教育問題

ホール、ハンセン、サビカスの流動的な現在のキャリア理論を分かりやすく #08

更新日:


キャリア理論は、ダグラス・ホール、サニィ・ハンセン、マーク・サビカスの段階になると、変動が激しく、リストラや転職が当たり前になった現在の流動的な情勢に対応します。

前回今回次回
クルンボルツ、シャイン、シュロスバーグら現代的キャリア理論を分かりやすく #07ホール、ハンセン、サビカスの流動性の時代のキャリア理論を分かりやすく #08自己理解、職業理解(キャリアコンサルティング)を分かりやすく #09

流動的な時代に合わせたキャリア理論

ホール、ハンセン、サビカスは、流動的な現代に合わせたキャリア理論を展開しました。

ダグラス・ホールプロティアンキャリア(変幻自在のキャリア)、心理的成功
サニィ・ハンセン統合的ライフプランニング、チェンジエージェント、4L(愛、労働、学習、余暇)
マーク・サビカスキャリア構築理論

【動画】人気ユーチューバーからの受験生応援メッセージ



受験ネットから進呈

ダグラス・ホール

心理的成功 (自分にとっての成功。主観的キャリア)の重視が特徴。ただし、組織を前提としており、客観的キャリア(会社内など)も踏まえる。

プロティアンキャリア  … 変幻自在のキャリア、アメーバのキャリアとも呼ばれる。キャリアを営む本人が、自ら柔軟に構築するもの。社会的な需要(need)を意識し、want、can、needの3ベン図で表現しても良い。

心理的成功の4条件

  • 挑戦しがいがある
  • 目標達成することに意義を見出せる
  • 目標が自己概念にとって重要である
  • 実際に目標が達成できる

プロティアン・キャリア(変幻自在のキャリア)に必要な2つのメタ・コンピテンシー

① アイデンティティ …  自己理解と自己統合(過去、現在、未来に渡る自分の軸)がある程度進んでいること。

② アダプタビリティ  …  変化を受け入れ適応・順応できる力。適応コンピテンス(=アイデンティティの探索力、反応学習、統合力)× 適応モチベーション(意味や意欲)のかけ算で表現できる。

※反応学習=環境との相互作用による学習。迷路を攻略するうちに、道順を覚えるようなもの。

キャリア意思決定とは?

  • ①  日々の選択も意思決定である。転職の決断だけでなく、部署の月の目標に積極的に参画するのかなど。
  • ②  サブ・アイデンティティ(付随する自己)の選択も意味する
  • ③  自尊心(過去の心理的成功)が必要。
  • ④ 人間関係の影響がある。企業では、メンター制度などを導入する。

キャリアコンサルティングへの応用

  • キャリアの持ち主は、組織でなく、個人で(も)あるという認識を持つ。
  • 個人(社員)に対し、情報やサポートを提供する。キャリアは、個人と環境の関係に根づくものであり、人事はブローカー(仲介者)に徹する。
  • 個人(社員)にキャリアサービスの意義や情報を積極的に説明する。
  • 職務の習熟でなく、学習者としてのアイデンティティが成熟することを手助けする。

サニィ・ハンセン(女性)

サニィ・ハンセンは、利他性がキーワードとなる人物で、BORN FREEプログラムで知られる。キャリア発達理論、ジェンダー、多文化理論なども取り入れ統合的な理論をめざした。

統合的生涯設計(ILP)

愛、労働、学習、余暇(ハンセンの4L)に見られるように、ほかの生活上の役割や人生全体のなかで仕事を捉えるのが、ハンセンの統合的生涯設計。

クライエントに、仕事だけでなく、人生を包括的に捉える、社会に目を向けた仕事選びを促す。ハンセンの論は、キルト(パッチワーク)をたとえに説明される。

ハンセンの指摘した現代キャリアの重要課題

① 地域や国全体、あるいは世界で起こっている、グローバルな状況を解決するために、仕事を作り出すべきである。

② 人生の全体像を充実させる(ハンセンの4L) … 愛、労働、学習、余暇の4Lを充実させる。

③  家庭と仕事を行き来し、男女が平等に負担する。

④  多元性(多様性)と包括的な視点を大切にする。ハンセンは、団体の女性代表となり、いじめを受けたことがある。

⑤ チェンジエージェント… 経営者や組織幹部と一線を画し、個人と組織の変革に貢献する代理人的存在。

⑥ 人生の目的、意味を探求

+1  健康

サークルオブライフ

生涯の年数を円周で表し、◎の外側に人生の出来事を書いてゆき、◎の内側にそのときの思いを書いてゆく。その共通項を中心部に書く(=自己概念)。今後の人生を、自己概念をもとに考えてゆく(ワークショップやクラスでの提供を推奨)。

マーク・サビカス

マーク・サビカスは、スーパーの理論(差異-発展−社会現象学的心理学と自称し断片的な面)をまとめ上げながら、自身の理論を形成しました。キャリア構築理論と呼ばれます。

サビカスのキャリア構築理論の大きな特徴は、社会構成主義です。社会構成主義とは、自己の説明は社会の産物であり、会話や人間関係が自己を構成するというものです。会話そのものが治療になるという側面もあります。

職業パーソナリティ

キャリアのなかで、Whatに当たる部分を、職業パーソナリティと呼びます。能力、欲求、価値観、興味などを含む概念です。  

キャリア・アダプタビリティ

キャリ・アダプタビリティは、社会環境の変化への適応の必要性を示すことばです。

(1)ライフスパンは古く、予測困難な変化が起きている

スーパーのライフスパン(5段階の発達)は、変化が少ない時代のものであり、各発達段階のなかでもトランジッション(転機)は、予想困難な形で起きうるとしました。職業で得た地位を守るべき維持期(45歳~)に、リストラにあう可能性があることが一例です。

(2)変化への対応をくり返しながらHowを身につける

変化の大きい時代には、環境の変化への適応をくり返しながら、Howにあたる対処法を身につけてゆくことが重要です。

(3)キャリア・アダプタビリティの4次元

キャリア・アダプタビリティは、4つの次元から成り立っています。

キャリア関心過去や現在を評価しつつ、未来に関心を持つこと。
キャリア統制キャリアは自分の責任だと自覚し、統制しようとすること。
キャリア好奇心自分と職業の適性を探り、アンテナを張ること。
キャリア自信過去に困難を乗り越えた自己効力感。

ライフテーマ

ライフテーマは、キャリアのwhyに対応する部分。なぜその仕事を選ぶのかに対する答えであり、キャリアを貫く価値観となる。

  • キャリアストーリー … 個人が職業上の転機や、直面した課題を語ったもの。
  • ライフテーマ … キャリアストーリーを通底する何か。一見脈略のないキャリアストーリーにも見出されうる。

キャリアコンサルへの応用

① キャリア・アダプタビリティのアセスメント … 4次元(関心、統制、好奇心、自信)に対する反応を見て、クライエントのアダプタビリティの程度を知ることができる。 

② ライフテーマの発見 … キャリアストーリーを語ってもらい、通底するものを分析する。

③ キャリア構成インタビュー

質問筆者の回答
①子どもの頃、誰に憧れ、尊敬していましたか?戦隊ヒーロー、水戸黄門
(注)子どもの頃という限定がつきます。
②いつも読んでいる雑誌やテレビ番組はありましたか?ドラえもん、鉄道雑誌
(注)未成年期に限定すると良いと思います。
③本や映画で好きなストーリーはどんなものでしたか?勧善懲悪
(注)どの時期のものでもよいと思います。
④好きな名言や格言はなんですか?私はずっと人気者であると同時に嫌われ者で、成功者であると同時に敗者で、愛されると同時に憎まれてきた。で、今になってわかるの。どちらにしろ、みんな意味の無いことだ、ってね。(マドンナ)
(注)どの時期のものでもよいと思います。
⑤幼い頃の思い出は何ですか?大けがをしたこと。

①軸(勧善懲悪)、②職業興味(鉄道会社)、③問題解決のヒント(正しいことを優先する)、④モットー(達観)、⑤先入観(命の危険)

前回今回次回
クルンボルツ、シャイン、シュロスバーグら現代的キャリア理論を分かりやすく #07ホール、ハンセン、サビカスの流動性の時代のキャリア理論を分かりやすく #08自己理解、職業理解(キャリアコンサルティング)を分かりやすく #09

【実体験】キャリアコンサルタント 参考書・問題集の選び方

【実体験】キャリアコンサルタントの学校の選び方


関連コンテンツとスポンサーリンク


受験ネットから進呈

-教育問題

Copyright© 受験ネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.