日本史通史8世紀

      2018/02/22

この記事では、通史学習のために、日本史8世紀の重要事項を取り上げます。8世紀には、全300の日本史通史上の重要事件のうち5個が含まれます。

通史の学習法と通史一覧:【予備校直伝】日本史の覚え方と通史学習の方法論

広告

【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ

日本史通史8世紀は、何と立派な平城京の時代

日本史では、全時代を通じ、通史として覚えるべきできごとは300あります。8世紀には、18のできごとがあります。

8世紀は、奈良にあった平城京の時代です。現在の日本の中心は、東京にある国会議事堂、最高裁判所などです。かつての平城京は、国会議事堂、裁判所、皇居など機能を持ち合わせ、都市計画が行き届いた、日本で2番目にあたる本格的な都でした。小学生でも、なんと(710)立派な平城京の語呂合わせで、8世紀が平城京の時代であることを知っています(1番目の本格的な都は、7世紀の藤原京。都自体はさらに古くからある)。

京都の平安京と比べ、その形跡はほとんど残されていませんが、平城宮周辺は再建が進み、皇室と勢力を競い合った藤原氏と関係が深い興福寺も残されています。なお藤原氏とは、現在の藤原姓・佐藤姓・加藤姓などの方の先祖にあたるとされます。平城宮跡や興福寺の模様は、NHKのブラタモリで放映されました。

日本史通史ベスト300 8世紀
701 大宝律令制定
708 和同開珎鋳造
710 平城京遷都
712 『古事記』成立
718 養老律令制定
720 『日本書紀』成立
723 三世一身法制定
729 長屋王の変
740 藤原広嗣の乱
741 国分寺建立の詔
743 墾田永年私財法制定
743 盧舎那仏造立の詔
752 東大寺大仏開眼供養
757 橘奈良麻呂の乱
764 藤原仲麻呂(=恵美押勝)の乱
766 道鏡,法王就任
792 健児の制
794 平安京遷都

通史学習では、まず20分程度で、覚えるべきできごとの概要を学びます。以下の教材がおすすめです。

いま日本史B講義の実況中継をお持ちでない方はもちろん、読まれた方もまとめとして、以下のポイント解説講義で概要を確認してください。

日本史通史8世紀の学習方法

①20分間で、日本史B講義の実況中継やポイント解説講義で、通史をつかんでください。10分間で読み終え、残り10分は、自分の言葉で大筋を再現するのがポイントです。

広告


受験ネットから進呈

【20分間】日本史通史8世紀の概要を理解する

日本史通史8世紀のまとめ講義は、元予備校日本史講師、現在トップクラスの進学校で先生をされている、宇都宮先生にお願いいたしました。

こんにちは! 宇都宮です。今回は8世紀の流れについてまとめます。まず、701年大宝律令が制定され、ついに天皇を中心とする本格的な「律令国家」が完成します。また、718年には、大宝律令の改訂版である養老律令が完成しています。

ふたつの律令の編纂には、藤原不比等が関係しています。鎌足の子ですね。さて、藤原不比等には4人の子どもがいます。武智麻呂、房前、宇合、麻呂の4人です。彼らは藤原不比等の死後、有力者であった長屋王と実権を争い、これを滅ぼします(729年長屋王の変)。しかし、その後4兄弟は相次いで天然痘で死去、さらに宇合の子広嗣が大宰府で反乱を起こす(740年藤原広嗣の乱)など、世間は大いに乱れていました。

これに危機を感じたのは聖武天皇です。710年に都は平城京に移されていますが、聖武はこれを恭仁京、難波宮、紫香楽宮と遷都を繰り返し、最終的には再び平城京に戻っています。聖武は考えます、「もう仏教だなぁ、仏教しかないなぁ!」と。741年、聖武天皇は国分寺建立の詔(みことのり)を出し、全国に国分寺や国分尼寺を、総国分寺として大和には東大寺を建立せよと命じます。743年には盧舎那仏(るしゃなぶつ)造立の詔を出し、東大寺で盧舎那仏の製作が始まります。大仏は次代孝謙天皇の頃752年に開眼供養が行われます。

さて、8~10世紀には大きなテーマがあります。有力な貴族(=現在の国家公務員)であった藤原氏による他氏排斥です。757年、聖武天皇の頃実権を握っていた橘諸兄(たちばな の もろえ)の子、橘奈良麻呂(たちばな の ならまろ)が反乱を起こします。これを鎮圧した藤原仲麻呂が政治の実権を握ります。しかし、上皇となっていた孝謙(こうけん/女性)にイケメン僧侶・道鏡が接近します。おばちゃんはイケメンに弱い! 孝謙上皇が称徳天皇(しょうとくてんのう)として再び即位すると、道鏡が重用されるようになります。これを除こうと、藤原仲麻呂改め恵美押勝が764年に反乱を起こしますが、戦死してしまいます。その後、道鏡は自らが天皇になるという野望を持って行動しますが失敗し、左遷されてしまいます。794年桓武天皇が都を平安京に移し、平安時代へ……。

おっと、この世紀にはもうひとつ重要なことがありました。口分田からの税が思うように取れないのです。班田収授に基づいて貸し出される口分田は、自分の死後、国に返さないといけない。しかも、生きている間は重税に苦しめられる。こんな状態なら誰でも逃げ出したくなりますよね。人口は増えているのに口分田は荒れ放題、こんな状態になってしまいます。723年、朝廷は思い切った策に出ます。三世一身法です。すでにある池などを使って開墾した土地は本人の代、新たに池などを作って開墾した土地は孫の代まで所有を認めます。ですが、結局国に取られるんでしょ?モチベーションは上がりません。こうなりゃ出血大サービス! 743年に墾田永年私財法を出し、新たに開墾した土地の永代私有を認めたのです。こうして、公地公民制は崩壊していきます。

日本史通史ベスト300 8世紀
701 大宝律令制定
708 和同開珎鋳造
710 平城京遷都
712 『古事記』成立
718 養老律令制定
720 『日本書紀』成立
723 三世一身法制定
729 長屋王の変
740 藤原広嗣の乱
741 国分寺建立の詔
743 墾田永年私財法制定
743 盧舎那仏造立の詔
752 東大寺大仏開眼供養
757 橘奈良麻呂の乱
764 藤原仲麻呂(=恵美押勝)の乱
766 道鏡,法王就任
792 健児の制
794 平安京遷都

【40分間】日本史通史8世紀のチェックテストを行う

日本史通史8世紀の学習方法

②40分間で、チェックテストをくり返し行います。40分続けても良いですが、午前に20分、午後に20分のように分けると効果倍増です。チェックテスト3回目(1つのヒントで4つが数珠つなぎに言える)のマスターが目標ですが、暗記が得意な方は、完全暗唱まで持っていっても構いません。

1回目 2回目 3回目
701 大宝律令制定 701 大宝律令制定
708 和同開珎鋳造
710 平城京遷都
712 『古事記』成立
718 養老律令制定
720 『日本書紀』成立 720 『日本書紀』成立
723 三世一身法制定
729 長屋王の変
740 藤原広嗣の乱
741 国分寺建立の詔
743 墾田永年私財法制定 743 墾田永年私財法制定
743 盧舎那仏造立の詔
752 東大寺大仏開眼供養
757 橘奈良麻呂の乱
764 藤原仲麻呂(=恵美押勝)の乱
766 道鏡,法王就任 766 道鏡,法王就任
792 健児の制
794 平安京遷都

【60分間】日本史の授業動画で、用語の知識を深め周辺知識を取り込む

日本史通史8世紀の学習方法

③60間程度の映像講義をうけ、記憶した重要事項の意味をよく理解し、余裕があれば1~4個程度の枝葉の知識をつけてゆきます。ここでは無理をせず、重要事項を深く理解するだけでも構いません。早い段階で枝葉をつけすぎた木は、翌日倒れてしまいます。

以降、数日から1週間おきに、チェックテスト3回目をくり返し、興味に応じて映像講義を見て、教科書や参考書を読んでみましょう。自然に記憶の木が育ち、倒れにくくなっているはずです。

スタディサプリでは、高3 スタンダードレベル日本史 - 第4講 奈良時代が8世紀にあたります。

公式サイト:【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

通史の学習法:【予備校直伝】日本史通史の覚え方・まとめ方と通史勉強法


広告


プレゼント

 - 勉強法