【差別・下品・性的表現】批判受ける駿台予備校・センター漢字の問題点と作者霜栄師について

   

駿台予備校(駿台文庫)発行の「生きるセンター漢字・小説語句」の練習問題の下ネタ(性的表現)の度が過ぎ下品すぎると問題になっています。

出典:楽天ブックス

▼ 下品というだけでなく、保護者サイドでは女性差別だとの批判も起きています。

関連記事 ➡志賀高原 早稲アカ(東京の塾)盗難事件と同一ホテルで高校生被害

【差別・下品・性的表現】批判受ける駿台予備校・センター漢字の問題点と作者霜栄師について

広告

下品過ぎる、女性差別と問題になった漢字問題

✔ 問題となっているのは「生きるセンター漢字・小説語句 単行本」  駿台文庫が2015年2月に発行。霜栄著。

駿台 漢字 下品

✔ 「彼女のなだからなキュウリョウをうっとりと眺めた」とあります。極端に下品というわけではなく、これだけでは即アウトとは言えません。

駿台 漢字 下ネタ

✔ 「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」とあります。「エキス」というのは頭脳や人柄を指すとも捉えられますが、言葉は文脈があって意味が生成するもの。先に挙げた問題と合わせて読めば、合わせ技でアウトと言えるでしょう。

✔ このほか「胸のデカさに俺はキョソを失った」という一読でアウトとなる問題も存在します。漢字「挙措(きょそ)」は2011年のセンター試験国語の第1問 問1(ア)で出題された難問で多くの受験生が出鼻をくじかれた問題です。センター試験の出題総括の高等学校教科担当教員の意見・評価においても「挙措は受験者にとってあまりなじみのない熟語であるが、直後の立ったままという表現から推測は可能」と特に言及されている問題です(小問単位の言及はまれ)。

✔ 「挙措(きょそ)」はユニークな言葉であり文中に再度出現する可能性が低く、再出題の可能性は低めです。しかし執筆した講師としては「下ネタ」(性的内容を含む表現)により印象づけたかったということかもしれません。

キャプチャ2

✔ 「彼女の人生に俺という存在をコクインしたい」というような真面目な漢字の出題がもちろん大半を占めています。

出典:https://twitter.com/NoDoraemotion

広告


受験ネットから進呈

駿台の差別・下品な漢字問題 執筆者の霜栄師とは

駿台 漢字 霜栄

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2HObDciqPd8

✔ 「生きるセンター漢字・小説語句 単行本」を執筆した駿台予備学校の霜栄師は東京大学文学部国文学科出身。駿台予備学校でトップクラスの人気を誇ります。同じ東大出身の林修先生(東進ハイスクール)のライバルと言ってもよいかもしれません。

✔ 教え方は奇を衒(てら)わない王道と呼べるもの。論と例(抽象と具体)、同値(イコール)、対立といった現代文講師が絶対に外してはならない要素をしっかり押さえています。ただし駿台予備学校の伝統通りやや論理重視の教授法です。

抽象と具体は当サイトの小論文記事でも →小論文 文章が苦手で書き出しが出てこない人はコレ【超基礎編】

✔ 霜栄師は扱った問題文と関連がある文章を読書用に提供するなど、受験生の底力を育成する授業を実施しています。また例え話が印象的で頭に残りやすいという評価もあり、時間のない受験生の学力をどう伸ばすのかにこだわりがあります。

駿台の人気講師 霜栄師はなぜ差別・下品に走ってしまたのか

4c380dd6dd2813d3577111d230ef9a4e_s

✔ 駿台の人気講師である霜栄師はなぜ差別・下品に走ってしまったのでしょうか。ひとつには、予備校講師の特有の競争の激しさがあります。人気講師であってもアンケート評価や季節講習会の申込者数が落ちてくればいつクビになるかわかりません。一般の企業が年功序列終身雇用制を敷いていた昭和期から、完全な能力主義、成果主義が予備校の特徴でした。少子化、現役志向で競争はさらに激化しています。

✔ 霜栄師は授業内で生徒の興味を引き付ける具体例を多く紹介するだけでなく、笑い話も多く披露していました。本質を突く内容はあって当然で、面白くなければ人気が出ない。これは予備校の講師なら誰もが感じていることです。今回の「生きるセンター漢字・小説語句 単行本」内での下品、差別の行き過ぎはこうした面白さを追求しなければならない予備校講師の置かれた状況が背後にありそうです。

✔ そして予備校の経験がない人がなかなか理解できないのが時間のない受験生に1つでも多くの知識を持ち帰ってもらうために、面白さあるいは奇抜さが追求されるという点です。受験生は英語などに時間がかかるため国語には時間をさけない傾向があります。1度の授業、1問の問題でこの場で頭に刷り込む、多くの国語科講師が工夫を凝らす部分です。しかし「胸のデカさに俺はキョソを失った」という問題を、市販する問題集に掲載してしまったことは、やはり行き過ぎの批判を免れません。

f1b79266-s

✔  「夫婦間の家事ブンタンなんて幻想だ」という出題もあります。この出題に関してはさすがに時代遅れの感はあります。特段のインパクトもなく「生徒の記憶」に貢献するとは思えません。駿台予備学校も学校法人のひとつであり、時代的に不用意な出題と言えます。

駿台予備学校はなぜチェックできなかったのか

出典:楽天ブックス(画像はクリックできます)

✔ 差別、下品と批判受ける駿台出版の「生きるセンター漢字・小説語句 単行本」についてどうして予備校側はチェックできなかったのかという指摘があります。しかしながら数学や理科の問題集の内容を事務方、教務サイドがチェックできるでしょうか?日本語で書かれた日本史、世界史ですら歴史学の知識がなければチェックはできません。国語も評論文、古文、漢文はレベルが高く通常の事務方、教務サイドではちんぷんかんぷんです。予備校内では授業内容や出版内容については講師に一任し口を出さないという伝統的習慣があります。

✔ 受験予備校の第1人者となった河合塾でも、以前看板講師だった現代文の牧野剛先生の「暴走」が名物でした。授業は雑談が中心でほとんど問題を解かないことは、さすがに保護者サイドから指摘があったようで、授業終了間際数分で3問ほど解くのが風物詩となっていました。また授業には下ネタも多く、高校とは一味違うと特に人気の授業となっていました。駿台予備学校の論理、記号的読解とは流派が違い、奥の深い雑談によって社会・文化の思考法を叩き込み殻を破らせること主眼とした指導法だったのです。

✔ このように予備校では、講師が生き残り+生徒の本質的な学力向上を目指して闘いが繰り広げられています。確かに「胸のデカさに俺はキョソを失った」などという下品+差別的な問題を活字とし世に流通させたことは問題で、保護者は挙措を失ってしまうのも当然です。男子生徒に歪んだ女性観を刷り込むこととなり、不快感を感じた女子生徒もあったはずです。霜栄師にも反省すべき点があります。しかしながら1発で覚えさせたいいう「親心」が原点だと理解できたとき、保護者の心は「少しは」ゆらぐかもしれません。もちろん女性差別の再発防止に駿台予備学校は真摯に取り組むべきです。

(あくまで私見ですが)2013年のセンター試験

1ca47538-s

✔ 2013年のセンター試験では男子限定で「電話番号が意図的では」と話題になりました。駿台予備学校の親方である文科省もなかなかの問題児です。受験生はハードな受験勉強のなか、このような他愛もないモノや問題になった駿台予備学校の問題集を話題に息抜きをしているのです。入社式に同行する母親が問題視されていますが、高3ぐらいの男子ほっといてやれよというのが私見です。 「夫婦間の家事ブンタンなんて幻想だ」が問題文でなく「問題のある文」であることは、通常の高3生なら間違いなく判断でききるというのが、筆者の経験からくる直観です。どうも社会が過保護になりすぎている懸念を持ちます(あくまで私見)。

関連記事

2020年大学入試改革の内容(1)~センター試験廃止はいつ?なぜ廃止するのか~

928b3b5dc1b56c7b0f3335da01e635d8_s

志賀高原 早稲アカ(東京の塾)盗難事件と同一ホテルで高校生被害

志賀高原で2015年に早稲田アカデミー(早稲田塾との誤解がありますが早稲アカです)の学習合宿で盗難事件が起きたのと同一ホテルで高校生が被害被害にあいました。

 

その他の記事

9bb06e9ce9e1716fe5c6e83a72519d4a_s

予備校の秘儀公開 古文文法 重要度ベスト40【前半】

古文文法重要度ベスト40の前半です。高校カリキュラムに比べ、解くため読むために必要な要素に絞り込み、さらに体系化しするすると頭に入るように工夫されています。

2128e05a00ed260815823422a88bb1a6_s

古文助動詞の覚え方~意味・接続を歌で即日暗記~

古文が読めるようになりたい。多くの人は単語から入っていきます。しかし古今同義語が大半を占める単語よりも、変遷が激しい「助動詞」を押さえたほうが読解力は伸びていきます。……

 

究極の学部選び

日本一わかりやすい 文系・理系のための学部選び〜適性、診断、決め手〜

小論文の書き方はたったの1つ

小論文   文章が苦手でどうしても書けない人はコレ【超基礎編】

小論文の書き方 たった1つの簡単な方法を実践しよう【基礎編】

小論文の実際の書き方を身近なSNSの例文で理解しよう

志望理由書の書き方

こちらから

面接の注意点

こちらから


広告


プレゼント

 - 教育問題