志望理由書の合格例文集! 大学短大の推薦A0入試編

      2017/04/10

大学・短大の推薦・AO入試における、志望理由書の例文(見本・手本)を掲載しています。例文だけでなく、添削例や、合格・不合格を分ける要素も詳しく解説しています。

筆者略歴

  • 早大卒。広告代理店を経て、予備校国語科主任。大学受験責任者。
  • ライターとして独立し、年間100の高校等に文章指導に出向いています。
  • 合格実績は、東大・慶大・早大から専門学校まで。企業は、政府系金融機関、大手商社、ANA関連会社等。

広告


志望理由書の合格例文

志望理由書の基本構成

添削前の志望理由書

① 私が貴学情報学部を志望した理由は2つあります。

② 私は高校で3年間様々な物事を学びました。その中でも特に興味、関心が強くあり、学んでいてとても苦にならないものが情報に関する教科でした。私たちが常日頃利用しているコンピューターやインターネットの仕組みを学び、数学を用いてコンピューターの住所とも言えるIPアドレスの有効範囲を算出するなど、様々なことを学びました。進路指導の先生に、ここよりも高度なIT技術を学べる大学がないかと相談したところ、貴学が最先端の技術を学べる所だと勧められ、オープンキャンパスに参加し、企業などでしか触れられないパソコンや、人々の役に立つ研究をしているところに興味が湧きました。

③ 次に貴学で有名企業への就職者が多く、安定した職に就けるという魅力があります。さらに、企業との合同研究で創り出された技術を核に起業し、成功を収めているという実績がありました。

④ 以上の理由から私は貴学情報学部を志望します。入学後は人々の役に立てるシステムを貴学で生み出し、利用してもらえる光景が見れるよう全力で勉学に励みます。

添削内容

私が貴学情報学部を志望した理由は2つあります。

◯ 明快な構成/▲ 読点不足

最初の段落で簡潔に結論を示したことで、試験官にとって、読みやすい志望理由書となっています。読点がなく、またやや簡潔すぎるので、多少書きかえてみましょう。

→ 私が貴学情報学部を志望した理由は、大きく分けて2つあります。

私は高校で3年間様々な物事を学びました。その中でも特に興味、関心が強くあり、学んでいてとても苦にならないものが情報に関する教科でした。

▲ 国語的表記(呼応表現)のミス

「全く……ない」「きっと……だろう」など、必ずペアになる組み合わせを呼応(呼べば応える、の意味)と呼びます。

→ 全く苦にならないもの

私たちが常日頃利用しているコンピューターやインターネットの仕組みを学び、数学を用いてコンピューターの住所とも言えるIPアドレスの有効範囲を算出するなど、様々なことを学びました。

◯ 具体的な記述

短い字数のなか「IPアドレスの有効範囲を算出」という具体的な例を書いたことで、印象に残る志望理由書となっています。

進路指導の先生に、ここよりも高度なIT技術を学べる大学がないかと相談したところ、貴学が最先端の技術を学べる所だと勧められ、オープンキャンパスに参加し、企業などでしか触れられないパソコンや、人々の役に立つ研究をしているところに興味が湧きました。

▲ 具体性を欠く記述

「人々の役に立つ研究」は、ややあいまいです。

→(例)人工知能など人々の役に立つ研究

次に貴学で有名企業への就職者が多く、安定した職に就けるという魅力があります。さらに、企業との合同研究で創り出された技術を核に起業し、成功を収めているという実績がありました。

▲ 国語的表記(助詞)のミス

助詞のミスは、基本的な国語力を疑われますので、特に気をつけます。

→ 貴学では

以上の理由から私は貴学情報学部を志望します。入学後は人々の役に立てるシステムを貴学で生み出し、利用してもらえる光景が見れるよう全力で勉学に励みます。

▲ 国語的表記(ら抜き言葉)のミス

食べれる、出れるなどら抜き言葉は、誤りですので注意しましょう。

→ 見られる

添削後の志望理由書

私が貴学情報学部を志望した理由は、大きく分けて2つあります。

私は高校で3年間様々な物事を学びました。その中でも特に興味、関心が強くあり、学んでいて全く苦にならないものが情報に関する教科でした。私たちが常日頃利用しているコンピューターやインターネットの仕組みを学び、数学を用いてコンピューターの住所とも言えるIPアドレスの有効範囲を算出するなど、様々なことを学びました。進路指導の先生に、ここよりも高度なIT技術を学べる大学がないかと相談したところ、貴学が最先端の技術を学べる所だと勧められ、オープンキャンパスに参加し、企業などでしか触れられないパソコンや、人工知能など人々の役に立つ研究をしているところに興味が湧きました。

次に貴学では、AI(人工知能)など次世代の技術への参画が有望な有名企業への就職者が多く、安定した職に就けるという魅力があります。さらに、企業との合同研究で創り出された技術を核に起業し、成功を収めているという実績がありました。

以上の理由から私は貴学情報学部を志望します。入学後は人々の役に立てるシステムを貴学で生み出し、利用してもらえる光景が見られるよう全力で勉学に励みます。

志望理由書の添削で、よく直されるミス

例文として挙げた志望理由書で、添削対象となったミスは、以下の通りです。

  • 読点(、)の不足
  • 国語的表記のミス(呼応表現・助詞・ら抜き言葉)
  • 具体性を欠く記述

 

上記のほか、大学・短大志望者の志望理由書に目立つミスは、以下の通りです。

  • ひとつの文が長すぎる
  • 国語的表記のミス(漢字)
  • 話し言葉が混ざっている(とか・なので等)
  • 必要のない繰り返しや指示語が多すぎる
  • 「たり」の誤用(複数を組むのが正しい用法 … 資格を取ったり英語力を磨いたりしたい)
  • 略語(中学・部活・スマホ等)を使用。

合格する志望理由書例文の共通点

 

大学・短大入試の試験官は、限られた時間で、多くの志望理由書を採点します。そのなかで、スムーズに全体やイメージがつかめ、ゆとりを持って中身を検討できる、

「良い文章で助かった!」

と思う志望理由書と、読み取りに時間がかかり、正直に言えばストレスを感じてしまう志望理由書の2通りがあります。「助かった!」と思える志望理由書には、必ず3つの特徴があります。

  • 明快な構成 … 結論が簡潔に書かれ、対応した段落があり、まとめがある志望理由書。読んで迷うことがなく、とてもありがたい志望理由書です。
  • 具体例や体験が豊富 … 抽象的な言葉の羅列でなく、体験やオープンキャンパスで見た事例が豊富。イメージしやすく、スイスイ読める志望理由書。
  • 1文が短めで読点が多い … 1つの文(。まで)が短く、読点(、)が多め。読みやすく、本当に助かる文章です。

志望理由書を書くときには、必ず「読み手を1度も迷わせない」「1度も逆戻りさせない」という気持ちで、分かりやすく、具体的な文章を心がけてください。これだけで大きく合格に近づきます。

落としたくなる志望理由書例文の共通点

逆に、大学短大の試験官が落としたくなる志望理由書は、以下の特徴を持ちます。

  • 構成が明快でない … いきなり内容から入り、段落の区別も不明確。読み取りだけで時間がかかってしまい、内容まで頭に入らない!
  • 具体例や体験がない … 言いたいことは分かるけれど、具体例がないので、パンフレットから抜き出してきただけのような気がする。体験がないので、人物像がイメージできない。
  • 1分が長く読点が少ない … 長い文を書けるのは、作家さんくらいなのに、何と読みづらいのだろう。
  • 誤った日本語が多い … 「子どもに教えれるようにしたいです」 ら抜き言葉を書いてしまうような生徒が、何を教えられるのだろう。できれば落としたい……。
  • 書き言葉でなく話し言葉 … 「なので、入学後は」 また、誤った『なので』の使い方だ。できれば、ここから先を読まずに、すぐに不合格にしてしまいたい……。

志望理由書の例文集(2)商学部編

貴学商学部を希望した理由は、2つあります。私は取得できる資格と、就職状況を重視して大学を選びました。

商学部では簿記などの資格を取得し、就職活動を有利に進めることができます。就職活動には、TOEICの点数や簿記など、会計系の資格が有効だと聞きます。高校での経験がある英語の学習と比べ、会計系の資格は綿密な指導体制が必要だと考えました。

つぎに貴学は企業にOB が多く在籍し、就職活動に幅が出ると聞きました。オープンキャンパスでOBのアドバイスを受け、狭き門とされる政府系金融機関への就職に成功した在学生の方の話を聞き、大変参考になりました。私は金融業界を志望しているため、貴学の金融業界研究の講座も魅力に感じます。

以上の理由から私は貴学商学部を志望しています。高校在学中は英語や数学の勉強に励み、大学進学後は金融機関への就職という目標を実現するため、勉学に全力で励むつもりです。

※この例文の構成は、以下の通りです。

  1. 結論
  2. 学部志望理由(学びたいこと)
  3. 学校志望理由
  4. 結論

志望理由書の例文集(3)国際学部編

貴学国際学部を志望した理由は2つあります。私は、将来の目標の実現と、語学教育の充実度を重視して大学を選びました。

国際学部では、他学部に比べてTOEIC対策など、英語の授業が充実しています。私は将来、商社での勤務を考えています。中学生の頃から、発展途上国で道路や水道を敷設し、学校などを建てる仕事に関心がありました。そのためには、英語教育が充実した学部選択が不可欠です。外国語学部と迷いましたが、やはり国際関係や諸外国の実情、貧困をテーマとした講義やゼミがある、国際学部を選択しました。

貴学には、敷地内に語学センターがあり、多くの留学生と毎日交流することができます。留学生は日本語の上達を望んでおり、お互いにメリットがあるから安心して利用できると、オープンキャンパスで聞きました。実際に短時間の体験に参加したところ、思いのほかリラックスして英語を話すことができ、非常にわくわくしました。進学後は毎日利用したいです。

以上の理由から私は貴学国際学部を志望します。高校在学中は英語の勉強に励み、大学進学後は、商社への就職という目標を実現するため、勉学に全力で励むつもりです。

※この例文の構成は、以下の通りです。

  1. 結論
  2. 学部志望理由(きっかけ、学びたいこと)
  3. 学校志望理由
  4. 結論

志望理由書の例文集(4)経営学部編

私は将来、経営コンサルタントを目指しています。そのために、貴学経営学部で経営学を学び、実践的な能力を身につけたいです。

私が経営学を学びたいと思ったきっかけは、修学旅行でUSJに行ったことです。7年前に行った時とずいぶん雰囲気が変わり、活気があふれていました。その後、『USJを劇的に変えたたった1つの考え方』という本を読み、USJを変えたのは、CMなどを駆使したマーケティングであるということを知りました。そして、私もマーケティングで色々な企業に関わっていきたいと思い、経営学を学ぼうと思いました。

私は、貴学で学んだ経営学を活かし中小企業を支える経営コンサルタントを目指します。日本の企業の約9割は中小企業です。そして、その多くは、海外の安い製品に押されてしまう、労働力が不足しているなど、何かしらの問題を抱えています。問題解決の糸口を見つけ、それぞれの企業に合ったプレゼンをし、中小企業が成長するための武器を作っていくことで、日本の経済の発展を支えていきたいです。

以上の理由から貴学を志望します。特に、貴学が理系寄りの大学であり、数字に強い面に惹かれました。「カンではなく、数字を根拠に見る力」を学び、社会のニーズに合わせた実践的な能力を身につけていきたいです。

※この例文の構成は、以下の通りです。

  1. 結論
  2. 学部志望理由(きっかけ)
  3. 学部志望理由(将来像)
  4. 学校志望理由と結論

志望理由書の例文集(5)心理学部編

私は臨床心理士を目指しています。そのために、貴学で心理の基礎知識と教養を得たいと考えています。

心理学に興味を持ったきっかけは、あるご家庭でした。自閉症の子を育てていましたが、そのことでひどく悩み、片方の親が退職せざるを得ませんでした。その様子を見て、子供への心理的治療の専門家よりも、周囲に潜在的な問題点の解決策を教え、考え方の転換を図ることができる専門職に就きたいと思いました。これは、心理の症状を、個人の問題として捉えるのでなく、家族全員で解決をしていく「家族療法」にもつながります。貴学には、家族療法専攻の教授が在籍しているだけでなく、他大学にはない、情緒障害児短期治療施設での実習も行われており、私が学びたいこと一致すると感じました。

私は大学卒業後、大学院進学を志望しています。大学院が実習で使用する心理臨床相談室には、家族を含めた集団面接を行える設備が整っていたことから、院でも自分の希望する学びができると感じました。また、ゼミや学校生活において、学部生時代から、院生と関わる機会も多く、実践的な知識が得られる良い学習環境であると思いました。

臨床心理士は常に疑問を持ち続けることと、多角的、客観的に物事を見る力が必要です。貴学の充実した教授陣、カリキュラム、研究設備を活用し、多様な知識の修得に努め、課題解決への鍵を増やしていくと同時に、多角的な思考を育んでゆく決意です。

※この例文の構成は、以下の通りです。

  1. 結論
  2. 学部志望理由(きっかけ、学びたいこと)+学校志望理由
  3. 学校志望理由
  4. 結論

志望理由書の書き方は、以下の記事をご覧ください(タイトルをクリックします)。

これが志望理由書の書き方!~落ちない7つのコツ~



広告

 - 志望理由書・自己PR