教育問題

学校のキャリア教育を分かりやすく(キャリアコンサルタントのために) #12

投稿日:


キャリアコンサルティングは、就労者や就職希望者のほか、中学、高校などでも盛んに行われています。このページでは、学校教育法に基づく、小学校から大学院までのキャリア教育を説明します。

前回今回次回
人事管理・労務管理(キャリアコンサルティング)を分かりやすく #11学校のキャリア教育を分かりやすく(キャリアコンサルタントのために) #12未作成

【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ



受験ネットから進呈

学校のキャリア教育

学校における進路指導とキャリア教育

かつては成績などによって進路(大学・短大・専門学校・就職)を振り分けることを主眼とした進路指導は、現在は職業的要素を伴う、キャリア教育にしてきています。その根拠は、学校教育法。小学校から大学院に至るまで。就職、進学はもちろんのこと、その後の生活への適応や能力の伸長を図るものです。

中学、高校、大学とも、進学者・就職者の両方がいるため、職業指導と進学指導を同時に行うのが特徴です。

(注)学校の呼称について

・小学校 … 初等教育
・中学校 … 中等教育
・高校 … 中等教育
・大学 … 高等教育

学校におけるキャリア教育の推進

キャリア教育という言葉が初めて登場したのは、中央教育審議会の「初等中等教育と高等教育との接続の改善について」(1999年)でした。学校間のみならず、職業との接続改善も視野に入れ、小学校から大学までのキャリア教育の必要性がうたわれています。

①教育基本法改正(2006年)… 個人の価値を尊重、自主自立、職業意識。

②教育基本法改正(2007年)… 学校内外における社会的活動を促進し、社会の発展に寄与する態度を養なう。職業、進路を選択する能力を養う。

  • 小中高校での、職業体験、職業人インタビューなどが広がりました。

③教育振興基本計画(2008年)… キャリア・職業教育と、生涯を通じた学び直し。

④大学設置基準・短大設置基準(2010年改訂) … 大学でのキャリア教育の法的根拠。

キャリア教育とは

キャリア教育とは、一人一人の社会的・職業的自立に向け、能力や態度を育て、キャリア発達を促す教育を指します(中教審、2011年)。授業や特定の活動に限らず、さまざまな教育活動を通じて、社会人・職業人としての自立を促すものです。教えるよりは、考える契機を与えるという趣旨があります。

職業教育は、本来は一定または特定の職業をターゲットとしたものですが、社会の変化を想定し、多様な職業への対応も重要です。そのため、以下のように行われます。

基礎的・汎用的能力の確実な育成①人間関係形成・社会形成能力
②自己理解・自己管理能力
③課題適応能力
④キャリアプランニング能力
社会・職業と各能力の関係を知る実際の職業との関連を重視した、実践的・体験的な活動

例えば、高等学校では、下のような進路行事が行われています。

  • 1時間目 … 職場におけるあいさつの重要性を、寸劇で知る。
  • 2時間目 … 専門学校の講師を招き、職業ごとに体験を行い、そのなかで職場のコミュニケーション(人間関係形成)の重要性を伝える。

生きる力とは

基礎的・汎用的能力と似た概念として、生きる力(=①確かな学力、②豊かな人間性、③健康・体力)が提唱されています(文部科学省)。

この背景には、勤労観、職業観の未発達、社会人としての意識の未発達、高学歴化による将来計画の希薄化などがあります。

生きる力①確かな学力、②豊かな人間性、③健康・体力

例えば、高等学校では、下のような進路行事が行われています。キャリアコンサルタントは、講演部分を担当する可能性はあります。

  • 1時間目 … 学力だけでなく、人間性も重要なことを講演で知る。
  • 2時間目 … 大学のスタッフを招き、学部ごとに説明を行い、高校での基礎学力の重要性と、大学生活や就職活動で人間性が求められる点を説明する。

(注)基礎的・汎用的能力、生きる力に加え、経済産業省の社会人基礎力(アクション、シンキング、チームワーク)もあります。

今後キャリア教育・職業教育

「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」は、2011年に中央教育審議会が出した、答申です。若者の現状として、以下の点を挙げています。

  • 学校から社会・職業への移行が円滑ではない
  • 完全失業率約9%(2017年の15~24歳の完全失業率は4.6%| 労働経済白書(注:530ページの大量データ)
  • 非正規雇用率32%(2017年は約4割。2017年の25~34歳の不本意非正規雇用率は22.4%労働経済白書(注:大量)
  • 早期離職率(3年以内)が高い。中:高:大卒=7:5:3割。(2019年発表の数値では、中:高:大卒=64%:39%:32%となり、四捨五入すれば、6:4:3となる|厚労省

(覚え方)以前は7:5:3、現在は1減らして6:4:3。大卒に関しては、早期離職率が約3割あり、正職員社員を希望しながら非正規雇用に就いている人が、約2割ある点がポイントです。

「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」は、社会的・職業的自立のために、基礎的・汎用的能力の確実な育成が課題だとしています。このほかに、勤労観・職業観、論理的思考力等も挙げています。

基礎的・汎用的能力の確実な育成①人間関係形成・社会形成能力
②自己理解・自己管理能力
③課題適応能力
④キャリアプランニング能力

基礎的・汎用的能力は、もとは4領域8能力として整理されていたものです。

自他の理解能力|コミュニケーション能力人間関係形成・社会形成能力
自他の理解能力自己理解・自己管理能力
計画実行能力|課題解決能力課題適応能力
情報収集・探索能力|職業理解能力|役割把握・認識能力|計画実行能力|選択能力|課題解決能力
(注)職業の情報を集め、自分と照らし合わせながら選択し、すべきことを見極め前へ進んでゆく能力。
キャリアプランニング能力

前回今回次回
人事管理・労務管理(キャリアコンサルティング)を分かりやすく #11学校のキャリア教育を分かりやすく(キャリアコンサルタントのために) #12未作成

【実体験】キャリアコンサルタント 参考書・問題集の選び方

【実体験】キャリアコンサルタントの学校の選び方


関連コンテンツとスポンサーリンク


受験ネットから進呈

-教育問題

Copyright© 受験ネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.