【例文】SNSについての小論文は、簡単な書き方あり!


受験ネット
受験ネット

高校でSNSをテーマに小論文を書くことになりました。どのように書いて良いか分からないのですが、例文を含めて教えてもらえますか?

受験ネットをご覧いただきありがとうございます!


予備校講師を経て、年に約80の高校で、小論文講座などを担当している、受験ネットの加藤がお答えします。

フジテレビ ニュースJAPAN出演時

著者(加藤)は、早大法学部卒。予備校講師を経て国家資格・キャリアコンサルタント(登録番号20022587 登録ページ)。高校での出張講義・講演に年80回出講。プロフィール詳細

受験ネット
受験ネット

動画と文字がありますので、好みに応じてご覧ください。動画に登録をすると、参考書にはない、受験の裏ワザをお届けします!




SNSをテーマにした小論文の書き方

受験ネット
受験ネット

SNSをテーマにした小論文の書き方は、難しくはありません。簡単に言うと、次の2ステップで書くことができます

  • テーマ(出題)があいまいな場合、テーマを絞ります。
    (例「SNSについて自由に書きなさい」→「SNSのコミュニケーションへの影響について」)
  • 結論を決めます
    (例「SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまう」)
受験ネット
受験ネット

段落構成は、下の3段落がおすすめです。

縦書きの原稿用紙の場合、下のイメージです。


受験ネット
受験ネット

いきなり原稿用紙に書くよりは、かんたんにメモを作るとうまくいきますよ。

段落呼び方内容
第1段落はじめテーマと結論SNSは、コミュニケーションにどのような影響をもたらすのだろうか。SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える。
第2段落なか根拠
第3段落むすび結論このように、SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える。

なか(本論)には、結論が正しいことの根拠を書きます。理由、体験談のほか、具体例、書籍やデータの引用があります。

段落呼び方内容
第1段落はじめテーマと結論SNSは、コミュニケーションにどのような影響をもたらすのだろうか。SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える。
第2段落なか根拠[理由]SNSによるコミュニケーションは、表情や声の大小がなく、表現できる幅が少なく、コミュニケーション力が育ちにくい。
[体験談]私は、中学生の頃からSNSを利用しているため、友人との会話が苦手になったように感じる。
第3段落むすび結論このように、SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える。
受験ネット
受験ネット

さいごに、合体し、詳しい説明を加えます。太字の部分は、メモをそのまま採用しています。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、コミュニケーションにどのような影響をもたらすのだろうか。SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える。

私は、中学生の頃からSNSを利用しているため、友人との会話が苦手になったように感じる。小学生の頃は、スマートフォンを持っていなかったため、友人や家族との会話の時間が長かった。そのなかで、友人や家族から、表情のつくり方や、声の大小などの工夫を学んでいた。しかし、中学生になりスマートフォンを持つと、友人や家族から学ぶ機会が減り、気づくと小学校6年生の頃と、話し方が変わらなかったように感じる。SNSによるコミュニケーションは、表情や声の大小がなく、表現できる幅が少なく、コミュニケーション力が育ちにくいのだ。

このように、SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える。(393字)

受験ネット
受験ネット

高校生の方は、600字以内と指定されることも多いと思います。その場合、直前に書いた文を振り返り、単語を深く説明すると、字数が増えます!

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、コミュニケーションにどのような影響をもたらすのだろうか。SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える。現在、入試や就職には、コミュニケーション力が不可欠と言われる。そのため、これは、高校生にとっても、大きな課題と言える。

私は、中学生の頃からSNSを利用しているため、友人との会話が苦手になったように感じる。小学生の頃は、スマートフォンを持っていなかったため、友人や家族との会話の時間が長かった。そのなかで、友人や家族から、表情のつくり方や、声の大小などの工夫を学んでいた。例えば、ある友人は、とても顔の表情が豊かで、どちらかと言うと無表情な私は、その友人をまねることで、表情が豊かになったように感じる。しかし、中学生になりスマートフォンを持つと、友人や家族から学ぶ機会が減り、気づくと小学校6年生の頃と、話し方が変わらなかったように感じる。SNSによるコミュニケーションは、表情や声の大小がなく、表現できる幅が少なく、コミュニケーション力が育ちにくいのだ。確かに表情の代わりに絵文字があるし、声の大小にあたるのは、感嘆符だ。しかし、本物の表情ほど表現が豊かではないし、複雑なニュアンスはまず伝わらない。

このように、SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える。(590字)

(参考)SNSのメリット・デメリットの段落構成は?

受験ネット
受験ネット

SNSのメリット・デメリットというテーマだと、段落構成がうまくいかないのですが?

はい。たしかに、なか(本論)に根拠を書くというイメージがわきませんよね。しかし、本論には、根拠のほか、具体的な内容を書いても構わないのです。

根拠の1種として具体例がありますので、具体的な内容でも、不自然ではありません。


段落呼び方内容
第1段落はじめテーマと結論SNSのメリット・デメリットには、どのようなものがあるのだろうか。高校生の日常生活に関りが深いものを説明してみたい。
第2段落なか内容[内容①]まず、メリットとして、親子や友人間の連絡の円滑さが挙げられる。このほか、面と向かっては言いづらいことを伝えられ、人間関係を深める部分がある。
[内容②]一方、デメリットとして、直接の会話に比べ表現の幅が狭く、コミュニケーション力を落としかねない面がある。
第3段落むすび結論以上が、高校生に関りが深い、SNSのメリット・デメリットである。SNSは、良い点、悪い点を把握し、バランスよく利用する必要があると考える。

あとは、原稿用紙に移してゆくのですが、指定された字数に応じて、要所要所で、利用したことば(単語)の説明を加えながら、字数を調整してゆきます。

SNS小論文 さまざまな設問例と書き方

受験ネット
受験ネット

SNS小論文の設問のさまざまな例と、書き方を示しました。

全ての設問に例文をつけるのは難しいため、例文が必要な場合、ココナラからご請求ください。小論文の添削とありますが、例文作成にも対応しています。

先着5名|元予備校講師が小論・志望理由書添削します 高校での講演は年80校、受験ブログは月20万人が利用
設問書き方
SNSは高校生にどのような影響を与えたのか論じなさい。例えば、コミュニケーション力の低下などが挙げられます。
SNSとコミュニケーションの関係を論じなさい。実際の会話と対比して説明すると、分かりやすいです。上の例文を参考にしてみてください。
SNS と人間関係について書け。SNSは、感情の程度、感情の細かいニュアンス、複数の感情が入り混じった状況を伝えにくいなど、人間関係に影響を及ぼす可能性があります。上の例文を参考にしてみてください。
若者とSNSにつて論ぜよ。SNSはコミュニケーション力に影響があるかも知れませんが、これまではつながるのが難しかった、遠方や海外に住む人も連絡が取れます。使い方によっては、若者の発想、知識、選択肢を広げる面もあります。
SNS について論ぜよ。テーマを自由に決められます。第1段落(はじめ、序論)に決めたテーマと結論を書きます。例えば「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、コミュニケーションへにどのような影響をもたらすのだろうか。SNSは、直接の会話を減らし、コミュニケーション力を落としてしまうと考える」のようになります。
SNSでの炎上について、自由に論じなさい。SNSでの炎上は、本人にとって、余り気持ちの良いものではないと思います。そのため、テーマをSNSでの炎上を防ぐ方法とし、本論で具体的な内容として、その方法を書いていっても良いでしょう。なお、「保育園落ちた、日本しね」のように、炎上が、社会に問題を提起したような例もあります。
SNSの危険性を論じなさい。SNSの危険性は、プライバシーが漏れてしまう、漏れた内容が先々まで残ってしまう、集団いじめが発生する場合がある(LINEの場合)、悪意を持った人から巧妙に誘われるなどの危険性が、挙げられます。
SNSと個人情報について論じなさい。個人情報の流出はリスクが大きいですので、いかにして個人情報の流出を防ぐかが、1つテーマになります。
高校生SNSの利用の賛否を書きなさい。記事後半に例文付きで説明しました。「高校生のSNSの利用の賛否」の小論文の書き方をご覧ください。
承認欲求とSNSの関係を論じなさい。マズローの承認欲求を説明したうえで、SNSが承認欲求をどう利用しているかの分析をすると良いでしょう。少し難しいテーマですので、体験談から入るとよいでしょう。
SNSの正しい使い方について論じなさい。自身の失敗談やよくあるトラブル(具体例)を説明した上で、それを防ぐ方法を書くと良いでしょう。
SNS と犯罪について書け。よくある犯罪(具体例)を説明した上で、それを防ぐ方法を書くと良いでしょう。
SNSのメリットとデメリットを論ぜよ。このページの上の方の、(参考)SNSのメリット・デメリットの段落構成は?をご覧ください。
SNSの問題点(トラブル)を論じなさい。自身の失敗談やよくあるトラブル(具体例)を説明した上で、それを防ぐ方法を書くと良いでしょう。
SNSの特徴を論んじなさい①コミュニケーション能力を落としてしまう反面、遠方に住む人との会話を生む、②承認欲求を巧みに利用した仕組みである、③商品やサービスの宣伝に使われている、などの特徴があります。

完成度の高い小論文を書くテクニックは、スタディサプリの講義も参考になります。特に大学受験をされる方は、高校で習う以上の内容を知っている必要があります。

2週間無料 受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

小論文でSNSという略語を用いてもよい? 

受験ネット
受験ネット

小論文でSNSという略語を書いてもいいの? 

はい。小論文では、SNS、スマホ、コンビニ、中学等の略語は禁止です。ただ、毎回「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」と書くと、字数稼ぎによる減点にもなります。

1回目は「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」または、「ソーシャル・ネット・ワーキング・サービス(以下SNSと略す)」と書き、それ以降は「SNS」と書くのがおすすめです。


縦書き原稿用紙の場合は3マス使い「S」「N」「S」(定着した英文字による略称)、横書き原稿用紙の場合も3マス使い「S」「N」「S 」です。くわしくは、下の記事の12位にあります。

詳細 小論文記述のルールはこれだけ!~原稿用紙も怖くない~

「高校生のSNSの利用の賛否」の小論文の書き方

受験ネット
受験ネット

「高校生のSNSの利用の賛否」の小論文が宿題なのですが、難しくて困っています💦

はい。構成は、このページの最初に説明してあるように、下のようになります。

ちょっと注意したいのは、小論文では、あいまいな結論は許されないということです。

入試での判定賛否結論の例
賛成私は、高校生のSNS利用に賛成だ。
反対私は、高校生のSNS利用に反対だ。
条件付き賛成勉強中に使用しないようにすれば、高校生のSNS利用に賛成だ。
×あいまいSNSには功罪(メリットとデメリット)がある。

まず、メモを作ります。


段落呼び方内容
第1段落はじめテーマと結論高校生のSNSの利用には、さまざな意見がある。勉強中に使用しないようにすれば、私は、高校生のSNS利用に賛成だ。
ヒント テーマの説明は、問題提起(……だろうか)の形でなくても構いません。
第2段落なか根拠[体験談]LINEの返信で勉強に集中できず、成績が下がった。
[体験談]話下手な私でもLINEを介し、友達を作ることができた。
ヒント 体験談だけで固めてしまうと、作文に近くなり評価は下がります。書きながら、話を広げてゆく(多くの人に当てはまると説明する)ようにします。
ヒント メモを作るさい、「なか」は箇条書きにするとスムーズです。
第3段落むすび結論このように見てくると、勉強中に使用しないようにすれば、私は高校生のSNS利用に賛成である。

600字以内の小論文の例文

高校生のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用には、さまざな意見がある。コミュニケーション力や学力の関係、個人情報の流出のリスク、犯罪に巻き込まれる危険債などが指摘される。勉強中に使用しないようにすれば、私は、高校生のSNS利用に賛成だ。

私は、中学生の頃、LINEの返信で勉強に集中できず、成績が下がったことがある。LINEは、メッセージを読んだのに返信をしないと、「既読無視」と呼ばれ相手に不快感を与えてしまう可能性がある。しかし、話下手な私でもLINEを介し、友達を作ることができた。私は、幼いころから引っ込み思案で、人と直接話すのは得意ではない。しかし、LINEなら、じっくり考えてから文章を打つことができる。また、絵文字やスタンプ(気持ちを表す絵柄)を添えることもでき、コミュニケーションは簡単かつスムーズだ。最近の高校生は、一人っ子も多く、面と向かってのコミュニケーションは、決して得意ではない。SNSは、犯罪に巻き込まれない注意も必要だが、年齢も立場も全く異なる人の意見をもらうことができる。また、翻訳機能を使えば、英語圏の人と交流を行うこともでき、入試や就職活動に不可欠な英語力がつく。
このように見てくると、勉強中に使用しないようにすれば、私は高校生のSNS利用に賛成である。(556字)

400字以内の小論文の例文

400字以内の場合、体験談は極力省きます。

高校生のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用には、さまざな意見がある。勉強中に使用しないようにすれば、私は、高校生のSNS利用に賛成だ。

私は、中学生の頃、LINEの返信で勉強に集中できず、成績が下がったことがある。LINEは、メッセージを読んだのに返信をしないと、「既読無視」と呼ばれ相手に不快感を与えてしまう可能性がある。しかし、話下手な私でもLINEを介し、友達を作ることができた。最近の高校生は、一人っ子も多く、面と向かってのコミュニケーションは、決して得意ではない。SNSは、犯罪に巻き込まれない注意も必要だが、年齢も立場も全く異なる人の意見をもらうことができる。また、翻訳機能を使えば、英語圏の人と交流を行うこともでき、入試や就職活動に不可欠な英語力がつく。

このように見てくると、勉強中に使用しないようにすれば、私は高校生のSNS利用に賛成である。(392字)

より、一般的な書き方をすることもできます。

高校生のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用には、さまざな意見がある。勉強中に使用しないようにすれば、私は、高校生のSNS利用に賛成だ。

近年の中高生は、SNSの利用時間が際限なく増え、学力が低下していると指摘される。しかし、直接の会話を必要としないSNSは、中高生の友好関係を広げ、円滑にしている面もある。最近の高校生は、一人っ子も多く、面と向かってのコミュニケーションは、決して得意ではない。SNSは、犯罪に巻き込まれない注意も必要だが、年齢も立場も全く異なる人の意見をもらうことができる。また、翻訳機能を使えば、英語圏の人と交流を行うこともでき、入試や就職活動に不可欠な英語力がつく。

このように見てくると、勉強中に使用しないようにすれば、私は高校生のSNS利用に賛成である。(352字)

受験ネット
受験ネット

字数は少ないけど、より小論文らしくなっている気がします。

はい。体験談をベースに、話を広げながら(多くの人に当てはまると説明しながら)小論文を書き、その後体験談をカットする訓練は、小論文上達の裏ワザです。はじめから小論文が得意な生徒は、脳のなかのバックヤードに体験談を置き、文章は一般論だけで書くことが多いです。この域にたどりつくと、国公立や難関私大に届くような、小論文が可能になります。

より高得点の小論文を書くテクニックは、スタディサプリの講義も参考にしてください。

より高得点の小論文を書くテクニックは、スタディサプリの講義を参考にしてください。

2週間無料 受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


添削も実施しています。

先着5名|元予備校講師が小論・志望理由書添削します 高校での講演は年80校、受験ブログは月20万人が利用




コメント

タイトルとURLをコピーしました