日本史通史10世紀

      2018/02/22

この記事では、通史学習のために、日本史10世紀の重要事項を取り上げます。10世紀には、全300の日本史の重要事件のうち9個が含まれます。

通史の学習法と通史一覧:【予備校直伝】日本史の覚え方と通史学習の方法論

広告

【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ

日本史通史10世紀は、櫻井パパ(藤原氏)出世の時代。

日本史では、全時代を通じ、通史として覚えるべきできごとは300あります。10世紀には、11のできごとがあります。

  • 1つ前の9世紀は、貴族(国家公務員)の藤原氏が、ライバルの家系を排斥していった時代でした。

10世紀は、貴族(=現在の国家公務員)の代表格であった藤原氏一族が徐々に力をつけた時代です。現代に例えれば、嵐の櫻井パパ(=最近まで総務庁官僚)が、徐々に発言権を増し、政策に影響力を持つようなものです。ただし、藤原氏が常に力を持っていたわけではなく、天皇が直接国を治める、天皇親政と呼ばれる時期もありました。

中央政権による支配の仕組みが完成しましたが、東西で2つの大きな乱が起きているように、まだ完全な統治がなされていたわけではありません。

日本史通史ベスト300 10世紀
901 菅原道真,大宰権帥に左遷(=昌泰の変)
901 延喜の治
901 『日本三代実録』編纂
902 延喜の荘園整理令
905 『古今和歌集』成立
935 平将門の乱
939 藤原純友の乱
947 天暦の治
969 安和(アンナ)の変
985 源信『往生要集』著す
988 尾張国郡司百姓等解文

通史学習では、まず20分程度で、覚えるべきできごとの概要を学びます。以下の教材がおすすめです。

いま日本史B講義の実況中継をお持ちでない方はもちろん、読まれた方もまとめとして、以下のポイント解説講義で概要を確認してください。

日本史通史10世紀の学習方法

①20分間で、日本史B講義の実況中継やポイント解説講義で、通史をつかんでください。10分間で読み終え、残り10分は、自分の言葉で大筋を再現するのがポイントです。

広告


受験ネットから進呈

【20分間】日本史通史10世紀の概要を理解する

日本史通史10世紀のまとめ講義は、元予備校日本史講師、現在トップクラスの進学校で先生をされている、宇都宮先生にお願いいたしました。

こんにちは! 宇都宮です。今回は10世紀の流れについてまとめます。

9世紀に登場した右大臣・菅原道真ですが、左大臣・藤原時平の陰謀により、大宰府へ左遷されてしまいます。このころの醍醐天皇と、次次代の村上天皇の頃は、天皇親政の時代として知られています。両者を合わせて延喜・天暦の治と呼ばれ、非常に良い時代だったとされています。

醍醐天皇の業績ですが、まずは902年、最初の荘園整理令である延喜の荘園整理令を発令します。そもそも荘園とは、墾田永年私財法により、開墾地の永代所有が認められたことが発端です。有力貴族や寺社は、農民を雇ってどんどんと私有地を拡大していきます。そのうち、田租の免除(不輸)、検田使の立入禁止(不入)を認めさせたものも、登場します。こうして大規模私有地である荘園が発展してきました。醍醐天皇の出した荘園整理令は、税を逃れるために、荘園が摂関家に寄進される流れを止めようとしたものです。また、最後の班田収授(=国が田を分け与えること)が行われたのも醍醐の頃です。六国史の最後『日本三大実録』の編纂(901年)、『古今和歌集』の成立(905年)もこの頃です。

さて、2人の天皇が注目された延喜・天暦の治の間の、何かマイナーな感じが漂う天皇が、朱雀天皇です。彼は特にこれという業績を残してはいませんが、彼の時代に、大きな反乱がふたつも起こっているのです。まず、935年平将門の乱。平将門は叔父を殺害すると、関東諸国を攻め、自ら「新皇」と称して関東一円に独立国家を作ろうとしました。壮大ですね。ですが、地元の武士、藤原秀郷と平貞盛に鎮圧されます。次に939年藤原純友の乱。藤原純友は、もともとは伊予の国司(=県知事)です。そんな彼が、瀬戸内海を根城に海賊として暴れまわりました。これは、源経基らに鎮圧されます。このふたつの乱を合わせて、承平・天慶の乱とも呼びます。

さて、冷泉天皇の頃969年安和(あんな)の変が起きます。そもそも摂関政治とは、藤原氏の専売特許ではありません。誰でも自分の娘を天皇に嫁がせ、その子が次期天皇になれば、藤原氏でなくとも政治の実権を握ることが可能です。まさに、源高明が自分の娘を天皇に嫁がせており、子も誕生し、リーチがかかっていたときです! そうはさせるかと、源満仲が源高明に謀反の疑いあり、と関白・藤原実頼に密告し、源高明は左遷されてしまいます。これ以後、摂政・関白の位は常に置かれることとなり、藤原氏がその地位についていくのです。

日本史通史ベスト300 10世紀
901 菅原道真,大宰権帥に左遷(=昌泰の変)
901 延喜の治
901 『日本三代実録』編纂
902 延喜の荘園整理令
905 『古今和歌集』成立
935 平将門の乱
939 藤原純友の乱
947 天暦の治
969 安和(アンナ)の変
985 源信『往生要集』著す
988 尾張国郡司百姓等解文

【40分間】日本史通史10世紀のチェックテストを行う

日本史通史10世紀の学習方法

②40分間で、チェックテストをくり返し行います。40分続けても良いですが、午前に20分、午後に20分のように分けると効果倍増です。チェックテスト3回目(1つのヒントで4つが数珠つなぎに言える)のマスターが目標ですが、暗記が得意な方は、完全暗唱まで持っていっても構いません。

1回目 2回目 3回目
901 菅原道真,大宰権帥に左遷(=昌泰の変) 901 菅原道真,大宰権帥に左遷(=昌泰の変)
901 延喜の治
901 『日本三代実録』編纂
902 延喜の荘園整理令
905 『古今和歌集』成立
935 平将門の乱 935 平将門の乱
939 藤原純友の乱
947 天暦の治
969 安和(アンナ)の変
985 源信『往生要集』著す
988 尾張国郡司百姓等解文 988 尾張国郡司百姓等解文

【60分間】日本史の授業動画で、用語の知識を深め周辺知識を取り込む

日本史通史10世紀の学習方法

③60間程度の映像講義をうけ、記憶した重要事項の意味をよく理解し、余裕があれば1~4個程度の枝葉の知識をつけてゆきます。ここでは無理をせず、重要事項を深く理解するだけでも構いません。早い段階で枝葉をつけすぎた木は、翌日倒れてしまいます。

以降、数日から1週間おきに、チェックテスト3回目をくり返し、興味に応じて映像講義を見て、教科書や参考書を読んでみましょう。自然に記憶の木が育ち、倒れにくくなっているはずです。

スタディサプリでは、高3 スタンダードレベル日本史 - 第6講 平安時代II チャプター1・2・3 が10世紀にあたります。

公式サイト:【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

通史の学習法:【予備校直伝】日本史通史の覚え方・まとめ方と通史勉強法


広告


プレゼント

 - 勉強法