大学・専門学校入試の面接~志望理由(動機)と自己PR~

      2016/09/13

大学・短大・専門学校の推薦・AO入試の面接対策について、この記事では特に重要な志望理由(志望動機)と自己PRの攻略法を説明します。

① 面接の頻出質問ベスト3は、志望理由(志望動機)、自己PR、高校生活の思い出です。

② 比較的話しやすい、高校生活の思い出に対し、志望理由や自己PRは準備が必要です。

広告

志望理由(志望動機)の質問例と答え方

505408caa332cd84a32d07209aab313a_s

志望理由(志望動機)には聞き方がいくつかあります。非常に幅広く聞いてくる形と、絞って聞いてくる形です。現代風に言えば、ざっくりと聞いてくるか、ピンポイントで聞いてくるかの区別です。

志望理由を幅広く(ざっくりと)聞かれる場合

質問例:では、志望理由をお願います。

非常に広く漠然と聞かれた場合です。この場合、原則として学部(分野)志望理由と学校志望理由の両方を答える必要があります。答えが長め(=1分、約300字以上)になりますので、全体構成を多少意識するとよいでしょう。

※ぜひ伝えたい強固な学校志望理由が複数ある場合は、学校志望理由に絞っても構いません。ただし、学部(分野)志望理由に絞ることはできません。それは、例えばマクドナルドの採用面接で、ファストフード店で働きたい理由だけを述べるのと同様で、「なぜウチなの?」という疑問を面接官に抱かせてしまいまうからです。

構成例

① 結論
② 具体的な体験・内容・理由
③ 具体的な体験・内容・理由
④ 結論

回答例

はい。私が貴学(御校)を志望した理由は2つあります。まず、幼いころ病気がちで食事や栄養の重要性を感じたことから、栄養学部(分野)で学ぼうと考えました。趣味の料理を生かせるという面もあります。そして、オープンキャンパスで管理栄養士の資格について合格まで責任を持って指導する体制がある学校と知り、貴学(御校)を志望しました。以上です。

※大学は貴学(きがく)、専門学校は御校(おんこう)と呼びます。

ポイント  長くなり過ぎないようにする

志望理由には、ぜひ伝えたいことが多く含まれるのが通例です。そのため、非常に長くなってしまいがちです。しかし、あまりに長いと会場で記憶が飛んでしまったり、面接官が話を理解しきれずに終わったりしがちです。そのため、回答のなかに、面接官に後から追加質問をしてほしい部分(面接官が食いつきそうな部分)を含ませる形にし、短めにまとめます。

・食事や栄養の重要性 ← ご病気を経験され、どの辺りに、食事や栄養の重要性を感じましたか?

・趣味の料理 ← 趣味が料理とのことですが、どのような料理が得意ですか?

・オープンキャンパス ← オープンキャンパスでは、おっしゃったこと以外に、なにか印象に残りましたか?

・合格まで責任を持って指導する体制 ← 「合格まで責任を持って指導する体制」とのことですが、具体的に説明してもらえますか?

志望理由を絞って(ピンポイントで)聞かれた場合

質問例:栄養学部(分野)を志望した理由を説明してください

回答例1

はい。私が栄養学部(栄養分野)を志望した理由は2つあります。私は、幼いころ病気がちで、食事や栄養の重要性を感じたことから、栄養学部(分野)で学ぼうと考えました。また、就職状況が良好で、病院で管理栄養士として働く道が、広く開かれていることも志望した理由です。以上です。

回答例2

はい。私が栄養学部(分野)を希望したのは、幼い頃の入院がきっかけです。私の家庭は共働きのため、食事のバランスが崩れがちでした。入院をきっかけに、親子でビタミンやミネラルの重要性について講習を受け、徐々に体調が良くなりました。これをきっかけに栄養学への関心が芽生えました。

学部・分野志望理由は、主に①きっかけ、②学びたい内容、③将来像から答えます。

① きっかけ  …  志望している学部や分野を最初に考えたときのことを、具体的に思い出しておきます。もしきっかけが、「担任(保護者)に勧められ、あまりピンとこなかったが志望した」「高校の進路説明会で、なんとなく選んだ」のように、前向きでない場合は、適性または重要性(意義)を志望理由とすることもできます。

適性の回答例 … 担任の先生に、責任感があり暗記事項が得意と指摘され、管理栄養士の仕事に目をつけました。その後、オープンキャンパスで具体的な説明を受け、ぜひやってみたいと考えたため、正式に進路として選択しました。

重要性(意義)の回答例 …  高齢社会では、病気を予防することができる管理栄養士の存在はさらに重要になると考え、管理栄養士を志望しました。

② 学びたい内容  …  大学、専門学校で、受けてみたい講義(授業)名、具体的なゼミ(研究室、実習)、教授(教員)名が挙がるように、詳しく調べます。

③ 将来像  …  将来就きたい仕事を、志望理由にすることもできます。インターネットや進路の冊子で調べただけだと、かなり漠然とした理解になりますので、できるだけその職業についた人は書いた本を探し、最低1冊は読みます。もし、入試倍率が高い学校を受験する場合は、3冊読むことがポイントです。

答え方

「志望理由を幅広く(ざっくりと)聞かれる場合」に比べて、答えは短めになります。そのため、回答例1のように「結論 → 具体的な内容 → 具体的な内容 → 結論」のように構成を多少意識してもよいですし、回答例2のように、構成を意識せず答えても問題ありません。ただし、構成を意識しない場合も、まず、「はい」と答え、簡単に結論を述べることを意識しましょう。

ポイント  具体性の高さがカギ

志望理由全般に、言えることですが、具体性(リアルであるか、詳しく述べているか)が最大のカギになります。きっかけなら、いつ・どこで・どう感じたを含む具体性が必須ですし、学びたいことなら、講義(授業)名、教授(教員)名、ゼミ(研究室)名などがカギとなります。将来像は、書籍を1冊でも読むことで、自然に具体性が伴ってきます。

質問例:本学(本校)を志望した理由をお聞かせください

回答例1

はい。私が貴学(御校)を志望した理由は2つあります。まず、管理栄養士の資格について、他校と比較しても、合格まで責任を持って指導する体制がある学校だということです。次に、オープンキャンパスでお会いした先輩方が、非常にマナーが良く、考え方もしっかりしていたことも大きいです。以上です。

回答例2

はい。私が貴学(貴校)を志望した理由は、管理栄養士の資格について、合格まで責任を持って指導する体制がある学校だということです。オープンキャンパスで、貴学(貴校)では、夜間も含め質問に対応する仕組みを整えていることや、国家試験対策の特別講座が多く設置されていることを聞きました。私自身の努力が大前提ですが、貴学(貴校)への入学が、合格への近道と感じました。

学校志望理由は、①他校と比べた結果、②オープンキャンパスで見聞きした内容を盛り込むことが、最大のポイントです。

①については、志望校と似た学校の、パンフレットやウェブサイトを並べ、学ぶ内容(カリキュラム、大学なら設置されているゼミ、研究室、在籍教授)、取得目標資格、就職先、施設設備、就職指導体制など、様々な観点から他大学(他校)より優れている点を答えます。

②については、オープンキャンパスで見聞きしたことを具体的に盛り込むということです。

・担当者(入試課スタッフ、教授・教員)が説明した内容、教授・教員の様子
・在校生が説明した内容。在校生の様子。
・図書館の席は埋まっていたか。学生は勉強に集中していたか。
・授業(研究)に参加する学生の様子はどうか。教授・教員の熱意はどうか。
・就職課(キャリアセンター)の広さや、スタッフの数は、学校規模に比べてどうか。それらを学生はよく利用しているか。
・在校生の服装や話題は、真面目かそうでないか。自分に合いそうか。

答え方

「志望理由を幅広く(ざっくりと)聞かれる場合」に比べて、答えは短めになります。そのため、回答例1のように「結論 → 具体的な内容 → 具体的な内容 → 結論」のように構成を多少意識してもよいですし、回答例2のように、構成を意識せず答えても問題ありません。ただし、構成を意識しない場合も、まず、「はい」と答え、簡単に結論を述べることを意識しましょう。

志望理由の中の1項目をピンポイントで聞かれた場合

082146

志望理由は以下のように、ピンポイントで聞かれる場合もあります。この場合、答えは短くなりますので、全体の構成を考えずに答えます。ただし、まず、「はい」と答え、簡単に結論を述べることを意識しましょう。

質問例  入学後にしたいことはなんですか。

回答例  はい。いくつかありますが、まずは講義(授業)をしっかり理解し、優秀な成績を取りたいです。特に英会話や、イギリスやドイツなど欧州の文化に関する講義(授業)に力を入れたいです。

※ポイント  講義(授業)が具体的に挙がっています

質問例  入学後に勉強以外でしたいことはなんですか。

回答例  はい。大学(専門学校)では、ギターの演奏を覚えたいです。高校時代は、バスケットボール部の活動が忙しく十分にできませんでしたが、入試の結果が出たら、始めてみたいです。在学中に、全国のゲストハウスを回り、外国人に日本の歌を知ってもらうことが目標です。

※ポイント  「ゲストハウスを回る」という具体的な内容があります。また、遊びと捉えられがちなギター演奏に、国際交流のイメージをつけてうまくまとめています。

質問例  オープンキャンパス(学校見学)ではどのような印象を持たれましたか。

回答例  はい。在校生の方が他大学(他の専門学校)に比べ落ち着いており、じっくりと目標に臨んでいる印象を持ちました。特に夕方の図書館が、想像以上に混雑していたのが記憶に残っています。

※ポイント  具体的なこと、見聞きしたことが含まれています

質問例   将来どのような仕事に就きたいと考えていますか。

回答例1(大学文系を志望する場合)はい。私は将来、マスコミや中学・高等学校の先生を今のところ考えています。しかし、大学に進学したあと視野を広げ、本当に自分に合っているかを考えながら、職業を決めていきたいと思っています。

※大学文系の面接官は、現在の視野で将来の仕事を無理に決めつけなくてもよいと考えている人が多いですが、目標があればそれはそれで評価してくれます。

回答例2 (専門学校や国家資格を必ず取得する学部を志望する場合)はい。私は管理栄養士の資格を生かし、学校給食に携わりたいと思っています。いまの子どもたちは、食生活が不安定ですので、少しでも健康に良い献立を作り、調理できればと思っています。

※専門学校や国家資格を必ず取得する学部の面接官は、途中で挫折しないように将来像がしっかり定まっているかを確認したい傾向があります。

広告


受験ネットから進呈

大学・専門学校入試の面接 自己PRの例文と攻略法

387439

自己PRを考える場合、資格、実績(部活動入賞歴、コンテスト入賞歴、生徒会・委員会の役職、継続的なボランティア)のように外部から客観的に評価を受けているものが最優先です。ない場合は性格上の長所を挙げていきます。

性格上の長所を挙げる場合には、関連がある体験をセットで挙げることがポイントです。

自己PRは、答えが長く(1分、300字以上)なる傾向がありますので、結論 → 具体的な内容 → 具体的な内容 → 結論のように構成を多少意識するとよいでしょう。

回答例1

はい。私がPRしたい点は2つあります。1つ目は英検2級の資格です。高2の秋の受検では手も足も出ませんでいたが、猛勉強し2度目に合格することができました。2つ目は、協調性です。これは3年間バスケットボール部のマネージャーを続けることで培われました。以上2つが私がPRしたい点です。

※ポイント  協調性の根拠として、3年間のマネージャー体験を挙げ、真実味を高めています。

回答例2

はい。私がPRしたいことは皆勤、それから真面目な性格です。私は高校生活の3年間1度も遅刻欠席をすることなく、これまで皆勤を続けています。性格面では、決して目立つ方でもなく、リーダーシップを取れる方でもありませんが、真面目さだけは人に負けないと自負しています。皆勤と真面目な性格を生かして、進学後も頑張ってゆくつもりです。

※ポイント  真面目さの根拠は直接話されていませんが、皆勤賞の実績が根拠となり、全体の説得力につながっています。

関連記事 面接の全体については、以下の記事をご覧ください。

大学・専門学校入試の面接〜頻出質問例と回答例ベスト25〜

大学・専門学校入試の面接対策【1】 入室(退室)、マナー、服装(髪型・靴・化粧・メイク) 


広告


プレゼント

 - 面接