英語教育への関心の高まりにより、近年英語教育を行う所が増えている。また多様な国籍の子どもと関わる機会もあるだろう。自信を持って子どもたちと関係を築き、教えるには私自身の英語力の向上とグローバルな視点を持つことは必須だと考える。よって英語教育の指導法の授業やアメリカ教育研修がある貴学に強く惹かれた。
     以上の理由から私は貴学で学び子どもの成長に貢献できる保育者になりたいと考える。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 学校志望理由の一点目、二点目とも、中身がかなりしっかりしています。
      ・表記の改善点 「一人ひとり」とありますが、漢字か平仮名に統一します。/「やらせていただく」とありますが、志望理由書では敬語の過剰な利用は必要ないとされています(減点にはならなと思います)。/文章全体に、読点がやや少ないです。
      ・内容面の改善点 なし(学校志望理由のほか、きっかけの掘り下げもしっかりしており、直すところはありません)

  13. T.S より:

    東京工科大学工学部機械工学科の総合型選抜の志願理由書です文字数は1200字以内です。添削よろしくお願いします
    問 機械工学科への志望動機と、サステイナブル工学をあなたが学ぶことによってどのように社会に貢献したいかについて論じなさい

    私が貴学を志望した理由は機械の細やかな知識を身につけ、世界の持続化に貢献したいと思うからです。
    私が機械工に興味を持ったきっかけはロボットに様々な攻撃手段を組み込ませ戦い合う大会をたまたま動画で見たことから始まりました。どのような仕組みで攻撃を出しているのか全く分からずとても興味を持ちました。近年ではAI、人工知能が発達され世界全体で人力ではなく機械の力で済まされてしまうことも増えてきており、未来の世界はどこまでの技術が発達しているのか興味を持っています。
    私は貴学の掲げるアドミッションポリシーであるサステイナブル工学を学ぶことで環境に優しいエネルギー開発について学び、地球破壊のない生活を送ることに繋げたいと思います。例えば今では多く普及されているクーラーや冷蔵庫の冷却によるオゾン層の破壊でのガン感染者の増加があるが、今の生活には必需品となるのでどうすればオゾン層破壊に繋がらない冷却方法があるのか研究したり車による二酸化炭素の排出を抑えるため水素などの環境に優しい成分を原料とする車を普及して地球温暖化を防ぐという点から社会貢献したいと思っています。地球温暖化は現世界の問題となっており、2100年には平均気温が4.8℃上昇すると言われています。産業革命後に石炭や石油の使用が増え今もなお温暖化は進んでいます。なので改善方法を探し問題解決に携わりたいと思っています。
    そこで貴学の理念が私の理想と合致していると思いました。機械がどのような方法で生活の質を向上させ、環境に優しいエネルギー開発の研究に意欲があります。貴学のオープンキャンパスに参加した際に「コーオプ実習」について実際に実習を受けた学生さんの話を聞いて大学で習得した知識を実践して学ぶことでその分野について更に学習意欲を持てたと聞き、貴学への志望がより高まりました。
    私は貴学に入学したならばフレッシャーズゼミ、普段の講義から基礎知識を学び、同じ興味を持つ仲間を見つけコミュニケーションの重要性を学び、創造力の向上また貴学の特色とされる最先端の情報機器を使った授業、データサイエンス入門からの知識を全て掛け合わせ将来の目標である持続可能な社会を維持するための機会の開発に貢献したいと考えます。このような内容から私は貴学の工学部機械工学科へ志望します。入学後は持続可能な社会に貢献する人材になれるよう勉学に励むことを決心しています。

    • 受験ネット 加藤 より:

      無料アドバイスは、8月31日で締め切っていますが、今回に限り、アドバイスを行いました。

      ・良い点 段落構成が分かりやすくなっています。

      ・改善点 「世界の持続化」は、日本語として不自然/3段落目「増加があるが」→増加がありますが/「今の生活には必需品となるので……」は、読点が少なく、また「たり」は、「~したり、~したり」のように2つ以上組み合わせて使用します。/「なので改善方法を探し」とありあますが、「なので」は話し言葉のため使用できません。/「機械がどのような方法で生活の質を向上させ、」とありますが、後とのつながりが不自然です。/全体に読点不足で、読みにくい文が目立ちます。

      ・改善点 オゾン層の破壊を防止する研究に触れていますが、少し古い課題ですので、現在でも機械工学科で研究が行われているのか、調査が必要です。

      なるべく多くの改善点を指摘しましたが、文章面での課題が多く、限界があります。書き直したうえで、高校の先生の指導を受けてみてください。とくにオゾン対策の研究が現在可能かは、必ず調べてください。よく調査して書いている部分もありますが、知っていることをつなぎ合わせた印象も持ちます。大学のパンフレットの、研究室、卒業研究、講義、カリキュラム等を見直してみてください。

  14. SM(受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

    校内選考用です。添削お願いします!
    勝手で申し訳ないですが9月7日までに返事頂ければ有難いです。

    私は経済学やマーケティングを学び、将来経営コンサルタントの仕事につくために、関西大学経済学部を志望します。
    私が、経営コンサルタントになりたいと思った理由は2つあります。1つ目の理由は、父の会社の経営が悪化した際に、お金とモノの流通で経済がどう動くのかと経済学に興味をもったからです。2つ目の理由は、部活動では部長を務めチームを全国大会に導いたことで、マネジメントスキルを使う職業につきたいと考えるようになったからです。そして、世界中には経営に苦しむ企業がたくさんあると思うので、将来は公認会計士や中小企業診断士といった資格を取得し、世界の主な共通語である中国語と英語を習得し日本だけでなく世界中の経済を活性化させ社会に貢献していきたいです。
    私は、日本を含め世界の経済に興味があるので、世界の様々な経済状況を調べ研究し、悪化している企業をどのように救うべきか、周りの意見なども参考に自分なりの解決策を考案しました。これは、「経済学を学ぶことに強い意欲を有し、好奇心が強く、国際的感覚を持って、多角的な視野で社会の仕組みをとらえようとする意志」という貴学のアドミッションポリシーに合致すると考えます。父が、中小企業で苦労したということもあり、貴学では、中小企業論を学び中小企業の諸問題を分析・研究し、中小企業の社会的地位向上を図りたいです。また、世界の経済状況を調べていくなかで、成功している企業の戦略が気になりました。貴学の石井 光教授のゼミに所属し講義を受け、企業の戦略的行動についても研究してみたいです。貴学は、他大学には少ない、学内で有力企業の説明や選考まで受けることができる企業セミナーが充実していることも大きな魅力です。
    以上の理由から、私は関西大学経済学部を志望します。入学後は、資格の取得・語学に努め、将来の夢を実現するために、精一杯勉学に励みます。

    • 受験ネット 加藤 より:

      アドバイスの締め切りは8月31日ですが、今回は特例でアドバイスを行いました。

      ・良い点 きっかけや将来像が確かで、学びたいことも具体的です。
      ・改善点 「自分なりの解決策を考案しました」とありますが、最低限、いつどのような場でかを記してください(例:高校2年次の総合的な学習の時間で)。字数に余裕があれば、調査した企業の業種も示してください。

      全体として、過不足なく内容も十分です。校内選考では十分かと思いますが、大学に提出のさいは、さらに良くできないか研究してみてください。

      • 匿名 より:

        本当にありがとうございます
        改善してよりよい志望理由書にしたいとおもいます!!

  15. RS(受験ネット側でイニシャルに直しています) より:

     AOの志望理由書です。お願いします。

    私が貴学の経営学科を志望した理由は、次々と変わる流行に対応していく小売店を通じて、お店の経営、商品の開発に興味を持ったからです。将来は、店舗や中小企業のアドバイザー
    を目指したいと考えています。
     貴学ではマーケティング&インフォメーション分野を中心に学び、どのような商品が必要とされ売れているのか、急速に変化していく流行をどう捉え利用していくか自分なりに研究してみたいです。最近は、タイアップ商品が様々なお店に並んでいますが、流行を捉えるだけでなく使いやすいワンポイントデザインのものなど消費者のニーズに応える工夫がされています。貴学の遠藤誠二教授の講義を受け、ニーズに応えた商品提供をするために必須なリレーションシップ・マーケティングについて考えたいです。
     また、ITリテラシーを高める教育の充実に加え、多くの学部の中から自分が学びたい科目を自由に選択することが可能なところにとても魅力を感じました。これからは様々なものがオンライン普及し、コンピュータを利用した企画がさらに増えていきます。そのため、主専攻以外にICTを学び社会で対応していく力を補っていきたいと思います。
     そして、少人数制の授業ではプレゼンテーション、ディスカッションを通じて、説明力、コミュニケーション力を高めていきたいです。
     入学後は経営課題への取り組みを自分なりに考え、積極的に勉学に励んでいきます。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 ICTを学びという点が、将来像と結びついているように感じます。
      ・改善点 「次々と変わる流行に対応していく小売店」とありますが、広すぎますので、例えば、アパレル業など、多少絞ってください。/「タイアップ商品が様々なお店に並んでいますが、流行を捉えるだけでなく……」とありますが、読点の前後の話のつながりが分かりません。/「使いやすいワンポイントデザインのもの」とありますが、何の話かイメージができません。もう少し具体的に述べてください。/「リレーションシップ」とありあますが、用語を理解しているか判断がつきません。自分の言葉での言い換えも併記するとよいでしょう。
      ・改善点 「多くの学部の中から自分が学びたい科目を自由に選択することが可能なところ」とありますが、もし他学部聴講制度など、適切な言い換えがあればそうしてください(字数を取り過ぎています)。/「経営課題への取り組み」とありますが、何のことか理解できません。

      <全体>とくに第2段落の話の内容がバラバラで、かなり評価を落とすはずです。第2段落を中心に、高校・塾の先生の指導や、各種添削等も受けてみてください。

  16. T.S より:

    東京工科大学のAO入試の志望理由書の添削をお願いしたいです。1200字でお題は志望動機サステイナブル工学を学ぶことでどのように社会に貢献したいかについてです。 私は機械の動く仕組みについて学び、将来人々の生活をサポートする機械開発をするため工 学部機械工学科を志望します。
    私は特にロボットについて興味を持っています。きっかけは東日本大震災によって起こった福島の原子力発電所の事故です。当時日本は二酸化炭素排出の削減、電力の摂取の安定を利点とし、原子力発電に力を入れていました。しかし、津波で発電機が電源を喪失し放射線を大量に放出し死者も増大してしまいました。そこでロボットによる現状の把握、廃棄物の撤去をして社会を助けている事を知りました。人間にはできない動作を可能にし、私たちのサポートをしている事に魅力を感じました。
    そこで私は貴学の「学修と研究に意欲を持ち、自己成長して夢の実現を目指す人。人間性、倫理性、創造性を育み、持続可能な社会に貢献する人。」というアドミッションポリシーに自分の将来の考えと合致していると思いました。また、貴学の特長である「コーオプ
    教育」により将来の夢へのモチベーション向上。長期間の実習ならではの知識取得ができて将来の夢への大きな糧になると思いました。英語学習では、工業技術専門の英語を長期間学べる事ができ、私にとって適応している大学だと思っています。
    私はサステイナブル工学を学ぶ事で、環境問題の改善に貢献したいと考えています。産業革命後は、化石燃料が主な資源とされました。蒸気機関車や自動車による二酸化炭素の排出などにより、現世界は、地球温暖化に悩まされています。今年もたくさんの被害を及
    ぼした台風も地球温暖化が原因となっています。台風は海水の温度が26℃以上で多くの水蒸気の蒸発が発生条件です。地球温暖化による気温、海水温の上昇により、海水の蒸発量が増え、台風の発生数、規模も年々増していると言われています。二酸化炭素の濃度が産業革命後から約40%も上昇していると言われ、地球の平均気温が1℃上昇したと観測されています。このまま上昇すると人間はやがて住めなくなるのではないかと考えました。なので、温暖化の原因となる二酸化炭素の排出をなるべく少なくする機械、ロボットの製造に携わりたいです。例えば「農業で使われている多くの窒素肥料をロボットの力でより適度な分量だけ使用する。」という人間にはできず、ロボットの力を活かせるような研究をしたいと思っています。
    私は今後の世界は、ロボットや機械を中心とした生活が主流になると考えています。今でも治療や介護の際に機械のより精密な動作が私たちを支えています。その一方、まだ解決されていない環境問題の対策法や、人口減少など世界にはたくさんの問題があります。私が東京工科大学に入学した際には、ロボットや機械の知識について詳しく学び、高校生活内でのTGGの外部英語学習で学んだ他国の方とのコミュニケーションの重要性、異文化理解のことを頭にいれ積極的に英語学習を学びたいです。また、陸海移動ロボティクス研究所に入り、ロボットについて詳しく研究し、将来の夢に向けて成長できる人間になりたいと思っています。以上が私の東京工科大学工学部機械工学科を志望する理由です。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 きっかけが印象的です。
      ・改善点 「死者も増大してしまいました」とありますが、原発事故による死者なのかどうか、調査し、正確な記述を心がけます。/「そこで私は貴学の『学修と研究に……貢献する人。』というアドミッションポリシーに自分の将来の考えと合致」とありますが、第2段落の内容と、取り上げたアドミッションポリシーは合致が見られません。とくに「持続可能」という点が、この学部のキモだと思いますので、震災のロボットの話だけでは不十分です。/「将来の夢への大きな糧」とありますが、将来の夢が示されていません。直後にあるようですので、「後述の」などを添えておくと親切です。/「蒸気機関車や自動車による二酸化炭素の排出」とありますが、蒸気機関車による二酸化炭素が、温暖化につながったのかどうか、正確に事実を確認してください。/「なので、」とありますが、口語のため使用できません。/「農業で使われている多くの窒素肥料をロボットの力でより適度な分量だけ使用する。」とありますが、人の力では、使用し過ぎているかどうか分からず、説得力が伴いません。
      ・改善点 改善点のご指摘は、本来は2つまでですが、「/」記号を使い、極力多く指摘させて頂きました。直すべきところがかなり多く、無料アドバイスでは厳しいかも知れません。ここで指摘した点を直したうえ、必ず高校の先生の指導を受けてみてください。

      • 匿名 より:

        ありがとうございます。学校の小論文の先生にはこれでOK貰えたのですが改善点多そうなのでまた書き直します

      • T.S より:

        これで1170字で修正すると1200文字超えてしまうのですがどの部分を削るべきとかあれば教えていただきたいです。

        • 受験ネット 加藤 より:

          どこかを大幅に削るのではなく、各所の無駄を削ってみてください。

          私は特にロボットについて興味を持っています。きっかけは東日本大震災によって起こった福島の原子力発電所の事故です。当時日本は二酸化炭素排出の削減、電力の摂取の安定を利点とし、原子力発電に力を入れていました。しかし、津波で発電機が電源を喪失し放射線を大量に放出し死者も増大してしまいました。そこでロボットによる現状の把握、廃棄物の撤去をして社会を助けている事を知りました。人間にはできない動作を可能にし、私たちのサポートをしている事に魅力を感じました。

          (改善例)
          私はロボットに興味を持っています。きっかけは東日本大震災による福島の原子力発電所の事故です。当時日本は二酸化炭素排出の削減、電力の摂取の安定を利点とし、原発に力を入れていました。しかし、津波で発電機が電源を喪失し放射線を大量に放出し死者も増大しました。そこでロボットが現状把握、廃棄物撤去をし社会を助けている事を知りました。人間にはできない動作を可能にし、私たちのサポートをしている事に魅力を感じました。

    • 匿名 より:

      ありがとうございます!あともうひとつ聞きたいのですが過去にオープンキャンパスに2度行ったのですがそれは書いた方がいいですか?それとも別に書いてもなんの意味もないですか?

      • 受験ネット 加藤 より:

        字数が足りる用なら、書けばプラスになります。字数が足らない場合や、自然な流れで差し挟めない場合は、面接で触れてもよいです。

        (参考)これを見たほかの読者の方へ。 なお、今年は新型コロナの影響で「出来なかったこと」を不利に扱わないように、文科省から指示が出ています。そのためオープンキャンパスに行けなくとも、すぐには不利になりませんの心配のないようにしてください。

  17. AI(受験ネットでイニシャルに訂正しました) より:

    志望理由書の添削お願いします。
    貴学の心理学部心理学科心理学専攻を志望する理由は臨床心理士と公認心理師の資格を取得し、将来、心療内科医になるために貴学での学びが最適だからだ。小学校4年生の頃、家族が病を患い、薬の多量接種により救急搬送された。その時、私は慌てるばかりで何もできなかった。その経験がきっかけとなり、精神的に苦しんでいる方々のためにこれから先できることはないかと考えるようになった。そして、メンタルケアをする職業に就いている大人に話を聞いたり、本で調べたりすると、精神的病を患う主なきっかけは学校や家族間、会社での対人関係など様々であることが分かった。複雑化する社会の中で、パニック障害、不安障害やてんかんを起こし、救急搬送され、苦しんでいる方々が全国に約241万人いらっしゃると聞いた。その現状を知り、症状を治療したり、精神的苦痛を予防したりすることの出来る職業があると知り、心療内科医の道に進むことを決意した。
     貴学は、1年次で「臨床心理学概論」、「心理学統計法」で心理学の基礎を学んだ後、2年次から4つのコースから専攻を選ぶことができる。私はその中から「臨床心理学コース」を専攻し、臨床心理士に関する知識、心理アセスメントの方法、カウンセリングマインドを学びたいと考えている。3年次からクライアントの方々に話を聴くことの経験を積み、心療内科医として活躍できる能力を養いたい。
     貴学の「独立自彊」の精神は私が最も大切にしている事と一致している。6年間の寮生活の中で、寮生の悩み相談を聴く機会が数多くある。聴く上で大切にしていることは、その人自身の個性を受け止めることだ。
    私自身の視野を広げ、コミュニケーション能力向上に日々努力することを心掛け4年間学ぶことは、将来の夢の実現に不可欠だ。
     以上の理由により貴学に進学することを熱望している。

    • 受験ネット 加藤 より:

      投稿ありがとうございます。

      ・良い点 将来像がある程度定まっている。

      ・改善点 「小学校4年生の頃、」の前で、改行が必要です。/「本で調べたりすると」とありますが、書籍名を入れると好印象です。/「『独立自彊』の精神は私が最も大切にしている事と一致している。」とありますが、その理由が示されていません。悩みを聞くということは、「独立自彊」とは関係がないように思います。

      ・改善点 受験生一般によくあるのですが、きっかけが長すぎ、学びたいことが短すぎます。臨床心理士と公認心理師の資格が第1目標としても、研究してみたいことがあることが、大学から見た合格の条件です。/心理学部は人気が高く、学びたいことをしっかりと書いた上で、さらに高校生活との結びつき(実績や資格をどう生かすか)も盛り込まなければ、厳しいと思います。高校や塾の先生に個別指導を受けることが、ぜひ必要な状況かと思います。

      (確認)心療内科とありますが、医師免許が必要ではないでしょうか? 経歴等がわかりませんので、なんとも言えませんが、心療内科医になる条件を調べておいてください。

  18. H(受験ネット側で、イニシャル等に直してあります) より:

    志望する学科を選んだ理由(アドミッションポリシーを踏まえて)

    アドミッションポリシー
    ・こころを科学的に理解するための知識と技術を学び、それを活かして企業、教育、医療、福祉などの現場で活躍したい人
    ・さまざまな悩みを持つ人の心理的支援に関心がある人

    志望理由
    私が心理学に興味を持ったきっかけは、私自信が熊本地震後にカウンセリングを受け、災害の恐怖心を緩和することが出来たからです。また、人間関係のトラブルが起こった時も公認心理師の方が親身に話を聞いていただき、心理的ストレスを軽減した経験もあります。その際、クラス担任だけではなく、公認心理師の重要さを改めて感じました。私の目標は小学校教諭です。小学校では心理的ストレスを抱えている児童が増えており、担任が公認心理師の資格を持っていれば日常的に児童への心理的支援が可能になると思うからです。そういった面で公認心理師と小学校教諭の資格が取得できる貴学を志望します。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 きっかけや将来像が明確です。

      ・改善点 「私自信」→私自身/「人間関係のトラブル」とありますが、いつのことかは最低書いておきます。/「クラス担任だけでなく」とありますが、「クラス担任に加え」の方が適切です。/「可能になると思うからです」とありますが、このことが理由となる記述がありません(あるいは読んでもわかりません)。

      ・改善点 字数制限が厳しいですが、学びたいことが書かれていません。研究したいテーマ程度は、書いておくと良いです。また、心理学は激戦ですので、高校時代の取り組みで、大学での学びにつながることも、一言で良いので書いておきたいです。字数の関係で、面接で詳しくという形かも知れませんが、それでもこの字数に多くの内容を、上手に詰め込むことができる受験生が有利ではないかと思います。高校や塾の先生とも相談し、どううまく詰め込めるかを考えてみてください。足すべき内容は、学びたいことと。高校での活動実績です(ただし、別途、学修計画書や活動報告書やあるなら、必要はありません)。塾や高校の先生の協力を得られにくい環境の場合、各種、本格的な添削指導も、検討してみてください。

  19. MS(受験ネット側で、イニシャルに直してあります) より:

    レポートの添削をお願いします。

    〈体育を通して学ぶ〉
    教える側だけが納得して終わる授業ではなく生徒の立場になって取り組みやすい授業を行うことのできる体育教師になり、礼儀やマナーなどの体育以外の物事にも繋がることを生徒に学習してもらうことが私の目指す将来像です。礼儀やマナーを学ぶことは、生きていく上で必要なことだと考えています。そして体育が好きな子供だけに限らず、体を動かすことを苦手とする子供、嫌いな子供にも授業終了後には、笑顔になって変容した姿をイメージした授業作りをしていきたいと考えています。
    私は生涯健康でいるために体を動かすことは健康的な食事を摂ることと同じくらい大事なことだと考えていますが、大人になっても体を動かし続けるには、その人が若いころのスポーツに対して抱いていた気持ちが「苦手」「楽しくない」というものであると、急に大人になってスポーツを始めることはとても難しいことだと考えます。それは実際に体を動かすことを苦手としていた祖父が運動不足が原因で病気になり亡くなった姿を見て痛切に感じたことです。このような経験から、私は子供の頃の運動経験の大切さを身に染みて実感しました。しかし、スポーツ庁の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」によると最近の子供たちは現在私自身が小さかった頃に比べて運動をしている子としていない子の二極化が進んでしまっているというのが現状です。それは単に得意不得意が原因になっているのではなく、ネットワークやソーシャルメディアなどの普及により、体を動かさなくても良い便利な時代になりつつあることが主な原因であると考えられています。よって体を動かすことの楽しさを感じることのできる機会に出会うことがないまま、日常生活を過ごしている子が増えてきてしまっています。そこで政府はこの問題をたびたび取り上げ、新学習用指導要領では体育の授業数の増加などを改善策として提示しましたが、運動に対しての子供達の積極さは依然として二極化が存在したままになってしまっています。そもそも体育の授業は体を動かすことを好きになってもらうためのものではなく、授業を通して体を動かすことへの興味、苦手とすることへの挑戦する姿勢、さらに集団で行動するための協調性を育てるという定義に基づいて行われています。そこで授業数が増えたとしても、運動が元々嫌いな子供にとって一度体育の授業中に失敗してしまい自信を失ってしまえば、挑戦しようという気持ちが欠如してしまう可能性もあります。そのため私は、この体育の授業におけるそもそもの定義を心に留め授業を行うことが一番大切であると考えました。そこで、体を動かすことに苦手意識をもっている生徒だけでなく体を動かすことが得意な生徒にも、やってみようと思ってもらえるような取り組みやすい授業を行い、自信や達成感を身をもって経験してもらうことが、体育以外の様々な学びにも繋がると考えました。
     また、体育の授業ではスポーツから学べることが多々あることを理解し、他の物事に有効活用することができることを忘れていけないと考えています。私は4歳から14年間空手道を習い続けていて、道場で厳しく学んだ礼儀やマナーの大切さは必ず自らが目指す将来像を目指す上で役に立つという自信があります。例えば、最近の子供達は授業中に私語が止まらなかったり、授業に遅れて参加するなどの礼儀作法が欠けていることが問題として挙げられます。そこで私は「始まりと終わりの挨拶はダラダラせず、けじめをつけて行う」、「授業で使う道具は全員で協力して、準備や後片付けを行う」などのすぐに出来ることを大事にし、生徒に授業の参加してほしいと考えています。これは、スポーツの得意不得意に関わらず生きていく上で必要な礼儀やマナーを自然に身に付けられる授業になると考えます。また、体育の授業ではサッカー、バスケットボールなどのメジャーなスポーツを行います。このようなスポーツに対しルールの認識をつけることで、スポーツを通し判断力を養うこともできます。ボールが回ってきたら次に自分はどのような動きをすべきか、自分のチームや敵チームの動きなど判断しなければいけないことが沢山あるからです。判断力や洞察力が必要なスポーツを授業で行うことで、体を動かすことが苦手な人でもそのような力を身に付けることができます。上記で述べたように、嫌いな体育の授業を無理に体育の授業を好きになるために受けるのではなく、体育の本来の授業の在り方を理解することで、授業中に行う様々な取り組みにも興味や関心が湧き、体育の授業への抵抗も少なくなると考えています。どれだけ体育の授業が嫌いでも、体育を通して学びがあるということを頭の片隅に置いておくことで、体育への意識が変わることもあります。
    このようなことから私は将来、生徒の立場になり礼儀やマナーなどの体育以外の物事に繋がることを学ぶことの出来る授業を行うことのできる教師になることが目標です。そして子供達が大人になった時に礼儀やマナーなどの体育の授業で学んだ様々なことが体に自然と身に付き、たくさんの引き出しを持つことのできる子供を育てたいと考えています。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 スポーツ庁の報告や新学習指導要領などを調査し、根拠を以って書かれています。

      ・改善点 「礼儀やマナーを学ぶことは、生きていく上で必要なことだと考えています。」とありますが、削除が適切です。第1段落は全体の要旨を書いているようですので、やや深掘りとなり、つかみにくいだけでなく、後から剣道の話題に移った段階で、重複していると誤解される可能性があります。/また、第1段落は全体の要約ですので、第2段落以降に出てくる順番に書いてください。楽しい体躯の授業→礼儀やマナーの順です。/「判断力や洞察力が必要なスポーツを授業で行うことで、体を動かすことが苦手な人でもそのような力を身に付けることができます。」とありますが、話題が変わるので段落を変えます。また、この話題を出すのなら、第1段落で予告してください。/最終段落は、3つの点(楽しい体躯の授業、礼儀やマナー、判断力・洞察力)に触れてください。 

      ・改善点「体を動かすことに苦手意識をもっている生徒だけでなく体を動かすことが得意な生徒にも、やってみようと思ってもらえるような取り組みやすい授業」とありますが、意図した内容でしょうか? 逆になっているかも知れません。

      全体に読点が少ないうえに、段落構成が不十分なため、読み手に強い負担をかけています。段落構成をわかりやすくすると良いでしょう。

      • ももこ より:

         私は、日本と異なる文化、価値観を知り、固定概念に囚われずに、それぞれの人の視点から諸問題を柔軟に考えられる人材になりたいです。そのために、大学で身につけたいものが2つあります。1つ目は、国際社会におけるビジネスにおいて、会議や交渉の場で、他国の人とも意思疎通できるような堪能な英語力です。2つ目は、物事を広い視野で捉えられるような目です。
         まず1つ目の英語力についてです。〇〇大学のグローバル教育は、私の理想を現実にすることができると思いました。とりわけ私が魅力を感じたのは、〇〇〇(英語強化プログラム)です。〇〇〇では、プレゼンテーションやディスカッションなどの実践的な英語の使用があります。私はそこで、失敗を恐れず、主体的に活動を行い、講師の方にたくさん指導していただき、改善を繰り返し、能力の向上を図っていきたいです。また、〇〇〇の受講を、より充実したものにするためにも、特にTOEICなどの英語外部試験を中心に、これからも英語の学習を進めていきます。
         次に2つ目の俯瞰的な目を養うことについてです。私は、学校の授業やニュースがきっかけで、国境を越えた諸問題について、興味、関心をもっています。特に、国際紛争についてです。紛争が起こる原因として、政治的対立や経済的利害の対立だけでなく、長い歴史のなかで蓄積されてきた異なる宗教同士の対立など、人間の内面的問題もあり、様々です。それらが複雑に組み合わさり、引き起こされた紛争が数多くあると思います。そこで私は、国際政治の知識を身につけた上で、紛争のの詳細な要因を、多様な立場に立って、観察、分析したいです。その際、法学部の学科を超えた履修が可能な制度を活用したいと考えています。また、自分の目で、海外の現状を見るために、ボランティア活動を積極的に行いたいと思っています。それらの過程を終えていく中で、紛争の合理的な解決のために何ができるかを、模索していきたいです。
         これら2つのりゆうで、〇〇大学法学部国際政治学科を志望します。

        • 受験ネット 加藤 より:

          ・よい点 広い視野、俯瞰的な目と書く志望理由書は多いですが、具体的な身につけ方を書いた文章はほとんど見ません。その点、国際紛争をテーマに、他学科聴講を生かすなど、具体性があります。肝心な志望学科で、どの講義、どの教員、どのゼミを生かすのか書くとよいです。
          ・改善点 「たくさん」は話し言葉のため、できる限り避けて、言い換えます。/「りゆう」→理由
          ・改善点 英語力については、できれば現在の英語力を記したうえ、目標(TOEIC点数など)を書くと、具体性が強まり、印象に残ります。/「国境を越えた諸問題」とありますが、具体例を示すとよいです。

  20. SH(受験ネット側でイニシャルに直してあります) より:

    KO大学SFC、環境情報学部

    僕は将来、ITを駆使したビジネスをしたいと考えている。きっかけは3年前、広州に引っ越したからだ。Macとスマホがあれば食事、買い物、娯楽が楽しめ、街中ではロボットやドローンが人間を助けていた。広東省はITによるデータ集めのインフラが整っており、それを元に常にアイデアが生まれ、実行するまでが一瞬だった。
    僕は、IT化の未来が来ると確信し、高校でプログラミングと心理学、中国語を学んだ。中国では3Dプリンターと携帯アプリを連動させた「box型無人美容院」の企画を考えたところ、中国人実業家に投資家を紹介すると声をかけられたが、僕の知識では、具合的な形にはできなかった。
    僕は御校の環境情報学部で統計からデータを正しく見分ける力、相手に伝えるスキル、それを社会に繋げる発想力を身に付けながら、将来に向けて現実的な計画を練っていきたい。御校のIT化最前線で活躍する教授陣による講義や、研究会での実践的な活動を通して、世界を舞台に戦える力を学びたいと強く希望している。
     今は社会や環境問題を解決できるシステムや、新しい生活様式に人々が移行する助けになるシステムなどを考えている。例えば、
    ① 献立アプリで病気予防、食品ロス、過剰包装を解決する。
    アプリに、家族の年齢/体重/身長/持病/食の好み/食事時間/弁当の有無などを入力し1週間分の献立を作る。・持病がある人の献立データをかかりつけ医や栄養士と繋げれば、食習慣や生活習慣などを把握でき、持病悪化や他の病気の予防ができる。予防を強化すれば健康保険料も抑えられるだろう。・これをスーパーや農家と繋ぎ、必要な分量の食料を配送。まとめて配送すれば、個包装が減りゴミも削減する。必要な分量だけ買う事で、食品ロスも無くせる。また、直接農家からの配送で消費者は新鮮な物が手に入り、生産者は規格外の形の悪い野菜なども販売できる。日々の買い物量が減れば、老人や子供連れの主婦は十分助かるはずだ。
    ② 観光地用Maas型アプリで、観光地の深刻な渋滞と密を解消する。
    僕の地元の鎌倉でも、生活道路の渋滞は問題視されてきた。エリアプライシングや公共交通の利用を促すフリーパスなどの対策は考案しているが、課金システムや施設を作る場所問題が解決できない上、観光客数が減るという見解もあり、対策がないのが現状だ。これを解決する観光地用Maas型アプリを、鎌倉をモデルに考えてみた。・アプリに希望の観光目的を入力し、家族構成/ベビーカーや車椅子使用/車種などの情報を入力すると、AIが目的地近辺の道幅や歩道状況を考慮し、駐車場を数件紹介。その中から駐車場を選んで予約すると、そこから目的地を回る適切なルートと移動手段を考案。公共交通機関ほか、レンタル自転車/人力車/馬車などから手段を選んで予約する。人力車などは時間指定で駐車場に来てもらうのも可能だ。駐車場が少ないという問題は、鎌倉は老人が多く、駐車場を使用していない個人宅が多いので、その情報をアプリと連動して解決する。目的地により近い駐車場を提案でき、予約時間内は自由に出入りできるので、障害者や子供連れも観光しやすくなる。更に一般の駐車場より、安く提供できる。・観光ルートが決まれば、近辺の飲食店、土産物、名所なども立ち寄り先として提案し、まとめて予約できる。最近、人気飲食店でコロナ感染者が出て営業停止になったのだが、これを知らず沢山の観光客が殺到したことがあった。事前予約がメインになれば事前に連絡でき、密の回避、時間の節約にもなる。予約がメインになれば、飲食店の食品ロスも減る。・消費カロリーも分かるようにすると、歩きや自転車も楽しくなるかもしれない。ルート途中にあるトイレやコンビニも検索でるようにする。・アプリユーザーが増えれば、住民向けに、どのエリアが何時頃渋滞するかなど、予想情報を提供できる。
    コロナ禍の中、世界はIT化へ移行している。中国ほかアジア各国では早い段階からIT活用で感染爆発を抑えた印象から、「ITは生活を便利にするだけでなく人命も救う」というイメージを人々に与えた。しかし日本は、未だ接触確認アプリも力を発揮できず、IT化自体遅れを取っている。更に電子マネーの不祥事や、政府の透明性の無さで、個人情報の提供に危険を感じさせ、IT化への不信感を増長させている。僕はITが身近な問題を改善する効果を感じてもらえれば、ITの本当の可能性の理解に繋がり、それが社会にITを広げる近道だと思っている。環境情報学部は、総合政策学部と垣根なく学べるので、こういった問題にも広い視野で取り組めるのが魅力だ。
    またコロナ禍で「グローバル化は正しい道か?」という議論を見る。しかし現状日本経済を世界と切り離すことは無理だ。そして今の状況下では世界に正しく意見を伝えられる、強いリーダーが必要だとも感じた。御校が力を入るリーダー育成という理念は、今後必要な人材を育成する為に非常に重要だと確信している。僕はアジアのインター校が集まる吹奏楽の大会で、各国のメンバーを束ねるパートリーダーや、ボランティアからの経験を生かし、世界を相手にビジネスをするという目標がある。技術力、想像力で世界と競える日本を作るため、御校で学ぶのを強く願っている。

    機会を与えてくださってありがとうございます。
    よろしくお願いします。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・良い点 導入として、「box型無人美容院」を挙げたのが、自己紹介代わりとなり印象的です。/「世界に正しく意見を伝えられる、強いリーダーが必要」の部分は、関連学部の総合政策的要素が入り、印象に残ります(ただし、自身のリーダーシップだけでなく、意見を発信できる強いリーダー育成のために、国がすべきことを、端的に書いておいても良いでしょう)。

      ・改善点 「僕は」とありますが、通常は「私は」と直されます。ただ、慶応義塾はその辺は見ないかなという気がします。冒頭で記憶にも残りやすく、あえてこのままでも良いでしょう。/「御校」とありますが、話し言葉ですので、貴学とします(これはビジネス用語でもあるため、正しい用法を推奨)。/「統計からデータを正しく見分ける力」とありますが、統計とデータは似たものですので、「統計やデータから、本質を正しく見抜く力」が良いでしょう。自然科学においては、量(データ)と質の連携が重要で、そこを理解していると好印象です。/「コロナ禍の中、世界はIT化へ移行している。」とありますが、コロナ(とIT)への話題の転換がわかりにくいため、「さて、コロナ禍の中、ITには何が求められているのだろうか。」等とすると親切です。

      ・改善点 アプリの企画が詳細に述べられていますが、慶應義塾の講義、実習、研究室、教授(准教授、講師)との関連づけが不明確で、アイデアを並べただけで、学修計画として不十分な面があります。落とされるとしたらここです。アプリは2に絞ってもよいので、どの講義、実習、研究室、教授(准教授、講師)で、何を研究すればそれが実現できるのか、よく調査して記述してください。アプリ1(食品)も面白いアイデアですが、全く見たことがないとは言えず、2に絞っても良いでしょう(2の詳細な説明を大幅に削減してまで1を載せるメリットはなさそうです)。くり返しになりますが、落ちるとしたら、学修計画の不明瞭さ(アイデア先行)ですので、十分に検討してください。/

      ②は詳細で良いアイデアですが、渋滞解決には、パークアンドライドの提案をアプリの機能に含めると良いでしょう。例えば、鎌倉大仏の北西に、駐車場提供者がいれば、そこに誘導し、あとはバスで移動の提案も可能です。
      https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koutsu/documents/fig20130112.pdf
      なお、観光客用のアプリは、多くありますがあまり使われていません。その理由として、USP(Unique Selling Proposition)の訴求が弱いように感じられます。②のアプリでは、「渋滞無縁アプリ」というように遡及し、「検索できない隠し駐車場(民間宅)」を売りにすると良いでしょう。
      https://innova-jp.com/usp/
      商品開発提案では、ユーザーの最大の悩みを突き止め、商品・サービスのUSPとかみ合うことが重要ですので、常に応用できます。

      ※お手本になりそうな作品ですので、アドバイスの規約に「とくに良い作品は、受験ネット等で、お手本として紹介の可能性があります」とありましたように、今後受験ネット内で紹介させて頂く可能性がございます。

  21. MT(受験ネット側でイニシャルに訂正) より:

    >>
    志望理由書は800字なのですが630字しかありません。何かアドバイスお願いします。
    私が看護師を目指したきっかけは、周囲で看護師をしている方達が優しく、芯が強い女性ばかりで私もそうなりたいと思ったからです。また、……
    >>
    投稿有難うございます。看護医療系の内容でしたので、看護医療のページに投稿を反映させて頂きました。お手数をおかけいたします。

  22. MR(受験ネット側でイニシャルに直してあります) より:

    志望学校 大阪教育大学の教育研究科
    志望理由書要求 特になし
    志望理由書
    私は、将来日本語教師になりたい。夢を実現するために、貴学の教育研究科を志望する。
    現在の日本は外国移民が受け入れられることを承認していないが、目前にまで「多文化共生社会」を実現することが差し迫っている。外国人の定着、生活に伴い、現地の方言教育が外国人によって大きな課題となっている。これは私がこうした夢を抱くきっかけである。
     大阪で二年間の留学生活の中、関西人の友達と付き合い、関西方言についての知識も勉強した。しかし、インタネットから面白い現象を見出した。ある番組がインタネットで「関西人が標準語だと思っている関西方言」の調査をやってみた。関西では関西方言の一部が日本語標準語だと思われる人が多い。関西在住の若年層において、標準語の影響を受けていても、京阪アクセントも強く保持している。関西方言は大きい影響を持っていることに驚いた。中国にも方言の影響があるが、関西人の意識ほど強くない。関西方言の現象について、日本語・日本文化に関する知識を学びことで、原因を明らかにしたいと思う。
    また、原因を明らかにすることだけでなく、それを通じて、関西に在住する外国人も関西方言をさらに理解することができると考えている。そして、関西方言の裏に隠れている日本文化を了解することで、外国人が関西でうまく溶け込み、コミュニケーション能力を向上できるようになりたい。
     貴学の教育研究科に一番興味があるのは、留学生を積極的に受け入れ、日本人と協働しながら、多文化共生社会の方面から日本語教育に力を入れる点である。また、〇〇先生が日本の方言を研究する点と教育に関する科目を開設する点である。先生のご指導下で研究を進め、共通科目で教育技法を身につけることができる。最後は貴学の学園雰囲気がとても良い点である。ネットと中国人先輩から、貴学の学生が皆真面目に勉強し、研究に適することがわかる。
     卒業後、日本語教師になりたい。貴学で学んだ知識を生かして、関西に在住する外国人に面白い日本語を教えたいと思う。
    よろしくお願いします。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・よい点 留学生ならではの観点で、日本語によるコミュニケーションの課題を提示できています。
      ・改善点 「現地の方言教育」とありますが、意味が理解しにくいです。「現地の方言をどのように学ぶのか」に直すとよいでしょう。/「インタネット」とありますが、インターネットが正しい表現です。
      ・改善点 「関西では関西方言の一部が日本語標準語だと思われる人が多い。」とありますが、意味が分かりかねます。/「関西在住の若年層において、標準語の影響を受けていても、京阪アクセントも強く保持している。」とありますが、不自然な部分がありますので、「関西在住の若年層は、標準語を話すようになってきたが、昔からの京阪アクセントも強く保持している。」などと言い換えてください。/「また、原因を明らかにすることだけでなく、それを通じて、関西に在住する外国人も関西方言をさらに理解することができると考えている。」は、言おうとすることは理解できますが、日本語として不自然です。

      改善点は2つ指摘することとしていますが、なるべく多くの点を指摘いたしました。全体として、意味が分かりにくい部分がいくつかあり、読み手にかなり時間をかけさせているのが実情です。できれば、学校、塾、周囲の方と相談し、1つ1つ、自然な日本語に直す作業をおすすめします。内容、構成、熱意については全く問題がありません。

  23. TIorHI(受験ネット側でイニシャルに直しました) より:

     私は貴学の経済学部に入学し、経済学部に入学し環境経済学を学びたい。私は、高校の時に経験したニュージーランド研修をきっかけに、、環境保全のために行われる政策について興味を持った。今日、多くの生物が絶滅の危機に瀕しており、各国が様々な対応をとっているが、資金集めなど問題は山積している。そんな中、COVID-19の感染各台を受けて早急の経済回復が求められ、環境保全が重視されないことは十分予想できる。実際に来年度に導入予定だった炭素税の延期が発表された。自然環境は人類にとって必要不可欠であり、経済活動と環境保全を両立させていくためには炭素税とは異なる新たな環境政策が必要だ。
     そので、私は貴学の経済学部で環境経済学や経済政策を学び、現代社会における政策について理解を深めたいと考えている。また、炭素税の研究もされている諸岡徹ゼミに参加し、新たな環境政策を目指して論文の作成に励みたい。現在の複雑多様化する社会で、問題解決には他社との交流は欠くことのできないものであり、その点で「対話を根幹とした自主学習」を掲げる貴学は私の理想だと考える。また、多様な学生を受け入れていることも魅力の一つであり、私はそのような恵まれた場に身を置き、社会貢献のため学問に励みたい。

    よろしくお願いいたします。

    • 受験ネット 加藤 より:

      ・よい点 読点の打ち方や文章のリズムが読みやすさにつながっています。
      ・改善点 「ニュージーランド研修をきっかけに」とありますが曖昧で、環境保全政策に興味を持った原点が伝わらず、人物像が定まらない印象です。/「炭素税とは異なる新たな環境政策が必要だ」とありますが、新型コロナの影響が落ち着いたあとなら、炭素税でも問題がないはずで「異なる」必要性が理解しにくいです。また、炭素税の研究をしているゼミに参加という点も矛盾があり、やや文脈が整わない印象を受けます。/「自然環境は……必要不可欠」とありますが、曖昧な印象です。「自然環境の激変を防ぐことは」など、細かく考えてゆく必要があります。
      ・改善点 各台→拡大/他社→他者/そので→そこで

      全体として、環境問題の分析が曖昧です。例えば、生物が絶滅すること自体は、経済には影響がないはずで、環境問題と経済の結びつきや、志望校での研究内容、ご自身が研修で得た問題意識との、細かなすり合わせが必要です。
      参考資料 https://www.env.go.jp/nature/biodic/kikou_tekiou-pamph/tekiou_jp.pdf

      受験ネット 加藤

タイトルとURLをコピーしました