【実体験】キャリアコンサルタントの学校の選び方|リカレント、マンパワーの比較、口コミなど | 受験ネット

【実体験】キャリアコンサルタントの学校の選び方|リカレント、マンパワーの比較、口コミなど


受験ネット
受験ネット

キャリアコンサルタント(国家資格)の学校選びを始めようとしていますか? この記事では、筆者の実体験に基づきキャリアコンサルタントの学校をどう選んだのかを説明します。

  • 管理者(加藤)は、キャリアコンサルタント(2020年4月取得)。予備校を経て、現在フリーの進路アドバイザーとして、高校内の講演会に出講しています。
  • キャリコン取得に関するご相談は、コメント欄へどうぞ(無料)。

キャリアコンサルタント取得に必要なスクールは、全国に18校もある!

受験ネット
受験ネット

キャリアコンサルタントは、3年間の実務経験が必要となりますので、大半の方がスクールでの講習参加が必須です! 最初にスクールを調べましたが、19もありました💦

厚生労働省が定めたスクールは、全国に19あります(厚生労働省一覧)。費用や開講場所は2020年8月現在のものです。開講場所は流動的ですので、各スクールのリンクもご覧ください。

筆者プロフィール、お問い合わせ

授業時間は140時間前後で、半分が映像学習、半分が授業です。自分の場合は、5時間の授業を14日間受けるコースにしました(5×14=70)。夜だけ2時間半の方は、28日間通っていました。

主要都市からご自宅が遠い方(甲信越、北陸、中国、四国)は、「ほか」の〇印にご注目ください。北日本は、札幌、仙台などをさします。

受験ネット
受験ネット

選択肢が多いエリアで迷う場合、スクールなら「リカレント」「マンパワー」、協会なら「日本産業カウンセラー協会」が、名前がよく挙がる養成施設です。

キャリアコンサルタント スクール一覧表(18校)

指定団体講座名合格率開講場所首都圏名古屋大阪福岡北日本ほかオンライン
特定非営利活動法人日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会CMCAキャリアコンサルタント養成講習(352,000円税込)記載なし東京 、札幌 、函館 、 福岡
特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム(396,000円税込)記載なし大宮 、横浜 、名古屋 、 大阪 、福岡
テンプスタッフ・ピープル株式会社GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム(360,000円税別)記載なし大阪
マンパワーグループ株式会社GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム(374,000円税込)記載なし札幌仙台埼玉東京横浜金沢名古屋京都大阪神戸広島福岡熊本沖縄
有限会社キャリアサポーターICDSキャリアコンサルタント養成講座(297,000円税込)
※完全通学制
学科85%(第14回平均67.1)
実技75%(第14回平均66.0)
名古屋・弘前
一般社団法人日本産業カウンセラー協会一般社団法人日本産業カウンセラー協会キャリアコンサルタント養成講習(330,000円税込)記載なし全国31都市
株式会社テクノファキャリアコンサルタント養成講座(298,000円+税)記載なし東京
株式会社リカレントキャリアコンサルタント養成講座
(454,000円+税)
※完全通学制
割引 記事最後に割引方法記載
学科78%(平均60%)
実技78%(平均70%)
※下欄外に注
東京、名古屋、仙台に13校舎
株式会社リカレントキャリアコンサルタント養成ライブ通信講座(364,000円+税)
割引 記事最後に割引方法記載
(論述)平均32.8点の回で、卒業生平均38.5点
欄外注
東京、名古屋、仙台に13校舎
株式会社日本マンパワーキャリアコンサルタント養成講座 (総合)(374,000円税込)記載なし全国14都市
首都圏名古屋大阪福岡北日本ほかオンライン
学校法人大原学園開講未定 キャリアコンサルタント養成講習(330,000円税込)記載なし
公益財団法人関西 カウンセリングセンター公益財団法人関西カウンセリングセンターキャリアコンサルタント養成講習(346,500円税込)「全国平均合格率を20%上回る実績」大阪
公益財団法人関西生産性本部公益財団法人関西生産性本部キャリアコンサルタント養成講座(357,500円税込)記載なし大阪
公益財団法人日本生産性本部公益財団法人日本生産性本部キャリアコンサルタント養成講座(384,000円+税)記載なし東京、群馬、長野、新潟、金沢、福岡、沖縄
株式会社東京リーガルマインドLEC 東京リーガルマインドキャリアコンサルタント 養成講座(302,500円)記載なし東京、大阪
株式会社 パソナ100年キャリア講座キャリアコンサルタント養成講習(320,000円)記載なし東京
一般社団法人地域連携プラットホームキャリアコンサルタント養成講習(270,000円税込)学科・実技同時合格率63%(第1~12回、平均48%)志木
株式会社グローバルテクノ準備中 キャリアコンサルタント養成講習(2020年8月現在)
株式会社労働調査会キャリアコンサルタント養成講座(320,000円)新宿

(注)リカレント … 表内の合格率は、2019年4月現在過去3期平均。なお、実技試験内の論述は、平均32.8点の回で、リカレント卒業生平均38.5点。

オンラインで合格できるの?

受験ネット
受験ネット

オンラインとは、通学制に適した部分も、zoomなどで代用する仕組みです。

基礎理論
(140時間)
応用実習
(140時間)
標準的なパターン動画通学制
完全通学制通学制通学制
オンライン動画Zoom

通学制の応用実習では、各種心理テストなど現物を用いた授業、2~4人組でのキャリアコンサルティング演習などがあるほか、受講生同士の情報交換も大きなメリットです。また、講師と対面することで、キャリアコンサルタントとして求められる人間性が、非言語的に伝わってくるメリットも見逃せません。

個人的な感覚としては、オンラインでは、試験に1発合格するのは無理だったと思います。しかし、お年寄りや持病のある方と同居の場合、オンラインを選択せざるを得ないと考えます。

(リカレントでは、全員にキャリアコンサルティング面談の実践の機会が与えられ、全授業に参加する副担当や、終盤に参加するリカレントOBのアドバイスも受けられます)

有名校と地域校で比較してみよう

受験ネット
受験ネット

地方の方は、通える範囲が選択肢ですが、都会の方は、有名校と地域校に分類して、どちらがよいか比較してみましょう!”

Googleの検索エンジンは、よく検索されるスクールを上位に表示します。「キャリコン スクール」で検索すると、全国的な有名校が分かります。

  • 1位 リカレント
  • 2位 マンパワー
  • 3位 ヒューマン
  • 4位 LEC東京リーガルマインド
  • 5位 一般社団法人日本産業カウンセラー協会

(2020年8月現在の順位。個人ブログを除き上位5つを書きだした)

よくライバル視されるのが、リカレントとマンパワーです。協会なら、日本産業カウンセラー協会の名前をよく聞きます。

有名校と地域校の違いはこれ!

受験ネット
受験ネット

有名校は、キャリコン重視型と、幅広い資格を扱う資格スクールに分かれます。個人的には、都会の方は、キャリコン重視型の有名校を選ばれるとよいと思います。教材へのこだわり方や、力の入れようを感じることができます。

(ここでは、有名校とは、Google検索結果を根拠にしています)

分類スクール特徴
有名校(キャリコンに強い)・リカレント
・マンパワー
・一般社団法人日本産業カウンセラー協会
組織としてキャリコンに力を入れており、教材、講師、仕組みなどにこだわりが強い。
有名校(資格教育に強い)・ヒューマン
・LEC東京リーガルマインド
資格大手の安心感があり、資格学習のノウハウがある。
地域校その他合格率を公表しているスクールもあり、面倒見で勝負している。

筆者がリカレントに決めた理由は、口コミ

リカレント新宿校の説明会会場
受験ネット
受験ネット

キャリアコンサルタントの学校は18校もあり、比較検討は大変です。そこで筆者は、すでにキャリアコンサルタントを取得済みで、産業カウンセラー、認定心理カウンセラーなど10個の資格を持つAさん(男性)に、相談しました。

講師と教務の力量がポイント

Aさんによると、学校選びのポイントは、実績のある講師がそろっていること。キャリアコンサルタントは新しい資格のため、講師不足が発生しているようです。

また、キャリアコンサルタントは学科試験の合格率が6割台(第14回データ)しかなく、出題傾向の分析や教材づくりに、力量を割いていることがポイントとのことでした。これらの点を総合すると、キャリアコンサルタントに特化し、規模も大きいリカレントがベストとの判断です。

リカレントは、受講料は16校の平均よりも約4万円割高となりますが、比較検討するとその差額に見当った価値がありました。以下、実際に比較したポイントをお伝えしますので、ご自身のスクール選びのチェックポイントとしてご活用ください。

(紹介割引)リカレントには紹介割引があります(1万円引き)。身近にご紹介者がいない場合、 こちらから お問い合わせください。

比較ポイント1 平均14回の通学は、まず立地が重要!

リカレント新宿校が入るビル
受験ネット
受験ネット

首都圏や大阪には選択肢が多いですが、地方の方は、お近くで開講しているスクールにまず絞られます。平均14回通いますので、交通の便は、大きなポイントです。

キャリアコンサルタントは、140時間の授業時間が必要で、通常は70時間が動画学習、70時間が通学しての授業学習に振り分けられます。通学が必要な授業部分は、スクールによって異なりますが、以下のようなパターンが代表的です。

パターン1日の授業時間通う日数向いている人
7時間10日間土日か平日が1日空き、集中して学習したい人。ただし復習負担は大きめ。
5時間14日間適度な負担でバランスよく学習したい人。筆者はこれを選択(毎週1回、3か月と2週間通学)。
2.5時間28日間仕事の関係で、夜の時間帯などで少しずつ学習したい人。

キャリアコンサルタントを取得するには、平均して14日間は通学をすると考えるとよいでしょう。すると、自分自身が使いやすい駅の駅前立地がベストです。

リカレント新宿校

校舎選びは、駅に近く、コンビニが近いと便利。また、昼をまたぐコースの場合、飲食店があると便利です。

リカレント新宿校の場合は、地下鉄・新宿三丁目駅から徒歩2分の便利な場所にありました。徒歩1分にファミリーマートがあります。飲食店は、てん屋、ゴーゴーカレー、から揚げ屋さんをローテで利用し、授業が延長した日は、吉野家を利用しました。

比較ポイント2 建物が占有物件かどうかは、非常に重要!

受験ネット
受験ネット

建物の美しさはより授業内容!と言いたいところですが、キャリコンは国家資格で学習内容自体は共通。そのため、14日間(5時間授業の場合)通い、さらに同じ分量の映像教材の自習できることを考えても、環境のよさは意外に重要と考えます。

受講予定のスクールで説明会を聞き、教室、自習に使うPCルーム、お手洗いなどの環境を見てくることが必要です。

リカレント新宿校の場合は、少し上の写真のようにデザインが良く新しいスクールです。横浜校は、建物がやや古く、ずいぶん印象が異なります。

卒業して分かった、建物が占有物件かどうかの重要性!

追記 キャリコンのスクールは、毎日スタッフが常駐する占有物件か、貸し会議室での授業かで、大きく充実度が分かれます。占有物件は、自習スペースがあることもあり、大変便利です。とくに自宅が集中できない環境の方には、欠かせません。

また、どのスクールでも、授業期間から試験までの数カ月に、生徒同士の自主面談練習があります。

(キャリコンの配点)学科:100点、論述:50点、面接:100点

建物が占有物件なら、無料で空き教室を借りられますが、貸し会議室の授業の場合、有料で借りることになります。マンパワーを卒業した知人の場合、みなで500円ずつ出し合って、会場を確保していたそうです。

ちょっとした質問の場合も、占有物件ならスタッフが対応してくれることもあるので、便利です。

なお、リカレントの場合は、新宿、横浜、銀座、名古屋が占有物件だと思います(ほかの教室には、来校をご希望の方は事前にご連絡くださいと書かれています)。

紹介割引 リカレントには紹介割引があります(1万円引き)。身近にご紹介者がいない場合、 こちらから お問い合わせください。

比較ポイント3 キャリコン試験の直前対策は別料金ではないか

リカレントの直前対策
受験ネット
受験ネット

キャリアコンサルタントは、原則年3回の試験があります。そして、厚生労働省の方針で、試験の3か月前までに、最終回の授業を終えている必要があります。よって、試験直前の重要な時期に、授業が開講されないということになります。

そのため、直前対策が開講されているか、模試の準備はあるか、それらに追加費用がかからないかは、重要です。また3か月の自習期間に、パソコンを備えた、利用しやすい自習環境があるかもチェックのポイントです。

リカレントの場合 … 試験直前に、10時間分の無料講座が開講されます(模試、解説授業、映像配信)。

追記 実際にリカレントを卒業してみて、大きな差となったのが模試の実施です。自分の場合は、忙しく対策が進んでいませんでしたが、模試で60点(本番は70点必要)を取ったのをきっかけに、追い込み態勢が取れ、1発合格できました。マンパワーの知人は、模試はついていなかったとのことです。

このほか、リカレントでは、オンライン一問一答(800問)が模試の前に準備されます(マンパワーは、特になし)。これは、スマホで知識の確認ができ、学科の合格に直結します。これ単品で1~2万円の価値があると思います。直前対策模試の解説も、要点や対策が整理でき有効です。

(紹介割引)リカレントには紹介割引があります(1万円引き)。身近にご紹介者がいない場合、 こちらから お問い合わせください。

比較ポイント4 授業内にキャリコン面談の実習があるか

受験ネット
受験ネット

キャリアコンサルタントの国家試験では、面接(実際にコンサルティングのデモンストレーションを行う)の配点が4割もあります。そのため、授業内に、面談のデモンストレーションが含まれているかはかなり重要です。

 (キャリコンの配点)学科:100点、論述:50点、面接:100点

キャリコンのスクールの養成講座(通学)では、グループを組み、キャリアコンサルティングの実習ができることが普通です。しかし、講師による採点やアドバイスはなく、できれば1度、きちんとしたキャリアコンサルティングの経験を積んでおきたいです。

リカレントは、授業料が高い分、講座内で全員が1対1のキャリアコンサルティングの実習(講師によるアドバイスあり)を経験できます。具体的には、20時間の授業時間を使い、来談者役が準備され、順番にキャリアコンサルティングを経験する形です。

たった1回の経験ですが、自分を含めて、多くの受講生がここで飛躍を勝ち取り、合格につながりました。授業内に含まれない場合、自分自身でその機会を探さなければならず、手間と費用がかかります。

マンパワーとリカレントの比較

費用テキスト動画、通信通学授業内のコンサルティング実習
マンパワー374,000円税込2色刷り・基礎理論(70時間)・応用実習(70時間)・グループのみ
リカレント404,000円税込
割引 記事最後に割引方法記載
単色刷り・基礎理論(70時間)
・直前対策1問1答
・応用実習(70時間)
・直前講習(10時間)
・模試(会場受験、択一、記述)
・グループ
・1対1実習

※マンパワーは、直前対策1問1答(6,480円)、模試(自宅郵送、択一式のみ、4,320円)、1対1実習(Web、14,040円)など、オプションとして選択が可能です。

比較ポイント5 キャリアコンサルタント合格率の数値はどうか

キャリアコンサルタントのスクールは、学校によっては合格率を発表しています。どのスクールも特別な入学制限はないため、学校同士を平等に比較できます。学科試験、実技試験とも、8割前後が望ましい数値になります。

公表されている合格率

学科試験実技試験
全国60%70%
株式会社リカレント78%78%
有限会社キャリアサポーター85%75%
あなたの希望校(  )%(  )%

有限会社キャリアサポーターの合格率が高い理由は?

有限会社キャリアサポーターの合格率が高い理由は、完全通学制です。基礎理論(140時間)は動画学習、応用実習(140時間)は通学制とし、費用と効果のバランスを取るスクールが9割以上を占めるなか、有限会社キャリアサポーター(名古屋市)は、通学制にこだわっています。

(注)リカレントにも、完全通学制コースがあります。受講者は、動画学習に慣れておらず、時間に融通が利くシニア層が多い印象です。

リカレントの合格率が高い理由は?

受験ネット
受験ネット

リカレントの合格率が高い理由は、どこにあるのでしょうか?

ほかのスクールに通っていない以上、推測でしかありませんが、学費がほかより高いので、講師と生徒の質が良い可能性はあります。

リカレントで自分が所属していたクラスには、産業カウンセラー取得済みの方がいて、クラスを引っ張っていました。一般社団法人日本産業カウンセラー協会もキャリコン講座を実施しているので、あえてリカレントを選んだというのは、講師目当てかも知れません。

リカレントの女性講師は、授業を受けるだけでキャリアコンサルタントとしてあるべき人柄を伝えるような要素があります。一方、リカレントの男性講師は、予備校の先生に近いイメージがあり、学習の要点の指摘が的確な印象です。

また、リカレントで学科試験合格率が高いのは、直前に配布される一問一答がかなり効果も大きいと思います。スマホで、電車内やすきま時間に知識の確認ができ、これだけで数万円は取れるようなツールです。筆者は、これがあったため、問題集、ネットに落ちている資料、ネット上の塾は、一切使用せずに済みました。

マンパワー卒業の知人は、ネット上の資料を多く集めていましたので、学費が少し高い分の差だと感じます。

比較ポイント6 就職のあっせん(紹介)に本腰を入れているか

キャリアコンサルタント希望者は、現在人事部に所属していたり、何らかのカウンセリングの仕事を持っている人も多くいますが、就職や転職を希望する人も多くいます。

就職や転職を希望する場合、希望するスクールが、どの程度就職や転職のあっせん(紹介)に力を入れているのかを見極めることが必要です。

チェック項目
就職(転職)相談のカウンターやカウンセリングルームがあるか
求人票が整理され、閲覧できるようになっているか。
就職・転職の決定率の数値が公表されているか。
独自のパイプを持つ就職先があるか。
専属スタッフが配置され、就職先の開拓を行っているか。
  • リカレントの場合は、1、2、4は確認できました。3は尋ねれば分かるかも知れません。5は、目で見る限り、専属のスタッフがいるようです。
  • リカレントは、受講開始後5年間のカウンセリングが無料。履歴書や書類の添削も依頼できます。
  • リカレントが独自のパイプを持つのは、神奈川大学と帝京大学のキャリアセンターなどです。

キャリアコンサルタントは取得しても食えない?

受験ネット
受験ネット

キャリアコンサルタントを取得しても、就職は簡単ではないという声も聞きますが……。

筆者の感覚からいうと、求人はかなり多いと思います。正社員、パート、都会、地方にバランスよくあります。傾向としては、パート・アルバイトが意外に少ないこと。

都市圏でも地方では、ハローワークが定期的に募集をかけていますので、この資格を持っていれば、食べられなくなることはないと思います。

上の画像は、新型コロナの緊急事態宣言が解除された直後のもの。時期を考えても、非常に多くの求人がありました。ビジネスや人事系のものから、社会奉仕系のものまで、バランスが良いです。

比較ポイント7 テキストの工夫はどうか 

受験ネット
受験ネット

テキストも比較の要素です。テキストが整っているのは、規模が大きいなマンパワーだと思いますが、各自でご希望の学校のテキストを見せてもらってください。

マンパワーは、テキストが2色刷りです。学ぶときの敷居の低さや、グラフの分かりやすさなどに、影響があります。

リカレントは、1色刷りですが、テキストのほかにサブノートがあり、サブノート2冊で基本的な学習が進められるのがポイントです。

リカレントのサブノートの特徴は、①字が大きい、②全てか条書きで長い文章がない、③図表やイラストが用いられている、④チャプターの終わりに重要な点がまとめられている、⑤さらに学習のポイントとして1問1答式の設問がついている点です。

基礎理論(140時間)は、動画とサブノートで学習します。なお動画は、スタジオで講師の授業を録画することも多いはずですが、リカレントは、生徒がいる通常授業の録画となっていますので、質問が出るなど、生き生きとした雰囲気があります。


比較ポイント8 自習環境はどうか

受験ネット
受験ネット

キャリアコンサルタントは、140時間の授業時間の半分、約70時間が動画学習です。そのため、自習室の雰囲気も重要です(写真はリカレント新宿校の自習室の景色)。

映像学習は、ウェブのログインタイプか、DVDタイプですが、ウェブの方が人気があるようです。学習場所は、自宅でも構いませんが、教室にPCルームがあれば、そこで学習することもできます。自習環境のチェックが必要です。

リカレント新宿校の場合は、PCを備えつけたパーテーション式のPCブースがあります。ある程度質問対応もできるはずで、便利です。また、受講開始後3年間は施設を利用できます(一発合格を逃した場合も、使用できるということです)。


比較ポイント9 キャリアコンサルタントの合格保証はあるか

過去3期の合格率(2019年4月現在)

学科試験実技試験
全国60%70%
株式会社リカレント78%78%
有限会社キャリアサポーター85%75%
あなたの希望校(  )%(  )%

キャリアコンサルタントの試験は、学科試験で見ると60%しかありません。仮に十分な実力をつけても、試験当日に体調を崩す可能性もあります。そのため、不合格だった場合のフォローの制度は確認が必要です。

例えば、リカレントの場合は、不合格だった場合、新しい映像授業が無料で提供され、試験前には最新の情報も提供されます。初回申込から3年以内なら、施設設備が利用できます。


比較ポイント10 学校としての歴史はどうか

資格スクールとして、テキスト作成や教務(講師募集や評価など)のノウハウを確立するには時間がかかります。希望のスクールの歴史や沿革を見ることも重要です。

例えば、リカレントの場合は、1986年にワープロ、PC資格の社会人向けスクールとしてスタート。2003年にキャリア関係の講座を開講。2019年で33周年。現在は、キャリアコンサルタント専門のスクールです。

キャリアコンサルタントには前身資格があり、2019年現在、長い学校では16年間キャリアコンサルタントの育成に携わっています。

紹介割引 リカレントには紹介割引があります(1万円引き)。身近にご紹介者がいない場合、 こちらから お問い合わせください。

関連記事:【実体験】キャリアコンサルタント 参考書・問題集の選び方


コメント

  1. 田村奈緒子 より:

    はじめまして。
    リカレントでのキャリアコンサルタント取得を検討中ですが、口コミが、様々でまよっております。
    子育て中、仕事持ちのシングルマザーですので、時間との戦いが勝負かと思っています。
    実際に受けた方からのお声を教えてください。

    • 受験ネット 加藤 より:

      田村さま コメントありがとうございます。

      キャリコンのスクールは、よく聞くのがマンパワー、リカレントで、ほかに協会系があります。
      自分がお答えできるのは、通っていたリカレントと、後輩が通っていたマンパワーです。

      キャリコンは、基礎理論(140時間)、応用実習(140時間)に分かれます。

      お時間がないとのことですが、基礎理論は、どのスクールも動画ですので差はありません。
      PCやスマホで、自宅学習が可能ですし、お子さんを預かってもらえる時間帯があれば、カフェ等でも学習可能です。
      リカレントの基礎理論動画では、過去に離婚され、自立に向けて頑張って来られた女性の先生が担当(変更がなければ)ですので、
      励みになる可能性はあります。

      差がつくのは、通学型の応用実習です。現在はzoomもあるようですが、先生に直接会ったり、仲間を得たり、
      さらにはグループでのキャリコンの実習も多く、感染リスクとの比較ですが、通学制の方は合格可能性はだいぶ高いと思います。

      応用実習は、マンパワーでは、基礎理論の復習に時間を費やす傾向で、全員が外部のモデルを相手にしてのキャリアコンサルティングを経験する機会はないようです(2019年受講者の情報)。リカレントは、基礎理論を動画で押さえてある前提ですので、外部のモデルを相手にしてのキャリコンの機会があります。
      たった1回の経験ですが、この経験がなければ合格できなかったとも思え、この点ではリカレントをおすすめします。

      また、キャリコンの授業は、厚労省の規定で、試験の数カ月前に終了することになっています。
      リカレントでは、直前の講習(直近試験の傾向やリカレント生の結果や失敗した点が聞ける)が、無料で受けられます。
      これは、予備校の先生タイプの講師(傾向対策に強い)が登場する傾向のようで、役立ちます。
      また、絶対に外せないのが、直前の模試です。自分はこの点数が非常に悪く、忙しかったのですば火がついて一気に追い込みに成功しました。
      模試はリカレントは無料、マンパワーは別料金です。

      最後に本文中にも触れましたが、リカレントのスマホ用の1問1答(無料)は、これがなければ合格しなかったと言えるほど役立ったものです。
      最新の試験や、統計が反映されるので、紙の問題集とは別物です。これもマンパワーは別料金です。

      直前期、マンパワーの後輩は、ネットでいろいろ資料を集めていたようですが、
      リカレント生の自分は、1問1答を軸とした基礎理論の復習、応用実習や模試で解いた問題の分析と復習に集中できました。
      とくに1問1答はスマホ1つで済むので、時間がない方にはぴったりです。
      (根性があれば、子どもを寝かしつけたあと、横で勉強できます)

      以上が、お答えとなります。
      ご質問があれば、再度ご投稿ください。また、マンパワーのことなら後輩に聞いてみますので、ご投稿くださっても大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました