【超裏技】小論文 書き出しのコツや例文を一挙公開!

      2017/05/22

小論文の書き出しが出てこない、例文を知りたいという方のための記事です。


広告


筆者は、予備校講師を経て、全国の高校で年100回程度文章指導等を行っています。

小論文の書き出しは、2パターン

小論文の書き出しは、2パターンしかありません。

  • テーマがはっきりした出題は、最初に結論を書いてください。
  • テーマが漠然とした出題は、最初に問題提起文を書いてください。

(例)AKBは、なぜ売れ続けているのか。あなたの考えを自由に論じなさい。

テーマがはっきりしているので、書き出しは結論です。

  • 「私は、AKBが売れ続けているのは、ファンにとって育てる、投資するという要素が、面白いからだと考える」
  • 「AKBが売れ続けているのは、ファンにとって育てる、投資するという要素が、面白いからだと考える」

ヒント=「私は」または問題文のなかの言葉(この場合は、AKB)を先頭に書き出そう。

(例)AKBについて、自由に論じなさい。

テーマが漠然としているので、書き出しは問題提起(……だろうか)です。

  • なぜプロデューサー秋元康は、AKBを生み出すことができたのだろうか。
  • なぜAKBは売れ続けているのであろうか。

ヒント①=「私はAKBが売れ続けている理由を、これから書いてみる」のような出だしは、完全な間違いではありませんが、子どもじみた感じがしますので、通常は問題提起(……だろうか)を使います。

ヒント②=問題提起文の次に、結論を書き、1段落目を終了します。

  • なぜプロデューサー秋元康は、AKBを生み出すことができたのだろうか。私は、秋元康が学生時代、決して異性にもてるタイプではなかったところに、根本があると考える。
  • なぜAKBは売れ続けているのであろうか。私は、AKBが売れ続けているのは、ファンにとって育てる、投資するという要素が、面白いからだと考える。

まとめ

小論文の書き出しが出てこないのは、全体の設計図がないから?

「これから家をたてるので、先にドアのデザインを決めてください」

このように言われれば誰でも困ります。しかし、家全体の設計図ができていれば、簡単にイメージできます。例えば、上の写真では、丸みを帯びたデザイン、木目、あるいは緑色などがイメージされます。

小論文をはじめ、あらゆる文章は、上のような仕組みとなっています。小論文の書き出しがわからないという人は、全体の設計図を作ってから書くという習慣が、身についていない場合があります。

(例)小学生にスマートフォンを与えることについて、あなたの意見を自由に論じなさい。

上のような出題があったとします。もし、賛成・反対等の結論が、すぐに出てくれば問題がありませんが、思いつかない場合、具体的な体験をまず準備しましょう。

  • 高校生の私でさえ、スマートフォンのゲームやLINEを始めると、時間が経つのに気づかず、宿題を忘れてしまうこともある。

ぜひ書いてみたい体験が決まれば、結論は決まります。

  • ①段落 私は、小学生にスマートフォンを与えることに、反対である。
  • ②段落 高校生の私でさえ、スマートフォンのゲームやLINEを始めると、時間が経つのに気づかず、宿題を忘れてしまうこともある。……

これで、書き出しと、2段落目の最初の文が決まりました。

小論文を書いている途中で詰まってしまったときのコツ

小論文を書いている途中のタイミングで手が止まってしまう人が、多くいます。しかし、途中の文の書き出しにもいくつかのコツがあります。

 様々な文の書き出しのコツ

  • とき 最近/高校2年生の頃/現代は
  • 場所 私の高校では/日本では
  • 人物やものごと 私は/日本は/環境を守るために大切なことは

覚え方は「いつ・どこで・誰が」です。

 

※慣れてきたら指示語と接続詞も意識します。

  • 指示語 これは/このように見てくると
  • 接続詞 なぜなら/しかし/したがって

(例題)近年の小学生に関わる様々な問題を、自由に論じなさい。

最近、小学生の学習意欲が低下していると聞くことがある。小学生の学習意欲を高めるために、どのような授業が望ましいのだろうか。私は、レポート提出を重視した、自分で考えさせる授業が望ましいと思う。

小学生の頃、私はレポート学習が好きだった。なぜなら、自分の興味があることをじっくり調べることができるからだ。……

小論文の書き出しのコツ ここまでのまとめ

  • 第1段落の1文目 … 結論か問題提起
  • 各文でつまってしまったら … いつ・どこで・誰が(何が)・指示語・接続詞

(裏技あり)なぜ文章が上手い人は、すらすら書き出せるのか?

野球

なぜ文章が上手い人は、すらすら書き出せるのでしょうか? これは、単純にこれまでに読んできた文章の量の問題です。

例えば、野球の経験が少ない人が、コンスタントにヒットを撃ったり、難しい打球を捉えたりすることは、とても困難です。文章も、かなりの量を読んだ経験がないと書くのは難しい面があります。文章と言っても、書籍や新聞のレベルでなくとも構いませんので、心配はいりません。

写真つきニュース週刊誌の「AERA」を毎週読むことが、大きなポイントです。「AERA」はコンビニでも販売されています。

スマホを活用する場合は、ヤフーニュース、グノシー、スマートニュースでは力はつきません。

スマホやPCでは、はてなブックマークが紹介する記事を読むことがポイントです。はてなブックマークは、比較的高学歴の人が使用しているサービスで、例えば、231いいねは、231usersと表示されます。

  • 世の中、政治と経済のジャンルを読むことで、新聞の主要4面の記事の約5割をカバーします。
  • 学び、テクノロジーのジャンルを読むことで、高得点を狙うことができ、慶應義塾等、難関大の小論文にも対応できます。

なぜ文章が上手い人は、すらすら書き出せるのか? 1つには、これまでに読んできた文章の量が多いことが挙げられます。しかし、これから先、週刊誌AERAやはてなブックマークを読んでゆけば、その差は埋まってゆきます。新聞でも問題ないですが、継続が難しい場合があります。週刊誌AERAやはてなブックマークは、多くの人が気づいていない、裏技です。

小論文がすらすら書けない、あるいは途中で止まってしまうもう1つの理由に、社会や文化に関する知識が不足していることがあります。小論文でよく問われるのが、教育、高齢化、科学技術など、社会や文化に関わるさまざまな問題です。

小論文をすらすら書ける人は、社会や文化の知識が多く、次のような脳の働きがあります。

  • 課題文つきの小論文の場合、課題文に書かれた内容を、事前にある程度知っていることが多い。また、課題文の難解な部分は、知っている社会や文化の具体例に変換しながら読んでいる場合が多い。
  • 社会や文化の知識が豊富だと、小論文の設問に関して、結論や具体例をすぐに思いつく。

週刊誌AERAやはてなブックマークを読むことは、2重の効果があるのです。

  1. 文章に慣れ、出だし等でつまずくことがなくなる。
  2. 社会や文化を知ることで、課題文の読解力、構想力が高まり、つまづくことがなくなる。

以上から、週刊誌AERAやはてなブックマークを読むことが、文章の書き出しの速さや、書き上げるまでの速さ、そして全体の質(得点力)につながっていることが分かります。

小論文の例文

小論文は、まずテーマに対し、しっかりと結論を書き、それに対応する具体的な体験や理由を挙げてゆく、シンプルな例文をマスターしましょう。

設問:小学生にスマートフォンを与えるべきか

段落構成メモ

  • ①(結論)私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。
  • ②(具体的な理由)スマートフォンのゲームや動画は、簡単に刺激を得られる。そのため、熱中しやすく、勉強時間が激減してしまう。
  • ③(具体的な体験)私自身、スマートフォンを買ってもらってからは、友人との会話が減り、コミュニケーション力が落ちたと思う。
  • ④(結論)このように見てくると、小学生にスマートフォンを与えるのはまだ早すぎると考えられる。

小論文のシンプルな例文

設問:小学生にスマートフォンを与えるべきか

私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。

スマートフォンのゲームや動画は、簡単に刺激を得られる。そのため、熱中しやすく、勉強時間が激減してしまう。ゲームの派手な効果音や原色中心の色づかいは、小学生がのめり込んでしまう要因となる。頭を使う要素は少なく、学力にはつながらない。また、いわゆるユーチューバーは、小学生をターゲットしにした人が多い。お菓子やゲームなどの紹介に、小学生は熱中してしまう。勉強が疎かになってしまっても、無理はない。

それだけではない。私自身、スマートフォンを買ってもらってからは、友人との会話が減り、コミュニケーション力が落ちたと思う。私は、中学3年に上がるときに、スマートフォンを与えられたが、LINEによるコミュニケーションが増えた代わりに、友人との会話は減ってしまった。入試や就職活動で、コミュニケーション力が問われる現代、小学生にとって、スマートフォンを捨てて得られる友人との会話は、欠かせないものだ。

このように見てくると、小学生にスマートフォンを与えるのはまだ早すぎると考えられる。

以上が、小論文のシンプルな例文です。

たった1つの結論が、はじめと最後に書かれ、それに対応する具体例や体験が中盤に書かれた、一貫性の高い例文です。小論文は、結論が1つであり明確になっていること、結論を証明する具体的な例・体験・理由が書かれており、無駄がないことがもっとも重要です。

小論文のやや高度な例文

シンプルな例文に慣れてきたら、以下のテクニックも使ってみましょう。

  • 譲歩 … 反対意見に一歩譲るがきっちり反論することで、反対意見を持つ人も納得しやすい例文となる。
  • 対比 … 反対の性格をもつものを示すことで、主張内容を分かりやすくする。
  • 比喩 … 何かに例える表現を使用する(小論文は、小説でないため、多用はしてはいけません。大切な部分に絞って使いましょう)。

※次のように設問のテーマが漠然としている場合、書き出しは問題提起文(……だろうか)からはじめます。

設問:小学生と情報社会について、自由に論じなさい。

情報社会が進展した現在、小学生にスマートフォンを与えるべきであろうか。私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。

スマートフォンのゲームや動画は、簡単に刺激を得られる。そのため、熱中しやすく、勉強時間が激減してしまう。ゲームの派手な効果音や原色中心の色づかいは、小学生がのめり込んでしまう要因となる。頭を使う要素は少なく、学力にはつながらない。また、いわゆるユーチューバーは、小学生をターゲットしにした人が多い。お菓子やゲームなどの紹介に、小学生は熱中してしまう。勉強が疎かになってしまっても、無理はない。確かに、スマートフォンには、知識を得たり、家族との連絡に利用できる便利さはある。しかし、知識を得るなら電子辞書でも良いし、連絡はシンプルな携帯電話でも十分可能である。

昔の小学生は、外で遊び、様々な世代との遊びによって、コミュニケーション力を自然に鍛えたという。しかし、私自身、スマートフォンを買ってもらってからは、友人との会話が減り、コミュニケーション力が落ちたと思う。私は、中学3年に上がるときに、スマートフォンを与えられたが、LINEによるコミュニケーションが増えた代わりに、友人との会話は減ってしまった。入試や就職活動で、コミュニケーション力が問われる現代、小学生にとって、スマートフォンを捨てて得られる友人との会話は、宝物だ

このように見てくると、小学生にスマートフォンを与えるのはまだ早すぎると考えられる。

  • 問題提起文 … 【テーマが漠然としている場合に、書くテーマを示します】情報社会が進展した現在、小学生にスマートフォンを与えるべきであろうか。
  • 譲歩 … 【反対意見に一歩譲りつつ、きっちり反論することで、説得力を高めます】確かに、スマートフォンには、知識を得たり、家族との連絡に利用できる便利さはある。しかし、知識を得るなら電子辞書でも良いし、連絡はシンプルな携帯電話でも十分可能である。
  • 対比 … 【反対の性質の内容を書き添えることで、伝えたい内容をクリアーにします】昔の小学生は、外で遊び、様々な世代との遊びによって、コミュニケーション力を自然に鍛えたという。
  • 比喩 … 【最小限の比喩は、小論文の重要な部分を印象づけます】小学生にとって友人との会話は、宝物だ。

広告

【超裏技】小論文の例文を解体する

はじめのうちは、小論文の例文を参考に書くのがおすすめですが、いつかは自分の力ですらすらと書きたいと思うはずです。そのために、3つの方法をお教えします。

  • 方法1 まず10本の小論文を書いて、高校の先生などに添削してもらおう(小論文テーマ例 安く添削してもらう方法)。
  • 方法2 週刊誌AERA、はてなブックマークで文章に慣れ、社会・文化に詳しくなろう。
  • 方法3 小論文の例文や読んだ文章を解体してみよう。

小論文の文章は、とても長いですが、重要な文とそうでない文があります。例えば、下の例文で、「譲歩」(反対意見に一歩譲り、きっちり反論する部分)と「対比」(正反対の事例を示す部分)をカットしてみます。

設問:小学生と情報社会について、自由に論じなさい。

情報社会が進展した現在、小学生にスマートフォンを与えるべきであろうか。私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。

スマートフォンのゲームや動画は、簡単に刺激を得られる。そのため、熱中しやすく、勉強時間が激減してしまう。ゲームの派手な効果音や原色中心の色づかいは、小学生がのめり込んでしまう要因となる。頭を使う要素は少なく、学力にはつながらない。また、いわゆるユーチューバーは、小学生をターゲットしにした人が多い。お菓子やゲームなどの紹介に、小学生は熱中してしまう。勉強が疎かになってしまっても、無理はない。確かに、スマートフォンには、知識を得たり、家族との連絡に利用できる便利さはある。しかし、知識を得るなら電子辞書でも良いし、連絡はシンプルな携帯電話でも十分可能である。

昔の小学生は、外で遊び、様々な世代との遊びによって、コミュニケーション力を自然に鍛えたという。しかし、私自身、スマートフォンを買ってもらってからは、友人との会話が減り、コミュニケーション力が落ちたと思う。私は、中学3年に上がるときに、スマートフォンを与えられたが、LINEによるコミュニケーションが増えた代わりに、友人との会話は減ってしまった。入試や就職活動で、コミュニケーション力が問われる現代、小学生にとって、スマートフォンを捨てて得られる友人との会話は、宝物だ。

このように見てくると、小学生にスマートフォンを与えるのはまだ早すぎると考えられる。

カット後の例文です。今度は、各段落の主張を証明するために加えられているに過ぎない、具体例や体験をカットしてみます。

設問:小学生と情報社会について、自由に論じなさい。

情報社会が進展した現在、小学生にスマートフォンを与えるべきであろうか。私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。

スマートフォンのゲームや動画は、簡単に刺激を得られる。そのため、熱中しやすく、勉強時間が激減してしまう。ゲームの派手な効果音や原色中心の色づかいは、小学生がのめり込んでしまう要因となる。頭を使う要素は少なく、学力にはつながらない。また、いわゆるユーチューバーは、小学生をターゲットしにした人が多い。お菓子やゲームなどの紹介に、小学生は熱中してしまう。勉強が疎かになってしまっても、無理はない。

しかし、私自身、スマートフォンを買ってもらってからは、友人との会話が減り、コミュニケーション力が落ちたと思う。私は、中学3年に上がるときに、スマートフォンを与えられたが、LINEによるコミュニケーションが増えた代わりに、友人との会話は減ってしまった。入試や就職活動で、コミュニケーション力が問われる現代、小学生にとって、スマートフォンを捨てて得られる友人との会話は、宝物だ。

このように見てくると、小学生にスマートフォンを与えるのはまだ早すぎると考えられる。

カット後の例文です。今度は、問題提起の文と、結論を証明するための、具体的な理由をカットしてみます。

設問:小学生と情報社会について、自由に論じなさい。

情報社会が進展した現在、小学生にスマートフォンを与えるべきであろうか。私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。

スマートフォンのゲームや動画は、簡単に刺激を得られる。そのため、熱中しやすく、勉強時間が激減してしまう。

入試や就職活動で、コミュニケーション力が問われる現代、小学生にとって、スマートフォンを捨てて得られる友人との会話は、宝物だ。

このように見てくると、小学生にスマートフォンを与えるのはまだ早すぎると考えられる。

カット後の例文です。

設問:小学生と情報社会について、自由に論じなさい。

私は、小学生にスマートフォンを与えることに反対である。

このように見てくると、小学生にスマートフォンを与えるのはまだ早すぎると考えられる。

上の例文は、もっとも短くすると、わずか2文から成っていることがわかりました。

このように、例文を最小限に縮めたり、逆に戻したりふくらませたりしてみる「例文の解体」の作業を行うと、非常に力がつきます。小論文の採点官は、文章を読むプロです。そのため、提出された小論文を、常に解体して読んでいます。逆に言えば、すっとほどけるように解体が可能な文章を書けるように慣れば、入試、就活どころか、仕事に文章を生かすレベルまで見えてきます。

このような小論文の解体は、多少頭を使いますし、はじめは国語が得意な友人や、先生の助けが必要かもしれません。しかし、多少苦労しても10回ほど例文の解体を行うと、驚くほど力がつくケースもあります。なお、解体には、次の記事が示す「具体と抽象」のテクニックがあると、スムーズです。

関連記事のタイトルは、クリックできます。

小論文の書き方! 合否を分けるたった1つの簡単な方法

学部・分野別の小論文の例文

小論文例文600字前後 全学部で出題される「情報社会」

小論文例文400字前後 文系で出題される「教育問題」

看護医療系小論文のテーマ、書き方、例文

 

 - 小論文