入試・学部選び

【高2から】2020年新入試 学校推薦型選抜、総合型選抜、一般選抜の内容と対策をわかりやすく!

更新日:


現在の高校2年生が受験する、2020年度の入試から、大学入試の仕組みが大きく変わります! この記事では、高校2年生が理解しておくべき、新しい大学入試の仕組みを分かりやすく説明します。

  • 筆者:管理者(加藤)は元予備校講師。教務部長として、受験対策を立案してきました。現在は東日本の高校で年に80回の講演を行っています。

(注)この記事では、2020年度の大学入試とは、2020年9月~2021年3月に出願する入試をさします。

速報:大学入学共通テスト 英語民間試験見送り! 高2・高1生はリスニング対策が合否を決める


【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ



受験ネットから進呈

新しい大学入試について知っておくべきことはこれだけ

2020年度の入試から、仕組みが変わると聞いたんですが、大学に行けなくなっちゃわないか心配!

現在の高校2年生が受験する、2020年度の入試から、新しい大学入試が導入されますね! 心配をしている人も多いと思いますが、この記事で全て解決します。まず、次の内容だけ押さえておきましょう。

入試から「選抜」に変わります!

旧制度(2019年度実施まで)新制度(2020年度実施から)
一般入試一般選抜
指定校・公募推薦入試学校推薦型選抜
AO入試総合型選抜

1つ目の特徴は、入試制度の名前が変わることです。これまでのように、入学に必要な知識を「試す」形から、思考力や主体性なども含め総合的に「選ぶ」形となるため、入試という呼び方は全廃されます。

また、どの入試でも、担任が高校生活を詳しく記入する調査書が、合否に影響するようになります。一般選抜でも調査書が、影響します。

名前が大きく変わり覚えにくくなりますが、略称は以下のようになるでしょう。

  • 一般選抜 → 一般
  • 学校推薦型選抜 → 推薦
  • 総合型選抜 → 総合

【ここが重要】自分が、一般・推薦・総合のどの選抜を使うのかを、なるべく早く決め、調査書に書いてもらえる内容を準備しておく必要がある。

一般選抜とは?

一般選抜とは?

一般選抜の特徴は、これまで試験の点数しか問われなかったのに対し、新たに調査書と資料(書類)が加わることです。試験は、記述式が増えてゆきます。

  • 調査書 … 先生が書くもの
  • 資料(書類) … 高校生が自分で書くもの
一般入試(2019年度実施まで)一般選抜(2020年度実施から)
学力検査大学側が自由に実施(私立大の場合)①大学入学共通テストを積極的に活用する、②思考力などを測る記述式を拡充、③英語は、書く・話すも問う(民間試験採用を見送り)。
調査書1枚まで。開封しないことが大半。評定平均を記載。高校生活を詳しく記録するため、枚数は制限なし。配点等は各大学の自由だが、積極的に活用。
資料(書類)原則なし高校生活での実績(表彰等)を書く。積極的に活用。

一般選抜は、以前のような教科試験一発方式から、高校生活の内容が問われるようになります。方針が大きく変わり、焦ってしまうかも知れませんが、多くの大学で様子見からスタートしそうです。

  • 成城大学(A方式)… 調査書提出を原則とするが、合否判定に用いず、入学後の指導の参考にする。
  • 駒澤大学(一般選抜) … 調査書、資料(志望理由書)等の活用を検討
  • 大東文化大学(一般選抜)… 調査書に、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度に関する経験を必ず記入する。

上は、2019年4月1日現在の、いくつかの大学の公表内容ですが、全体に検討中の大学が目立ちます。

(ポイント)そもそも一般選抜は、勉強面が優れた高校生を選ぶ狙いがあるので、調査書の比重が急激に高まることはないだろう。これまで通り、学科試験での得点力を上げることが絶対優先課題である。

一般選抜の対策

一般選抜を狙うなら、基本は勉強で良いということですね?

はい。一般選抜を狙う場合、調査書対策よりも勉強面の方が、まずは優先です。勉強面では、記述式や英語4技能(読む・聞く・書く・話す)に気を配る必要があります。書く、話すについては、 大学入学共通テストでの英語民間試験見送りが決まったため、当面は気にする必要がありません。

勉強面が優先とはいえ、調査書に書くことが全くないのも困りますので、主体性や思考力などをPRできるような活動はしておきましょう。

(注)文科省が定めた新しい学力には、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性の尊重・協働性」が含まれています。

文科省『新しい学習指導要領等が目指す姿』

各大学が独自に作成する教科試験だけでなく、大学入学共通テスト(旧センター試験)にも記述式が採用されます。記述の対策に力を入れてください。

大学入学共通テストの対策

大学入学共通テストは、国公立大学志望者は、受験が必須です。私大希望者も、共通テスト利用入試があるため、高校は全員を受験させます。

  • 数学と国語は、一部記述式となります。数Ⅰが3問、現代文が3問です。
  • 英語は共通テストが、読む・聞くを問い、民間の資格・検定で測る話す・書くに力が問われる場合もあります。
  • 試行テスト(平成29年11月)では、記述式のある国語、数学のほか、理科の難度も上がっている。

【ここが重要】一般型選抜=従来通り試験の点数を上げることに専念してよい。ただし、調査書が埋まる程度の活動(部活動、委員会、生徒会、資格取得、主体的な強化学習等)をしておくことが必要。

速報:大学入学共通テスト 英語民間試験見送り! 高2・高1生はリスニング対策が合否を決める

一般型選抜の日程

一般入試一般選抜(2020年度実施から)
日程2月1日以降実施/4月20日までに発表2月1日以降実施/3月31日までに発表

学校推薦型選抜とは?

定期試験さえがんばれば、指定校推薦で大学行けたはずなのに、オレの人生を返せ!

確かに、かつての指定校推薦は、一夜漬けでも良いので定期テストで高得点を取り、調査書が基準に達してさえいれば、ほぼ面接だけで合格できるお手軽入試でした。

しかし、指定校・公募推薦の後継者である学校推薦型選抜では、勉強面も高校生活の面も、かなり本格的に問われるようになります!

学校推薦型選抜は、推薦でも学力検査が必ずある!

学校推薦型選抜

かつての指定校・公募推薦は、文科省の 「原則として学力検査を免除し」という方針もあり、学科試験はほとんどありませんでした。

しかし、学校推薦型選抜では、大学入学共通テスト(旧センター試験)が課される場合も出てきます!

公募・指定校推薦入試(2019年度実施まで) 学校推薦型選抜 (2020年度実施から)
学力検査原則なし(小論文が多かった)①大学入学共通テスト、②各大学独自の評価方法(小論文、プレゼン、口頭試問など)のいずれかは必ず採用。
調査書比重が重い評定平均を記載。高校生活を詳しく記録するため、枚数は制限なし。従来通りに活用。
推薦書提出を求める場合もある先生が、推薦する生徒の学力(思考力、主体性なども含む)の評価を書く。必ず活用。

根拠:「学校推薦型選抜」(現行 推薦入試)における評価方法

このように大きく変わります。学校推薦型選抜では、何らかの学力検査が必ず課されるだけでなく、さらに長文の調査書と推薦書が課されます。

詰め込み型で定期試験を乗り切る生徒や、高校生活の中身が薄い生徒は、挑戦しにくくなると言えます。

【ここが重要】学校推薦型選抜では、①詰め込み型でない学力(大学入学共通テスト、小論文、プレゼン、口頭試問などに対応)を身につけ、②自慢できる高校生活での取り組み(特に主体的にテーマを決めた学習)が必要。

学校推薦型選抜の対策

学校型推薦は、大学によりさまざまな内容となります。どのように対策すればよいのでしょうか?

受験校が決まっている人は、各大学のウェブサイトで事前発表を確認してほしいのですが、未定の方は、まず4つのことを始めてください。

  • 評定を上げる … 入試の仕組みが変わりますが、調査書に書かれる評定平均値(高3の2学期までの評定の平均)は、引き続き重視されるはずです。定期試験対策に力を入れましょう。
  • ポートフォリオをしっかり書く … 高校の学習を記録する紙またはウェブ上の仕組みがポートフォリオです。 高校の指導に従って手抜きせず書いてゆきましょう(詳細:【新大学入試に採用】ポートフォリオとその対策をわかりやすく
  • 基礎学力を上げる … 基礎学力を上げておけば、①大学入学共通テスト、②各大学独自の評価方法にも必ず対応できます。コツは、定期試験1週間前からの詰め込み勉強をやめ、毎日少しずつ勉強をすることです。
  • 小論文対策をしておく … 公募制推薦時代に採用率が高かった小論文は、引き続き採用される可能性があります。文章力は、入試用のどんな資料(書類)づくりにも必要なため、応用が利きます。

また、 書き切れませんでしたが、総合的な学習の時間(2022年入学からは総合的な探求の時間)での取り組みは、特に評価に影響します。

学校推薦型選抜の日程

指定校・公募推薦学校推薦型選抜(2020年度実施から)
日程11月1日以降実施/発表日は自由11月1日以降実施/12月1日以降に発表

総合型選抜とは?

吹奏楽部の全国大会に行って、AO入試で大学と考えていたのに……。私の人生を返して!!

確かに、かつてのAO入試は、部活動など好きなことに打ち込み、かなりの成果を出せばそれだけでも合格しやすい入試でした。

しかし、AO入試の後継者である総合型選抜では、勉強面も、かなり本格的に問われるようになります!

総合型選抜は、推薦でも学力検査が必ずある!

総合型選抜は、かつてはAO入試と呼ばれたもので、文科省の 「知識・技能の修得状況に過度に重点を置いた選抜基準とせず」という方針もあり、学科試験はほとんどありませんでした。しかし、総合型選抜では、大学入学共通テスト(旧センター試験)が課される場合も出てきます!

AO入試(2019年実施まで) 総合型選抜 (2020年度実施から)
学力検査原則なし①大学入学共通テスト、②各大学独自の評価方法(小論文、プレゼン、口頭試問など)のいずれかは必ず採用。
調査書評定の比重は軽め(特別活動、部活動、資格等を重視)評定平均を記載。また、高校生活を詳しく記録するため、枚数は制限なし。
資料(書類)志望理由書、自己PR書の形で重視生徒が書く、志望理由書・活動報告書(自己PRに近い)・学修計画書などを積極的に活用する。

根拠:「総合型選抜」(現行 AO入試)における評価方法(文科省)

総合型選抜では、もともと長文の書類が目立っていたためその点では変化はありませんが、学力検査を必ず採用とした点が大きな違いです。

【ここが重要】総合型選抜は、人に自慢できる高校生活(部活動、生徒会、委員会や、校外の地域活動、ボランティア、コンテストなど)が重要。ただし、評定の評価や学力検査もあるため、定期試験対策に手を抜かない。

総合型選抜の対策

総合型選抜は、大学によりさまざまな内容となります。どのように対策すればよいのでしょうか?

受験校が決まっている人は、各大学のウェブサイトで事前発表を確認してほしいのですが、未定の方は、まず4つのことを始めてください。

  • 人に自慢できる高校生活を送る … 部活動(できれば大会実績)、係、生徒会、委員会(なるべく役職を引き受ける)や、校外の地域活動、ボランティア、コンテストなどでの確かな実績を積み上げます。
  • ポートフォリオをしっかり書く … 高校の学習を記録する紙またはウェブ上の仕組みがポートフォリオです。 高校の指導に従って手抜きせず書いてゆきましょう(詳細:【新大学入試に採用】ポートフォリオとその対策をわかりやすく
  • 基礎学力を上げる … 基礎学力を上げておけば、①大学入学共通テスト、②各大学独自の評価方法にも必ず対応できます。コツは、定期試験1週間前からの詰め込み勉強をやめ、毎日少しずつ勉強をすることです。
  • 小論文対策をしておく … AO入試時代同様、長文の資料(書類)を自分で書く必要があります。小論文で得た文章力が必ず生きてきます。

また、書き切れませんでしたが、大学によってはAO入試を発展させ、大学での学習の意欲が高い生徒を選抜する可能性もあります。早い段階で学部を決め、学習計画を作り、高校時代からそれを意識して活動すれば、必ず合格率が高まります。

総合型選抜の日程

AO入試総合型選抜(2020年度実施から)
日程8月1日以降出願/9月1日以降に発表9月1日以降出願/11月1日以降に発表

学校推薦型選抜と総合型選抜の違いは?

学校推薦型選抜と総合型選抜って、結局、学力検査もありーの、書類も長い―ので似てる気がするんだけど、違いが分からない!

学校推薦型選抜と総合型選抜の違いが分からない。もっともな指摘です。違いは以下のようになります。

学校推薦型選抜 (2020年度から) 総合型選抜 (2020年度から)
学力検査 ①大学入学共通テスト、②各大学独自の評価方法(小論文、プレゼン、口頭試問など)のいずれかは必ず採用。 同じ
調査書 評定平均を記載。高校生活を詳しく記録するため、枚数は制限なし。従来通りに活用。 同じ
書類等【推薦書】
先生が、推薦する生徒の学力(思考力、主体性なども含む)の評価を書く。必ず活用。
【資料(書類)】
生徒が書く、志望理由書・活動報告書・学修計画書などを積極的に活用する。

大きな違いは、下のようになります。

  • 学校推薦型選抜 … 先生(担任、最終責任は校長先生)が推薦
  • 総合型選抜 … 自己推薦

そして、学校推薦型選抜で必要な推薦書は、原則として新しい学力(下のように文科省が決めた)に沿った内容しか書けません。

(注)文科省が定めた新しい学力には「知識・技能」のほか、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性の尊重・協同性」が含まれています。

文科省『新しい学習指導要領等が目指す姿』

学校推薦型選抜と総合型選抜もバランスが求められるのですが、高校内での成果が大きめの生徒は、学校推薦型選抜が向いていると言えます。

  • 学校推薦型選抜 … 高校側の目で生徒を選ぶ仕組み。勉強(とくに総合学習の時間は重要)や特別活動(部活動、係、委員会、生徒会など)での成果が重要となる。
  • 総合型選抜 … 生徒自身の目や、大学側の目も選抜に含まれる。地域活動、ボランティア活動、コンテストへの応募、大学でやりたい研究があるなど、高校側の目からもれてしまう生徒も評価される。

(注)2022年入学の生徒からは、総合的な学習の時間は、総合的な探求の時間に改められる(文科省資料の5ページにある)。

関連記事(必ずいつか読んで!)

速報:大学入学共通テスト 英語民間試験見送り! 高2・高1生はリスニング対策が合否を決める


関連コンテンツとスポンサーリンク


受験ネットから進呈

-入試・学部選び

Copyright© 受験ネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.