企業評価の高い大学ランキング全国版|MARCH・日東駒専は使える大学?


受験ネット
受験ネット

企業評価の高い大学ランキングです。このページでは、扶桑社が、4000人の企業幹部対象に行った「使える大学・使えない大学 裏ランキング」を紹介します(SPA!に掲載)。

キャリアコンサルタント(国家資格)が執筆しています。


プロフィール

結論|企業評価の高い大学ランキング

時間のない方のために、まず、企業評価の高い大学ランキングの結論をお伝えします。調査対象は、企業の幹部やベテラン社員4118人です(SPA!2016年3月15日号掲載)。

受験ネット
受験ネット

企業幹部の総合評価が高いのは、慶応義塾、早稲田、東大、京大、明治大学の順です。全国の国立大を抑えた、明治大学の健闘が目立ちます。

ムードメーカーとして評価が高いのは、早稲田、明治、青山学院大学の順です。人数が多く活気のあるキャンパスが生きています。逆に、協調性の評価が低いのは、東大、慶応義塾、法政大学の順です。

関西では、京大、同志社、関西、関西学院大学の順に、企業評価が高くなっています。京大が、私立大を抑えたのがポイントです。

大学名と人材としての評価の関係は?

4118人のうち、48.1%が関係が多少は関係がある、14.1%が関係が大いにあると答えています。

企業が選ぶ・出世しそうな「使える大学」ランキング

受験ネット
受験ネット

各社幹部やベテラン社員が注目する、出世頭(=最も出世しそうな社員)の出身大学ランキングは以下のようになっています。

出世頭の出身大学ランキング

1位 慶應義塾大学
2位 早稲田大学
3位 東京大学
4位 京都大学
5位 明治大学
6位 大阪大学
7位 同志社大学
8位 九州大学
9位 東京工業大学
10位 青山学院大学
11位 名古屋大学
12位 関西大学
12位 日本大学
14位 北海道大学
15位 東北大学
16位 関西学院大学
16位 神戸大学
16位 中央大学
19位 近畿大学
19位 立命館大学

出世頭の出身大学ランキングは、早慶対決となり、153票対133票で、慶應義塾大学が上回りました。近年の、慶応優位の傾向が表れています。

3位 東京大学(119票)、4位 京都大学(65票)に続き、5位に明治大学(28票)が健闘しています。明治大学は都心部に活気のあるキャンパスを持ち、MARCHのなかでは、コミュニケーション力が高い学生が多い印象です。明大と並ぶ人気を誇る立教大学は、女子の印象が強く、やや大人しいイメージがあります。

【関西のデータ】関西の出世頭評価は、同志社大学(20票)、関西大学(12票)、関西学院大学(8票)の序列です。票数が少なくデータとしての信憑性は落ちるものの、ほかのランキングを見てもこの序列に間違いはないようです。

企業が選ぶ「お荷物社員」になりがちな大学ランキング

受験ネット
受験ネット

お荷物社員になりがちな大学の1位には、日本大学が選ばれました。ただし、学生数が多く、良くも悪くも目立つ面もありそうです。

お荷物社員になりがちな大学ランキング

1位 日本大学(学生数①)
2位 東京大学
3位 早稲田大学(学生数②)
4位 東海大学(学生数⑩)
5位 慶應義塾大学(学生数④)
6位 明治大学(学生数⑤)
7位 近畿大学(学生数⑥)
7位 青山学院大学
7位 東洋大学(学生数⑦)
10位 関西学院大学
11位 大阪大学
12位 法政大学(学生数⑧)
12位 中京大学
14位 大阪経済大学
14位 帝京大学
14位 駒澤大学
17位 名城大学
17位 国士舘大学
19位 九州工業大学
19位 京都大学
19位 立命館大学(学生数③)
19位 専修大学
19位 大東文化大学

日大(1位)、東洋大(7位)、駒沢大(14位)、専修大(19位)の学生は、性格面(穏やか、素直)で見るべき人が多いですが、思考力の面ではやや物足りない印象を受けることもあります。資格の取得で、頭脳面をPRすることがおすすめです。

日大が1位ですが、票数は53票に過ぎず、さまざまな大学が挙がりました。また、カッコ内に付記したように、学生が多い大学はどうしても目立つため、上位を占めた印象もあります。東海大学は、学生数の割に評価が悪く、大東亜帝国のなかでも、やや劣勢の結果となりました。
(学生数順位は2016年5月、院生も含む。東洋経済

東京大学は、早稲田の半分程度の学生数ながら、お荷物社員第2位。東大生には、使う側にも能力が求められ、就職先とのミスマッチが考えられます。また、東大生は、体育会の学生とそうでない学生で大きな差がある印象です。非体育会の学生は、接客のアルバイトで、少しトゲを落とすことが必要なのかも知れません。

関東の大東亜帝国からは、東海大学(4位)、帝京大学(14位)、国士舘大学(17位)、大東文化大学(19位)の4大学が挙がりました。大東亜帝国の学生は、年齢が上の人とのコミュニケーションが得意でない印象も、多少あります(MARCH~日東駒専は逆の印象)。学生時代に、年齢層が少し高めの職場を選ぶとよいでしょう。

【関西のデータ】関西では同志社大学、関西大学、関西学院大学の序列が定着しているようで、お荷物ランキングでは、関西学院大学が顔を出しています。

企業が選ぶ・ムードメーカーが多い大学ランキング

受験ネット
受験ネット

企業で評価されるには、ムードメーカーに見られる協調性が不可欠。協調性は、東大早慶など、トップクラスや理系には、苦手とする人もいます。

ムードメーカーが多い大学ランキング

1位 早稲田大学
2位 明治大学
3位 日本大学
4位 慶應義塾大学
5位 同志社大学
6位 関西大学
7位 青山学院大学
8位 近畿大学
8位 東海大学
10位 京都大学
10位 法政大学
12位 関西学院大学
13位 愛知大学
13位 九州大学
13位 大阪大学
13位 立命館大学
17位 神戸大学
17位 北海学園大学
19位 亜細亜大学
19位 専修大学
19位 帝京大学
19位 東京大学
19位 龍谷大学

ムードメーカーが多い大学ランキングは、明治大が早慶を逆転する大チャンスでしたが、45対66票で惜しくも2位! しかし、ムードメーカーが実際に多いのはやはりMARCHです。学生に良くも悪くも軽さがあるものの、人の話をよく聞き、人に合わせる能力が高い傾向です。明治大学(2位)、青山学院大学(7位)、法政大学(10位)が、予想通りランクインしています。

MARCHのなかでは、資格取得を目指す真面目な学生が多い中央大や、大人しい印象のある立教大はランク外でした。お荷物社員1位に指名されてしまった、日大(3位)の健闘が光ります。大人しい印象のある、東洋大、駒沢大はランク外でした。

【関西のデータ】関西では、出世しそうな大学同様、同志社大学、関西大学、関西学院大学の順番にランクイン。この3大学のバランスは、不変のようです。立命館大学は、どのランキングでも、目立ったポジションを得ていない傾向があります。ムードメーカーでは、近畿大学、立命館大学、龍谷大学も健闘しています。

企業が選ぶ・協調性ゼロの学生が多い大学ランキング

受験ネット
受験ネット

ムードメーカーとは逆に、協調性ゼロの学生が多い大学ランキングです。

協調性ゼロの学生が多い大学ランキング

1位 東京大学
2位 早稲田大学
3位 慶應義塾大学
4位 大阪大学
5位 京都大学
6位 明治大学
7位 法政大学
7位 日本大学
9位 中央大学
10位 立教大学
10位 名古屋大学
10位 青山学院大学
13位 一橋大学
14位 同志社大学
14位 東洋大学
14位 近畿大学
17位 立命館大学
17位 北海道大学
17位 東海大学
20位 龍谷大学
20位 上智大学
20位 関西大学
20位 関西学院大学

協調性ゼロの学生が多い大学ランキングには、東工大、東京理科大など、理系大学が挙がることも多いのですが、東京大学(59票)、早稲田大学(28票)、慶応義塾大学(23票)の高偏差値の大学が、ワンツ-スリーフィニッシュでした。

自己主張が強い、プライドが高いという要素のほかに、人を選ぶ傾向もマイナスに作用しているのではないでしょうか? 能力の高い上司にしか心を開かないため、選ばれなかった上司の目には、良い人物には写りません。

4位以下はMARCHが続きますが、出世しそう、ムードメーカーでは目立たなかった中央大学立教大学が、不名誉なトップテン入り。中央大学は、資格を取る真面目な学生が多いイメージですので、協調性の面では仕方ないのですが、立教大が思わぬ苦戦を強いられています。一橋大学は、このランキングのみ登場の不名誉な結果となってしまいました。

【関西のデータ】関西では、出世しそう、ムードメーカー同様、同志社、関西大学、関西学院大学の順。良くも悪くも、同志社が目立つという結果のようです。同志社は、期待が大きい分、評価の高い社員・低い社員の双方が目立つようです。

社畜体質(会社への従順さ)が目立つ大学ランキング

受験ネット
受験ネット

社畜体質が目立つ大学ランキングとは、会社への従順さが行き過ぎていると映る学生が多い大学です。

社畜体質(会社への従順さ)が目立つ大学ランキング

1位 早稲田大学
2位 慶應義塾大学
2位 日本大学
2位 明治大学
5位 東京大学
6位 関西大学
7位 九州大学
8位 大阪大学
9位 同志社大学
9位 東洋大学
9位 京都大学
9位 近畿大学

早稲田大学、慶応義塾大学の学生は、自分に合わない条件でも、周囲から低評価を受けたくないタイプが多く、持ち前の能力でカバーします。やりがい搾取に合いやすいといえます。

日大や東洋大は、従順な頑張り屋が多い印象です。

非社畜体質(会社への反抗心)が目立つ大学ランキング

受験ネット
受験ネット

非社畜体質が目立つ大学ランキングとは、会社への反抗心が行き過ぎていると映る学生が多い大学です。

非社畜体質(会社への反抗心)が目立つ大学ランキング

1位 早稲田大学
2位 東京大学
3位 慶應義塾大学
4位 明治大学
5位 京都大学
6位 日本大学
7位 法政大学
8位 近畿大学
9位 青山学院大学
9位 大阪大学

非社畜体質(会社への反抗心)が目立つ大学ランキングの1位は、早稲田大学でした。実業・キャリア志向の慶応義塾大学と比べ、早稲田大学は個人の意志を貫く傾向がありますので、非社畜1位はうなずける結果です。

早稲田のすべり止めとなり、似たイメージのある明治、法政大もランクイン。真面目さが目立つ中央大や、良くも悪くも目立たない立教大は、ランク外でした。

定員が多い大学は良くも悪くも有利?

気になるのは、日東駒専のなかでは、日大が各種ランキングに毎回のように顔を出すということ。早慶上智の中では、上智をほとんど見かけないのも気になります。また、立教大学は、明治と並ぶ難易度の割には、目立ちません。大学の規模がランキングに影響している可能性もあります。

参考までに、東洋経済新報が2017年に調査した、各大学の学生数ランキングを抜粋しておきます。

大学学生数ランキング

  1. 日本大学 70677人
  2. 早稲田大学 50439人
  3. 立命館大学 35529人
  4. 慶應義塾大学 33500人
  5. 明治大学 33310人
  6. 近畿大学 33273人
  7. 東洋大学 30484人
  8. 法政大学 30364人
  9. 関西大学 30347人
  10. 東海大学 29845人
  11. 同志社大学 29459人
  12. 東京大学 27466人
  13. 中央大学 26589人
  14. 関西学院大学 24564人
  15. 大阪大学 23191人
  16. 京都大学 22657人
  17. 帝京大学 22639人
  18. 立教大学 20611人
  19. 福岡大学 20106人
  20. 龍谷大学 19896人

この数値を見ると、日本大学が、各種ランキングにも登場するのは理解でき、やや割り引きたいところ。逆に東大は、少ない定員ながら、存在感を放っています。立教大は、MARCHのなかでは、ランキングへの登場頻度が低すぎますが、定員は3分の2程度ですので、不利がありそうです。

【関西のデータ】立命館大学は、定員数の割に、ランキングへの登場数が少なすぎ、何らかの問題を抱えていると言えそうです。一説によると、入学者の学力は、関西学院=同志社>関西大>立命館と言われます。

企業が選ぶ・行動力に富む学生が多い大学ランキング

行動力に富む学生が多い大学ランキング
1位 早稲田大学
2位 慶應義塾大学
3位 東京大学
4位 明治大学
5位 日本大学
6位 京都大学
7位 大阪大学
7位 関西大学
7位 近畿大学
10位 同志社大学
11位 青山学院大学
11位 九州大学
11位 法政大学
14位 東北大学
14位 北海道大学
14位 中央大学
17位 日本体育大学
17位 立教大学
17位 名古屋大学
17位 専修大学
17位 上智大学

行動力に富む学生が多い大学ランキングも、早稲田大学、慶応義塾大学、東京大学、明治大学、日本大学など、ほかのランキングでも上位の大学が並びました。日本体育大学がこのランキングで初登場したほかは、出世しそうな使える大学、ムードメーカーが多い大学でも上位につけた大学が並びます。

企業が選ぶ・発想力に富む学生が多い大学ランキング

発想力に富む学生が多い大学ランキング
1位 早稲田大学
2位 慶應義塾大学
3位 京都大学
4位 東京大学
5位 明治大学
6位 日本大学
7位 同志社大学
8位 東京理科大学
8位 立命館大学
10位 東北大学
10位 東京工業大学
10位 上智大学
10位 青山学院大学
14位 法政大学
14位 東海大学
14位 神戸大学
14位 関西大学
14位 九州大学
19位 立教大学
19位 中央大学
19位 関西学院大学

ほかのランキングでは目立たないか登場せず、このランキングで登場したのが、東京理科大学、立命館大学、東北大学、東京工業大学、上智大学です。理系の大学が目立ちます。

※この記事のランキングはSPA!2016年3月15日号によります。


コメント

  1. […] […]

  2. […] 企業評価の高い大学ランキ&#12…「企業評価の高い大学ランキング」として雑誌SPA!が掲載した「使える大学・使えない大学 裏ランキング」を紹介します。予備校や面接指導の経験がある筆者が、さらに裏事情を明かします。受験.net […]

タイトルとURLをコピーしました