【経済・経営・商学部】志望理由書の例文と書き方のコツ


受験ネット
受験ネット

経済・経営・商学部を受験する方のために、経済・経営・商学部の志望理由書の例文と書き方のコツを分かりやすく説明いたします。


受験ネットをご覧いただきありがとうございます!


フジテレビ ニュースJAPAN出演時

著者(加藤)は、早大法学部卒。予備校講師を経て国家資格・キャリアコンサルタント(登録番号20022587 登録ページ)。高校での出張講義・講演に年80回出講。プロフィール詳細




経済・経営・商学部の志望理由書のコツは?

受験ネット
受験ネット

経済・経営・商学部の志望理由書は、どんな点がポイントになるんでしょうか?

はい。志望理由書のなかで合否を分けるのは、「学びたいことの明確さ」です。経済・経営・商学は、基本的には初めて学ぶ人が多いため、志望校の講義・教授・ゼミなどを早めに調べ、自分の関心に沿って学習目標をイメージできるかがカギとなります。


その点、①新聞等をこれまでに1000時間程度は読んできた、②高校で『政治経済』を履修、③商業高校でマーケティング等を履修。この3つの経験値は、志望理由書のほか、面接や小論文も含め、かなり有利に働きます。逆に3つの経験値のうち2つ以上がそわない場合は、早めにそれをカバーすることが必要です!

受験ネット
受験ネット

新聞は取っていないのですが、スマホのニュースではだめでしょうか?

はい。スマホのニュースは、読みやすさ優先でかなり短文化されているため、新聞の代わりにはなりにくいです。もし、これまでに1000時間新聞を読んでいないという場合は、以下の取り組みを始めてみてください。

①毎週、ニュース週刊誌『AERA』を読む。

ニュース週刊誌『AERA』は、ニュースのバランスがよく、写真もあるため読みやすいです。大学受験用に読むなら、毎週「全て」の記事を読んでください。そのことで、1000時間新聞を読まなかった遅れが、ずいぶん取り戻せます。(同じ大学を志望するライバルのなかには、1000時間程度新聞を読んできた人は多数いるはずです)


②『現代用語の基礎知識 学習版』を読む

AERAはおすすめですが、過去のニュースを取り上げないため、『現代用語の基礎知識 学習版』の併用がおすすめです。興味のあるページ、あるいはパッと開いたページを、1日30分程度は読みます。

目安

  • AERA 1日30分
  • 『現代用語の基礎知識 学習版』 1日30分

上のスケジュールで進めると、1日1時間、月に30時間、半年で180時間となります。これでは1000時間には足りませんので、土日祝日や夏休みには、1日3時間程度取り組む日を作ります。3時間取り組む日が80日間あるとすると、トータルでは340時間となります。


1000時間読んできた人には届きませんが、受験を意識してメモを取りながら読むことで、その差は十分に補えます!

受験ネット
受験ネット

なるほど。現在や過去のニュースを知ることで、志望理由書だけでなく、小論や面接対策にもなるんですね。志望理由書対策は、こんなところでよいですか?

はい。準備段階で差がつくのは、ニュースや世の中のことへの関心です。ただ、総合型選抜、学校推薦型選抜は、入試の時期が早いですので、同時に志望理由書を書き始めてください。

具体的には、できれば高2の春休み、遅くとも高3の1学期から書き始め、夏にはいったん仕上げます。指定校推薦(学校推薦型選抜の一種)の決定待ちの方や、志望校が未定の方は「仮の志望校」で800字程度の志望理由書をまず仕上げます。
※学部の話だけでよいとする高校や塾もありますが、書き方のフォーマットが崩れてしまいますので、あくまで「仮の志望校」で書くのがポイントです。


書き方は、下のページからいつでもご覧いただけます。

経済・経営・商学部の志望理由書 生徒例文(東京理科大・経営学部)

受験ネット
受験ネット

まずは、経営学部の志望理由書の例文です。実際に高校生が書いたものでどの生徒にもある「調査不足」が見られますので、必ず参考になります!

 添削前の志望理由書(経営学部)

 私は将来、経営コンサルタントを目指しています。そのために、貴学経営学部で経営学を学び、実践的な能力を身につけたいです。
 私が経営学を学びたいと思ったきっかけは、修学旅行でUSJに行ったことです。7年前に行った時とずいぶん雰囲気が変わり、活気があふれていました。その後、『USJを劇的に変えたたった1つの考え方』という本を読み、USJを変えたのは、CMなどを駆使したマーケティングであるということを知りました。そして、私もマーケティングで色々な企業に関わっていきたいと思い、経営学を学ぼうと思いました。
 私は、貴学で学んだ経営学を活かし中小企業を支える経営コンサルタントを目指します。日本の企業の約9割は中小企業です。そして、その多くは、海外の安い製品に押されてしまう、労働力が不足しているなど、何かしらの問題を抱えています。問題解決の糸口を見つけ、それぞれの企業に合ったプレゼンをし、中小企業が成長するための武器を作っていくことで、日本の経済の発展を支えていきたいです。
 以上の理由から貴学を志望します。特に、貴学が理系寄りの大学であり、数字に強い面に惹かれました。カンではなく、数字を根拠に見る力を学び、社会のニーズに合わせた実践的な能力を身につけていきたいです。(字数数536字)

全体の印象

  • きっかけとして、実体験が書かれ、本を読んでいることに触れたのが好印象です。
  • 学びたいことが具体的とはいえず、調査不足を感じます。
  • (ほかに自己PR書や活動報告書がない場合)高校生活をどう生かすかにも触れるとよいです。
受験ネット
受験ネット

学びたいことについては、Webサイトやパンフで、講義、教授、ゼミ(学びたいこと3種の神器を調べることが重要ですよ! 応用となりますが、講義は、カリキュラムやシラバス(年間講義計画)からアプローチすることもできます。

東京理科大学 ウェブサイトより(履修モデルの一部のみ掲載)

志望校(東京理科大学)のウェブサイトを調べて頂いた結果、「マーケティング領域履修モデル」というものが準備されていました。マーケティングの入門、マーケティング戦略、ブランド論、価格戦略、広告論と進んでゆくようです。

まだ、ほか大学にないもの(特色)として、関門科目と呼ばれる科目があり、進級や卒業が難しく、企業の評価が高いことが分かりました。志望理由書にも「理系寄りの大学であり、数字に強い」という特色が書かれていましたが、固有名詞を挙げると、具体性が増すため、好印象です。

受験ネット
受験ネット

実際に直していただいたものです。

 添削後の志望理由書(経営学部)

 私は将来、経営コンサルタントを目指しています。そのために、貴学経営学部で経営学を学び、実践的な能力を身につけたいです。
 私が経営学を学びたいと思ったきっかけは、修学旅行でUSJに行ったことです。7年前に行った時とずいぶん雰囲気が変わり、活気があふれていました。その後、『USJを劇的に変えたたった1つの考え方』という本を読み、USJを変えたのは、CMなどを駆使したマーケティングであるということを知りました。そして、私もマーケティングで色々な企業に関わっていきたいと思い、経営学を学ぼうと思いました。
 貴学には「マーケティング領域履修モデル」が準備されています。マーケティングの入門から始め、戦略、ブランド論、価格戦略、広告論と進んでゆきます。私は、このモデルに沿いつつ、成功している中小企業にテーマを求め積極的に学んでゆきたいです。例えば、サッカーの国際試合の審判用の笛を一手に引き受けている、ある小さな企業に私は興味を持っています。また、貴学は他大学と異なり数学を重視しており、関門科目の設定があるように、単位認定も厳しめと聞きます。貴学で学ぶことで力がつき、経営コンサルタント企業に認められる人材を目指せるのではないかと考えます。
 以上の理由から貴学を志望します。進学後は、高校時代に力を入れた数学の知識を生かし、マーケティングや中小企業経営について学ぶ4年間を過ごし、日本経済を下支えできる人材を目指したいです。(文字数613字)

経済・経営・商学部の志望理由書 例文(東洋大・経営学部)

受験ネット
受験ネット

東洋大学、経営学部の志望理由書の例文です。

 私は経営学やマーケティングを学び、将来、中小企業コンサルタントの仕事につくために、東洋大学経営学部を志望します。
 私が東洋大学経営学部を志望したきっかけは、セブンイレブンのアルバイトで、お店の経営に興味を持ったからです。セブンイレブンでは、季節に合った商品の仕入れや、商品の並べ方を学び、非常に興味を持ちました。将来は、店舗や中小企業のアドバイザーを希望しています。
 私は、高校の総合的な探求の時間を使い、アルバイト先の店長にインタビューし、コンビニエンストアの商品企画や経営を研究し、2000字のレポートにまとめました。貴学では、マーケティング論を学び、コンビニエンスストアの商品開発や経営を、自分なりに研究してみたいです。また、アルバイト経験のなかで、店長が店員のモチベーションアップに悩んでいる様子を見てきました。貴学の藤田英樹准教授の講義を受け、生産性の上がる組織づくりについても研究してみたいです。 貴学は、他大学には少ない中小企業診断士の資格講座を開いているのも大きな魅力です。入学後すぐに資格講座に参加するつもりです。
 以上の理由から、私は貴学経営学部を志望します。入学後はまず資格を取得し、将来の夢を実現するために、精一杯勉学に励みます。(文字数530字)

経済・経営・商学部の志望理由書 例文(地域経済学部)

受験ネット
受験ネット

地域経済学部の志望理由書の例文です。

 私が貴学を志望したのは、地域経済について学び、将来公務員として地域の課題解決に取り組みたいからです。
 私は、静岡県の伊豆半島に生まれ育ちました。新型コロナウイルスの流行もあり、近年は特に観光客が減ってきました。また、地域の少子高齢化や過疎化も進んでいます。私は将来、地元の市町村で公務員を務め、多くの観光客が訪ね、若い人が出てゆかない伊豆を作りたいと考え、地域経済や、観光に強い学部に進むことを決意しました。
 貴学を選んだのは、他大より早い1年生の段階から、フィールドワークとして実際に関心のある町を調査することができるからです。私は、高校時代の「総合的な探求の時間」で、伊豆半島を訪れた外国人観光客が困っていることを、地元の人の協力を得て調べ、レポートにまとめ発表した経験があります。この取り組みを生かし、引き続き伊豆半島の観光や住むうえでの利便性について、調査を続けたいです。貴学には「地域経済論」「まちづくり論」「観光経済学」の講義があります。高校時代は、数値や統計を基にした調査や、観光学という専門的な知識を背景にした調査はできておらず、不十分な部分があったように思います。まず、基本的な知識や考え方を学び、統計に慣れることも、重要なのではないかと考えています。
 以上が志望理由です。進学後は、部活動で得たチームワークも生かしつつ、地元の活性化や公務員という目標を実現するために、勉学に精一杯取り組みたいと考えています。(文字数617字)

経済・経営・商学部の志望理由書 生徒例文(関西大学・経済学部)

受験ネット
受験ネット

関西大学・経済学部の、校内選考用の志望理由書の例文です。

 私は経済学やマーケティングを学び、将来経営コンサルタントの仕事につくために、関西大学経済学部を志望します。
 私が、経営コンサルタントになりたいと思った理由は2つあります。1つ目の理由は、父の会社の経営が悪化した際に、お金とモノの流通で経済がどう動くのかと経済学に興味をもったからです。2つ目の理由は、部活動では部長を務めチームを全国大会に導いたことで、マネジメントスキルを使う職業につきたいと考えるようになったからです。そして、世界中には経営に苦しむ企業がたくさんあると思うので、将来は公認会計士や中小企業診断士といった資格を取得し、世界の主な共通語である中国語と英語を習得し日本だけでなく世界中の経済を活性化させ社会に貢献していきたいです。
 私は、日本を含め世界の経済に興味があるので、世界の様々な経済状況を調べ研究し、悪化している企業をどのように救うべきか、周りの意見なども参考に自分なりの解決策を考案しました。これは、「経済学を学ぶことに強い意欲を有し、好奇心が強く、国際的感覚を持って、多角的な視野で社会の仕組みをとらえようとする意志」という貴学のアドミッションポリシーに合致すると考えます。父が、中小企業で苦労したということもあり、貴学では、中小企業論を学び中小企業の諸問題を分析・研究し、中小企業の社会的地位向上を図りたいです。また、世界の経済状況を調べていくなかで、成功している企業の戦略が気になりました。貴学の石井 光教授のゼミに所属し講義を受け、企業の戦略的行動についても研究してみたいです。貴学は、他大学には少ない、学内で有力企業の説明や選考まで受けることができる企業セミナーが充実していることも大きな魅力です。
 以上の理由から、私は関西大学経済学部を志望します。入学後は、資格の取得・語学に努め、将来の夢を実現するために、精一杯勉学に励みます。

投稿を頂いた当時のアドバイス

・良い点 きっかけや将来像が確かで、学びたいことも具体的です。
・改善点 「自分なりの解決策を考案しました」とありますが、最低限、いつどのような場でかを記してください(例:高校2年次の総合的な学習の時間で)。字数に余裕があれば、調査した企業の業種も示してください。

全体として、過不足なく内容も十分です。校内選考では十分かと思いますが、大学に提出のさいは、さらに良くできないか研究してみてください。

経済・経営・商学部の志望理由書 生徒例文(経営学科)

受験ネット
受験ネット

経営学科(大学名は不明)の志望理由書の例文です。まだ書き始めたばかりの例文で、直すところもありますが、大学や添削側のチェックポイントが分かるはずです。

 私が貴学の経営学科を志望した理由は、次々と変わる流行に対応していく小売店を通じて、お店の経営、商品の開発に興味を持ったからです。将来は、店舗や中小企業のアドバイザーを目指したいと考えています。
 貴学ではマーケティング&インフォメーション分野を中心に学び、どのような商品が必要とされ売れているのか、急速に変化していく流行をどう捉え利用していくか自分なりに研究してみたいです。最近は、タイアップ商品が様々なお店に並んでいますが、流行を捉えるだけでなく使いやすいワンポイントデザインのものなど消費者のニーズに応える工夫がされています。貴学の遠藤誠二教授の講義を受け、ニーズに応えた商品提供をするために必須なリレーションシップ・マーケティングについて考えたいです。
 また、ITリテラシーを高める教育の充実に加え、多くの学部の中から自分が学びたい科目を自由に選択することが可能なところにとても魅力を感じました。これからは様々なものがオンライン普及し、コンピュータを利用した企画がさらに増えていきます。そのため、主専攻以外にICTを学び社会で対応していく力を補っていきたいと思います。
 そして、少人数制の授業ではプレゼンテーション、ディスカッションを通じて、説明力、コミュニケーション力を高めていきたいです。
 入学後は経営課題への取り組みを自分なりに考え、積極的に勉学に励んでいきます。

投稿を頂いた当時のアドバイス

・良い点 ICTを学びという点が、将来像と結びついているように感じます。
・改善点 
「次々と変わる流行に対応していく小売店」とありますが、少し広すぎます。例えば、アパレル業など、多少絞ってみてください。
「使いやすいワンポイントデザインのもの」とありますが、具体的にイメージできません。例を挙げるなど、もう少しくわしく述べてください。
「リレーションシップ・マーケティング」とありますが、用語をきちんと理解しているか、判断がつきません。自分の言葉での言いかえを、併記するとよいでしょう。
「多くの学部の中から自分が学びたい科目を自由に選択することが可能なところ」とありますが、字数を取り過ぎているようです。他学部聴講制度など、適切な言い換えがあればそうしてください。
「経営課題への取り組み」とありますが、漠然としており、何のことか理解しにくくなっています。

第2段落の話の内容が、互いにうまく結びついていないように感じます。ここは、評価を落とす可能性があります。第2段落を中心に、高校・塾の先生の指導や、添削等も受けてみてください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました